« 小さなシンガー?! | トップページ | Mediaな日々 その2 »

My Shanghai 53

Baby大熊猫 X 10!

月曜日はギャラリーがお休みだったので、東京から遊びに来た友人達と一緒に上海動物園へ行ってきました。


Panda2

少し遅めの午後に行ったのに何やら入り口付近はとっても賑やか。
上海の学校の遠足だったのか子供達がたくさん楽しそうに遊んでいました。

そんな子供達の楽しそうな声を聞いてるだけで何だかワクワクして来て、私達は足取り軽く桜や雪柳が満開な園内を一周するカート乗り場へ。

そして、私達が動物園へやってきたのは彼らに会うためでした。

Panda3
かわいいでしょう?
上海万博のために成都からやってきたパンダ達!!
2008年の7月生まれの10頭のパンダ達は、もうBaby babyではないけれど、まだまだ遊び盛りな子供達です。

外にいた大人のパンダもやんちゃでひょうきんな感じだったけれど、このbabies達は何と言っても数が違います。
「わぁ、沢山〜、1、2、3...10頭?」「え〜っ、本当?」と、思わず数え直しちゃう感じです。

丁度ご飯の時間だったのか、みんな笹をムシャムシャ、器用に細い笹を手で掴んで食べています。
そして、ちょっと食べるのに飽きた子から他の子にちょっかいを出したり、滑り台で遊んだりしていました。
あの全てを曲線で描いたような身体つきや愛くるしい表情、内股で歩き回る様子など、その全ての様子に私達見物客はにこにこ。:)

Panda4

でも、私、こうしてこの子達を実際に見るまで、パンダがこんなにだら〜っとしたお餅のような感じだとは知りませんでした。

だって、中国語でパンダは「大熊猫」、熊という字がつくんですもの、何だか強そうでかっちりとしていそうなイメージでしょう?

だけど、なるほど熊科の「猫」なんでしょうね、こんなふうに猫のように身体が柔らかくてダラダラ〜としていました。

遊具から今にも落っこちそうなポーズでダラリ、こちらでも台に寄りかかってダラリ、あちらでもダラリ、10頭の少年少女のパンダ達が思い思いの格好でダラダラしていました。

でも、その様子が愛嬌があって何ともかわいいんです。
私達は皆、そんなパンダのふとした仕草に笑いを誘われて、パンダ舎の前は和やかな雰囲気に溢れていました。


Panda1

そして、こんなふうに目の前のガラスを通して体温を感じられるくらいすぐ近くにパンダがいました。
かわいい!

東京で私の帰りを待っている私の愛猫Sage、このダラダラパンダBabiesを見ていたら君のことを私の右手が触りたいと訴えていましたよ。
旅行先で言葉もご飯も困らないし、インターネットがあるから離れていても人間同士のコミュニケーションもどうにかなるけれど、一番困るのは猫にさわれないことかもしれません。


今まで余りに忙しくて毎日がビュービュー通り過ぎていたけれど、こうして動物園でパンダ達の固そうな毛やぷっくりした肉球を目の当たりにしたら、急に愛猫にとっても会いたくなりました。

上海動物園 虹橋路2381号 6:30~17:00 入園料40元 周遊カート15元

|

« 小さなシンガー?! | トップページ | Mediaな日々 その2 »

My Shanghai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さなシンガー?! | トップページ | Mediaな日々 その2 »