山にも春が来ました

一昨日から蓼科へ来ています。

現地から「雪はやっと溶けたけれど、朝晩の気温はまだまだ低いので気をつけて」と連絡があったので、薄手のダウンや暖かいスウェター、厚手のソックスや大判のショールを詰めて来たけれど、思ったよりも暖かい。良かった!:)

04261

その暖かさのお陰で山には春が訪れ、一斉に花が咲いています。山桜もたんぽぽもコブシもレンギョウも水仙も全て!!! 色に溢れてる!散歩に出ると、こんなふうに木々が芽吹いていて、小さな小さな葉っぱが芽を出していてかわいい。花の色も美しいけれど、新緑の緑はエネルギーに溢れていて、何かを予感させるような素晴らしい期待感でいっぱいになります。:)

蓼科湖辺りまでは花が満開だし、標高1,500m辺りでも木々も芽吹き始めたけれど、下草は生えていないから鹿たちが木の皮をむしる姿をみかけます。食べるものがないのね。。。+_+

暫く使わなかった山の家では、私達が留守の間にヒメネズミ達が大パーティを開いたらしく、うっかり袋のまま置いてあったキャット&ドッグフードの大袋は完食され、色々なところから集められて来たもので暖かそうなベッドを作ってありました。

でも、トラの子供のようなZowieが来たからには、パーティは終わり。みんな、そそくさとどこかへ消えて行きましたとさ。Ha~, ha~! : )

04262

そして、ひょんなことから我家の一員が一人増えることになりました。

2ヶ月のラグドールです。♡ かわいい! 伯母の犬も我家のZowieももちろん興味津々!ケージのまわりにはりついてご挨拶。

プードルのナナは余り興味がなさそうだけれど、Zowieは初めて接する同族の動物に、近づいてみたり遠くから眺めてみたり…。子猫は0.7kg, Zowieは5.8kg。今は体重に差がありすぎるから、人間が傍観していないと危ない感じ。要watchです。

Zowieには「Zowieは優しいお兄さんだから、かわいがってね。だって、あんなにおチビリンだから何も出来ないでしょ。」「Zowieが一番かわいくて素敵!」と人間のこどもに兄弟が生まれたときのように接しているけれど、慣れない家の上、ヒメネズミの気配はするし、プードルと共存だし、その上きっと夜中には外では鹿やキツネの気配がするはず。。。興奮して、いつもとはちょっと違うワイルドなZowieになっています。

でも、やっぱり気が張っているのか、夜中にはぐったり。私の側へ来てぐっすり寝込んでいました。

04263

昨日、山から下りて茅野へ買い出しに行く途中にバラクラへ寄りました。今はいろいろな球根達が満開。何千球ものヒヤシンスの甘い香りに庭が包まれていてうっとり。♡

いつもの早春のバラクラの庭だったけれど、訪れる度に違う花に見入ってしまいます。

今回はこのブルーのハナニラ(?)にドキドキ。日陰に咲いた花の上に差し込む鮮やかな光に「わぁ!」と立ち止まってしまいました。何だかとってもイギリス的な光景に思えて。燦々と輝く太陽と言うよりも、こんな優しい光景が私にとってのイギリスなのでしょうね。キーツやワーズワースの詩が思い出されるような感じ。

さぁ、今日は昨日買って来た大手鞠を植え、小鳥用のエサを木に吊るし、雪の重さで折れた枝を片付けたり、と山での仕事がいっぱいです。でも、手に怪我をしたり、手を使いすぎて細かいことができなくなると「編んだり、縫ったり」が出来なくなっちゃうから大変!どんな順番でしようかしら。

それに、子猫に名前を付けなくちゃ!!! 楽しみがいっぱいのお休みになりそうです。:)

| | コメント (0)

充実した毎日

GW前に東京を脱出しようと考えているので、先週から猛ダッシュで仕事に邁進し、用事をテキパキと片付けている毎日。

04231 先日は大雨になる前にと大急ぎで近くの公園へ行き、オタマジャクシを捕ってきました。その小さな公園には子供のための小さな水路があるのですけれど、水路の先は排水溝になっていて、大雨だとオタマジャクシが流されちゃうのでは???と心配なんです。
そこで大慌てで網を持って出かけ、少しだけオタマジャクシを連れて帰りました。小さなケースの中を泳ぎ回るオタマジャクシにZowieは興味津々!Wonderがいっぱいのオタマジャクシの成長を楽しんでね〜!Ha~! ha~!!!
04232
そして昨日は、日中はじっくり仕事を進め、夕方から打ち合わせをひとつ済ませてから、久しぶりにヴァンピックルへご飯を食べに行ってきました。これは〆のハート型の焼きおにぎり。美味しいフレンチ串焼きを沢山頂き、お腹がよじれるほど笑いながらのご飯にワインが進み、3人で3本。ちょっと飲み過ぎだったけれど、楽しくて愉快な夜でした。:)
夜半過ぎに家へ戻り山へ行く準備を。半袖が心地好い東京にいると「山は思っているよりもずっと寒い」と解っていても、どうしても詰める衣類が軽装になりがち。。。*_*
厚手のソックスや長袖のTシャツ、しっかりとした暖かなセーターを探し出し、リストにした仕事の材料と一緒に用意しました。
今朝は早くから用事をひとつ済ませ、ホビーショーを見にビックサイトへ。
お仕事のみなさまにご挨拶をしたり、懐かしい知人と「きゃぁ〜、久しぶり!」と喜んだり、いろいろな材料を見て回ったりしました。
そして、その後は銀座へ。
04233 福岡伸一さん監修の「フェルメール 光の王国展」へ行ってきました。
しかも、15人の参加者に福岡先生ご自身がいろいろなエピソードを交えながら解説をして下さる、という贅沢なイベント!
Re-create版のフェルメール作品は350年前のフェルメールが描いた当時のオリジナルに近い色でとっても鮮やかで美しく、本物の作品の魅力を解りやすく、しかも世界中に散らばっている作品を並べて鑑賞出来る楽しみもあり、楽しい夜でした。
連日ちょっと忙しすぎて大丈夫かしら?と思っていたけれど、体は疲れても気持ちが充実しているからエネルギーいっぱいで「あぁ、楽しかった!」と幸せな気持ちになりました。♡
さて、いよいよ明日から山の生活です。
楽しみ! :)

| | コメント (0)

春だから

春真っ盛りの今はどこを向いても花盛り!♡

04201家の庭でも木香バラが満開でとってもきれいです。
今週末から5月の連休明けまで山へ行く予定の私はゴールデンウィーク進行で仕事に邁進中!!! 逆数えカレンダーを作って、「これを作って、この材料を揃えて、この編図を描いて」とひとつひとつ整理しているところです。そんな中、クリーム色の小さなバラが少しずつ増えてゆくのを仕事部屋の窓から見るのはとっても楽しみ。
でも、今日は朝から枝がゆさゆさと強い風に揺さぶられ、どうやら天気予報通り春の嵐になりそうな感じ。。。うわぁーん。
04203
先週のKeitoでのワークショップでは、こんなかわいいパンジー達が咲きました。
やさしくて爽やかな色。かわいい!:)
今頃2つ目のパンジーも編み上がってチョーカーになっているかしら?
暖かくなってきたから、春のお出かけのアクセントにどうぞ。シンプルなTシャツやブラウスがパッと華やぎます。♡
04202
これは午後のクラスのパンジー達。素敵! :)
パンジーって冬も越しちゃうほど強いけれど、やっぱり春に誇らしげに咲いている姿が一番かわいい。毎年必ず、編んだり、刺繍したり、縫ったり、何かの形で表現したくなります。
いつもお稽古やWorkshopの時に「出来ました!」と前月の作品を見せて下さるのを楽しみにしているけれど、来月のKeitoではみなさまの胸にパンジーが咲いているかしら。:)
今日は月曜日。シャキッとした気持ちで1週間を始めたいのに、大雨&強風の予報で心がざわざわ。Zowieも真剣な面持ちで外を観察しています。まだ1歳3ヶ月の猫は風や空気から何を感じているのでしょう。知りたい、知りたい!!!
今週もたくさんのワンダーがありますように。

| | コメント (0)

夏の準備を

この頃お天気が不安定で、毎日嵐になるのかとドキドキ。

でも、少しずつ暖かくなってコットンを着る日が増えました。:)

Keito5151そして日本の文化は季節の先取りですものね。私達も早々と夏の準備をしなくちゃ!
Keitoの5月のワークショップはジャンボかぎ針で編むバッグです。かぎ針で編む細編みのバッグは世の中に溢れているけれど、私が作るとこんな感じに。♡
英国ウェールズのコリネット社のGiottoとフランスのDMCのNatural XLというヨーロッパの糸を2種類使って海を編んでみました。街中にいても海を感じられるでしょ。:)
自分で写真を撮るのを忘れてしまったので、今回の写真はKeitoのHPから。
底はまんまるだけど、しっかりと立ち上げて大人っぽい形に仕上げました。
Keito5152 余った糸で作ったヒトデやウニもポイントです。
この写真だと少し色が浅く感じるけれど、ヨーロッパの糸ですもの、シックな深い色合いが魅力です。リボンの様な光沢のあるミックスヤーンのGiottoもマットなコットンのNatural XLも色が豊富だから、優しいパステル調、エレガントでシックな雰囲気、元気でポップな色合いも自由自在に選べるのも楽しみ。♡
かぎ針編みのバッグって物を入れると形が崩れちゃうでしょ…と言う悩みも持ち手や入れ口に芯を入れることで解決です。そんなニットのバッグ作りのコツもワークショップでお話しますね。:)
募集は今日から。
詳細はこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

雨の毎日に

このところ全国的に雨ばかり。

夜のうちに天気予報を見て「明日も雨なのね」と解っていても、翌朝起きると「さぁ、今日のお天気は?」と張り切ってカーテンを開けます。
04151 そして雨が降っていると、時計がぐるぐる逆回りをして昨日に戻ったみたいな気持ちになってしまいます。何だか時間が進まなかったような感じ。*_*
そんな雨模様の中、若葉はどんどん大きくなり、モミジもこんなかわいい葉っぱを茂らせています。
等々力渓谷へ行って空を見上げると、モミジの葉っぱがまるでグリーンのレースみたいでとってもキレイ!
しかも、雨が降っていると緑の香りが濃くてうれしくなります。気持ちいい。だから、雨もやっぱり素敵ね。:)
そんな雨の一日、私が取り組んでいたのは小さなお人形作り。
04152 小さな花の妖精を作ろうと考えて、すぐに本棚から取り出したのは大好きなエルサ•ベスコフの「リーサの庭の花まつり」。
夏至の日にリーサの庭で開かれた花祭りの様子を描いたスウェーデンの絵本です。
擬人化されたマーガレットやけし、クローバー、野バラに続いてシェーリンタンドやカモミールが行進しているこの絵はホントにかわいい!
この本は90年も前に出版されたのに、今でも世界中で読み継がれているのは、優しいお話だけではなく、植物図鑑としても見ることが出来るような美しい花の絵の魅力なのでしょうね。♡
頭の中に自分の作りたい人形は思い描けていたけれど、それをどうやって具現化しようかと思って、ヒントを探すためにこの本を開いたのに、すっかり1ページ1ページに見入ってしまいました。♡♡♡
04153 そして、こんなピンクのマーガレットを見ても、小さな女の子達がいっせいにこちらを見上げているような気分になったり。:)
一日中どこへも出ずに、部屋中の色々な引き出しを開けて「少しだけ残っていたはず」のパーツやリボンを探し出し、小さなディテールにこだわった小さな作品を作りました。
頭の中にイメージしているものを現実のものとして作り出すためには、自分の感性に触れたものを大切にしまって、そしてそれを取り出せる感覚を持ち続けることが大事ね。
今日はKeitoのワークショップでパンジーのアクセサリィを作ります。
いつもみんなに「頭の中に自分の作りたいパンジーの花を思い描きながら編んでね」と伝えるけれど、プリントに描いてある編図はただの技法で、「かわいくなぁれ!」と思いながら手を動かすことが一番!さぁ、今日はどんな花が生まれるのでしょう。
楽しみ!

| | コメント (0)

春な毎日

「春眠暁を覚えず」の言われのように、いつもは早起きのZowieもこの通り。

04121_3 Ha~, ha~!!!

いつもスーパーハンサムなZowieのこんな写真をアップしちゃったら怒るかしら?!

でも、ホントはこんな顔がかわいいのよね!:)

金曜日の午後から何だか調子が悪くて「あ、この感じ、熱出ちゃうかも」となりダウン気味。でも、翌日はKeitoでのワークショップ。穴をあける訳にはいきません。どうしましょ。*_*

翌朝Keitoへ着いたらすっかり仕事モードになり、一日楽しくワークショップを開くことができました。良かった!

04122

これは11:30のクラスのみなさまのパンジー達!かわいい!!!

今回は糸もかぎ針も細いし、アクセサリーだからキリッと編まなくちゃだし、しかも色を変えながら立体を編む、という課題にちょっと最初は四苦八苦だったけど、コツが解ればスイスイ!

04123 そしてこちらは14:30のクラス。素敵!

今頃きっと2つめ、3つめのパンジーが出来ている頃かしら。♡

来週の水曜日15日にも同じ内容のワークショップがあるから、今度はどんな色のパンジーが生まれるか今からとっても楽しみ!確かまだ1-2席空きがあったような。。。この作り方を覚えると他の色々な素材でも楽しめるから、「チョーカーってしないし」と言う方にもおススメです。この時もアシスタント嬢が編んで来てくれたラフィアのパンジーがとっても好い感じで「カゴバッグや麻のワンピースにぴったりね」と大注目でした。:)

詳細はこちらから。

http://www.keito-shop.com/workshop/2015/04/15

今日は久しぶりに晴れてお出かけ日和だったけど、仕事や何やらが重なっていて缶詰状態で頑張らなくちゃだし、体調もイマイチ...そんな時こそ元気の素を探しに出なくちゃとお散歩に行ってきました。

04124 うわぁーん、いつの間にこんなに生まれていたの?♡♡♡

家の近くの書院の小さな池いっぱいにオタマジャクシが! と、採りたい。。。けれど、見るだけで我慢。子供たちに残しておかなくちゃね。

ちょっと忙しすぎてダウンしそうな毎日だけど、楽しみな予定もあるし、頑張りましょ。

明日は月曜日。今週も元気で楽しい毎日になりますように!:)

| | コメント (0)

Made in Kyoto

お花見〜!と浮かれていた気分はどこへやら、今日は真冬並みの寒さ!今朝はみぞれのような雨が降っています。ブルブルッ!

04081 この頃桜を見たくて視線が上に向いていたけれど、足下にはこんなやわらかな葉っぱが生まれています。かわいい!
しかも、葉っぱの先が欠けているということは、虫たちも始動開始ね!
春ってこの生命感が素敵。元気がない時にも、この植物や生物の勢いに触れると思わずにっこりしてしまいます。:)
今、仕事部屋の窓の外には小さな実を付け始めた梅と仙台枝垂れ桜が重なって見えて、その色がとってもかわいくて思わず編み針を持つ手を休めて見入ってしまいます。根元に雌しべのピンクを残したままの青緑の小さな梅の実と、フリルの花びらが可憐な枝垂れ桜。大好きなピンクと黄緑の組み合わせも自然の中の色は格別ね。ドキドキ!♡
04083 今、[to do]のリストがぎっちりで、その中でも、何だかしっくりしなくて何度も編み直している作品で頭がいっぱいな私の至福の時間は洗顔。
これは先日京都で見つけた胡粉石けんです。「京美人になるための石鹸」ですって!素敵。 京都しゃぼんやと日本画用の絵具の老舗 上羽絵惣のコラボレーションで出来上がったこの石鹸は胡粉(ホタテ貝の殻)と真珠パウダーで出来ていて、ホワイトニング&スクラブル効果があるそうな。これをふわふわに泡立てて柔らかなシルク海面で顔をクルクル。うっとり。♡
三条のお店では手作り石鹸体験や足湯も出来て楽しい&ほっこりでした。楽しかった!:)
そして、もうひとつのMade in Kyotoはこれ。
04084 WESTSIDE 33.のお鍋と取り分けスプーン。有次のお鍋が好きでずっと使っているけれど、大きな浅めのお鍋は有次にはないし…と探していたら、こんな好いお鍋がありました。
1枚の地金を金槌で叩いて叩いて締めて出来上がる鍛金のものって職人さんの技を身近に感じられて惹かれます。
忙しいとお料理が息抜きの私にとって、このお鍋とスプーンはホントに良い買物になりました。
仕事部屋から出て、鯛のアクアパッツァやブリ大根や鶏のトマト煮を作ったり。
この浅いスプーンがお魚に煮汁をかけるのに丁度良くて、使い勝手の良さにしみじみと感動しました。「ここをこうして」という職人さんの工夫が伝わってくる感じ。:)
私もみなさんに「作るの楽しい!」「出来上がってうれしい!!」と感じて頂けるような作品を提案しなくちゃね。頑張ろうっと!
今週の土曜日11日と来週の水曜日15日のKeitoのワークショップにまだ1-2席余裕があるようです。少し細かいかぎ針の作業ですけれど、イチオシのパンジーのネックレスです。是非! 楽しみにお待ちしています。

| | コメント (0)

4月になって

早く早く春になぁれ!って思っていたのに、いざ春になるともう初夏が恋しいのは何故でしょう。ないものねだりなの?いえいえ、春を感じながら、その次には何が待ち受けているのかを思うのが楽しみなんです。ドキドキ!:)

04051 先日等々力渓谷へお散歩に行ったら、こんなシダに出会いました。

その日は愛猫Sageの命日だったので寂しくてグレィな気持ちだったのに、シダの葉っぱが「こんにちは」と挨拶をしてくれているようで、思わず立ち止まりました。

柔らかな葉っぱをそうっと握って握手。ふわふわしていて気持ちがいい!思わず気持ちがふんわりして元気になりました。

春って素敵!

家の近くの自然の中にばかりいたらセンスが磨かれないかも?ちょっとエッジィなものにも触れなくちゃね、と映画を見に行くことにしました。

向かったのはBunkamuraのル•シネマの[ Dior & I ] 。

04052 Diorのデザイナーになったラフ•シモンズのオートクチュールのコレクションができるまでのドキュメンタリーフィルムです。

オートクチュールに初挑戦のラフとアトリエのベテランのお針子スタッフとのやりとりやコレクションができるまでの葛藤も見応えがあったけれど、最後の15分が圧巻でグイグイと惹き付けられました。

映画が始まって暫くは、遠くからDiorのアトリエの舞台裏を見ている気分だったけれど、最後は小さな映画館の椅子にキリッと背中を正して座り直し、身を乗り出して見ていました。わぁ、素敵!ドキドキッ!!!としながら。♡

「美しいものを作り出すこと」を垣間見られる幸せを感じられる映画です。是非!

この頃何だかバタバタと忙しくて、忙しいと尚更こんな映画を見たり、近所をお散歩して自然を感じることを大切に思います。

04053 ラグラグでこんなfunkyなハリネズミを作る時も、等々力渓谷のあのシダの葉っぱの柔らかさを、[Dior & I ]で見つけたちょっとしたニュアンスの大切さを心の中に持っていることが大事。。。自分がピックアップした「ちょっとしたこと」を自分の引き出しにためて行くことが、私にとって手芸の仕事を続けて行くことの鍵です。

今日運転しながらラジオを聞いていたら、イギリス人のDJが「今日は何だかイギリスの春のようなお天気だったね〜」と言っていました。思わず私も「そうそう!」とクスリ。:)小雨模様の冴えない日曜日だったけれど、イギリスみたいな素敵なお天気の一日でもありました。Ha~,ha~!!!

Happy Easter!

| | コメント (0)

この頃のこと

  • 桜が咲くと「わぁ、こんなところに桜があったの?!」と思わぬところにポワッと広がっているピンクの世界に驚いてしまいます。でも、ホントは同じところに毎年咲いているのに、花が終わるとその木のことを忘れてしまっているだけ。そして、毎年「わぁ、こんなところに!」と喜んでいるのでしょう。毎年うれしくなるなんて幸せね。Ha~, ha~!!!♡

04021_2 今年も目黒川に夜桜見物に行ってきました。美味しいワインビストロGOUR VINで「う〜ん!♡」と思わず唸っちゃうようなスペシャルなパテやトロトロのラクレットをピエモンテのワインと頂いてご機嫌な気分で目黒川へ〜!:)

月もキレイで桜も満開!言葉では現せないほどの美しさ…のはずだけど、その美しさを何百人、いえいえ、何千人だったかも! の方達と一緒にシェアしました。(とってもとっても混んでいたの!)

Time Out東京版(英語のフリーペーパー)のおススメお花見スポットのベスト1なんですものね、外国人の方達も多く、みんな目をキラキラさせて色々な言葉で「おぉ、キレイ!」と言っていました。:)

そして、昨日は上海のお稽古に来て下さっていた仲良しの日本人太太おふたりと代官山でランチ。気持ちの良い季節だからとせっかく屋上のソファ席を予約していたのに雨模様で残念!+_+

04023

最近の上海の様子を聞いて懐かしがったり、「私が上海に足繁く通っていた頃は1元¥13位だったけど、今は¥20だものね!」とびっくりしながら世界の変化について話しました。:)

そしてランチの後はお散歩しながらショッピング。私はどこまでも歩いて行きたくなりそうなaddidasのリレースロウを購入。エスパドリーユみたいな底がかわいい。部屋でウキウキと試し履きをしている私を見て、Zowieも早速チェックしに登場。Ha~, ha~!!!

4月って何か新しいことを始めたくなる時。

今月から私のお稽古にも新しく見える生徒さんが何名かいらっしゃいます。

04022 今月から3ヶ月かけてパンジーの編込みのカーディガンを編みます。ワークショップクラスの作品もカラフルで華やかなコサージュのバッグです。4月に花のモチーフを選んだのは、もちろん季節的なこともあるけれど、私からのwelcomeの気持ちです。

みなさんが楽しんで下さるように、私も心を尽くしてお迎えしようと思っています。

さぁ、明日から新しいメンバーが加わってのお稽古の始まり。

楽しみ! 

| | コメント (0)

お花見日和に

東京の桜もいつもより5日も早く満開になり、週末は絶好のお花見日和でした。

03301 多摩川の桜も暖かい日差しを浴びて嬉しそうに咲いています。
その足下にはこんなふうに小さな草花がグングン元気良く伸びていました。耳を澄ませたら細胞が成長している音が聞こえてきそうなほどの勢いです。春ね!
この日は平日だったので殆ど人がいなかったけれど、ガヤガヤと賑やかな一団が現れたと思ったら、何と羽織袴と真っ赤な打ち掛けの新郎新婦&カメラマン!
のんびりスプマンテを飲みながら静かに本を読んでいる私たちの横で、「はい、そこで手を取り合って〜!」なんて大声で撮影開始。Ha~, ha~!!!
以前、ジーンズの上にウェディングドレスを着て急斜面の万里の長城の塀の上で撮影をしている猛者のカップルを見ながら「おぉ、中国〜」と思ったけれど、まさか家の近くでこんなことがあるなんて。。。あぁ、NIPPON!  *_*
そして、きっと一年で一番行ってはいけない時期に私は上野へ行ってしまいました。
03302 週末に浅草橋付近で仕事の打ち合わせなどがあったので、それならば上野で気になっていた展覧会を見てきましょ、とウキウキと家を出たのは良いけれど、上野駅に着いてびっくり。
改札口が真っ黒な人だかり!ん?どうして?
あ、そうだった、お花見ね!と覚悟を決めて外に出てまたびっくり。ホントにすごい人混みなんですもの。聞こえてくるのも色々な国の言葉。
公園口の横断歩道を渡り、科博の方へ逃げ出してそのまま国立博物館の敷地の中へ。ここまで来れば人はまばらで、ちょっとのんびり。
表慶館で開かれているのは「インドの仏」展。インドのコルタカ博物館のインド仏教美術の至宝90点が来日中なんです。♡
しかもオーディオガイドは「見仏記」のみうらじゅんさん&いとうせいこうさんのおふたり。:)
03303
大好きなクシャーン朝(2世紀頃)の仏像を見ることが出来てドキドキ!特に仏座像と弥勒菩薩座像にはうっとり。釈迦が出家前の王子の姿なので髪型や身にまとっているアクセサリーや布が優雅でとても素敵でした。ギリシャ•ローマの影響が色濃いクシャーン朝の仏像に私はなぜかとても心を惹かれます。静かな美しさにしっとりとした気持ちになりました。♡
この頃ちょっとゴチャゴチャした気分だったけれど、「『自分』があるから悩むのね」と解って気分一新!上野駅へ向かう雑踏の中を元気良く帰ってきました。良かった!:)
特別展 インドの仏 仏教美術の源流
〜5月17日(日)東京国立博物館 表慶館 月曜日休館

| | コメント (0)

«京都のお話 その3