« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

Manoaでの一日

朝起きて、晴れていたらビーチへ、もしも曇っていたらトレッキングへと考えていた私は、低く垂れ込めた雲を見て水着をしまってスニーカーを用意しました。
Manoa1_2
上海通いが始まる前は、私は度々オアフ島に来ていたのに、まだ一度も行ったことがなかったManoa!ここはワイキキからも近いのに、ロコ達に「虹が生まれる場所」と呼ばれて愛されている太古からの自然が残るエリアです。

H1ハイウェイを降りて急な坂道を山へ向かって15分くらい走ると、わぁ!と声をあげてしまうほど大きな木やシダの原生林が広がります。

そして駐車場に車を置いて少し歩くと、滝へと続くManoa Falls Trailとハワイ大学の研究機関Lyon Arboretum(ライオン植物園)に道が別れていました。

どちらのコースへ行こうかしら?と迷った末、普段から運動不足気味な私は「往復2.5km 子供でも気軽に行かれるコース」のマノア フォールズ トレイルへスニーカーの紐をきゅっ!と締め直して出発!

滝へ続く道へ入ってすぐ、周りはちょっとタイムスリップをしたような大自然になり、何だかひょこっと恐竜が出てきそうな幻想的な雰囲気です。
Manoa2
そして早速こんな大きなシダを発見!
私はいつもシダの葉の先のくるっと巻いているところがかわいいと思ってるけれど、こんなに大きなのを見るのは初めて!ちょっと嬉しい気分です。

Manoa3_2

そして、森の奥から聞こえて来る鳥の声や川のせせらぎにに耳を澄ませながら、バニヤンツリーのトンネルをくぐったり、連日の雨でぬかるんだ道を歩いて行った先に、落差60mのきれいな滝が待っていました。

そして、もしも足に自信があれば、ぜひアメリカ唯一の熱帯雨林植物園Lyon Arboretumへどうぞ 。
まるで熱帯雨林のジャングルにいるような巨木の中を歩く、片道1.5時間のトレッキングコースを楽しめます。
インフォメーションセンターの方も「こちらのコースの滝もきれいだし、ハワイの植物を通してハワイアンカルチャーも知ることができますよ。」とにっこり。


Manoa4

そして、ミニトレッキングの後は、すぐ近くの1922年から続くワイオリティルームでマイナスイオンをたっぷり感じながら、ホームメイドのキャロットケーキとお茶を頂きました。美味しかった!:)

トレッキングに行かなくても、緑の中に包まれたようなティルームはワイキキの喧噪からちょっと離れたくなった時にも良いかもしれません。だって、ワイキキから近いのに本当に別世界なんですもの!

オアフ島=ビーチスポーツ+お買物も素敵だけれど、マノアはハワイ特有の自然やスピリットを感じられる魅力的な場所でした。
そして、今度は植物園の方のトレッキングコースにも挑戦したいな、と思った私は早速来年の[ To do! ]リストに書き込みました。:)

今年は、思いがけず上海に小さな自分の部屋を持ったり、上海でも仕事やお稽古をしたり、新しい方達と知り合えた楽しい一年でした。
そして、私をいつも東京で支えてくれている家族、お友達、生徒のみなさま&blogを読んで下さるみなさま、ありがとうございます。非常感謝!Thank you X 1000 and Mahalo~!!!


Lyon Arboretum 3860 Manoa Road, Honolulu 9:00-16:00
Waioli Tea Room 2950 Manoa Road, Honolulu 10:30-15:30

| | コメント (2)

Aloha! from Ko Olina.

私は今、Hawaiiのオアフ島に来ています。
ここでも日本やN.Y.の大雪の様子をニュースで伝えていて、酷暑だった今年の夏は予報通り寒波をもたらしているようですね。

Sky_3

そして、Oahu島へはこんなきれいな青空の中を飛んで来たのに、いざ空港へ着いたら空はどんよりしたグレーで、その上ポツポツ雨まで降っていました。

時差でぼっっっぅーっとした感じで浜辺にいるのが好きな私は、「まず着いたらすぐに着替えて海へ!」とわくわくしていたのに、何をしましょうか、と、みんなで顔を見合わせるばかり。。。

でも、気を取り直してドライブへ出かけたら、常夏の島独特の植物達が雨に降られて、一層その色や香りを強くしていてとってもきれいでした。:)

Beach_2

そして、翌日も雨。
それでも早朝のHula レッスンを申し込んでいた私は、車をぶんぶん飛ばしてワイキキビーチへ。
レッスンの間はHulaの神様に見守られて雨は降らなかったけれど、終わったらみるみるうちに暗くなって、またザァーッ!

雨のビーチも人が少なくて良いかも?と、のんびりと朝ご飯を食べていたら、沖に今年私がチャレンジしてみたいと思っている、Stand Up Paddleを楽しんでいる人を見つけました。

んんっ?でも、ボードの上には何やら人間以外にも何か乗っています。

Adog_2

その正体はリトリーバー犬!
彼はとっても慣れた様子で、波が来てもバランスを崩さず楽しそうでしたよ。
しかも、水が得意なリトリーバーですもの、時々つるりと海に入って泳ぎ、そしてまたボードに乗ってサーフィンを楽しんでいました。

そんな様子を見ながら、いつもは「猫派」の私も、「あんなふうに一緒に遊べて、何だか犬って良いなぁ!」と思ったりもしました。

その楽しそうな様子を写真だけではなく、ビデオでも撮れば良かったですね!そうしたら、年末の忙しい時にちょっとだけHAWAIIののんびりした雰囲気をみなさんにもプレゼントできたかもしれません。

さぁ、明日は何をしようかな。今週はずっと雨の予報のオアフ島です。。。
もしも、予報通り雨だったらやっぱりShopping? それともアンティーク屋さん巡り?
さてさて、それは明日カーテンを開けたときのお楽しみです。:)

| | コメント (0)

Merry Christmas!

Knitted_kitteh

クリスマスおめでとうございます。☆☆☆
そして、素敵なカードや暖かいメッセージを皆さまから頂戴し、ありがとうございました。:)

今週上海から帰って来たばかりなのに、またトランクを広げて旅支度をしている私は、「お返事を書きたい!」と思いながらも、ごめんなさい!ちょっと間に合わないので(だって、クリスマスは今日ですもの!)、ここから[ A Very Merry Christmas to you all! ]と言わせて下さいね。

そして、このかわいいチビネコは、先日友人が「Hirokoが好きそうな写真でしょ?」とクリスマスのメッセージと一緒にメールで送ってくれたものです。こんなふうに生徒さん達や友人達から届く暖かいメッセージが、私の元気+勇気の素です。うれしい。:)

Dinner

美味しそうでしょう?
これは、昨日クリスマスディナーを頂いた霞町のイタリアンレストラン Mario I Sentieriの「白トリュフとポルチーニの香り豊かなラビオリ」。大好きなキノコが何種類も使われていたし、赤ワインともぴったりで、思わず私は[ Buono〜!]とシェフのMarioににっこり。

そして、偶然お隣のテーブルに上海在住のイタリア人のご夫婦がいらして、私と上海の話で盛り上がりましたよ。私はつい先日上海から帰って来たばかりなのに、何だかもう懐かしく、「みんなどうしているかしら。」と、陽気なクリスマスムードが漂うレストランの中で上海のことをちょっとしんみりと思い出しました。

Leaves

今朝庭へ出たら、ドングリがこんなふうに紅葉してとってもきれいでした。
ドングリってこんなふうにクリスマスカラーになるんですね!

そして、こんな時期に私がいつも思うのは「日本にいるお友達と電話で話す時は、椅子に座ってなのに、海外の友人と話す時は、いつも窓辺で空を見上げながら。」ということ。

ロンドンに住んでいた頃も日本が懐かしくなると庭へ出て空を見上げていたけれど、それはきっと、どこにいても空は繋がっているから、と思うからなのでしょうね。
電話で話していても、顔は見えなくても同じ空を見ている、と不思議に相手をとっても近く思えるから。もちろん、相手が好きな人でも友人でも家族でも。。。

昨日の夜、沢木耕太郎のラジオの番組「〜Midnight Express〜 天涯へ」の中で世界の様々な場所でクリスマスを迎えている日本人の方達の声を聞きながらそんなことを思いました。

A Very Merry Christmas!

Mario I Sentieri
港区西麻布4-1-10 Tel: 03 6418 7072

| | コメント (0)

もうすぐ。。。

さて、2010年もあと10日になりましたね。
今年は、3月に開いた上海での個展のための作品作りで1年が始まり、どうやら家族と南の島での休暇で締めくくることになりそうです。

Fsweets

先日東京へ戻った私は、まず機嫌が悪くて人相(?)まで少し凶悪になりそうな愛猫とたっぷり時間を過ごし、それから家族と話をしたり、年内に会えない友人達にクリスマスプレゼントを送りました。

クリスマスカードを書きながら、「今年はこんなことがあったのね。」「あ、来年はあんなことも?」と2010年を振り返ったり、来年のことを思ってドキドキしたりしました。
やっぱり、1年が終わると思うと感慨深くなるし、もうすぐ新しい年がやって来ると思うと、希望にわくわくしますね!

Pasha
そして、12月の上海では、前から興味津々だったトルコ料理店へ行ったり、大好きなTable no.1でお食事をする機会に恵まれたり、上海人や台湾人の友人達とGirl's talkをしたり、と毎日いろいろな方と過ごし、楽しい日々でした。

ここは、南昌路にあるトルコ料理店 Pashaの中。素敵でしょう?このモダンなターコイズブルーのインテリアの中で戴くトルコ料理は予想していたよりも美味しくて(?!)、是非この次は夜のお食事に行ってみたいと思いました。

Stuff

そして今日は、12月の東京としては秋に戻ったかのように暖かく、私も軽いコートを羽織って元気に材料を買いに出かけてきました。

これは、来年の1月と2月のお稽古で使う予定の材料達。
ぴったり合う布を見つけるのは難しいかしら?と思っていたものが「あ、これ!」とすぐに決まったり、簡単に見つかると思ったものがどれもこれもしっくりこなくて、売り場を上へ行ったり下へ行ったり。。。

そして、1月に上海で予定しているニットカフェの作品も、サンプルが1色ではつまらないでしょ?と、色々な毛糸を買いました。とってもかわいい作品が出来ました。どうぞお楽しみに!

大変だからそんなに色違いを作らなくても....といつも思うけれど、やっぱり色違いがあったほうが楽しいし、皆さんもご自分の好きな色選びが出来るものね!
それに、せっかく作るんですもの、自分らしい色で満足できるものを提案したいと思っています。

あぁ、だからきっと来年も忙しくて、今年のようにあっと言う間に過ぎてしまうのかもしれませんね。
でも、今年もとっても楽しかったから、来年もこんなふうに過ごせたら幸せです。

今年、東京で、そして上海でお教室にご参加いただいたみなさま、お問い合わせ下さった方々、お世話になったみなさま、ありがとうございました。:)

そして、ちょっと早いけれどMerry Christmas!

Pasha 南昌路262号 近瑞金二路
6423-8113

| | コメント (2)

Essential 太原路!

この週末は暖かかった上海も、先週雪が降った翌朝部屋のカーテンを開けたらこんな景色でした。

Uki_2
何だかかわいいでしょ?
誰かが雪が降ったことが嬉しくて、車のリアウィンドウに思わず「雪」と書いたのでしょう。
中国は簡体字になっているので、日本語とは違う字も多いけれど、「雪」は同じなのね!と同じ文化を持っていることをいつもより身近に感じて嬉しくなりました。

そして特に上海は日本から近いから気軽な気分だけれど、でも、そうは言っても上海もやはり外国です。
きっと皆、毎日の仕事や暮らしている中ではいろいろなことがあり、「ふぅ。。。」となってしまうこともあるでしょう。
そして、私が大好きな東平路のZENでお買物をしたり、Simply Thaiでランチをした後に、ちょっとのんびりしたくてつい寄ってしまいたくなるところがあります。

Hanaya


以前にこのblogのMy Shanghaiの中でもご紹介した太原路の工芸美術館の前には猫カフェがあって、いつも何匹かの猫がいて、ゆったりとしたゆるい雰囲気の中でお茶を飲みながら猫と遊ぶことが出来るんです。
でも、小さな頃からずっと猫と暮らして来た私にとっては、「猫と遊びたい」というよりは、「猫がいる部屋に居たい」、という感じかもしれません。私がのんびりしている横で猫ものんびりとしている、という感じ。:)

そして、先日猫カフェ(2階にあります)の1階にこんなかわいいお花屋さんがオープンしました。


素敵なものがたくさん溢れる上海なのに、いつも「困った!」と思うのが、家から歩いて行かれるところに「パリッとしたバゲットやどっしりとした重いパンを売るパン屋さん」「洒落たカードや楽しい文房具を扱うお店」「自分の気持ちを表したブーケを作ってくれるお花屋さん」がないこと。

でも、お花屋さんはもうここがあるから大丈夫です。:)
Hanaya2

今の時期はこんな素敵なクリスマスのブーケも!
明るい日本人の女性が経営していらっしゃるので、「こんなふうな色でこんな方へ」とお話をして、これからは自分らしいブーケを作って頂けそうですし、いつものバラと百合だけではなく、色々なお花を部屋に飾ることもできそうです。

先日私の部屋に似合いそうなピンクの小さなバラを買って帰る途中に雑誌スタンドへ寄ったら、店番のお兄さんが「あ、そのバラ、そこに新しく出来た花屋で買ったでしょ?」とにこにこと話しかけてきました。
きっと、彼も誰かへプレゼントするブーケを作ってもらったにちがいありません。

猫カフェ+お花屋さんへ行った日は、まだ雪が残る寒い日でしたけれど、なんだかふんわりと温かい気持ちになりました。良かった!:)

cat-cafe bliss
太原路1-8号 (X Fengyang Lu )
11:30-22:00
お花屋さんはここの1階にあります。

| | コメント (0)

My shanghai 75

今朝は明るい日差しが戻った上海ですけれど、昨日はお昼前から粉雪が舞い始め、夕方にはすっかり街中が雪景色になりました。

そして、そんな中私は、ずっと楽しみにしていた初めてのKnit Cafeを、静安別墅のかわいいカフェ Birdy Chu chuで開きました。:)

Knitcafe1

今回参加してくださったのは、すいすいと編めるベテランの方から、「先生、私、棒針を持つのは今日が始めてなんですー。」というチャレンジャーまでの日本人の太太のみなさま。
編むペースはそれぞれだけれど皆さんにこにこ楽しそうで、一緒に編物をするのってやっぱり素敵!って思いました。

そして私は、「表目はね、針に掛かっているループの...」と、棒針に掛かっている1目めを編むところから説明をしながら、誰でも何事にも「始めての日」があって、その日が楽しくなければ続かないから、どうしたらわかりやすくて覚えやすくて、私が大好きな編物の楽しさを伝えられるかを一生懸命考えながらのレッスンでした。

いつも思うのは「レッスン」とか「講習会」って、先生というプロの立場でありながら、自分も様々な経験を積んで育てられていく、ということ。
だから、レッスンが終わって、皆さんが「先生、ありがとうございました〜!」とお帰りになる時に、私も「こちらこそ、ありがとうございます。」と心から思います。

そして、カフェのオーナーのキャサリンの提案で、スタッフがこんなかわいいミニカップケーキをKnit Cafeのために作ってくれました。


Knitcafe2

私がデザインしたのはどうやら複雑すぎて?今回は実現しなかったけれど、Knit Cafeはキャサリンと私にとっても初めての試みだったので、次回に乞うご期待です。

そして昨日の作品は、私が大好きなPuppy社の毛糸で編んだので、Puppyのお店のスタッフの方も参加して下さいました。Knit Cafeにご参加下さった皆さま、解らないことがあったら、日本語が上手な彼女がいつもお店にいるので訪ねて行って下さいね。

Knitcafe3_2

10時から始めたKnit Cafeも、ランチを食べる頃にはちらちらと雪が降り始め、お三時の頃には「わぁ、結構しっかり降ってきましたね。」と皆で窓の外を眺め、夕方にはすっかり積もった雪に「え〜、帰れるかしら?」と顔を見合わせました。

でも、雪景色の中老房子でKeith Jarrett を聴きながら編物をするのはとっても素敵で、何だかとっても「上海」でした!

私のキノコ達やフェルトのクリスマスデコレーションもかわいいでしょ。
Birdyは私の東京の家と雰囲気が似ているので、こうして自分の作ったものを窓辺に飾ったら、まるで自分の部屋に居るようでした。:)

Knit Cafeに参加して下さった皆さま、ありがとうございました。
これからますます冷える上海です。リストウォーマーを頑張って編み上げて、是非使って下さいね!
そして、もしもわからなくなったら。。。

Puppy 徐家汇区宛平南路223号 (223, Wan Ping Nan Lu)
tel: 021-6426-4080

Puppyのみなさま〜、色々とありがとうございました。私の生徒さんがお店へいらしたら、よろしくお願いします。:)

| | コメント (0)

ヒントはどこに?

Ap_2

さて、この何の変哲もない写真は先週私が新しくなった羽田空港で出発前に何気なく写したものです。
この頃私ははいつも空港でもPCを抱えて仕事をしていることが多く、この時も何気なく目を上げた時に「あぁ、今日もJALに乗るのね。」と思ったのでした。

以前は断然旅先の国のエアラインを選ぶことが多かったのに、この頃は俄然ANA/JAL派の私。。。ロンドンへ行くならVirgin, パリならエールフランス、ミラノならばアリタリア!ハワイへだってユナイテッドで飛んでいたのに、いつの頃からかANA/JALをまず調べて、というふうに変わっていました。それは、どうしてなのでしょう。

Tk1_4

今日も上海でのお教室でその話題になり、「上海からヨーロッパへ飛んだ方が近いけれど、快適さを考えると、やっぱり一度日本へ戻ってから日本の航空会社で行った方が良い。」ということになりました。

20代の頃は、その国の雰囲気の中へ少しでも早く浸りたくて、機内のアナウンスを聞くだけで嬉しかったのに、今はすっかり日本の細やかなサービスが居心地良くなっています。

そういえば、先日台湾人の友人も「この前日本へ行った時、日本のエアラインに乗ったけど最高だった!」と興奮気味に話していましたっけ。「何がそんなに良かったの?」と聞いたら、「まず食事!飲み物もいくら飲んでもフリーだし、新しい映画も見られるし、音楽チャンネルも沢山あるし、Duty Freeのチョイスも多いし。。。」とニコニコ。

確かに私も日本のエアラインでは、食事の時に「お味噌汁とワイン」を同時に頼めるのは嬉しいし、毛布やまくらがいつも清潔でふわふわなのも当たり前になっています。

Tk3

ふむふむ、なるほどね!上海でこれからどんなふうにお教室を展開していこうか、どんなふうに出来るのかを模索中の私は、自分が上海へ来る航空会社選びにもヒントがあるようにも感じました。

先週の木曜日に上海へ着いてから、「先生、お元気でしたかー?」とニコニコ教室にいらしてくださるリピーターの方も少しずつ増えたり、新しく参加して下さる生徒さんがいらしたり、パーティで名刺交換をしたり、コンサートへ行ったり、色々な打ち合わせをしたり、と毎日忙しく過ごしていますが、いつも頭の中にあるのは、「これからどうしようかしら。」ということなのかもしれません。

そして、東京での生活+仕事を軸に、上海でも定期的に手芸+編物の教室を開くことを、私の気力と体力と皆さんのご希望がある限り頑張って行きたいな、と今日も楽しくお教室をさせて頂きながら考えました。

「上海でお教室をやりたいの。」と夢見ていたところからは一歩前進した私は、「ではHiroko、この次のステップは?」と会う人ごとに聞かれます。でも、この頃ずっと私の返事は「Ummmmm....考え中。。。」。焦る必要はないけれど、しっかりしなくちゃね!少し後退しても良いし、時間がかかっても良いけれど、いつかは前へ!

今日の写真は、上海へ来る前に私の東京の家から歩いて10分のところにある等々力渓谷で撮ったものです。今年の紅葉はとってもきれいでしたよ。:)

20歳迄の半分近くを外国で過ごし、「外見は日本人だけど、頭の中は殆ど欧米人」と色々な意味で家族や友人達にからかわれる私も、今日みたいな日には家の近くのきれいな紅葉の風景を思い出しながら、先日差し入れにいただいた虎屋の羊羹を上海の老房子で食べました。

日本は、細やかなソフト面ではどの国よりも優れているんですもの、その強みを生かしたことを考えなくちゃね。

| | コメント (0)

楽しみにしていたこと

Ihome1_2
夏に写真を撮り、ずっと楽しみにしていた中国のインテリア雑誌[I home]が先月発売され、やっと昨日入手することができました。これが、その「第一家居」(I home)12月号の表紙です。

上海で仕事をすると、「何月号で何ページで....」というふうに提案があるのは日本と同じですけれど、それが「確約」ではないのが違うところかもしれません。
私も最初はウキウキしたり、がっかりしたりの連続だったけれど、今は大分そんなふうなことにも慣れて、街角のマガジンスタンドで買って確認してから、「ふぅん、こんなふうになったのね。」と受け取るようになりました。

今回の企画は表紙にもあるように、特集ページで「双城記」 [ A TALE OF TWO CITIES ]「2つの国で生活をしている人」(p66-87)ということで、私の他にも「ミラノ←→北京」「シンガポール←→上海」に家を構えている方達が載っています。

私の記事はこんな感じ。


Ihome3

Ihome2_3


Nature Inspirationというタイトルで私の東京の家と上海の部屋が4ページに渡って紹介されています。こうやって誌面で自分の2つの居場所を見てみると、色彩も雰囲気もびっくりするほど同じ感じ!

東京の家は「いつか自分の家を持つならば。。。」と長年夢に描いていたものを設計図を描くところから始めて作ったもので、上海の部屋は偶然ご縁があって借りることになった部屋、という全く違うシチュエーションです。
それなのに、その2つの部屋が持っている雰囲気がとっても似通っているのが不思議なんだけれど、何だか当然にも思えます。

子供の頃に住んでいたロンドンの家と同じ鉄の窓枠や白塗りの壁、木の床やArt Decoの家具など、私には馴染み深いインテリアの上海の部屋は、いつだったからか上海に住んでみたいと思っていた私に、ポン!と渡された大きなプレゼントのようでした。

昔から良く「心から願っていれば、いつか叶う」と、言うでしょう?
偶然このお部屋を借りることになったことで、この部屋でミニ講習会を開いたり、撮影をしたり、じっくり仕事が出来るようになりました。
東京と上海を行ったり来たりすることは、楽しいけれど、体力的にも大変だし、回りにもきっと迷惑をかけていることもあるだろうし、全てがプラスという訳ではないのかもしれません。でも、こうして誌面で私の2つの生活を見てみると、何だか「良かった。」という思いが溢れてきました。

そして、今日は12月の上海での教室の1日目が始まりました。


Mushrooms
かわいいでしょう?

こうして、皆で作ったキノコ達を一緒に撮ると本当にかわいい。:)

やっぱり、自分ひとりで作っているよりも、みなさんと一緒に作っている時間が楽しくて、それをこのキノコ達が表しているように思いました。参加して下さった皆さま、ありがとうございました。:)

さぁ、明日も朝からお教室です。
楽しみ〜!!

| | コメント (0)

Knit Cafe!

Leaf

先週、強い風と激しい雨が降った嵐のような夜がありましたね。
そしてその翌朝、カーテンを開けたらこんなかわいいモミジの葉っぱが窓にペタンと貼り付いていましたよ。
思いがけない風からのプレゼントに、私は思わずうれしくなって写真を撮りました。
午後になってお日様が出て来たら、乾いた葉っぱは何処かへまた飛んで行ってしまったけれど、朝の小さなサプライズはその日一日中、私の気持ちを少し嬉しくしてくれました。

さて、今週私は上海へ行く予定です。
今日も私は、私の小さなアトリエで開く羊毛で作るかわいいキノコのミニ講習会の材料やプリントを揃えたり、友人達へのクリスマスプレゼントをトランクへ入れながらいろいろな準備をしていました。

今回の上海滞在中には始めてのニットカフェを開く予定もあり、とっても楽しみです。

Wwarmer1

これは、そのニットカフェで作るリストウォーマーです。かわいいでしょ?
今月の東京でのお稽古に皆さん見えるなり、「先生〜、blogに載っていたあのリストウォーマーの実物見せて下さい。」と大人気でした。
そして、手芸経験者の生徒さん達には「見れば解るかも?」とレッスンに取り入れてなかったのですけれど、皆さんから「え〜っ、私達も作りたい!」と大合唱でした。

先日blogに載せた写真では、毛糸の雪の結晶のようなキラキラ感やフェルトのモチーフが良く見えなかったかもしれないので、もう一度ご紹介しますね。
う〜ん、難しそうに見えるかもしれないけれど、実は1目ゴム編みを長方形にまっすぐ編むだけなので、表目と裏目が編めればどなたにも簡単に編んで頂ける作品です。
サクサク編むだけなのに、こんなふうに凝った感じに見えるなんて素敵でしょう?:)
Ww2
実際に手を通してみるとこんな感じです。
細いモヘアの部分がちょっと透けていて大人っぽい雰囲気です。
それに、手首を暖めると不思議に肩から力が抜ける感じ。とってもリラックス出来るので、ぜひ試してみて下さいね。

そして、こんなものも準備中!


Cupc
祝!初ニットカフェのカップケーキです。
まだこれは思案中ですけれど、今回もこんなふうに楽しいプランをたくさん沢山ご用意して上海へ向かいます。
ぜひ、フランス租界のアトリエと南京西路のかわいいカフェへ遊びにいらしてくださいね。

お申し込みとお問い合わせは私まで:
hirokoibuki@mac.com

Hi! Craft lovers in Shanghai,

I'll be having my very first KNIT CAFE at Birdy Chuchu, a lovely cafe in JinAn Bieshu(静安別墅), on December 15th ( Wed ) from 10:00~.
Let's knit a pair of cute wrist warmers before the mean cold winter comes!
Fee: 250 RMB (including materials ) or bring your own knitting project. 150 RMB

Or if you are interested in making cute mushrooms with fleece, I am having work shops at my studio starting from 10th Dec. Please check Nov. 28th & Dec. 1st articles on this blog.

If you have any questions, please let me know~
hirokoibuki@mac.com

| | コメント (0)

クリスマスの準備

Tree3
昨日の強い風で随分葉っぱが落ちちゃったけれど、今年は紅葉がとってもきれいですね!
お散歩をしていても車を運転していても、普段目にしている風景が魔法にかけられたように紅葉していて、思わず「わぁ!」と目を輝かせてしまいます。

そんな初冬の風景を眺めながら、私は先月からせっせと今年のクリスマスの飾りを作っていました。
この頃大きなツリーは飾らなくなっちゃったけれど、やっぱり12月になったらクリスマスを迎える準備をしたいもの。

毎年お稽古で新しい提案をするけれど、今年はこんなものを作りました。


Tree2


かわいいでしょ?
これはラグラグで作ったミニタペストリーとフェルトのミニツリー。

欧米では大きなラグを作ることが多いラグラグ(ラグフッキング)も、今年は私は細めのフックでクロスステッチの図案のようなミニタペストリーを刺してみました。
そして、その上には私らしくジグザグテープやブレードをちくちく縫い付けて、一層クリスマスらしさを感じられる作品に仕上げました。
本当にクリスマスのものって、不思議に作ってる時から何だか楽しいんです。
きっと「クリスマス」にまつわる思い出やいろいろな経験が心の中に沸き上って来て、自然に楽しい気持ちになるのでしょうね。

そして、クリスマスを過ぎると。。。
Tree
すぐにお正月!


私が英国に住んでいた頃は、クリスマスは皆が楽しみにしている大切な日で、ミンスドパイを仕込んだり、大人も子供も早くから色々な準備をしていたけれど、ニューイヤーは「新しい年になったのね。」と1月1日だけがお休みで、日本人の私にとっては何だかとてもさらっと過ぎて寂しい感じでした。

そして、日本古来の風習も大事に守り、欧米からやってきた行事も楽しむ、というふうに全てを生活の中に取り入れている日本人は、本当に一年中イベントで大忙しです。

でもね、こんなふうにクリスマスツリーの色をパステルカラーに変えてみたら、お正月のお餅のついた飾りのようになりました。
だから、どうやら我家ではクリスマスが過ぎたら大慌てでオーナメントやリースを仕舞わなくても、今年はこんなふうにミニツリーとお飾りをひょい!と架け替えるだけで、お正月を迎える準備ができそうです。
必要なのはフェルトと糸と針とはさみだけ!とっても簡単なのでぜひ作ってみて下さいね。

さて、来週の金曜日から12月の上海のお教室+ニットカフェが始まります。
もう満員になった日もあるけれど、まだお申し込みを受け付けている日もありますよ〜
このミニツリー+お飾りのキットも持って行く予定なので、どうぞお楽しみに!

詳細は11/29+12/1の記事をご覧下さいね。:)

| | コメント (0)

12月になりました

Habotan

冬が近づくと庭の様子も少しずつ変わり、まだ秋咲きのバラがひっそりと咲いていたり、グングン水仙の葉が伸びて来たりしています。
そして、寒い季節を元気に越す植物はたくさんあるけれど、そんな中私は案外葉ボタンが好きです。
素朴な印象なんだけど、色が素敵でしょ。
そして、私が好きなのは、もっと寒くなって雪が降った日の朝に葉ボタンの上に溶けないで残っている氷のかけら。太陽が昇って消えちゃう前の小さな宝物のような感じです。

今年も園芸好きな母が、私の留守の間に小さな葉ボタンを植えてくれました。小さな頃から、冬になるといつの間にか家の庭には葉ボタンが植えてあったせいか、先日上海から帰った時に玄関先の葉ボタンを見たら「家に戻ったのね。」と何となくほっとした思いが溢れてきました。

そして、私は来週はまた在上海になり、今年最後の上海での手芸教室を開きます。:)

Mushrooms

かわいいでしょう?
これは羊毛をチクチクとフェルティングニードルで刺して作ったキノコ達。
とっても簡単なので、手芸初心者のかたも是非ご参加下さいね。
出来上がったらピンクッションとして使っても良いけれど、お部屋にあるだけでふんわりとした気持ちになれますよ。

「1つだけじゃなくて森のようにいくつも並べたい!」という方のために、羊毛も各色ぎゅうぎゅうトランクに詰めてお持ちする予定なので、どうぞお楽しみに!

私もELLE Decorationの撮影のためにこのキノコを作った時には、1つ作ると簡単でかわいいのが嬉しくてもう1つ作りたくなり、そして、色違いや大きいのや小さいの、とせっせと10個くらいバリエーションを作りました。(中国版ELLE Decoration誌 1月号掲載予定)

今日も、材料の分量を割り出すために、このオペラピンクのキノコを作ったら、余り楽しくて、もうひとつ作りたくなりました。:)

そして、「東京での1 day classはいつですか?」とお問い合わせを頂いていたみなさま、お待たせしました。東京では、年が明けた1月14日、15日に予定しています。
ご興味がある方は、どうぞメールでお問い合わせ下さいね。

そして、先日上海で予定している一日ニットカフェのことを考えていた時に、「あっ、せっかくパピーの毛糸が全部揃った直営店があるんですもの、リストウォーマーだけではなく、色々作れたらもっと楽しいかも!」と思いました。


Knits


これは先日素敵な手芸誌「おしゃれ時間。の手編み」(主婦と生活社)に掲載された私の作品ページです。私が毎日はおったり腰に巻いたりして愛用中のかぎ針で編んだかわいいオーバースカートと、棒針編みのアランならではの迫力のあるバッグ。

両作品ともパピーの糸なんですもの、かわいいカフェでラテを飲みながら一緒に編みましょ。
編むのが初めて...の方には少し難しいかしら、でも、要はやる気です!
「ここ解らないんですけど。。」「はーい、ここはね。。。」と、東京のお教室のようなことが上海でも出来たら嬉しいです。

老房子のアトリエでのキノコ作り、そしてお洒落なカフェでの編物教室の詳細は11/28の記事をご覧下さいね。

両方とも今日からお申し込みを受付けています。
これからいよいよ寒くなる上海で心があたたまるかわいい手芸を、どうぞご一緒に。

そうそう、先週の上海ジャピオンの「カルチャー体験」の記事、ご覧頂けましたか?先月の私のアトリエでのお稽古の様子が掲載されています。大人気のジャピオンですもの、今から探しても、もうないかも?
では、web版をこちらからどうぞ!
http://www.shvoice.com/watch/learning

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »