« Second Nature展 at 21_21 Design Sight | トップページ | Cats! Cats!! Cats!!! »

My Shanghai 2

Imgp1095_2
今日は私が大好きな中国茶のお店のご紹介です。

宋芳茶館  SONG FANG   永喜路227号

私は上海へ行く度に、色々なお茶を買うことをとっても楽しみにしています。始めは見た目がかわいい工芸茶(ジャスミンティに様々な工夫がしてあって、お湯を注ぐと結んであった葉が開いて花が咲いたりするもの)を何種類も買って、東京へ帰ってから「かわいい!」と喜んでいました。

そして、次は杭州の茶畑で飲んだ龍井茶の美味しさにびっくりして、暫くは龍井茶ばかり飲んでいました。それから、プーアール茶も好きになり、市内のお茶の市場、天山茶城のプーアール茶の専門店でちょっと高い物を買ってみたり、「なるほど、値段と味は比例するのね。」と納得したりしていました。


でも、最近はもっぱらここ! 日本にも留学していた事のあるフランス人のマダムが経営するこの茶館には、私の感覚にぴったりはまるお茶がたくさんあるんです。ここのお店のスタッフは英語が上手なので、私が「今日はこんな気分なの。」と言うと、「では、これはいかが?」と棚にびっしりと並んだ大きな茶缶の中からひとつ選んで、そのふたを開けて香りをかがせてくれます。
Imgp1094

私の目の前に違うお茶が入った缶が差し出される度に、まるで意識をふっとどこか遠くへ持って行かれるような気がします。「これは、金木犀が入ってるのよ。」、本当! 顔を缶に近づけると頭の中があのオレンジの小さな花でいっぱいになりました。「これは好き?ミルクティの香りがしない?」わぁ、今度はヨーロッパの香りです。ドライにした桂花がミックスされているブレンドとこのウーロン茶にミルクの香りをつけたこの2種類が今の私のお気に入り。
頼んだお茶を包んでくれながら「ライチーは好き?私たちのライチティは特別美味しいわよ。それに、ちょっと疲れた時には、この高麗人参入りがお薦め!」と、サンプルもおまけしてくれました。

私は、東京の家で仕事の合間に一息つきたい時に、中国茶器を出して「今日は何を飲もうかな。。。」と考え始めると、みるみるうちに頭がゆるゆると緩んでくるのが解ります。中国茶って飲んだ後の茶器に残った香りが素敵。お店だと「ほら、良い香りでしょう?」と一煎目と次、また次と香りや味が変わっていくのを魔法みたいに見せてくれます。(宋芳では2階のカフェで。)

そして、そんな甘い香りの桂花のお茶を飲むと、夏の終わりの上海で夕食を終えて外へ出た時にキンモクセイの香りがしたことが一瞬で思い出されて、無性に上海シックになったりします。私にとっての旅行って、香りと音の記憶なんだなぁって強く思います。

Imgp1093_2

棚に飾られた昔の缶もかわいいでしょう! ここはお茶のパッケージもかわいいのでお土産にすると、いつもみんな大喜びです。宋芳オリジナルのティセットやお皿もあります。フランス+中国ティストの混ざり具合が丁度良くって、素敵です。

Imgp1091

そして、2階は静かなカフェになっているので、街の喧噪にちょっと疲れちゃった時に、私はここに休みにきます。お店で売っているお茶を飲む事ができるので、試してみたいお茶があったらカフェでどうぞ。(写真の手前に並んだ2つの茶器の内、左の背が高くて細い方が香りをかぐための物です。)


お店の周りもお散歩にぴったりなフランス租界の素敵な街並です。賑やかな准海路からチャイナドレスのお店が並ぶ茂名南路を見ながら下がってきて、瑞金賓館の横を通って、永嘉路を右に曲がってしばらくすると宋芳のかわいくて素敵なウィンドゥが見えてきます。さぁ、香りの旅へどうぞ。

|

« Second Nature展 at 21_21 Design Sight | トップページ | Cats! Cats!! Cats!!! »

My Shanghai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: My Shanghai 2:

« Second Nature展 at 21_21 Design Sight | トップページ | Cats! Cats!! Cats!!! »