ねこの効用

チビ、チビと思っていたHenriも我家へ来て一ヶ月がたちました。

052715月の風を受けながら窓際でのんびりしていたZowieのところへHenriがやってきて「あそぼう、あそぼう〜」と誘うけれど、一向に動く気配のないZowie。「Zowieと一緒がいい!」と子猫用ご飯には見向きもせず、全てに「ぼくも!ぼくも!」と割り込んで来るHenriにZowieは少し食傷気味….。
そうよね、ずっと一人っ子だったのに、或る日突然チビスケがやってきてピョンピョンするんですもの、一人の時間がなくなっちゃったものね。
仲良しなのは良いけれど、これではZowieがかわいそう、とご飯の時間を別にしたり、今、色々調整中。人間の兄弟と同じね。Ha~, ha~!!
05272 これは昨日の目黒川。桜の頃にはものすごい人出だったけれど、今はいつもの静かな雰囲気に戻りました。桜の葉っぱの濃いグリーンが美しく深呼吸をしたい気持ち。:)

05273

久しぶりに親友に会い、中目黒の和食「いふう」でご飯を頂きました。
〆は富山のホタルイカと新生姜と空豆のご飯。美味しかった!
お互いの近況報告をした後、彼女からの質問は「これから何をしたいと思ってる?」。
「私は仕事の大きな夢や頑張って買いたいものよりも、『誰かに何かをしたい』のよね」と、色々なボランティア活動などを視野に入れている彼女。
いつもふたりでご飯を食べると「良く食べ、良く笑う」だけど、真剣な話やしんみりとした話も。♡
猫たちを見ていると楽しいし、心が休まる気持ちになるけれど、果たして私は、そんな風に「一緒にいると楽しいし休まる人」になれているかしら?いつかなれるかしら?5月の風薫る中、そんなことを考えた楽しい一日でした。:)

| | コメント (0)

るんるんるるん

フリーランスの良いところは、ある程度自分でスケジューリングをできるところ。ウィークディの昼間でも映画に行けたり、「今日はここまで!」と早めに机から離れ夕方からアペリティフを飲みに出かけたり・:)

05252 いえいえ、実はその真逆もアリ。終業時間が決まってないから、深夜や週末も仕事なのは当たり前なんです。
*_*
そして、昨日はキッチンの引き出しの整理をしたついでにカトラリー類を磨きました。
父に「光っているべき物はきちんと磨くこと。それが出来ないのならば持つ資格なし」と言われていたのに、この頃ちょっとさぼりがち。。。3時間かけてひとつひとつを磨き上げ、全てピカピカになりました。みんなきれいに光って誇らしげで嬉しそう。:)良かった。
終わったと思ったのに、「あ、そうそう」とチロリやペーパーナイフ、ブックマークと祖母がいつもミントキャンディを入れていた小さな器を思い出し、また布を手に取ってひたすらくるくる。
銀磨きで真っ黒になった手を見ながら「これが、石井桃子さんの仰る『きれいな手」なのね」と思いました。♡ でも、疲れた〜!!! うわぁーん。
そしてハサミを持って庭に出て家の仕事をもうひとつ。
05251早くしなくちゃ、と気になっていた山椒の実を採ってきて茹でました。こうしておけば、今度お魚のお煮付けやパリパリチキンの時に大活躍するはず。楽しみ〜!:)
この頃、毎晩ケージから脱走するハギオ。だから、朝の最初の仕事はハギオ探しです。脱走しないようなケージにした方が良いのかしら、でも、ハギオが夜中に家の中を自由に歩き回りたいのなら、それも良いかも。ハリネズミは夜行性なんですものね。みんな家でそれぞれ自由に楽しく暮らさなくちゃ。Ha~, ha~!!!
そんなふうに家のことやペットのことやらいろいろしながら、もちろん仕事もね!今は月末なので実は大忙しです。とほほ。。。+_+
05253
そんな私に小さなご褒美が!
左から、いつも大好きなMOWの[ストロベリー&フロマージュ]、ショコラティエの大巨匠ピエール•エルメの[イスパハン]、ジャジャーン!復刻版[トルコ風アイスチョコレート]!!!
こんなバリエーションに富んだアイスクリームが手軽に手に入るなんて、日本のコンビニってホントに素敵!
わぁ、どれも美味しそう。どれから食べようかしら。迷っちゃう。:)
これも、日本人の「食」に対する意識や要求の高さのなせること。ハレもケも美味しく。ね!
山椒の実を採って煮たり、銀器を磨いたりも食生活の一部ですものね。そして、きちんと食べてないと良い仕事もできないし。
生活の中で全部が繋がっている、ということ。頑張ると「美味しい」や「楽しい」もやってくるんですもの。♡
さっ、今週も頑張りましょ。:)

| | コメント (0)

花と葉っぱと

この頃何だかバタバタとしていて、じっくりと自分の仕事机に向かっている時間がない感じ。

蓼科と東京を行ったり来たりしていることもあるけれど、子猫が一匹増えただけで動物たちに取られる時間がぐっと増えたし、家のこともあります。  *_*
05221葉っぱについた水滴がかわいい!まんまるでキラキラ光っていて限りなく透明で素敵。♡
こんな光景を見ると「世界は美しいと」と長田弘さんのように思います。
小学生の頃に長田弘さんの「ねこに未来はない」を読んでから、長田さんの本が好きになり、挿絵の長新太さんの絵本も読むようになったのに、もうおふたりとも天国なんですね。新作を拝見出来ないのは寂しいけれど、図書館や本屋さんで長田弘さんの本を手にして心が透明になる気持ちになったり、長新太さんの本の背表紙を見るだけで思わずクスッと笑ってしまえるのは、おふたりからの大切なプレゼント!大切にしなくちゃね。♡
05222jpg 昨日はこんなリボンのアクセサリィを作りました。かわいい。:)
編物は編図さえ出来上がっていれば、あとはどこででも編めるけれど、こういうものはひとりで机に向かってじっくりと取り組む時間が必要です。
頭の中に出来上がっているイメージに近づくために「ここをこうして」「ここはもうちょっとこんな感じにならないかしら」と縫ったり、ほどいてやり直したり。
蓼科で暮らしていると、バラクラでイギリスの庭の色を再確認したり、道端や農家の軒先に無造作に咲いている蓼科色(!!!)の花の色や形が自然と私の中に入ってゆくのを感じます。そして、そのことが作品作りのエッセンスに!♡

05223

蓼科の部屋で、「もう寝ましょ」とベッドスタンドに手を伸ばした時、庭で見つけていけた白山吹が余りに優しげで、思わずパチリ。
風にふわりと運ばれた種が根を下ろし、そこに咲いた花の美しさを感じました。
蓼科の庭は「あの花を育てたい」「この木も植えたい」と思わずに、自然のままが良いのかな。。。ふぅむ。
さぁ、今日はチビアンリを予防接種に連れて行って、来月のお稽古の準備も進めなくちゃ。そして、いつも心の中に花を。ね!
ふんわり。のんびり。

| | コメント (0)

行ったり来たり

土曜日の朝早くに東京を出て蓼科へ行ってきました。

土曜日だから道が混むかしら?と、朝ご飯もそこそこに飛び出したけれど、GWの後のせいか中央道はスイスイ。良かった!:)
05191中央道を南諏訪で降りてから霧が立ちこみ始め、蓼科エリアはもう10m先も見えないくらいの深い霧に包まれていました。ドキドキしながらカーブの多い山道をゆっくり走り、無事に伯母の山荘へ到着。ふぅ。
今度、庭やテラスに少し手を入れることにしたので、午後早々に業者の方と打ち合わせをし、遅い夕方にバラクラへお茶を飲みに行きました。
カラフルな球根の花達がきれいなお庭をのんびりと歩いていたら、「あ、この感じ!夏のLake Districtにいるみたい」と思いました。イギリスの湖水地方と同じひんやりとした空気とほのかに漂っている花の香り、そして透明感のある花達の色に五感が刺激されて、心の中にふわっとイギリスの風景が広がりました。幸せ。♡
05192
蓼科辺りの田んぼにも水が張られ田植えが始まりました。水面に映った空が美しい。
季節の移り変わりを感じながら、ゆっくりと日が暮れてゆくのを眺めました。:)
 
さて、今日(火曜日)の11時から6月のKeitoのワークショップの募集が始まります。今回はリボンの形のミニポーチを作ります。:)
05193 これからのシーズン、こんなカゴバッグを持つことが増えるでしょ。カゴバッグって大好きだけど、細かいものが中で行方不明になっちゃうのが悩みなんです。
いつも玄関の前でバッグの底をゴソゴソ鍵を探す私の必需品を作りました。Ha~, ha~!!! これで、悩み解決ね!:)
簡単な編み方だけど、きっちり仕立ててあるのも大切なポイント。余った糸でコードを作ったり、ポンポンを作って楽しみましょう。
今回の糸はイタリアとフランスのもの。Laguneは2色の糸を縒ってある糸だから、Nuovo Jaipurと2本取りにすることで自然と3色になるのも楽しい!
簡単だけど、お洒落で実用的。♡
お申し込みはこちらから。
6月からKeitoはサマータイムになるのでワークショップの時間が1時間ずつ繰り上がります。午前クラスは10:30~、午後クラスは13:30~なのでご注意下さいね。
私も2つ目を作りたいな、と思案中。今度はピンク系が良いかしら?楽しみ!

| | コメント (0)

風薫る頃に

台風一過のあとは毎日暑くて初夏のよう。。。それが私達の気分にもダイレクトに表れて、毛糸の色選びも夏気分!

昨日は5月のKeitoのワークショップでした。
先月のワークショップの時には、これほど気温が高くなかったから、何となく春の気分で翌月の色を選んだけれど、この頃の暑さでみなさん鮮やかな色やクールな色に変更したり…気持ち解ります。:)
05161 今月の作品はジャンボかぎ針で編むバッグ。マットな質感のナチュラXLと光沢のあるリボンヤーンのジオットの組み合わせです。
色々な色のミックスが楽しいジオットに何色を組み合わせるかが腕の見せ所!これは午前クラスの方達の色合わせ。♡
それぞれ、ポップだったり、シックだったり、優しい雰囲気だったりで素敵!
編みかけの編地の中に入っている糸玉は持ち手の色です。コントラストが素敵でしょ。:)
今から出来上がりが楽しみ〜!!!
05162
こちらは午後クラスのみなさま。
優しいナチュラルな色やブルー系のクールな色、大人っぽいシックな色が多かったけれど、持ち手の色が加わると大変身の可能性も大です。わぁ、楽しみ!♡
細編みの底を編んでいる間は目数を数えながらぐっと集中してたみなさまも、側面の直線部分になってからはお互いの色が気になり始めました様子。
そうよね、だってたくさんの色の中から散々迷って決めたんですもの、他の色合わせが気になります。:)
そして、これがワークショップの醍醐味だと思うのです。
自分一人だけの色だけじゃなくて、みなさんの色を見られること。そして、その色合わせが糸を選んだご本人に似合っているのを感じること。
今回のように気候の変化によって気分が変わり、それが色選びにも影響していることも楽しいこと。自分のオリジナルカラーを作るんですもの、そのときの気分を反映させましょ!
昨日は来月の糸を選んだけれど、みなさんすっかり夏気分!ヴィヴィッドな色の組み合わせで元気いっぱい。来月も美しい色を沢山見ることが出来そうです。楽しみ〜!
05163 そして、朝からずっとお留守番だったから、「猫達はどうしているかしら?」と心配しながら帰って来たら、Baby Henriはこの通り。きちんと足を揃えてくぅくぅ…。
遊んで、食べて、寝て、また遊ぶ毎日のアンリ。すくすく育って一回り大きくなりました。♡
今日からちょこっと蓼科へ行ってきます。きっと山はぐっと緑になっているころ。10日前にはまだ春真っ只中だった蓼科も、花の季節から風薫る頃になっているはず。鹿たちも柔らかな草を食べているかしら。さぁ、山へ。

| | コメント (0)

「せいめいのれきし」

今朝は台風一過で気温が上がり暑い〜!

こんな日には、雨と風に倒れた草花も元気を取り戻してスクッと立ち上がるのでしょうね。ガンバレ!
05133 これは今、ニッティングクラスで編んでいるカーディガンです。
編地が出来てから少しだけ刺繍をしてパンジーらしいニュアンスを加えています。
これから、少し短めな袖を編んで出来上がり。着るのにはもう季節が暑くなっちゃったけれど、街中に溢れるように咲くパンジーの花を見ながら編むのはとっても楽しいことでした。:)
私がいろいろなものを作る時は、記憶の引き出しの中からふっと現れたものを捕まえたり、花や自然を見て写し取りたい気持ちになったものを形にすることが多いけれど、本も大切なインスピレーションの源。
05132
これは「ちいさいおうち」で有名なバージニア•リー•バートンさんが絵と文、そして石井桃子さんが訳された「せいめいのれきし」(地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし)。
何度もの引っ越しでも大切に保管され、今でも幼い頃にサンタにプレゼントされた岩波書店の本は大切に本棚に並んでいるけれど、この本は特別!1964年出版の初版です。:)
私はその頃まだ字が読めないから、姉のものだったかもしれないこの本には、後日自分の手で外箱にも中の本にもしっかりと鉛筆で「伊吹広子」と名前を書き込むほどの入れこみよう!!! Ha~, ha~!!!
先日ニコタマの蔦屋の書架に並んでいたのは何と64版!ロングセラーね。でも、納得です。これは他にないとっても素敵な本なんですもの。
05131
これは、私の初めての本「Baby Knits](日本ヴォーグ社 1990年)の1ページです。左ページには恐竜の編込みのセーターが、そして右ページには、このセーターのインスピレーションの素になった「せいめいのれきし」の恐竜時代  ジュラ紀のページが開かれて写っています。♡
こんなふうに私が作るものには何かしらルーツがあって、その気持ちをいつまでも失わないでいることを大切に思っています。
「せいめいのれきし」はこんな文で終わっています。
 ーこれからあとは、あなたがたの
  おはなしです。その主人公はあなたがたです。
  ぶたいのよういは、できました。時は、いま。場所は、あなたのいるところ。
  いますぎていく一秒一秒が、はてしない時のくさりの、新しいわです。
  いきものの演ずる劇は、たえまなくつづきーいつも新しく、
  いつもうつりかわって、わたしたちをおどろかせます。ー
きっと彼女が伝えたいのは、生命の歴史を今、私達が作り続けているということ。
そう、今を生きなくちゃね。さっ、頑張りましょ! ♡

| | コメント (0)

Yin & Yang

5月になって10日たちました。

今日は良いお天気。まるで初夏のような日差しに植物がのびのびとしています。
そんな中この2匹といったら!
05101 まるでYin & Yangみたい。
陰陽互根の教えの「陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つ」のように2匹で助け合って成長してゆきますように。♡
今はこんなに大きさが違う2匹も来年の今頃にはきっと同じくらいになり、成猫になったらメインクーンのZowieは10kgくらいに、そしてラグドールのHenriも8kgくらいに育つはず。
家の中を大きな猫達が歩き回り、その横をチョコチョコはりねずみのハギオが通り過ぎる? おぉ、素敵!: )
05102 そして幼い頃から生物好きな私が捨てられないのはこんなもの。
今、編んでいるセーターの糸始末をしていたら、いつのまにかこんなきれいな糸がパイルになりました。ポイッと捨てようとしたけれど、「あ、ミノムシ〜」と思わず手をとめてしまいました。
毛糸の糸端とミノムシ?そう、子どものころ、きれいな色のオリガミを細かく細かく切ってマッチ箱にミノムシと一緒に入れて遊んだでしょ?
しばらくして覗くと、いつのまにかカラフルなきれいな巣を作ってるのが楽しくて、庭でミノムシを捕まえては意気揚々とオリガミとハサミを手にしたものでした。Poor Poor ミノムシ! Ha~, ha~!!!
でも、こんなことも大切な思い出。きれいな色と毛糸と生物と。今と一緒ね!♡
05103 今月のワークショップではこんなものを作っています。
ラグラグで作ったハリネズミのクッションです。かわいい!
大きな箱に山盛りになった残り糸の有効利用の方法としてはバツグンね!色々な素材や色の毛糸を何本取りかにしてフックしたファンキーなハリネズミ達が楽しい。
東京へ戻り大忙しだけど、山種美術館の上村松園展も行きたいし、科博の大アマゾン展も興味津々。2週間ぶりにヨガへも行かなくちゃだし、実写版シンデレラも監督がケネス•ブラナーですものね、見なくちゃ!
新緑の季節、元気に楽しい毎日を!:)

| | コメント (0)

東京へ戻って

春爛漫の蓼科から東京へ戻りました。

今回はチビHenriを乗せての初ドライブだったので、どこへも寄らずにブンブン中央道を走って家へ。

05071

連休明けだったから渋滞もなくすいすいだったけれど、チビスケは母猫を呼ぶような甲高い鳴き声でミャウミャウ…慌ててPAへ寄りケージを毛布で覆って一件落着。
無事に東京の家へ戻り、Henriに家を案内し、ご飯などの場所を教え、机の上の手紙の山を整理し、明日からのレッスンの準備をしました。
2週間留守にしていただけなのに、用事が山積み!
せっせとひとつずつ用をこなし、夕方から二子玉川の蔦屋家電へ遊びに行くことにしました。東京へ戻ったら、その日に渋谷や銀座へは行かないけれど、今時のトウキョウを少しだけ覗きたい気持ち。Ha~, ha~!!!
: )
Zowieに「Henriをよろしくね!」とベビーシッターを頼み、いざニコタマへ。
05072
代官山の蔦屋が好きな私はワクワクした気持ちでいっぱいだったけれど、ニコタマの蔦屋は本屋さんと言うよりも、何だかアミューズメントパークみたい。家電と本が所狭しと並んでいるし、興味津々の人たちで溢れていたけれど、本を探したいならば代官山の方が良いかも。
まだオープンして間もないから仕方ないけど、本屋さんへ行ったら、やっぱりぎゅうっと本に惹かれている人たちとその場を共有したい感じ。
今日は大好きな石井桃子さんの「みがけば光る」と福岡伸一さんの「生命と記憶のパラドクス」を買いました。:)
石井桃子さんのこの本の帯には「あるイギリスの詩人が少年少女に「詩」について語って、ことばはだいじにしなくてはいけない、ことばは、みがけば光るものだ、詩人が使うのはそういうことばなのだといっている。私たちは詩人ではないから、それほどみがきはかけられないだろうが、少なくても、使ってはすて、使っては捨てでは、いいことばも残らないだろうし、ひとにものをたのんで、「それじゃ、いいです。」で気がすんでいたのでは、いい国にはなれないだろう。」とありました。思わず背中がピン!本屋さんへ行って楽しいのは、こんな本に巡り会えること。家の近くにひとつ楽しみが増えました。:)
05073 そして帰りにお夕飯のものを買いにFood Showへ。
そして、「そうそう、いつも車だから寄れなかったけれど日本酒のカウンターバーがあるのよ〜」とはせがわ酒店へ行きました。
うすはりグラスにたっぷり注がれた日本酒、美味しかった。:)
無事に山での生活から東京モードへ切り替え、明日からはバリバリ仕事です。
さぁ、今日は早めにベッドへ潜り込み本を読みましょう。石井桃子さんの本の始まりは「きれいな手」福岡ハカセは「花の言葉」。どちらから読もうかしら。う〜ん、迷う、迷う!!! 楽しみ!
: )

| | コメント (0)

ミドリな毎日

蓼科へ来て10日がたちました。

その間にカラマツが芽吹き、少しずつ小さなミドリのブラシのようになってきました。かわいい!♡

05041

少し下った辺りで満開だった桜も散り始め、今は山荘の回りも満開になりました。お散歩に出る度に辺りの様子がちょっとずつ変わっているのを感じられるのも楽しいこと。東京では見られないような鳥たちの声も大分聞き分けられるようになりました。朝は特に賑やかで、いつも私は何かしら音楽を流しながら仕事をしているのに、こちらでは鳥の声で満たされています。:)

相変わらず私は朝ご飯を食べると仕事部屋にこもり何時間か編んだり、スケッチブックに向かったりしているけれど、午後になると「せっかく蓼科へ来ているんですもの、外へ出なくちゃ!」と車に乗り込みます。

昨日は久しぶりにハーバルノートへ行ってきました。エリ子さんのお店の前には車がずらり!凄い人、人、人! 森の中にいるとすっかり忘れているけれど、今はゴールデンウィークの真っ只中ですものね!Ha~, ha~!!!

05042

いつも優しい笑顔のエリ子さんと猫談義をして、Sageの母親猫ワサビに会って、大好きな美味しいハーブティを買いました。「へぇ、新しい猫が加わったの?名前は?アンリ?あぁ、Henry(ヘンリー)の方ね」とエリ子さんにチビアンリの紹介もしました。:)

そんなエリ子さんが本を出されました。「香りの扉、草の椅子」(天然生活ブックス)萩尾エリ子著。表紙を開くと中には萩尾ファミリーが蓼科へ移り住んでからの様子が美しい写真や美味しいレセピと共にぎっしり!!! わぁ、素敵!と家へ戻ってからすぐに椅子に座って読みました。蓼科では地のものを使ったレセピが必要だし、東京に居る時には蓼科が恋しくなるから2冊必要ね!:)

そして、山荘へ戻ってから甘えん坊のbabyアンリをひざに乗せて6月のKeitoのワークショップの編地作り。

東京で糸を選んで持って来たけれど、これは今ここで編むのがふさわしい色ね!鮮やかなグリーンXグリーンです。♡

05043

5月はジャンボかぎ針を使って編む大きなバッグですけれど、来月はバスケットやかごバッグでのお出かけが増える夏に向けて棒針で編む小さなポーチを作ろうと考えています。このヴィヴィッドなグリーンはまるでカラマツの新芽みたいな色。キレイ!♡

さっきから眠そうにしていたアンリがくぅくぅと小さな寝息をたてて寝てしまいました。小さなうちに母猫から離されて我家にやってきたのに、もうすっかりずっと一緒にいるみたい。こんなふうに安心しきっているのも森の中にいるから? でも、もうすぐ東京へ戻らなくちゃです。東京へ戻ったら、アンリにとってはまた新しいお家での生活の始まり。頑張れ、アンリ!

今朝は夜の間に降った雨で空気がしっとりしています。それを喜んでいるみたいに、鳥達の声が賑やか!Zowieも窓辺で聞き入っています。こんな日はぐっと葉っぱが成長するのでしょうね。まるでアンリは木々と一緒に成長しているみたい。蓼科の楽しい毎日です。:)

| | コメント (0)

5月になりました

5月って一年で一番好きな月。自分の生まれ月ということもあるからかもしれないけれど、風薫る素敵な頃です。

05011

今日の蓼科はこの時期にしてはとても暖かです。夕方からはまだ暖房が必要だけど、今朝は「ん?今日は暖かいからコットンのブラウスを着ようかしら?」と思うほど空気がやわらかでした。:)

天気予報によると今日は6月半ばの気温になるそうな。ではこの辺りの(標高1,500mです)山桜も咲き始め、芽吹き始めたカラマツのミニブラシのような葉っぱが大きくなるのね。素敵!

昨日、山を下って蓼科湖の聖光寺の前を通ったらピンクの風が吹いていました。そう!満開の桜が風に吹かれてゴージャスな桜吹雪になっていたんです。思わず車の窓を全開にし、「きゃぁ~、サクラ~!!!」とひとりで運転をしながら大騒ぎをしていました。楽しかった!♡

蓼科へ来ると必ず訪れる場所のひとつ、小さな絵本の美術館へ行ってきました。今、開催しているのはスイスの絵本画家 エルンスト•クライドルフ展。

05012

これは1898年に出版された「花のメルヘン」より「輪舞」。花達が輪になって踊ってる様子がかわいい!透明感のある色彩が美しい絵にうっとり。東京のデパートの催事場ではなく、山の中の小さな美術館だと、より一層植物や昆虫を擬人化した絵を身近に感じて楽しいひとときでした。

先日、大手鞠を植えるために庭に少し大きめの穴を掘ったら「もう今日の仕事はこれで終わり~!!!」とバッタリと倒れてしまうほど疲れてしまいました。直径40cmくらいの穴をひとつ掘って、新しい土を入れ、大手鞠を植えて、水切れしないように回りに少し土を盛り上げたこと、そして小さなノコギリで枯れている細い枝を切り落としたりしただけなのにフラフラ。いつも手元でこまこましたことばかりしているとは言え体力のないことに自分でもびっくり!東京では気がつかない自分のことを確認してしっかりしなくちゃと思いました。美しいものを作るのにはまず体作りなのね、と再確認でした。*_* Ha~, ha~!

05013

Henriは毎日よく食べ、よく遊び、よく眠っています。

こんなふうにギュッと目をつむって寝ているところがかわいい ! 今も机に向かっている私のひざの上ですやすや寝ています。:)

そして、そんな中時々Zowieが甘えにやってきます。そうよね、チビスケ(Henri)が一日中追いかけて来て疲れちゃうわね。Zowie, いつも優しくHenriをみてくれてありがとう。♡

みんなにかわいがられて、Henriはたった一週間で5cmくらい大きくなった感じです。昨日まで階段を登れなかったのが今日は2階にいるHenriを見つけてびっくりしたり、少しずつ重くなってきたり、毎日の変化を記録したくて「Henri日記」をつけたくなってしまいます。

あっ、窓の外にリス!

昨日は伯母の犬が20頭くらいの鹿の群れの後を追いかけて家から飛び出したままで心配したし、蓼科はワンダーランド。:)

今日はどんなことがあるかしら?楽しみ!:)

| | コメント (0)

«Henri 登場!