« Windsor & Newtonのインクのこと | トップページ | 雨の日のご褒美 »

My Shanghai 25

杭州への旅 その1

上海へいらしたら、ずっと街の中にいないで近郊の水郷の町や「この世の別天地」と讃えられた古都、杭州へいらっしゃいませんか?
今日は、そんな杭州を私がご案内しましょう。

まず上海南駅から新幹線に乗って杭州へ。

H5
「杭州へ行くのなら新幹線に乗ればすぐよ!」という上海人の友人達のアドヴァイスに従って、今回はこんな快適な新幹線に乗って出かけました。上海南駅を出発した和諧号はたったの80分で杭州へ到着。

中国で汽車に乗るといつも楽しみなのは、車内販売です。新幹線ではあまり頻繁ではないけれど、特急に乗ると、お茶やカットフルーツ、カップ麺、お茶請けのお菓子、地図などを持った売り子さんが次から次へひっきりなしに行ったり来たりします。そして、乗客も席を向かい合わせにして、4人でカードゲームをしながら、頻繁に片手を伸ばしてひまわりの種や乾きものを食べている、という中国らしいにぎやかで楽しい情景が広がっています。
そんな車内の風景が楽しみたかったら、ぜひ特急へ乗るのがおすすめです。


そして、今回の私の杭州探訪の目的は西湖ではなく龍井茶の茶畑と博物館を訪ねることでした。
杭州駅からタクシーに乗って20分位でこんなのどかな茶畑が広がる龍井村(long jing cun)へ。
私が一番好きな中国緑茶の龍井茶の生産地のこの村の茶畑の両側には沢山の茶館や農家が並んでいて、食事をしたりお茶を飲む事が出来ます。

Hangzhou1


今まで街中の茶館で中国茶のデモンストレーションを見た事は何回もあったけれど、今日はちょっと違います。今回私に中国茶の奥深さと楽しみを教えてくれたのは、中国茶に関しての国家資格を持つ中国茶叶博物館に勤務している彼女です。
H2
中国茶は茶葉によって、茶壺、蓋椀、ガラスのティポットと使い分けたり、何煎までいれられるか、冷茶に向くかどうかなどが決まっています。私たちが英国の物、と思っている紅茶も実は中国茶の種類です。意外でしょう?
中国茶には不醗酵茶の緑茶から完全醗酵の紅茶まで沢山の種類があって、その楽しみ方や守らなくちゃ行けないルールなどを、彼女が様々な美味しいお茶と一緒に丁寧に教えてくれました。
何煎か後でもまだ飲める茶葉は、冷蔵庫に入れておけば翌日も使えることや、キンモクセイのお花をそのまま乾かした桂花茶に少しハチミツを足すと本当に美味しいアイスティになること(このお茶は香りは良いけれど、実は少し苦いので!)など、たくさんのすぐに生活に取り入れられることも聞けて楽しいひとときでした。

H3
これは、近所の農家の人が朝摘んだ龍井茶の葉を乾かしているところです。こんなふうに手の平を広げて乾かすので、龍井茶の葉は平らなんです。単純に朝摘んだ葉の水分をこうして飛ばして、そして茶器の中にお湯を注ぐと茶葉のフレッシュな香りが甦る感じです。龍井茶を飲むと、まるで乾いた葉っぱが息を吹き返したかのような爽やかな味と香りが口の中に広がります。
H7


そして龍井茶を堪能した後は、マルコ・ポーロが「世界で最も華やかな街」と形容した西湖(Xi hu)のほとりへ。10世紀に呉越国の都が置かれた杭州の街は、昔のままに自然が残っているので街に生えている木々が大きくて、涼しい緑の木陰を作っています。そんな美しい木陰の中を西湖を渡って来る風を感じながらお散歩をするのは、本当に楽しいです。中国の詩人達がこぞって西湖を讃えた詩を作っているのも、このほとりに立つと自然に理解できる気持ちになります。

H4

きれいでしょう?
ここは、西湖で私の好きな場所、曲院風荷です。今回私が訪れた5月下旬は残念ながら少し蓮の花の開花には少し早かったけれど、6/下にはピンクや白のきれいな蓮の花で湖は彩られているはずです。

数年前の6月の下旬に湖面いっぱいに咲いた蓮の花を眺めながら、私はのんびりと茶館で食事をしたことがあります。その時の蓮の花の良い香りを感じながら過ごしたゆったりとした時間は、今でも思い出すと頭の中に静かな時間が流れてゆくような気持ちになります。そして、上海からたったの80分でこんな風景に出会える事も、私が上海を好きな大きな理由かもしれません。

H6
そんな事を考えながら、今日は龍の模様のSHANGHAI TANGの茶器で龍井茶を飲みました。
爽やかですっきりとした龍井茶は、本当に美味しい! 
そして何煎も味わったあとの茶葉は、小海老と一緒に軽く炒めて頂きましょう。
龍井蝦仁は杭州の名物料理のひとつです。


上海へいらしたら上海の代表的な観光地の豫园や南京東路も楽しいけれど、こんな杭州での一日も素敵でしょう?でも、上海南駅からの汽車の切符は取りにくいので早めに購入して下さいね。日本からでも旅行社に頼むと事前に購入しておいてくれるので、より一層杭州への旅行がスムースになるのでお勧めです。杭州までは特急(特快列車)で29元、新幹線(弾丸列車)で44元(1元¥15位)です。


中国茶葉博物館 (中国茶叶博物館) 龙井路 tel: 0571-8797-9221 

|

« Windsor & Newtonのインクのこと | トップページ | 雨の日のご褒美 »

My Shanghai」カテゴリの記事

コメント

広子さん、素敵な杭州の旅ですね。
中国の新幹線も魅力的ですね。
龍井茶は是非味わってみたいし、お茶は奥深いですね。
西湖もきれいな所ですね。広子さんのお薦めは、全部行ってみたいです。
また、色々blogアップを楽しみに待ってます。

投稿: 紀子 | 2009年6月 7日 (日) 23:34

謝謝! まだまだ上海の素敵なお店やレストランなど、ご紹介したいところがノートにぎっしりです。先日のパソコン騒ぎで、今、愛用しているmacの写真はXになっちゃったけど、もしも他に残っていれば杭州 西湖の蓮の花の写真をお見せしますね。すごーくきれいなんですもの!!!

投稿: Ginger | 2009年6月 8日 (月) 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windsor & Newtonのインクのこと | トップページ | 雨の日のご褒美 »