大急ぎ!

昨日お知らせした9月からKeitoで始まる[PATTERNS]のお席があと午後のクラス数席のみになったそうです。午前のクラスはお昼頃には満席になってしまったので、今キャンセル待ちを受けImg_07261付けています。Wow! びっくり。

自分でも「かわいい!:)」と出来上がりを見てはニコニコしていたけれど、みなさまにもその気持ちが伝わったのね!うれしいな。♡
きっと今頃下田の水族館でもゴマフアザラシたちがこんなふうに抱き合って喜んでいてくれるはず!?
Ha~, ha~!!!
「考え中...」のみなさま、お急ぎあそばせ。
今日はお知らせでした。
Prayers for Japan. ♡

| | コメント (0)

始まりののこと

スポーツでも絵を描くことでもお話を紡ぎ出すことでも何でも好きなことが一生の仕事になる始まりがあったはず。

私の場合はこの一冊の本でした。
Img_07251 [ Baby Knits ](1990年発行 日本ヴォーグ社刊)
幼い頃から何かを作ることが好きで手を動かし続けてきた私が、或る編集者の方との出会いが大きなきっかけとなってこの本を出版できることになり、そして現在があります。感謝!♡
この本が出版されたのは1990年だから、もう26年も前なのね。おぉ!
今でも時々「[Baby Knits]持ってます」とおっしゃってくださる方がいらして感激するけれど、本当にこの本は私の全てが詰まっているという感じなんです。:)
この表紙のチェリーは私のシグネチャー模様。何度も子供ものや大人ものに色や素材を変えて編んできたこの模様をみなさまにご紹介したくて9月からKeitoで[ PATTERNS ]というレッスンを始めます。
Img_07252
前から温めていたこの企画をいよいよ始められることになってドキドキ&ワクワク !!
いつものようにゲージグラフと色鉛筆を取り出してまずは模様を考えるところから始めましょ。今回はセーターやバッグという形があるものではなく、1つ1つのデザインを16cm角に編んで最後に1枚につなぐから当然のことながら模様の間隔や大きさも1から考え直さなくちゃね。
今回のポイントはなんとなく編んできた編み込み模様や玉編みのコツをきっちりお伝えしたりということもあるけれど、色を決めるときのポイントや立体的な模様の編み方などを伝授しちゃいます。:)
Img_07253 いつものKeitoのワークショップでは単色、または2-3色で編むことがほとんどだけれど、この[PATTERNS]では22色!一ヶ月にひとつのパターンを色違いで2枚ずつ編み、最後の5回目のレッスンでは全体のまとめや刺繍の加え方を丁寧にお話ししたいと考えています。「5ヶ月連続 ?ちょっと日程が〜」とおっしゃる方も多いかしら?と心配をしながら、全ての始まりになったチェリーの模様を今でも大事にしている気持ちをお伝えしたいと思っています。ぜひご参加くださいね。♡
お申し込みは明日7月26日(火)の10時から始まります。
もちろんいつものレギュラーレッスンもあります。
そして10月の末にはミニイベントも考え中!楽しみ。

| | コメント (0)

同じ気持ち

この頃毎日忙しくて、忙し過ぎるとといざベッドに横になっても頭がぐるぐる働いていてなかなか眠りにつけない感じ。*_*

そんな時の特効薬は?

Img_07223それは、好きな絵を見に行くこと。
バタバタと忙しいときこそ心にゆとりを持たなくちゃね、と山種美術館で開催中の「江戸絵画への視線」展を観に行ってきました。
これは帰りにミュージアムショップで買った夏の絵のはがき。素敵。
ラックに並んだはがきを選びながら、暑中見舞いを書きたい方たちのことを「お元気かしら?」と考えました。:)
この展覧会へ行きたかった理由は、一にも二にも酒井抱一の絵を見たかったから!
大人になってから西洋の絵画よりも日本画に心惹かれている私が一番好きなのは酒井抱一。優しくて品があって美しく、力強さと繊細さが同居している作品にいつもうっとり。♡ 今回も大好きな「飛雪白鷺図」「秋草図」「月梅図」の前で深呼吸をしてきました。行ってホントに良かった!:)
私はいつも酒井抱一や菱田春草やボッティチェリやいろいろな絵本や蓼科の風景や自分の好きな色を心の中に持ちながら作品を作っています。だから、いつも色が溢れている Keitoのワークショップがとっても楽しみ!
Img_07221今月もこんな素敵な編地ができました。もちろんこれは途中だけれど、私の頭の中には出来上がったクラッチバッグがずらりと並んでいます。♡
この糸、SASAWASHIは和っぽくも洋っぽくも感じる色がいい感じ。麻のワンピースにも浴衣にも似合いそうなの。:)
Img_07222 そしてこちらは午後のクラスのみなさま。
サンプルを編むときに茶色もいいけれど、黒やグレーもステキ、と思っていたけれど、紺や朱色も大人っぽくてカッコ良いし、ピンクや紫は女らしくて優しそう、白もフレッシュで夏の定番ね〜と思わず2個目3個目を編みたくなってしまいました。♡
そして、いよいよ9月から始まる新しいワークショップ[ PATTERNS]の募集が近々始まる予定です。(26日火曜日から受付開始予定)今月のワークショップで作品を少し早めにお披露目した時も「きゃぁ、かわいい~ !!!」とみなさまニコニコ笑顔だったので私も一安心。
是非是非ご参加くださいませ。絵のような編み込みのコツ、伝授しちゃいます。:)
そして、そんな私を作っているのは美しいもの。
今の時期にしか見られない上村松園の「蛍」で日本人の女性の色香を感じていらしてくださいね。うっとりよぉ。
開館50周年記念特別展
江戸絵画への視線ー岩佐又兵衛から江戸琳派へー
山種美術館 ~2016. 8. 21

| | コメント (0)

もうすぐ梅雨明け

Img_07191

夏ですもの、暑いのを楽しまなくちゃね、と先週下田へ行ってきました。
海も山も好きだった両親に連れられて週末は海へ、長いお休みは山で過ごすことが多かった幼少期を過ごしたお陰で、大人になった今も一年に一度は足のつかない海で泳ぎたい〜と思う私。周りを見渡しても「え?今でも海で泳ぐの?」となかなかお仲間を見つけられないでいたけれど、この頃Cちゃんが「日本の海もいいですよぉ〜」と毎年ステキな海へ連れて行ってくれるので大人の海水浴を楽しんでいます。Yeah !!! :)
Img_07192 ホテルのお庭でこんな花を見つけました。
これはソテツ!ソテツって「蘇鉄」って書くのね、どうしてかしら?と調べたら、株が弱った時に株元へ鉄を打ち込むと元気が戻ったことから「鉄で蘇生する=蘇鉄」となったんですって。ふむふむ、なるほどね。でも、誰が「鉄を打ち込む」なんて考えたんでしょ!
花はなんと10年に一度しか咲かないとか...見られてラッキー!しかもこの日は「わぁ、珍しい〜、きゃぁ、ふさふさ〜」と思わず触ったりしてしまいました。*_*
でも、もふもふの手触りが不思議な感じでびっくり。蘇鉄の葉っぱの硬くて光沢がある感じとは全く別物なんですもの。
先日読んだ福岡ハカセの本に「古来、蝶々と青虫は別の生き物だったのではないか?」というお話があったけれど、生物の成長ってホント面白い。ちょっと立ち止まって見渡すと毎日は不思議でいっぱいね!:)
Img_07193 そして明日のKeitoのワークショップでお披露目しようとせっせせっせと頑張って作っていた[Patterns ]の作品が出来上がりました。
自分の作品ってどれも分身みたいなものだけれど、これは今までの私の作品の中でも代表的なパターンを選りすぐってまとめたもの。
1枚1枚を編んでいる時から「かわいい! ♡」と嬉しくなっていたけれど、サンプラーのように1枚になるとまた格別の可愛さです。♡♡♡
皆様の反応が楽しみ!
8月は山へ行っているのでKeitoでの私のワークショップはお休みになります。9月からはいつものワークショップの他にこの[Patterns]が始まります。どうぞ楽しみにしていらしてくださいね。私も今からワクワクドキドキしています。:)
東京の梅雨明けももうすぐ!
いよいよ夏、ということは、そのあとは秋。
暑い中せっせと手を動かして秋を待つのも大人の夏の過ごし方かも?!
さぁ明日はKeitoへ。

| | コメント (0)

ようこそ下田へ

水曜日から少し早い夏休み(その壱)をとって向かったのは下田。

毎年楽しみにしている大人の海水浴なのにこの3年は毎年雨....。いつもは嵐を呼ぶ女の私達ですけれど今年は天気予報が外れて晴れたお休みになりました〜。Lucky me!:)
Img_07161翌朝、目覚ましもかけずにパッチリと目を覚ましたのは04:41. 「う〜ん、まだ5時前じゃない」と眠い目をこすりながら外を見たら、この光景!思わずピョン!と飛び起きて美しい朝焼けをずっと見ていました。静かな波の音に耳を傾けながら、刻々と登る太陽に照らされた海の下にはどんな世界が広がっているのかしら、と考えました。知りたい、知りたい!ワクワク!
Img_07163せっかくのお休みですもの、一日中のんびりパラソルの下でビールを飲んだり、暑くなったら海で泳いで体を冷やし、眠くなったら読みかけの本をパタンと閉じてお昼寝を?! Zzzzz. 
いえいえ、ホントはパラソルの下で大きなバッグから編みかけの編地を取り出して海を見ながらサクサク仕事をしていました。Ha~, ha~!! 
そして次の日に向かったのはココ!→→→
下田海中水族館です。かわいい!!!♡♡♡
「もしもできることならばゴマフアザラシを飼ってみたい」と小さな頃から切望していた海獣好きな私。この日もこんなアザラシやアシカの姿ににっこにこでした。:)
071602
この日の私たちのメインイベントはカヤックでイルカが泳ぐ入江を散歩すること。
水族館の入江を泳ぐ4頭のイルカたちが私たちのカヤックの下をくぐったり、上向きにお腹を見せながら並走して泳いでくれたり、「こっち、こっち!」と先導して入江を案内してくれたり、自然に泳ぎまわりながら私たちと遊んでくれました。あ〜、楽しかった! 久しぶりのカヤックに明日の朝は腕がパンパンになってるのではないかしら?とちょっと心配だけれど、そんなことよりも楽しくて嬉しかった下田ステイに今も顔が緩みっぱなしな感じです。:)
さぁ、明日からは東京モードに戻ってひとつひとついろいろなことに取り組みましょ。
エネルギーチャージは万全だし、フレッシュな気持ちでスタートです。
連休明けにはKeitoでのワークショップです。先月のスズランのマーガレット、完成作品をぜひ見せてくださいね。楽しみ!
*下田水族館の「イルカと散歩」のことはfacebookで「うみがめカヤックス」と検索してください

| | コメント (0)

それ ほんとう? その2

現在我家は猫3匹+ハリネズミと一緒の暮らし。ナント頭数だけかぞえると人よりも動物の方が多い生活です。:)

我家の4兄弟は、ハリネズミのハギオが一番のお兄ちゃま、そして未だ2歳7ヶ月なのにすっかり大人の風格のZowie, 次に1歳6ヶ月のシャイなHenri, そして一番末っ子のマイペースLucaも8ヶ月になりました。♡
Img_07131 Lucaなんてステキな名前があるのに、我家でのニックネームは「どじょ」。だって、お腹がちょっとベージュっぽくて背中はグレーだし、くねくね素早い様子はまるでどじょうみたいなんですもの。
明日までにどうにか仕事を進めなくちゃと机の前でねじり鉢巻の私の横で、今日もこんなふうにくぅくぅ寝息を立てていました。
そばにいるのは知っていたけれど、こんな格好で寝ているなんて〜 !!! Ha~, ha~ !!! ちょっと一休みしましょ、と立ち上がった私は思わずLucaの姿にクスッと笑ってしまいました。
このしっぽ!まるで柴犬みたいね、それにこの足は何でしょ。どんな夢を見ているのかしら?教えて、Luca.
もう何十年も猫と暮らしてきたけれど、それぞれ1匹ずつ違っておもしろい。だから猫との生活はやめられない〜と感じる毎日です。
そして、そんなLucaに今一番お気に入りの本「それ ほんとう?」を音読して聞かせようと、Lucaの横に陣取りページをめくりました。
今日は「す」。
すこぶるすてきな
すもうとりが
すまーとなすかーとをはいて
すあしに
すりきれたすりっぱをはいて
すずみだいにすわって
すずむしのこえをききながら
すずんでいたら
すじむかいの

Img_07132

すしやの
すだれの
すきまから
すばらしいすいかのすがたが
すけてみえたので
すいかのすきなすもうとりは
すぐさますくっとたちあがり
すごいすぴーどで
すしやめがけて
すっとんでいったところ
すりっぱがすべすべしていたので
するっとすべって
すってんころりん
すなのなかに
すっぽりはまって
すねにきずをこしらえたって。
それ ほんとう?
私が得意げに大きな声で読んでるのに、Lucaは私が作ったミニチーター(お腹にメジャーを内蔵しています)と一緒に更にくぅくぅ。Zzzzzz。
今日はちょっと色々なことがあった一日だったけれど、生後7ヶ月のチビスケがそばにいてくれるだけで楽しくて安らかな気持ちになりました。動物たちに感謝ね。:)
松岡享子さんのようにはいかないけれど、Lucaの「る」から始まる面白い文章が出来ないかな。
るりいろのるーむしゅーずをはいた
るっくすのいい
るーまにあうまれの
るりびたきのるいすは
と始めてみたものの、るいせん、るすばん、るっこら、るーむめいと、るいべ、るつぼ、るいぼすてぃ、るーれっと、るんば、るけい、るんぺん、るいはともをよぶ、など「る」の言葉をうまく気の利いたナンセンスストーリーに仕立てるのは至難の技。:)
あぁ、もう25:30! こんなことをしていないで早く明日の用意をしなくちゃ。
でも、頭から言葉が離れない...だって、るあーでしょ、それと るいじんえん、忘れちゃいけない るれっと, るーぷたい、るーふきゃりあにるぽるたーじゅ。
しばらくこの遊びは続きそうです。Ha~, ha~ !!!
さぁ、朝になったら海へ!てるてる坊主も作らなくちゃね。楽しみ。

| | コメント (0)

それ ほんとう?

7月もまだ10日を過ぎたところだというのにこの暑さ。ふぅ。

それならばこの暑さを楽しまなくちゃね、と福光屋さんでかき氷をいただきました。

Img_07111

このかき氷を作っている水は福光屋さんがお酒を仕込むときに使っている百年水。一世紀前に降った雨が地中深くまで浸み込み、その後いろいろな地層を通って金沢の福光屋さんの蔵まで辿り着いたものだそうな。
おぉ!一世紀〜!
この日に選んだのは赤酢蜜漬け夏みかん。ちょっとマーマレードのような感じで美味しかった。:)
暑いのもいいものだとにっこり笑顔になりました。Ha~, ha~!
器がとっても気に入ったのにお店では販売していないとのこと。今度作家の方のお名前を教えて頂こうっと。
そして、先日銀座の教文館で見つけたのはこんな本。
田島征三さんの「やぎのしずかのしんみりとしたいちにち」と松岡享子さん文・長新太さん絵の「それ ほんとう?」。
Img_07112 教文館には、思わず懐かしくなって温かい気持ちになる本や楽しい絵本が溢れているけれど、この2冊は最強ね!「やぎのしずかのしんみりとしたいちにち」は出会って、食べて、泣いて、寝て、忘れて楽しく歌う、「これでいいのだ〜」とバカボンのパパの声が聞こえてきそうな絵本です。田島さんの絵に惹かれて手に取り、読み終わったら「私のもの!」としっかり握りしめるくらい気に入った一冊でした。:)
そして表紙のお二人の名前を見ただけで「これ買う」と決めた「それほんとう?」。
あ〜わまでの50音から始まるナンセンスなショートストーリーの本なのですけれど、もうほんとうに素晴らしい!ページをめくるたびに松岡享子さんのイマジネーション溢れる文とユーモラスな長新太さんの絵にワクワクニコニコ!!! 例えばね...「き」。
きのうのきんようび
きたのくにから
きんいろのきかんしゃにのって
きれいにきかざった
きいろのきりんがやってきた。
きばつなぼうしに
きつねのえりまき
きらびやかなきものに
きゅうくつそうなくつ
きゃしゃなてぶくろに
きぬのすかーふ
きらきらひかる
きんぐさりのさきに
きんぴかのきんどけいをぶらさげ
きんがんのめを
きょろつかせ
きょうも
きどって
きんじょをあるいていたが
きざで
きままで
きまぐれで
きみじかで
きむずかしくって
きどりやで
きぐらいばかりたかくて
ききわけがなく
なにかというと
きいきいいうので
きょうだいからは
きわめて
きらわれていたって。
それ ほんとう?
ね!面白いでしょ?「き」から始まる言葉の組み合わせも秀逸だけれど、最後の一言「それ ほんとう?」がなくっちゃね!大きな声で音読したくなる一冊です。:)
ちょっとつまらない気持ちになっちゃった時にもぴったりだけれど、子供たちが「きわめて」なんて意味がわからない言葉にも目を輝かせる様子が目に浮かびます。
絵本ってステキ、日本語っておもしろい、と感じた2冊でした。
あぁ、楽しかった。♡
さぁ、暑いなんてへたばっていないで仕事しなくちゃね!
頑張りましょ。:)

| | コメント (0)

暑い風の中で

昨日は七夕。二十四節記では小暑、七十二候では温風至る。温かい風が吹く頃なのね。

Img_07083 そんな頃には涼しげな鮎の姿寿司を。田園調布の駅で降りると「今日は醍醐で大阪寿司を買いましょ」と嬉しくなるけれど、この時期は夏限定の鮎の姿寿司が定番。タデの葉っぱが涼やかでほっとします。
日本に生まれ育つと、こんなふうに魚の頭がついていることを何とも思わないけれど、欧米人には大ショック!英国人の友人の「?!?!?!」と固まっていた表情を思い出し懐かしい気持ちになりました。食べものは思い出の扉を開くのね。Helena達、元気かしら。:)
Img_07082 今、大忙しで編んでいるのはKeitoで秋から始めるPatternsの編地。私が得意とする絵のような編み込みのテクニックをご紹介するというものなのですけれど、編地がかわいくて思わず編みながらニコニコしてしまいます。♡
サクサクと手を動かしながら気がついたことがありました。なんでもないことなのだけれど、不思議なこと。
先日大きな駅を使っていろいろ動き回り1日忙しく働いた後、深夜に編物をしようと机に向かいました。その時に音楽を聴いた時のヴォリュームのまま、翌朝同じ曲を聴いたらものすごく大きな音でびっくり!「どうして ???」と目を丸くしたけれど、これはきっと一日中いろいろな場所で雑多な大きな音を聞いた耳と静かな朝の耳の違いね!人間は一晩のうちにこうして自分の体のいろいろなセンサーをリセットしているのでしょう。すごーい!
当たり前のことだけれど、自分の体の不思議に驚き感謝しました。:)
Img_07081
そしてご褒美は大好きなさくらんぼ!
銀の器にさくらんぼが写り込んできれいね。私のシグネチャー編地のチェリーは熟れる前の小さな実だけれど、こんな風にまんまるの実もかわいい、と鉛筆を手にとってちょこっとスケッチをしました。
いつか作品になるかしら?
昨日新しい毛糸も届いたし、今日も大車輪で頑張らなくちゃ。
来週はCちゃんと毎年恒例の海水浴。
楽しみ〜 !!!
よく食べ、よく働き、よく遊び !
Prayers for Japan. ♡

| | コメント (0)

衣装の秘密

先週末の東京は37度!そんな中急にiPhoneが壊れて銀座のApple storeへ駆け込んだり、五反田方面や横浜方面に用事があってバタバタ。+_+Img_07041_4

普段はほとんど家で仕事をしているから、西へ東への移動にふらふら。。。
だから、今日のひんやりとしたお天気にちょっとホッとしています。
きっと植物たちも同じね。
お日さまは嬉しいけれど、昨日の夕立をたっぷり含んだしっとりとした土でのんびりとしている感じ。:)
いろいろ壊れちゃったものを新しくしたり、問題もひとつずつ解決して、ようやっといつもの暮らしが戻りました。♡
先日蓼科のバラクラのフラワーショウでバグパイパーの方とお話しする機会があり、衣装の秘密を伺ってきました。

Img_07042

これはスコットランドの象徴とも言えるバグパイパーの正統な出で立ちです。ステキ!
バラの花が咲き誇るお庭にバグパイプの音が響き、その大きいけれど懐かしいような音色に来園者たちはみんな思わず立ち止まって聴き入りました。
私は演奏を聴きながら、なかなか近くでじっくりと見ることのない衣装を上から下まで CHECK!
キルトは跪いた時にキルトの裾を膝頭で踏まない丈であること、この奏者のようにスポラン(前に下げているポシェットのようなもの入れ)に馬の毛がついているのは軍隊かバグパイパーのみが身につけられるもの、靴下は膝が見えるように膝から指3本の丈が良いことなど、今まで知っていたこともあるけれど、んんんっ?と気がついたこともありました。
Img_07043
よく見ると右足の靴下に小さな短剣が刺さっています。「このdaggerはなぁに?」と伺ったとことろ、「今この短剣は正式な衣装の時に身につける飾りだけれど、以前は護身用として自分の利き手側の足の靴下にさしていたんだよ」との答え。おぉ!とびっくりしていたら、「もっと大きな短剣もあるよ」と腰に下げていたものを取り出して見せてくださいました。「そして、これは僕の小さなディナーナイフとフォークなんだ」とニッコリ。:)
そうよね、バグパイパーは戦場でも先に立って進んでいかなくちゃだし、いろいろなシチュエーションで勇敢に活躍するのですものね。改めて、正式な衣装には無駄なものなど何ひとつなく、すべてに理由があることを実感しました。
着崩すのは簡単だけれど、きちんと正統な着こなしは美しく、男らしかったり、女らしく見えたりするのね。これから日本は浴衣の季節、若者よ、美しい姿でと願います。*_*
さぁ、今日からちょっと本腰入れて編む毎日になりそうです。
ひんやりとした空気の中で落ち着いて手を動かしましょ。サクサクサクサク...。:)
Prayers for Japan. ♡

| | コメント (0)

壊れちゃう日

昨日から7月になりました。

昨日は朝から気温が上がり暑かったから我が家の猫たちはこんなふうでした。
Img_07021おぉ、暑そう!
それもそのはず、クーラーをつけようとしたらリモコンの表示が消えていて、電池を変えても作動しません。今日はお稽古なのに困った〜と、扇風機を総動員して対処したけれど、蒸し蒸しは取れず暑い1日でした。はぁ。*_*
Img_07022 先日本屋さんへ行ったら、食べることは暮らすことがテーマの季刊誌「うかたま」の新しい号が出ていました。
手にとってページをめくったら「あらっ、エリ子さん〜」。大好きな蓼科ハーバルノートシンプルズの萩尾エリ子さんの素敵なお庭や美味しいゴハンのことが10ページにわたって紹介されていました。:)
このパンジーは先月エリ子さんのお庭に咲いていたもの。彼女のような繊細で静かであたたかい雰囲気がとってもステキ。♡
夏号の「うかたま」にはその他にも郷土食の面白い特集があり、「わぁ、おいしそう〜」とか「ちょっとお隣の市に行くだけで、食がこんなに変わるのね」と地図を見ながら不思議に思ったりしました。:)
Img_07023
そして、もう遅いから携帯を充電して休みましょ、とプラグインして、しばらくしてからiPhoneをチェックしてみたら、画面が真っ暗 !!!!
慌ててPCにつないでアップデートしたり、復元を試みたりして深夜に何時間も頑張った結果、電源は入っているし、電話をしてみるとちゃんと呼び出し音は鳴るけれど画面が暗くてアンロックできない状態のまま。うわぁ〜ん、ただでさえこの頃いろいろあって参っちゃってたのに、どうして同時に色々壊れちゃうの?! +_+
今日中にiPhoneが治るように、夕方に予約をしたから大丈夫。お願い、光明が差して全てがうまくいきますように。♡
さぁ、その間に粛々と仕事を進めましょ。頑張ろう、っと!
ハーバルノート・シンプルズ
長野県茅野市豊平10284
水曜日定休 9:00 ~ 18:00

| | コメント (0)

«古くて新しいこと