It's my pleasure.

六月ももう終わり。六月が終わるっていうことは2017年ももう半分が過ぎたのね。おぉ。。。

Img_06271 これは礼文島の草たち。
いろいろな形の葉っぱがあって面白い。思わず見入っちゃいます。♡
面白いといえば、昨晩参加した福岡伸一ハカセ X 田中康夫氏の対談も面白かった! : )
昨日は対談というよりもヤッシーが自分を形作った3冊というテーマで選んだ本について語る形でした。でも、早速一冊めの話から古今東西にわたる歴史&政治談義になり、私は身を乗り出して面白く耳を傾けたり、ところどころ全くちんぷんかんぷんだったり。* _ *
Img_06272 ヤッシーは今、国政には関わっていないけれど、毎日感じているのは [It's my pleasure.] 「あなたの喜びが私の喜び」ということ。
できる時に、できることを、できる人が、できうる形ですることの大切さ。
高度経済成長期を体験した私たちが、高度消費社会の今、立ち止まって考えて歩むこと。
そして、何よりも「ささやかだけれど確かなこと」をすること。
熱く語るヤッシーの横で福岡ハカセがニコニコとあたたかく頷いていたのが印象的でした。良い雰囲気。: )
私にできることのひとつはきっとこんなこと。これは礼文島に咲いていた植物。小さなレースのような花もかわいいけれど、私が立ち止まって写真を撮りたくなったのは、右下のステキな花の影。このままテキスタイルのデザインになりそう。周りにある小さな美しいものに気がつくこと、それを何かの形で表現すること、そしてそれを皆さんと一緒に作ること。これが私の[ It's my pleasure.]なんですね。感謝。♡
Img_06273 さっきやっと来月のKeitoのワークショップのキットが出来上がりました。そして、私も2つ目の編地を製作中。サンプル色の白地に黄色の花とは雰囲気を変えて、デイジーらしい色の花に地色はダークグレーを合わせました。シックでいい感じ。♡
来月は2回ワークショップがあるので48種類の色合わせが生まれるはず。わぁ、楽しみ!!!
おかげさまで二日とも満席になっているようです。お申し込みありがとうございます。
コットンの糸は5種類の中から予め決めていただいていますが、葉っぱと地色は200色以上ものシェットランドヤーンの中からご自由にどうぞ。
どの色もかわいいんですもの、きっと「迷っちゃう~ !!!」となっちゃうはず。当日は私も10時からお店で皆さまをお待ちしている予定です。ご一緒にアレヤコレヤと悩みましょ。: )
私も今から楽しみにしていますね。私にできることを丁寧にひとつずつ。♡♡♡

| | コメント (0)

静かな日曜日

今日は昨日の夜から降り始めた雨が断続的に降り、一日中シトシト。。。Img_06251そんな日も窓を開けて欲しいとせがむ猫たち。: )

いつもと違う濡れた植物の香りを感じたり、葉の下でごそごそ動き回る虫たちの動きに耳をすませているのかしら?
いえいえ、今日は我が家の猫たちは低空飛行な感じなんです。
ブラシ嫌いのHenriは体の中に飲み込んじゃった体毛を出そうとして四苦八苦だったし、どうやらLucaは前足を捻挫したもよう。。。+ _ +
Img_06252
ほらね、と私の前に差し出された両足を観察してみたら、う~ん、確かに左の手首が少し腫れてるかも。朝イチで獣医さんへ!?と思ったけれど、食欲もあるし、いつものように机の上からジャンプしたり、窓の棚へ飛び乗ったりしてるから、今日は様子を見ましょう。
いつもはなんでも「僕が一番~!!!」と自己主張500%なのに、今日はちょっと控えめな感じ。
たまにはそんなLucaもいいわね。Ha~, ha~!!!
猫たちがそんなふうにまったりしているのに、私は帽子、長袖シャツ&長ズボンに身を固め、園芸用グローブもはめて庭へ。
細かい雨が降る中、3時間で40Lの袋5個分の雑草を抜きました。だって、雨でやわらかくなった土の方がきちんと根っこまで抜けるでしょ。気分はスッキリだったけれど、体はグダグダ。。。疲れたよぉ。* _ *
Img_06253
さぁ、今晩はみんな早仕舞いにして休みましょう。
明日は久しぶりに福岡ハカセの知恵の学校の講義です。ゲストはヤッシーこと田中康夫さん。あ!課題図書の「33年後のなんとなく、クリスタル」読まなくちゃ。一晩で読めるかな、それより庭仕事の疲れが出てバタンキュウかも? さてさて。
明日は月曜日。
今週も頑張りましょ。
Get well soon, Luca. ♡

| | コメント (0)

礼文日記 その2

礼文島へ行くことを何ヶ月も前から楽しみにしていたのに、終わってしまうとあっという間にすごく前のことのような気分になるのはなぜでしょう。

Img_062311 もっとずっと礼文島のままの気分でいたいのに、あの霧や風や光を感じていたいのに、もうすっかりいつもの日常に戻ってしまいました。
たった数日だったのに、何日も仕事をしなかったかのようにやることは山積みだし、仕事以外のことでもジャンジャン連絡が入ってきます。
* _ *
そんな時はカタツムリになりたい。これは礼文島の久種湖のほとりで出会ったカタツムリです。大きな芭蕉の葉っぱの裏でのんびりマイペースに暮らしていました。いいなぁ。: )
今まで見たことがない少し細長い形の貝を背負ってたけれど、北海道、または礼文島の固有種かしら?周りの葉っぱも探してみたら、たくさん見つかってびっくり!霧が多い礼文島だから、暮らしやすいのかもね。
Img_062312 今回もたくさんのキレイな色を見てきました。
これは北海道特産のサクラソウモドキ。
やや湿った岩地や沢沿いの草地に生える花で「わずかな限られた場所でしか見られない」と図鑑にありました。おおっ! ♡
周りのグリーンと花の色とのコントラスとが実に美しい。すうっと伸びた茎の先にいくつもの花が咲いていて可憐でかわいい花でした。
ルーペで花芯もじっくり観察。虫を引き寄せるためなんでしょうけれど、繊細な様子はまるで精密機械のようでした。花の中心ってそれぞれの花によって色々違って面白い。 : )
今度この写真を見ながら絵を描いてみようかな。。。色や光が心の中でまだ鮮やかなうちに。
Img_062313
そして礼文島ではないけれど、稚内の少し南の幌延町で念願の青いケシに出会うことができました。♡ 青い花は多々あれどブルーポピーは特別です。
自然に咲いているのはヒマラヤの4000mの高地でのみ! そんな花を一目見たいと長年思っていたことも実現しHappy~!!! 実は何株かしか咲いていなくてかなり寂しいお庭だったけれど、それでも大満足でした。だってこのブルー! 美しい。うっとりでした。♡
昨日はKeitoでPATTERNSのレッスンでした、朝、Keitoへ向かう途中に大井町駅を通った時「あ、ここからバスに乗って羽田空港へ行って稚内まで飛行機に乗って、そしてフェリーに乗れば礼文島なのね~」と、今までは乗り換え駅でしかなかった大井町駅が礼文島の入り口になりました。礼文島が呼んでいる~~~~!!!🎵
そうそう、来月のデイジーのバッグのワークショップ、5日は満席、17日もあと1席だそうです。皆さまお申込みありがとうございます。: ) 人数分の副資材もすでに購入済みなので、そろそろキットを作らなくちゃ。
時々数日前にバタバタとキャンセルが続くことがあり、最初に満席でお申込みができなかった方も急なことではご都合がつかずいらっしゃれないことがあります。なるべくつつがなくいらっしゃれますようお願いいたします。私も当日お会いできることをとても楽しみにしています。: )
さぁ、今週末はしっかり仕事しましょ。楽しみ!

| | コメント (0)

礼文日記 その1

礼文島のお話。

Img_062011 礼文島は北海道の最北にある小さな島です。地図で見ると北海道の最北の町 稚内の左のほうに丸い島と細長い島があって、その細長い方。こうやって見晴らしのいいところから礼文島を見るとまるでシェットランド島みたい!!! シェットランド島は北緯60度にあり広さは1,468平方キロメートル、人口は22,400人。そして、礼文島は北緯45度に位置し面積は81.33平方キロメートル、人口は2,604人。ふぅむ。大分大きさや人口は違うけれど雰囲気が似ています。礼文にはシェットランドの主な産業である羊はいないけれど、風が強くてあまり木が生えていないところとか、海獣が多く生息しているところなんかはそっくり。
海へ目を凝らして見ると、ほら、この通り!!!!
Img_062013 ゴマフアザラシよぉ〜。♡ 
前日は風が強かったせいか、こんなふうに岩の上でお昼寝している姿は見られなかったけれど、この日はずーっと夕方まで30頭くらいのゴマフアザラシを見ることができました。このために双眼鏡を新規購入して行った甲斐がありました。(注:これはズームではなく肉眼で見た様子 )  アザラシ好きな私はさっとコンクリートの岸壁に座り、昼と夕方とじっくり1時間ずつ観察して大満足。ラブラドールのような丸い頭を出して泳ぐ姿もかわいいし、尻尾をクイッと上げてお昼寝している様子も見ているだけで幸せ。♡♡♡
シェットランドでも岩の上で寝ている姿をたびたび見かけたけれど、日本の海ではこんなふうに暮らしているのね~と嬉しくなりました。きっとこれからは全国の天気予報を見るたびに北の海の島で暮らす彼らのことを想うのでしょう。もう地図を見ても今までとは違う気持ちね。: )

Img_062012

そして礼文島といえば、礼文島のユルキャラにもなっているこの花、礼文敦盛草(レブンアツモリソウ)。
本州でも紫色のものは見られるけれど、この淡いクリーム色のものは礼文の固有種なんですって。今年は気温が安定せず6月になっても霜がおりたりしたため花の時期が短く、残念なことに群生地は既にクローズしていました。* _ *
タクシーや大型の観光バスからゾロゾロと降りてきては、唯一咲いていたこの何株かの花だけを「あった、あった」と写真に収めていくのはどうかと思ったけれど、それほど貴重な花なのね。そんな花を見ることができたのはとってもラッキーなことでした。: )
そして、この時期の礼文島と言えばもちろん雲丹。
Img_062014
これは6-8月の間しか採れないエゾバフンウニ。: )
実はこのウニが今回礼文島に行くきっかけなんです。家の近くのデパ地下で出会ってから「現地へ行って食べてみたい」という思いが募り、今回の旅となった訳でした。♡
鮮度が落ちないようにとウニ丼にせず、海苔とご飯が別々に供されるのも嬉しいところ。美味しかった~!!!!!!!!!!!!!!!!!!♡
お花とウニとアザラシ、私の3大好きなものが揃ってる礼文島。これで羊がいれば更に良しだけれど、また行こうっと。湖のほとりに貸別荘のようなバンガローを見つけたから、今度はそこに泊まろうかな。だって、そこはまるでUKの湖水地方のようなんですもの。なんだかとても懐かしい気持ちになりました。うるうる。。。
旭川空港で東京へ戻る便を待つ間に友人と「今度はこのルートも良いかもね」と話し、夢いっぱいの私たちなのでした。Ha~, ha~!!!
さぁ、今週はKeitoでPATTERNS 2の4回目のレッスン。今回はバラです。楽しみ!

| | コメント (0)

礼文島!

Image
礼文島へ来ています。
花の浮島と呼ばれるだけあって高山植物や礼文特有種の花が多く見られ、楽しい毎日です。
これは礼文キンバイ。
今年は寒くてレブンアツモリソウの開花時期が短く、他の花も例年に比べると少ないと島の方たちは話していたけれど、私たちにとっては十分美しく心が豊かになりました。
そんな様子は、また次回に詳しくお話ししますね。
だって、今は朝の5;30。
もう一時間もしたらフェリー乗り場へ向かい、稚内へ。そして5時間ドライブして旭川。夜のフライトで東京へなんですもの。
ではでは〜

| | コメント (0)

梅雨の合間に

今年は梅雨入り宣言があったものの、雨がジャンジャン降ったのは多分昨日だけ。

Img_06141
寒いし、雨だし、とちょっと憂鬱な気持ちで出かけたら、こんなふうに嬉しそうに咲いている紫陽花を見かけました。雨つぶが光ってキレイ。そして、この色!!! うっとりです。♡
花芯ってこんなふうになってるのね。考えてみれば当たり前のことなのに、雄しべと雌しべがギュッと中心のビーズの中に隠れていました。おおっ! これは今年の大発見。「お前の顔をもっとよく見せておくれ」と、赤ずきんちゃんのオオカミのように(?!) ミクロの世界を見たくて先日ライトのついたルーペを手に入れたから、もう一度花芯を見に出直して来なくちゃね。: )
そして今週は待ちに待った北海道初上陸の日がやってきます。Yeah!!!
Img_06142 しかも、ずっと「行ってみたい」と思っていた旭山動物園に行くために旭川着の便をチョイス。そして、その後は車で最北端の町、稚内へ。翌朝Uターンをして知床や札幌へ向かうのではなく、さらにフェリーに乗って礼文島へ! こうして礼文島の地図を見ると車道があるのは島の右側だけの様子。ふむふむ...。フェリーの港から道なりに北上して、道が終わるところのスコトン岬を目指します。
宿泊するのは「アザラシの見える宿」という触れ込みの民宿です。もう6月だもの、どうかしら?と心配だけれど、シェットランド島へ行った時のようにお部屋からアザラシが見えるかもなのね?と海獣好きな私はすでにワクワクドキドキ。Ha~, ha~!!!
羊はいないけれど日本のシェットランド島のような礼文島、どんなところなのでしょう。
折しも今は「花の浮島」と呼ばれる礼文島がその名の通り高山植物の見頃を迎える一年で一番美しい時なんですって。うわぁ、楽しみ!!!!!!!!!! ♡

Img_06143

「きっと朝晩は寒いからウルトラライトダウンも忘れないようにしなくちゃね♬」とルンルンと支度を始めた私のことを不機嫌そうに見つめるZowie。+ _ +
わかってる、お土産に何か美味しいものを買ってきましょう。浜辺の石も拾ってきましょう。もしも、猫に出会ったらどんな猫だったか写真も撮ってきましょう。どんな風が吹いていたか、どんな花が咲いていたか、星空がどんなにキレイだったか、どんな朝焼けや夕日が見られたのか、帰ったらぜーんぶ話すから待っててね。
今年の夏至は6月21日。今は一年でも昼間が長い季節です。そして、今週の東京の日の出は04:24頃、日の入りは18:59。礼文島は?と調べたら、日の出はなんと03:45! そして日の入りは19:28。東京よりも昼間が1時間以上も長いのね。そんな変化も感じてきたいと思います。
さぁ、てるてる坊主を作りましょ。♬♬♬

| | コメント (0)

毎日のこと

私の毎日はこんなふうImg_06122 に始まります。

自分の部屋のカーテンと窓を開けてフレッシュな空気を取り込み、簡単にベッドメイキングをして階下へ。そして、カーテンと窓を開け、まずは彼らの世話からスタート。
この日は何やら近くに小鳥がいたらしく3匹ともとっても熱心に窓の外を注視していました。そんな姿に「かわいい♡」と思わずパチリ。みんな尻尾もステキ。そしてLuca(真ん中の猫)の逞しい背中にも注目。Ha~, ha~!!! * _ *
Img_06121いつもはお掃除とゴハンと「今日も元気?」と声をかけるのが基本のハギオの世話も、この日は久しぶりのお風呂でした。
ちょっと興奮して少し針が立ってるけれど、この後のぬるま湯のシャワーは気に入ったらしく、気持ちよさそうにゆったりとうれしそうにしていました。今のハギの体長は18cmくらい。来た時は片手の中にすっぽり収まっていた のに3年半の間にハギも大きくなったのね。
そんな幸せを感じながら毎朝1時間くらいみんなのお世話をして、ようやっと自分のコーヒーをいれたり新聞を開いたりします。その間にも洗濯機のボタンを押したり、分別ゴミを出したり、家の前の道を掃いたり。
そして大慌てで支度をして家を飛び出したり、ミシンや机の前に座ったり、定規やハサミを取り出して材料を測ってカットしたり、編み針を手にして編図とにらめっこしたり仕事をスタート。: )
そんな毎日の中のスペシャルディはこんな展覧会を観に行くこと。
Img_06123
この日は山種美術館へ。花をテーマにした展覧会は華やかでかわいくて美しくて優しくてステキでした。♡
作品の解説の横にそれぞれの花の説明があるのが楽しく、さらに興味深く絵を観ることができました。
私のお目当ては酒井抱一の「秋草図」。この絵、本当に大好き。山種美術館へ伺う度に日本画が好きになるけれど、酒井抱一の作品は私に一番寄り添ってくれるように感じます。: )
この日は菱田春草の「白牡丹」にも惹かれました。この展覧会で感じた色や線や形はいつの日かきっと私の創作を手伝ってくれるのでしょう。楽しみ!
Daisyのバッグを作られる皆さま、色のアイディアがいっぱいのこの展覧会、おススメですぞ。: )
わぁ、もう今週いっぱいなのね、もっと早くご紹介すればよかった。是非是非。
[花 Flower 華 ー琳派から現代へー]
山種美術館 ~ 6月18日(日)

| | コメント (0)

週末に。。。

梅雨入りしたのに今日は熱中症の注意報が出るほど良いお天気になりましたね。そんな中私はせっせと庭仕事をしています。 +_+

Img_061010 7月のKeitoのワークショップ[ Daisyのバッグ]に皆さまから多くの反響があり、とても嬉しく思っています。: )
このパターン、本当にかわいいんですもの、良かった!
すでに黄色、ブルー、サーモンの組み合わせはSold outになっちゃったそうですね。甘いピンクやパープルの花もベースをグレーや黒、こげ茶などにするとシックでステキ、と思って選びました。是非是非。
私も今2つめを製作中。今度はガラッと雰囲気を変えて、パープル・ピンクの花にダークグレーのベースにしました。良い感じ。: )
花の色が同じでもベースカラーや葉っぱの色によって全く違う雰囲気になるのが楽しい。当日の皆さまの色が今からとっても楽しみです。 ♡
Img_061012 Img_061011 これはニッティングクラスの生徒さん達の作品。 かわいい! ♡
今年はこんなプードルと玉編みのフレンチポップなデザインのカーディガンを編みました。
同じデザインなのに色によって雰囲気が変わるのが面白いでしょ。ボタンや首輪の素材や色にも注目です。編むだけではなく、「まとめること」も仕上がりを左右する大切なポイントです。私の教室ではこんなことも大事にしてます。: )
今頃みんな次回の作品の色のスウォッチを編んでるはず。私は大体の色は決まったから、あとは編むだけ。頑張りましょ。
その前に...今日は庭仕事をしなくちゃね。

Img_061013

雨の毎日になる前に雑草を抜いたり、伸びた枝を切ったり、切った枝を縛ってガレージまで下ろしたり。大きな仕事は先日植木屋さんがしてくれたけれど、雑多なことの多いこと!
午前中も蟻にチクっと噛まれたりしながら頑張ったけれど、まだまだ午後いっぱいかかりそう。* _ *
でもね! その後は美味しいワインよ。♡
HenriのチョイスはValpolicellaみたいだけれど、私は今日は白ワインの気分。チーズも何種類か買ってあるし、ご褒美を目の前にぶら下げてもう一頑張りしましょ。
働けることはうれしいこと。
さてさて、back to work.
7月のKeitoのワークショップのお申し込み状況です。
7/5(水)&17(月、祝日)午前クラス 満席になりました。
午後もあと若干名だそうです。
お考え中の方、どうぞお急ぎあそばせ~   ♡

| | コメント (0)

イメージはどこから?

パターンやデザインを考える時に大切なのはイメージ。

そして、そんなイメージソースは毎日の生活の中にあります。
例えばこんなところにも!
Img_06071 これはイギリスの森の中。
いえいえ、蓼科のバラクライングリッシュガーデンのmeadow garden。そう、春の花でいっぱいのmeadow(草むら)で鹿がのんびりしているところ。かわいい。♡
これは水仙だけれど、「黄色い花の草原」という「黄色&グリーン」のイメージは私の心の中に刻まれて大切に保存されています。そして、PATTERNS 2でもご紹介したDaisyのパターンができました。
Img_06072
そして、来月のKeitoのワークショップではジャジャーン!!! Daisyのバッグを作りましょ。Yeah!!!
「今年の夏は猛暑になるでしょう」なんていう予報が既に出ているし、そんな中何を作りましょ、と悩んでいたけれど、「暑いからきっとみんなクーラーの効いたお部屋の中にいるはずですもの。秋に向かってのおしゃれなバッグに取り組むのにはぴったりの時期ね!」と考えました。: )
鮮やかなコットンの糸と奥深い色合いが揃うシェットランドヤーンを組み合わせて、編み込んだり、刺繍をしたり、波模様を編んだり、部分によって様々な編地や手芸的なテクニックを織り交ぜた楽しい作品です。
大作で難しそう?いえいえ、それぞれは簡単な技法ばかりです。暑いときだからこそ集中して「早く秋になぁれ」とせっせと手を動かすのもいいものです。是非是非。 : )
募集は翌日6/8(木)の10時からです。
8月は私はお山にいるのでKeitoのワークショップはお休みです。その代わり、7月は5日(水)と7/17(月、祝日)2回の予定です。久しぶりにお休みの日のワークショップもあります。ぜひご参加くださいね。: )
Img_06073 きっとこんなケーキもパティシエの心の中にあるイメージから生まれたのでしょう。
家の近くのパーラー  ローレルのカラフルでモダンなケーキたち。目を惹く斬新な形だけではなく、とっても美味しいの。♡
グリーンのはピスタチオムースの「シチリア」、手前は球形を意味する「スフェール」。名前の通りまん丸いオレンジのような球が印象的。球の中のオレンジフレーバーのホワイトチョコの中にはパッションフルーツのムースが入っています。抜群のコンビーネーションに思わずにっこりでした。♡
明日からお天気が崩れると聞いて、今日は黙々と庭仕事をしました。悪者のツタや笹を処理したり、雑草を抜いたり、やることは山のようだったけれど、働けばその成果は歴然。3時間後にはちょっとだけすっきりとした庭になりました。丁寧で美しいケーキはそのご褒美でした。Ha~, ha~!!! : )
先日からグリーンのカーディガンジャケットを編み始めました。庭で感じたグリーンも、きっとカーディガンのどこかに反映されるのでしょう。自分では意識しないで色を選んでいても、そのルーツは必ずどこかにあるもの。
いつも心の目を開いて毎日を過ごすことができますように。♡

| | コメント (0)

6月の日曜日

寒い中で花を咲かせた梅の花が大きな実になりました。

Img_06041 植木屋さんが「今年もこんなに生りましたよ」と丁寧に青梅を集めて渡してくれました。今年はバタバタしているから梅のことをすっかり忘れていたのに、ずっしりと袋いっぱいに詰まった立派な梅の実を無駄にするわけにはいきません。でも、梅仕事をする時間と気力がね....とちょっとプレッシャー。どうしましょ。* _ *
それならばと家人が手伝いに来てくれ、アクを抜いた梅の実のヘタをひとつずつ取り、布巾できれいに水気を拭き取って氷砂糖とリッカーに漬け込みました。小さな山のようだった梅の実も保存容器にぴっちりと詰め込まれ嬉しそう。最後に「おいしくなぁれ」と魔法をかけて今年の梅仕事も無事に終了。よかった! : )
Img_06042 先日Cちゃんが「できました」とニコニコ持ってきてくれたのは5月のKeitoのワークショップの作品です。
濃いピンクがバッグの真ん中にくるように糸の順番を調整して編んだもの。シルバーグレーの入れ口の色ともバランスがバッチリでとってもステキ!!! 大成功です。こうして色違いの作品を見られたり、やっぱりワークショップって楽しいな。♡
Img_06043
そして今日は楽しみにしていたワイン会の日でした。お天気のいい日曜日のお昼間からワインをぐびぐび。。。いえいえ、ワイン会ですもの、ちゃんとお勉強もあります。
今日のテーマは「醬と日本ワインのマリアージュ」。華やかな香りの北海道のスパークリングワイン&くずしピータン豆腐から始まって、これは香港式葱油鶏と合わせた河内ワイン。ラベルがレトロでかわいい。: )
始めのうちは「トロッとした醬と甘めのワインがよく合う」とか「さらっとしていてちょっと日本酒のよう」とかコメントを書き込んでいたけれど、徐々に飲むのと食べるのに集中してきてコメント欄はほとんど空白に。。。+ _ + Ha~, ha~!!
初めて食べる味、そしてペアリングされたワインとの相性でもっと美味しく感じられる醍醐味を存分に味わった楽しい午後でした。ご一緒させていただいた皆さま、そして長年の友人Tに感謝。♡
よく働き、そしてよく食べよく飲んだ週末でした。
さぁ、明日は月曜日。
今週はどんな一週間になるのでしょう。
水曜日にはKeitoへ行きます。ワークショップでお待ちしています。

| | コメント (0)

«6月になりました