ぷん ぷん ぷん

これは大好きなハンス・フィッシャーの絵本「るん ぷん ぷん」。

03251 子猫のピッチを始め、ハンス・フィッシャーの絵本の主人公たちが勢ぞろいしてパレードをするかわいくて素敵な絵本。毎日がこんなふうだったらいいのに。。。
だってこの頃の私はぷんぷんぷん! なんですもの。+ _ +
年齢的なことだったり、ババババのことだったり、心がささくれ立っていて怒りやすいのかも。。。だから、なるべく心静かに、謙虚に、穏やかにと心がけているのに、突然ムクムクと「もおっ!!!」と怒りたくなってしまうのです。どうしましょ。
Img_032522 これはPATTERNS 2の毛糸。かわいい。♡
今回は花の編込みばかりだから、明るくてラブリーな色ばかりと思ってはいたけれど、こうしてパッケージになるとホントにかわいい! 見ているだけでニッコリしてしまいます。: )
ぷんぷんぷんも何処へやら。よかった。♡
でも。。。
人間誰でも、私も度々ミスをするけれど、そんなことに寛容になれない時、どうする?
例えば、お店に忘れものをしてしまって、すぐに取りに行こうか、それともそこのお店に忘れていないのかを確かめたいのに、そのお店の会社の代表番号しか分からず、わざわざ104で調べても代表番号を案内される始末。お店のスタッフと直接話せれば2分で解決することが、オペレーターに長々と本人確認をされ、「店舗に伝え、なるべく早くお返事いたします」と言われると、ムクムクと「どうしてこんなに大事にならなくちゃいけないの~~~~~~~~!!!!!!!」と爆発してしまうのです。うわぁ~ん、みっともない。どうどうどう。。。* _ *
Img_032533
そんな時にはこんなものをね。
カリカリによく焼いたトーストに美味しいバターを塗って、そして TORAYA CAFEのAN PASTEを。もちろん Davidのマグには熱いアールグレーをたっぷりと。
巷にはいろいろな餡バターパンが出回っているけれど、トラヤカフェのアンペーストはとってもさっぱりしていてホントに美味しい。
ぷんぷんぷんと尖った顔も思わず緩んでしまいます。美味しいものの力って素晴らしい。Ha~, ha~! 
いろいろなことで悩んだり、小さなことで怒っていないで、周りを見渡せばステキな友人たちや応援部隊に囲まれているのに気がつくはず。改めてそんな嬉しいことに気がついて、猫たちに「そうだった~ みんながいるのよね~」と報告したのでした。感謝。♡
さぁ、仕事しましょ。: )

| | コメント (0)

これ、なぁに?

先日混み合う大英自然史博物館展で 来館者が一様に首をかしげていたのがこの小さな展示物でした。

Img_03231 これはなぁに? ハイ、これはゾウ虫の指輪です。
虫の大きさは直径1,5cmくらいだけれど、思わず顕微鏡で拡大してみたくなるような紫とターコイズの複雑なジグザグ模様がとってもキレイ。そして、それが繊細な金細工の指輪に仕立てられているという代物。WOW!!! : )
殆どの人が「わぁ、虫の指輪?え~, 身に付けたいとは思わないわよね」と眉をひそめて通り過ぎていくけれど、いえいえ、指輪にしたくなる気持ちわかります。きっと、この指輪の持ち主にとっては、この美しいゾウ虫はとっても自慢で、片時も離れたくなくて、少なくても5分に一度は眺めたくなるに違いありません。好きなものってそんなものよね。♡
Img_03232
さて、それではこれは何でしょう?
ハイ、グルグル巻きになっているのはフリルリボン、5m分です。
来月の作品のキットを作りましょ、と箱を開けたら、まるで花のようにかわいい姿に思わずパチリとしたくなりました。
: )
ものを見るときって、自分の目と心を通して見るから、小さな虫が宝石のようだったり、箱に納められたリボンがコサージュのようだったりするのね。楽しい。♡
あらら?来月のKeitoのワークショップの作品もヴィオラ色だし、先日大人買いした毛糸もラヴェンダー色。何だかこの春はこの色がお気に入りで、いろいろな形で登場しています。

Img_03233

先日ミシンの前に座り、タッタカタ~と縫っていたのはラヴェンダー色の帆布で作るトートバッグでした。パンプスやサンダルの形に切り抜いた麻布やリバティプリントをミシンでアップリケしたり、更にその上にボタンを縫いつけたりと様々なデコレーションを加えて出来上がり。
そして、持ち手部分にフリルのサテンのリボンを縫いつけて今年らしさをプラス。春らしさいっぱいのお洒落なトートバッグが完成しました。: )
来月久しぶりに京都へ行くから、その時に持って行こうかな。楽しみ。♡
そうそう、楽しみといえば、今日からKeitoでPATTERNS 2のレッスンが始まります。
今回のテーマは「花」。第1回目の明日はデイジーの編み込みからスタートです。
そして、来月のワークショップ Violaのスカーフの募集も始まりました。あのスカーフはかぎ針だからちょこっとした時間を見つけて編んでいるうちに出来上がるし、編み方も難しくないからもう1枚編もうかな。今度はヴィヴィッドなグリーンで?それとも応用の効く黒?いえいえ、春のあとは夏ですもの、やっぱり白がいいかしら?
あぁ、またKeitoの棚の前で迷っちゃいそう。Ha~, ha~!!! : )

| | コメント (0)

これ、なぁに?

| | コメント (0)

知る楽しみ

学者肌だった祖父が静かな保養地を好んだこともあり、幼い頃から長いお休みはいつも山の中で過ごしてきた私は、今でも自然が大好き。冬休みはスキーよりも毎朝窓にできる雪の結晶を楽しみにしていたし、夏は動植物の観察に大忙しでした。

Img_03201
そんな私がドキドキしながら向かったのは上野の大英自然史博物館展。私のように我慢しきれずに初日に見たい!という人々で長蛇の列だったけれど、どうやらみなさんと私のお目当が違っていたようで、私が思わず立ち止まってガラスに頭がぶつかりそうになって見るものは案外空いていてラッキーでした。 : )
だってこのカメ、ダーウィンのペットだったゾウガメよぉ〜!!! ダーウィンが名前をつけて撫でたりしてかわいがったカメが私の眼の前に。おぉ! ♡
英国でダーウィンはとっても尊敬されていて、王族以外で国葬をされた5人のうちのひとり。そんなダーウィンのフィンチも展示されていたり、「種の起源」の生原稿があったりと勉強になるというよりもドキドキの連続。: )
Img_03202
これはドードー鳥。「不思議の国のアリス」にも登場するから、きっと皆さんご存知ね。
涙の池から上がった後、体を乾かすためにコーカスレースをするでしょう?あの時にうんちくを垂れる鳥がドードー。
幼い頃初めてアリスのお話を読んだり、ディズニーのアニメーションで見たあのドードーが想像ではなくて本当の鳥の姿として登場です! おぉ!!! ワクワク!!!
その他にも火星の隕石(この隕石から水分が発見されたことで火星に生命体があったかもしれないということになったんでしょ?)や、プラチナコガネ(日本刀のように周りを写し込んで自分を見えなくする、という技の持ち主!)、キラキラ輝く小さな宝石のようなゾウムシの指輪! そして、もちろん始祖鳥のタイプ化石も。
Img_03203 これはイギリスのロスチャイルド家の嫡男、ウォルターです。彼は銀行業はそっちのけにして、動物の研究に勤しんだことで有名。ほら見て!ペットのゾウガメに乗りながら棒の先にレタスをさして あげたり、アフリカのサヴァンナから連れてきたシマウマを調教して4頭立ての馬車を引かせたり、相当な奇人です。Ha~, ha~!
でも、イギリスにはなぜ素晴らしい博物館が多いのかというとロスチャイルドを始め、ダーウィンやスローン、ラッセルなどの上流階級の人たちが財力に任せて冒険をし、研究やコレクションを重ね、そして彼ら亡き後も国がその保存をしてきたから。素晴らしいこと。羨ましい限り。
Img_03204
今回 英国から370点もの至宝がやってきたけれど、世界中の自然科学好きな人たちはLondonのミュージアムへ行ってお目当のものがないとがっかりしないかしら?
いえいえ大丈夫、Natural History Museumの所蔵品は8000万点以上。まだまだ知らない地球の不思議がたくさんあります。楽しみ! : )
家へ戻り、興奮冷めやらないままZowieたちに「今日ね、あのね」と話したけれど、どうやら彼らも彼らなりに窓の外の観察に忙しかったようでした。そう、窓の外には不思議がいっぱいね。でも、私にとっては君たち猫族も飽きない不思議でいっぱいよ。♡♡♡
大英自然史博物館展 ~2017. 6.11.
上野 国立科学博物館にて

| | コメント (0)

春ですもの

いつもは全く気にしていないのに、春が近づく頃から気になり始めるものってなんでしょう。Img_03171

私にとっては例えばこの白木蓮の木。
この数年ご近所では家を建て直すなどして大きな木が失われることも多く、春になると急にそのことに気がつきます。花がなくなって、ぽっかりとした空間になっていることがあるんですもの。。。
何年か前にもいつも楽しみにしていた白木蓮の大木が切られていたことがあり、毎春そのみごとな花を楽しみにしていた私はとっても残念な気持ちでした。よそのお家のことだから、仕方がないとはいえがっかり。* _ *
でも、この白木蓮は大丈夫。今年もこんな風に青空をバックに真っ白な花を咲かせてくれています。気持ちが良い。私だけではなく、きっと道行く人みんなが思わず嬉しくなっているはず。: )
ここのお家も古いからいつ建て直されるかわからないけれど、 来年もどうぞ見ることができますように。♡
Img_03172 今週のKeitoのワークショップの日は真冬に戻ったような寒さだったこともあり、先月のワークショップの作品のネックウォーマーを身につけてきてくださいました。
色違いで揃うとまた嬉しい。: )
それぞれの色がそれぞれ素敵で全色編みたくなりました。そして、編み終えて実際に使っていらっしゃる皆さまの笑顔も私にとっては嬉しいご褒美でした。♡
Img_03173
そして、来月のワークショップ 4月12日(水) の作品はViolaのショール。スミレ色のコットンの糸で編んだのでヴィオラのショールと名付けたけれど、実はこのCable5は20色以上もの色が揃っています。特に今年の色は良い感じ。♡
スタンダードなベージュや白や黒も使いやすいけれど、今年のイメージカラー、グリーンがイチオシかも!
その他にもスモーキーな色やヴィヴィッドなキレイな色が勢ぞろいした棚を見ていると、一度「これに決めた!」と思っても、「でもこれも編みたい」と優柔不断になっちゃいそう。Ha~, ha~!
でも、そんな贅沢な悩みもたまには良いもの。ぜひ、早めにKeitoへいらして棚の前で目を輝かせながら悩んでくださいね。
このワークショップの募集は今週の日曜日3月19日の10時から。 どうぞお楽しみに~。
詳細はこちらからどうぞ。http://www.keito-shop.com/workshop/2017/04/12
今週末は連休なんですね。
私は国立科学博物館へ始祖鳥に会いに行く予定です。ドキドキ! : )

| | コメント (0)

お久しゅうございます

みたいものって、本当に努力しないとみられない。と思うこの頃。

演劇でも美術展でもあっと気がつくと終わってしまっていたり、すぐ近くでやっている映画でさえ見逃しちゃうことってあるでしょ?
Img_03141
なんて、朝からハギオに話しかけていました。ハギオはちょっと針を立てながら耳を大きく広げて私の話を聞いています。かわいい。: )
去年から見逃したくない展覧会リストの上位にあった熱海のMOA美術館のリニューアル記念展。
最終日近くになって、やっと時間を見つけて出かけたのは良かったけれど思いの外道が混んでいて、美術館に着いたのは閉館1時間前。。。とほほ。* _ *
以前父が熱海で静養していたこともあり、MOA美術館には度々訪れたことがあるけれど、今回楽しみにしていたのは新しくなった展示方法。
展示ケースの材料は床の間を思わせる麻縁の畳や行者杉という凝りようで優雅な雰囲気。そして作品を見ている私たちの後ろには黒漆喰の壁があり、その壁のおかげでガラスケースへの写り込みはゼロ! 本当にまるで魔法みたいでした。♡
Img_03142 どの作品もまるで手が触れられるように感じられるのが素晴らしく感激もひとしお。ガラスの写り込みがないことでこんなにひとつひとつの作品を身近に感じられるなんて! 本当に素敵。すべての美術館や博物館がこんな風になったら良いのにと思いました。
杉本博司の「海景ーATAMI」も美しく、病床の父が撮った熱海の海の写真を思い出しキュンとしました。熱海に来たんですもの、お魚を食べなくちゃね、とゴハンを済ませ、東京へ戻る道すがら月光に照らされた海を見ながら帰ってきました。美術館はゆっくり見ることができなくて少し残念だったけれど、overall 良い一日でした。
Img_03143
MOA美術館のミュージアムショップでこんな木の葉の形の茶托を買いました。
これは南部鉄器。寛永2年創業の旧南部藩御用指物師 鈴木盛久工房のもの。
いつか山のお家で使いたいな。: )
でもこの湯呑みが今ひとつ合ってない感じ。いつの日かきっと似合うものと出会えることでしょう。楽しみ。
美しいものに触れたり出会ったりしたことで気持ちも体も元気になり、来月のKeitoのワークショップのサンプルも無事に編みあがりました。でも、腱鞘炎になりそうな勢いで頑張ったから、出来上がりはとってもかわいくて満足だけれど、明日が怖いのでした。。。どうしましょ。
さぁ、今週も毎日忙しいけれど頑張ろうっと 。♡

| | コメント (2)

春になると

世界で一番正直なものって自然かもしれない、って思うのはこんな時。

Img_03111
以前は季節ごとに花を植え替えたり、花が終わった球根を掘り起こしたり、蕾がたくさんつくように見よう見まねで剪定をしたりしていた庭も、この頃は植木屋さんばかりか草取りも人を頼む始末。。。
何も手を加えていない庭では今年はスノードロップもムスカリもクロッカスさえも咲かなくて、咲くのはきっと梅や桜やミモザなど樹木の花だけ。* _ *
そんな中、丈夫なクリスマスローズはこんなにキレイな花を咲かせてくれました。♡
花が好きなのに余裕がない私に「花ってキレイでしょ、また時間ができたら植えてね」と優しく話しかけてくれているようでした。
春になると色とりどりの花が並ぶ園芸店に行きたくなるけれど、花の苗を買う前にまず庭と向き合って、雑草を抜いたり、土を柔らかくしたり、栄養のあるふわふわの肥料を足したりと準備をしなくちゃね。でも、そんなこともうれしいこと。手をかければきちんと応えてくれるんですものね、来年は、きっとね。: )
Img_03112
そして今、大慌てで編んでいるのはこんなもの。4月のKeitoのワークショップの作品です。先日お店の中をぐるぐるぐるぐる見て回って、「う~ん、イメージに近いのはこれかしら?」と薄紫色のCable5を選んで帰ってきました。花は育てられないけれど、作品で花を想いましょ。
薄紫色って春の色?でもね、スミレやパンジーやクロッカス、アネモネやヒヤシンスにスイトピー、藤の花やラヴェンダーも!案外薄紫色の花って多いのね。初夏になったらアジサイやクレマチスやライラック。あぁ、ステキ。好きな花ばかり。♡
これは春の巻きものになる予定です。来週のワークショップの日にご紹介できるように頑張りますね。: )
宵っ張りな私の生活習慣を少し変えようと思っているのにもうHenriったら! Ha~, ha~!
Img_03113この頃Zowieよりも大きくなったと評判のHenriがこんなふうにのびのびと体を伸ばしていると、私は端っこの方へそろりと滑り込む感じ。+_+ でもね、これも猫と暮らす楽しみ。口ではぶぅぶぅ文句を言いながらも指先に触れる柔らかな毛に気持ちがゆるゆると緩んでゆるやかに眠りに誘われるのでした。♡
さぁ、今日も読みかけの川上弘美さんの新刊を読みましょう。ひとつの話が気がつくと次の話と繋がっていて、その話はまた違う話と繋がっている川上ワールド。楽しみ。: )
週末もいろいろ用事があるけれど、好きな作品を仕上げたり、ゆったり本を読む時も作りましょう。自分の時間も大切に。♡
そして
Prayers for JAPAN.

| | コメント (0)

いろいろな一日

「フリーランスで仕事をしていると好きな日に休めていいわね」なんて声を耳にしたり、平日の昼間に展覧会を見に行ったりできるのも事実。でも、ホントはそんなにフリーなわけでもないのでした。

例えば今日は。。。
Img_03081 朝の7時過ぎには車で家を出て叔母の用事の付き添い。無事に送り届けた後、Keitoへ向かい、今月のワークショップとPATTERNSの副資材を届け、夏までのワークショップの打ち合わせをしました。
そして、蔵前辺りで材料を見て回り、布や口金を購入。
そして、「お腹すいたなぁ。。。」などとつぶやきながら家へ向かい、途中で母の用事を済ませて帰宅。
「朝早くからどこへ行ってたのぉ?」と3匹の出迎えを受け、ゴハンや砂の世話をしてから遅いお昼を簡単に作りました。ふぅ。
Keitoでは入り口に山積みになっていたコリネットの糸が気になって、「これでホントのホントに最後でしょう?」とラヴェンダー色の糸を購入。編む予定も時間もないけれど、シンプルなプルオーバーを編んでお山で着ましょうと夢が膨らみました。♡
Ha~, ha~!!!
Img_03082
そしてコリネットといえばこんなモヘアもあったじゃない?と今月から編み始めるプードルの編地の上に乗せて遊んでみたり。。。こんなにかわいくてキレイな糸を作っていたのに廃業しちゃったコリネット。あぁ、残念。+_+
いつものように好きな音楽を流しながら編図を描いたりしたいのに、今日は計算機を屈指して数字とにらめっこをしなくちゃね。
毎年3月15日が来るのはわかっているのに、苦手なことってどうして後回しにしちゃうんでしょ。* _ *
Img_03083 そして今晩は久しぶりに福岡ハカセの「知恵の学校」の講義です。今日のゲストは「センセイの鞄」の頃から大好きで、著書は欠かさずに読んできた川上弘美さん。最新刊の「ぼくの死体をよろしくたのむ」を持って築地まで行ってきます。Yeah!
でも、実はこのところ忙しくて体がグダグダ。。。しかも今日は夕方からお天気が下り坂で寒そうだし「築地なのよねー」とちょっとため息。ドラえもんのどこでもドアで瞬間移動ができたら???なんて考えていないで、さっさとレシートと向き合って、明るい色の服に着替えて、日比谷線に乗りましょう。
せっかく新しい世界へと福岡ハカセと川上弘美さんが誘ってくださるんですもの。
今日はどこへ?楽しみ! : )
そうそう、来週のKeitoの3Way Bagのワークショップ、10時からのクラスに1席空きができたそうです。是非!

| | コメント (0)

春の兆し

もうお雛さまも過ぎたし、ホントは「春の兆し」ではなくて、もう正式に春なのね。でも、まだ思わずストールをぐるぐる巻きにしたくなる冷たい風の日もあるんですもの。。。まだ春を待つ気持ち。

Img_030511 そんな中暖かな日差しを感じて どんどん芽を出している小さな草たち。
塀にあいたわずかなヒビに根を下ろし、へばりつくように茎を伸ばし葉っぱを広げて元気いっぱい。かわいい。: )
この時期は、「この角を曲がったお家にはすくっとまっすぐに枝を伸ばしている美しい白蓮の木が、そして、その2軒お隣には真っ黄色なかわいいミモザ、そして路地を挟んだお家には立派なソメイヨシノ」とご近居の花たちがいつ咲くかとワクワク。普段はさっさと通り過ぎるけれど、春になると花を眺めるためにいちいち立ち止まるから駅まで時間がかかること! Ha~, ha~!!でも、それもこの時期の楽しみです。♡
Img_030512
いろいろなことに時間を取られ、この頃自分のことは後回しになっていたけれど、今週はずっと気になっていた体の不調部分をきちんと診ていただこうと決心しました。「きっと大丈夫」とニコニコしながらも心の中では不安で少しドキドキしていたし、まわりに心配をかけるのは良くないことですものね。おかげさまで何もなく一安心。
思わずうれしくなって大好きなラスベリーをおやつにいただきました。♡
先日材料探しの帰りにちょこっとお店を覗いたら、こんなシャツを発見!
Img_03053 Henriがいっぱい!!!
猫が好きだからって猫のものを集める趣味はあまりないけれど、だってこれはHenriなんですもの。ホントに雰囲気がそっくり。
部分的に刺繍を加えたらどうかしら?1匹だけHenriみたいに透き通ったブルーの目とやさしいピンクの鼻にしちゃおうかな。うんうん、いいかも。: )
ちょっとかわいい詩を見つけました。
もう少ししたら、こんな季節ですものね。ほんわかドキドキな気持ち。:♡
[五月晴れの空のせい] 
朝ハムエッグが焦げたのは電話のせい
イビキは夢の中で悪霊を追っ払っていたせい
風邪をひいたのは縮んだパジャマのせい
きっと詩が書けないのは風邪薬のせい
責任転嫁は了見の狭い心のせい
昼ワンタン麺が伸びたのはメールのせい
パンツのウェストがキツイのはデザインのせい
仕事に遅刻したのは鮮やかすぎる紫陽花のせい
バンパーをコスッたのは黒猫が昼寝していたせい
言い訳はいつも素直になれない心のせい
今キスをしたのは会話に飽きたせい
次のキスは理由を聞かれたくなかったせい
だから見上げちゃうよね南十字せい...などと
肝心な所で茶化してしまうのは弱虫な心のせい
恋を何かのせいにしないでと叱られたくないせい
あの日あなたを抱きしめてしまったのは
何かにしがみ付いていないと吸い込まれそうだった
五月晴れの真っ青な空のせい
 
森 雪之丞
「扉のかたちをした闇」(小学館)より 

| | コメント (0)

お菓子のこと

三月になりました。

今週の金曜日はお雛さまだし、何となく和菓子の気分。♡
Img_03021 余り雑誌を買わない私が表紙に惹かれて購入した婦人画報三月号は60ページにわたる和菓子特集! パリで「羊羹」が[YOKAN]になったとらやの話 から、手のひらに乗る現代アートのような新しいお菓子までが美しい写真とともに紹介されています。ページをめくるたびに心の中で「わぁ」「おぉ!」「おいしそう」「キレイ」「かわいい」とドキドキしたり、目をキラキラさせたり、また細めたりと、1冊の雑誌の世界へ入ることで2月のウルトラバタバタとしていた毎日をのりきっていました。ふぅ。
それにしても日本列島の南から北まで、各地で美味しそうだったり、かわいかったり、懐かしかったりするお菓子が作られているんですね。日本って素敵。: )
そして、今日PCを開けたら飛び込んできたのがこの画像。んんっ?これって?と見覚えのある姿に思わず目がパチクリしちゃいました。+_+
03022 (写真は日本農業新聞より)
もうっ!茅野市ったら!!!!!!
東京生まれの私が第2の故郷と思っているのはLONDON、その次は茅野市の蓼科。そして、その茅野市にあるお菓子屋さんが地元の大学と提携して地元をPRする商品の一環として開発したのがこの縄文のビーナスと仮面のビーナスの塩羊羹。。。* _ *
国宝の土偶のシリコンの型を作って羊羹にしちゃうなんて! それだけこの2体のビーナスが 市民に愛されているということなんだと思うけれど、茅野市民って何てキッチュなんでしょ。びっくり。
蓼科へいらしたら是非ビーナス達に会いに縄文考古館を訪れてみてくださいね。雲母が混ざった土で作られたビーナス達はとってもキレイです。そして、もちろんこの羊羹も売店で発売中だそうな。 Ha~, ha~ ! 私も雪が溶けた頃に行かなくちゃ。: )
そしてこの羊羹の材料になっているのは茅野市特産の寒天。
Img_03023 春になるんですもの、少しでもサイズダウンができたらと私が大慌てで自由農園から取り寄せたのは大きな袋入りの角寒天。何とHenriも思わず振り向く50本入りよぉ。トマト寒天もいいけれど、美味しい赤えんどう豆を買ってきて豆かんを作ってみようかな。梅園の味をお家で作れるかしら?♡
そしてお菓子といえばお茶。お茶に関連した素敵な展覧会がもうすぐ開かれます。
3/14から国立近代美術館で始まるのは「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」。そして4/11からは「特別展 茶の湯」が国立博物館 平成館でオープン。静かで美しい春を感じられそうです。あぁ、楽しみ。: )
さぁ、三月のお稽古の準備も無事に終わりました。今月の作品も皆さんが喜んでくださいますように。ワクワク!

| | コメント (0)

«二月の終わりに