« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

みっちみち

さて、昨日はつまみ簪の先生をアトリエへお呼びしてのレッスンを開きました。
つまみ簪って歌舞伎の舞台や京都の舞妓さんの姿を見てとっても憧れていたけれど、実際に自分達で作れるかしら?とドキドキ!

Tsumami1

そしていつもは賑やかな私達なのに、昨日はこんなふうに「カチコチ、カチコチ」と時計の音が聞こえるほど集中して手元を動かしました。

何と言っても「つまみ簪」ですもの、材料から全て初めてのことばかり!
先生が「使う糊は『姫糊』と言います。」と説明して下さるだけで、私達はそのネーミングにうっとり。。。

Tsumami2

これは、丸つまみ、と剣つまみを作って姫糊の中にそっと置いて固めているところです。目指しているのは右上にある3色のお花です。
なるほど、こんなたっぷりの糊を使うから布の中に糊が染み込んで縫わずにしっかり形ができるのね、と納得。

折り畳む(つまむ)布の大きさはたった2cmや3cm!それをピンセットでつまんで一回、2回、3回と技法によって折り方を変えたり、先をとがらせたり端を返したりします。

みんな真剣に自分の指先のピンセットに挟まっている小さな小さな布を見つめ、左手で押さえながら持ち替えてそうっと糊の中へ。

そして、出来上がったのはこんなバラ!

Tsumami3

ふっくらした形がかわいいでしょ?
先生に「私の教室の生徒達はみんな手芸上手なので、初心者向けを1つ作ったら、もう次は経験者向けに進みたいんです。」とリクエストをして教えて頂いたもの。

なるほど、丸つまみの応用だけれど、全体の形をまとめるのが始めのものよりも難しい。。。
でも、みんなこんなふうにかわいく出来ました。

そして、今日のタイトルの「みっちみち」とは?
実は、仕上げに花の中心にパールなどのビーズをつけるかペップにするかを選ぶ時に、「うーん、私はペップにしましょ。うんうん、みっちみちにするとかわいいかも!」「そうそう、みっちみち!」「私もみっちみち!」と、みんなで「みっちみち」を連呼していたのでした。楽しかった!:)

Tsimami4
そして、今回教えて頂いたのはこの3点。
私は、1つめは先生のキットのちりめんで作り、丸バラと三角のバラは手持ちのコットンや絹で作ってみました。

ふむふむ、これから材料や大きさを変えたりして色々バリエーションを作れそうな予感です。
始めた時はみんな少し緊張していたけれど、終わったら全員笑顔になってニコニコ。:)

そして、「この頃なかなか楽しい気持ちになることができなかったけれど、今日は本当に楽しかったです。」とお家に帰ったみんなからメールが届きました。良かった!

こんな形でみんなを笑顔にすることが私もうれしくて、そしてこれが私に出来ることなのね、と思った一日でした。

| | コメント (0)

家へ戻って

先週末に東京の家へ戻り、いつもだったらそのまま上海→東京の生活を始めるのに、何だか今回はいろいろと心配をしていたからか、家に着いたらそのままダウンしてしまいました。
そして翌日も休養をして、日曜日にはすっかり元気になり庭へ出たら。。。
Tourou

家人に聞いてはいたけれど、地震で庭の灯籠のひとつはこんなふうに上の部分が落ちてしまい、もうひとつはパーツごとにバラバラになって庭に転がっていました。
こんなに離れた東京でも重い石の灯籠が壊れてしまうほどの地震だったことを今更ながらに感じ、被災地の方達のことを思わずにはいられない気持ちになりました。

でも、季節は魔法のように訪れ、壊れた灯籠の横では球根達が元気に花を咲かせています。
Haru
ラッパ水仙の英名はNarcissus, 自己陶酔のナルシストという意味だけれど、この花は私にとってはとても特別な花なんです。

殆ど英語ができないままロンドンでの生活を始めた12歳の春も、悩みを抱えたまま英国へ子連れ留学をした春も、いつもこの鮮やかな黄色いラッパ水仙の花が「ほら、元気を出して頑張れ!」と話しかけてくれていました。

だから今回も、ひとりひとりができることをすれば大丈夫って信じられます。

Haru2_2

そして、私も上海の手芸市場で見つけた布で居間のカーテンを縫いました。
春の陽射しを浴びてできた影もきれい。

さぁ、明後日はみんなで楽しみにしている講師の方をお招きしてのつまみ簪の講習会、そして週末からは4月のレッスンが始まります。

春になるとやっぱり花が作りたい私。庭の花達に励まされながら、どんな作品が出来てゆくのでしょう。楽しみ!

希望のうちに生きる力と共にひとつずつ。。。。。

| | コメント (0)

My Shanghai 76

さて、去年の秋から上海の編集者達が盛んに「Hiroko, Jiashan Market へ行った?すごく良いわよ!」と言っていた話題の場所へ、先日やっと行ってきました。

Jm1

「ふぅん....陕西南路(Shanxi Nan Lu )550号なのね、アパートの前の道を南へ歩いて行けば良いから解りやすいかも。」と歩き出したのは良いけれど、建国西路近くの550号辺りになっても「えぇ?どこにあるの?」ときょろきょろ。
友人達から「Hiroko, 路地を覗くと奥の方にローカルな市場があるから、そのまた奥よ。」と聞いていたけど、「本当にここなの?」と半信半疑のまま路地を進んで行くと.....現れたのは洒落たカフェやお店たち。

わぁ、素敵!オープンエアの素敵なパティオの回りにマレーシア料理レストラン、Spa, カシミア屋さん、和食カフェやオーガニックカフェがあり、そして2階、3階にはスタジオや住居もあります。

隠れ家っぽく路地の奥にあるので街の喧噪から離れたのんびりとした雰囲気があって、それだけで何だかほっとします。

Jm2
そしてここは、田子房からお引っ越しをした UTSUWA-MESHIです。
この日私は、雑誌LOHASのイベントの打ち合わせのためにここの2階にあるlohaslyでお約束をしていたのですけれど、2階へ階段を上る前に「何だか良い感じのお店があるわ。」と中へ入りました。
入って右は感じの良いカフェスペース、そして左には素敵なお座敷がありました。

お店の方と話しているうちに、ここは茶道の先生ITSUMIさん達ご夫婦のお店ということもわかり、そしてここではセンスの良いjflowerさんのフラワーアレンジメントのレッスンも開かれています。お二人のお仕事を度々LOHASなどの誌面上で興味深く見ていた私は「なるほどね!」と納得。

Jm3

今まで上海で和食を食べたいと思うことは余りなかったけれど、ここならば「わ~ん、美味しいお米を食べたいよー。」となった時に、お散歩がてら気軽に遊びに行くことができそうです。
そして、2階のlohaslyでは美味しいコーヒーや日本のお茶やハーブティ、そしてLOHASが太鼓判を押すオーガニック食材の販売もしています。
真空管のスピーカーから聞こえて来る澄んだ音楽や美味しいベリー風味のグリーンティにすっかり癒されて、「ここでニットカフェを開いてもいい?」と聞くと、「もちろん!」と嬉しいお返事。良かった!:)

そして、今度私が上海へ行くのはもう街中に若葉が溢れている頃の予定です。
今はまだ少し寒いけれど、きっとその頃には子供達はジアシャンマーケットの広場で自由に遊び、大人は雲南コーヒーや絞りたてのフレッシュジュース、オーガニック食材で作られたご飯をのんびりパティオで食べている姿を見ることができるはずです。
きっとそんな中には私の姿もあるはず!だって何だかJIashan Marketへは繁々通うことになる予感がするんですもの。楽しみ!

Jiashan Market
live, work & play....Shanghai's urban garden communituy
陕西南路550弄25-37号 Shanxinanlu No.550
http://www.jiashanmarket.com/en/index.php

| | コメント (0)

撮影とか。。。

月曜日の朝が晴れているとそれだけでうれしい私なのに、週末からずっと雨な上海は、今朝も「雨ねー。」と挨拶をする隣人達の声が聞こえています。しかも、寒い!

窓を開けても寒いしジトジト湿気も入って来るのに、それでも換気好きな上海人の隣人達は今朝も窓を開けているんです。でも、老房子で上海人の中に混ざって住んでいると、そんな様子も見られて面白い!

「Hirokoって本当にいろいろな小さなことを面白がるのね。」と友人達は不思議がるけれど、そんな私も土曜日の撮影では少しご機嫌ナナメでした。

Pinwei1

「Hirokoのインタビューをしたいっていう雑誌があるんだけど、土曜日のレッスンの前に入れてもいい?」と、先週プラムのスタッフから連絡がありました。「良いけど、何て言う雑誌のどんな記事?」と聞いても、「品位、っていう雑誌だけど内容はよくわからない。」とのこと。
これがその「品位Pinwei」3月号の表紙です。

そして、土曜日の朝は自分なりに「撮影用」に身なりを整えてプラムへ向かうと、既にヘアメイク+スタイリストさんが待っていて、私を見るなり「さぁ、ここへ座って!」と準備してあった椅子へ。

そして、「後でこれに着替えてね。」と渡されたのは、余り普段着ないタイプのワンピースでした。しかも、メイクが進んできたらつけ睫毛やら何やら「あら?私じゃなくなっちゃうかも?」と少しずつ不安になってきました。
Pinwei2
どうやら、こんなふうに私が載ることになるらしいのですけれど、こんな大きく膨らませたヘアやワンピースを着た私をみんなが見たら「ワハハ!」と大笑いするに違いありません。

「ちょっと待って!今日の撮影は何なの?どうして私なの?」「私は手芸家だから、私の着ているものやメイクは自分らしいままでいたいの。」と説明し、雑誌のスタッフは慌てて北京の編集長に電話で私のリクエストを伝え、やっと自分の服+余り大げさではないメイクでOKになりました。

Sage3

編集長が納得してくれるまで、きっと私はこんな顔をしていたに違いありません。
きっと「品位」は手芸家の私よりも、中国で仕事をしている外国人、ということで記事を考えていたのでしょうね。そして、私のことを良く知っているプラムのスタッフも間に入ってくれて一件落着でした。

そのあとは撮影やインタビューもスムーズに進み、私も記事の出来上がりが楽しみです。
こんなふうに上海での仕事は唐突だったりもするけれど、何でも話し合ったり歩み寄ったりすることで解決するのね!と実感させてくれるのも楽しいことです。

「品位 Pinwei」は月刊誌で、今、店頭に並んでいるのが3月号だから、私の記事が掲載されるとしたら多分5月号でしょう。

さぁ、今日は私のアパートの近くのLOHASが経営しているカフェLOHASLYで5月に開くイベントの打ちあわせです。楽しみ〜!:)

予定変更のお知らせ:いろいろと日本のことが気になるので、少し予定を早めて帰ることにしました。
ごめんなさい、今週の土曜日のプラムのレッスンはキャンセルさせて頂きます。是非、木曜日に遊びにいらして下さいね。お待ちしています。:)

| | コメント (0)

plum studio shop!

寒い日と暖かい日が交互に訪れている上海ですが、街を歩いていると色々な花が咲き始め、小鳥も「春ですよ〜。」と嬉しそうに鳴いています。

そして、昨日はずっと楽しみにしていたplum studioでのknit cafeでした。

Plumstudio
まるで美術部の部室かハンドメイドが好きな女の子のお部屋のようなplum studioは、他のアーティストの作品も並んでいて何だか楽しい!

そんなわくわくした雰囲気の中で、みんなでバスケットの中から好きな毛糸を選んでから、かぎ針や棒針をせっせと動かして、かわいいコサージュやティコゼーを編みました。

そして、私のアトリエの机の上は今まさに春・春・春!です。
何故ならば、私は明日からplum studioに並べる作品の製作の真っ最中なんですもの。

Plumstudio2

先月plumのNicoleと話し合って、スタジオの棚の一部を「私のお店」として貸してもらう約束をしたので、入り口の棚に私の作品を並べて小さなお店にすることにしました。
そして頭の中では「こうして、ああして、一番上の棚にはこれを、そして下の段にはあれを。。。」と考えてはいるけれど、実はまだまだ準備の途中です。

明日のレッスンは2時からだから午前中も制作をして、ゆっくり午後からスタジオへ、と考えていたのに、明日は急に雑誌のインタビューが入り11:00には到着してなくてはなりません。わぁ、どうしましょ!

大丈夫。今日は出来るだけのことをして、ゆっくりとお店を作って行きましょう。本当に小さなスペースだけど、これからはいつでも私の作品を見て頂けます。
そして、「お手芸は苦手だけど、かわいいものが大好き!」という方にも、私の作品を楽しんで頂けることは私もうれしい。:)

いつもは宵っ張りの私も、今日は明日のインタビューに備えて早く寝なくちゃね。
いえいえ、でもまだ寝られそうにはありません。だって、手が「針を持ちたい!」ってさっきから催促をしています。だから、今日のblogはここまで。
さぁ、どれから作ろうかな。。。

南京西路の辺りへいらしたら、春色のコサージュやアクセサリーポーチを見に是非plum studioへ遊びにいらして下さいね。
plum studio 南京西路1025弄 静安別墅59号 月休み

| | コメント (0)

レッスン中!

先週はシャツ1枚で歩いている人を見かけるほど暖かかった上海も、今日は北風が強く寒い一日でした。
まるで童話の「北風と太陽」のように、太陽が出ると人々はコートを脱ぎ、風が冷たい日にはコートの前を掻き合わせる、と言った感じ。
Lesson

そしてそんな中、先週の東櫻花苑に引き続き上海の生徒の皆さまに呼んで頂き、今日は衡山路へ出稽古に行ってきました。

外は寒かったけれど、私達はお手製の美味しいクッキーを頂きながら一足早くきれいな色のリボンでかわいいバラの花を咲かせました。
私の小さなアトリエでは4人だけのかわいいお稽古ですけれど、出稽古先では大きなテーブル+大人数の賑やかなお稽古で、私もその違いを楽しんでいます。:)

Roses2
きれいでしょう?
このリボンのバラは、初めて作る時は「え〜っと、この次は.....。」と、最初の30分はリボンとにらめっこになるけれど、コツを掴むと楽しい!

そして、まるで手品のようにちょこちょこっと縫うと出来上がる葉っぱもかわいいんです。
でも、仕上げは真剣に!バラの花の向き、葉っぱの重ね方、蕾の角度など、自然の中にあるバラを思い出して丁寧に縫い重ねます。

そして、アトリエでもこんなバラが咲きました。
Roses1

こんなふうに好きな色のリボンを選んでバラを作り、葉っぱもかわいい水玉やシャキッとした麻で作ったりすると、同じ技法でも出来上がるとちゃんと「自分だけのバラ」になっています。


私がいつもお伝えするのは「『自分の手の中にこんなバラを咲かせたい。』と頭の中に自分のバラを思い描きながら手を動かしてね。」ということ。
そして私は、ただ「ここをこうして。」と作り方を説明するだけではなく、「作りたいものを作り出す楽しさ」をお伝えできたら、といつも思っています。

この日の私へのご褒美は「いつもお教室が終わると嬉しくなってるんです。」とにっこり仰った生徒さんの一言でした。

東櫻花苑、衡山路41号、そして私のアトリエでのお稽古へ参加して下さったみなさま、ありがとうございます。
私もとっても楽しかったです。

さて、あとは今週と来週のプラムスタジオでのレッスンです。
ぜひ、お遊びにいらして下さいね。毛糸やリボンを沢山ご用意してお待ちしています。:)

詳細は2/28の記事「3月の上海のレッスン!」をご覧下さいね。
お申し込み+お問い合わせは、私まで。
hirokoibuki@mac.com

日本ではまだ余震が続き原発事故の影響など、さぞ不安な毎日なのではと心配しています。
そして新しいニュースが届く度に、どうぞこれ以上の被害がないようにとお祈りしています。
My prayers are with you, always.

| | コメント (0)

prayers

昨日の午後上海の街中にいた私は「伊吹さん、日本の地震のこと知っていますか?」いう知人からの電話に椅子から飛び上がる程びっくりして、ひとりで「どうしよう、どうしよう、どうしたらいいの????」とドキドキしていました。

Prayer21010109

そして、いつもは近いと思っていた上海と日本がこんなに遠くに感じられるなんて!

私は火曜日から上海へ来ていたけれど、時間がなく上海の友人達にも連絡をしていなかったので、上海や外国に住む友人達から「Hiroko,大丈夫?日本の地震のニュースを見てすごく心配してる。連絡できるようになったら必ずすぐに連絡してね。」と安否を気遣うメールが沢山届き、世界中で報道されている日本の地震の様子が、NHKやCNNが見られない老房子に住む私には情報が少なくとても心配でした。

カリフォルニアの友人からも「こっちにまで小さなTsunamiが来たから、今回の日本の地震は本当に大きかったのね。Hirokoのfamilyはみんな大丈夫?」と連絡がありました。
お陰様で夜遅くには家族とも連絡が取れ一安心でしたが、時間が経つにつれ解って来た被害状況などに胸が潰れる思いです。
Prayer
上海でもタクシーやカフェなど、いろいろなところで私が日本人だとわかると「家族や友達は大丈夫?」「団結して頑張って!」「何か出来ることある?」と、声をかけてくれます。

東北地方のみなさま、そして日本のご家族と連絡が取れずに心配なさっていらっしゃる海外在住の方々、心からお祈りをしています。
私だけではなく、世界中のみんなと共に。

Our prayers are with you.

| | コメント (3)

春の準備

3月になったというのに先日東京では大雪になりびっくりしましたね。
でも、何だか今回は春になる前の最後の雪!という感じを誰もが感じていて、「雪ですね!」というご挨拶も何だか「この雪が溶けたらきっともう本当に春なんですね。」とみんなが思っているようでした。

そして、お昼過ぎには溶けてしまった雪はこんな素敵なプレゼントをお庭に残してくれました。
Spring1
わぁ、きれい!小さな葉ボタンに降った雪が溶けて露になっていました。
日本では花をいけたあと、最後に指でお水を散らして自然に見せることがあるけれど、こんなふうに本当の自然が私達に見せてくれることには敵わないなぁ、といつも思います。

そして、上海へ行く前に色々な材料を探していた時に「ん?これなんだっけ?」と開けたクッキーの缶にはこんなにたくさんレースが入っていました。:)
Lace


今年の春夏はレースをあしらったものを作りたい!と思っている私は思わずにっこり。
頭の中には「こんなものを作りたい!」「あの材料と組み合わせたらどうかしら?」と、レースを見ていたら次々とアイディアが浮かんできました。私はこんなふうに材料と向かい合う時間が大好きです。
今回の上海滞在は少し長いので、じっくりと市場巡りをして、こんなレースと合う素敵な材料を見つけましょう。

去年の春の個展では色々な花を日本の材料で表現してみたけれど、今年の春は上海ならではのきれいな色の絹の布で色々なコサージュを作ってみようと思っています。

Spring2
昨日の夜遅くに上海のお部屋に着いたら、心配していたほど寒くなくて何だかうれしくなりました。
やっぱりもう本当に春の準備が少しずつ始まっているんですね!

そして、浦東でのレッスンに参加して下さったみなさま、ありがとうございました。「今日棒針を初めて手にする方は?」という私の質問に、殆どの方が「はーい!」と手を挙げてらしたけど、途中からは余裕も出てにこにこ楽しいレッスンになりました。私も楽しかったです。:)
是非plum studioへもお遊びにいらして下さいね!

今日は朝からレッスン、打ち合わせ、お食事会と大忙しの1日でしたが、沢山の方にお目に掛かり、笑顔に囲まれた楽しい一日でした。良かった!

そうそう、11日の金曜日の夜に、私が東京に居たら絶対逃さない楽しーいショウが渋谷のカッコイイライヴハウス Saravah 東京であります。そして、その出演者の一人は私の大親友、太陽のようなミナ!
今回はアモーレ・ミナとして登場です。大人のお楽しみはこちらへ!
http://www.saravah.jp/tokyo/schedule/log/20110311.php

| | コメント (0)

再び静安別墅へ

さて、今週の水曜日から今月の上海でのお稽古が始まる私は、今日も朝から探しものをしたり、それが終わると机へ向かったり、コピーをとったり、とバタバタ準備中です。

そして今月からは、私のアトリエの他にも去年の3月から5週間に渡って個展を開いた大好きな静安別墅でのお稽古も始まります。
Plum_2
わぁ、懐かしい!
ここは、南京西路駅の1番出口から伊勢丹方向へ向かい、伊勢丹の真向かいにある時計屋さん ロンジン(Longines)の手前の小区への門を入ってしばらく行くと、左側の4つ目の建物の角にある39号のplum gallery。(今は事務所になっています)
今回私がレッスンを開くのは、この角を左へ曲がり突き当たりの右奥、59号にあるplum studioです。

そして、小さなドアを開け、「ここかしら?」とドキドキしながら奥へ進むと、こんなかわいいお部屋がみなさまをお待ちしています。

Ps1
ここでは私の他にもいろいろな国籍のいろいろなクリエーターの方たちがレッスンを開いているので、みんなのわくわくしたエネルギーがとっても楽しい雰囲気を作り出しています。
私もそんな仲間に加わって、今月の17日と24日(木)の10-15時までニットカフェ(参加時間自由)と19日と26日(土)の14-16時にはリボンや布を使ったコサージュのレッスンを予定しています。

アトリエみたいな雰囲気なので、日程が合わなければ、17日や24日にコサージュを作ったり、その逆もありです。講習費+材料費(作った数)という形なので、その時間を使ってていねいに1つだけ作っても良いし、頑張って2-3つ作る事も可能です。スタジオへ遊びに来て頂いて、そこにある材料で一緒に遊びましょ!という感じ。

私のアトリエで、私の雰囲気の中で私色の作品を少人数で作るのも楽しいし、ここで他のアーティスト達の作品にも刺激を受けながらわいわい作るのも面白そう!

Pansy
今回作るのはこんなパンジーやバラの花!
去年は小さなリボンの花を一面に飾っていた私のお気に入りのカゴバッグも、今年はこんなふうにリメイクしてみました。
こんなふうに、市販のバッグがちょっとした工夫で生まれ変わったり自分らしくなることって楽しい!:)

ニットカフェの作品や詳細については、是非2/28の記事をご覧になって下さいね。
事前にご予約頂いた方が確実ですが、「今日時間が出来たから覗いてみようかな?」なんていうふうに気軽にお遊びにいらして下さいね!
plum studioで楽しみにお待ちしています。

そして、ご質問やお申し込みは私まで。
hirokoibuki@mac.com

| | コメント (0)

春のプレゼント

Momo

今日はおひなさまです。
先日、上海から戻って家の近くへ買物に行ったら、桃の節句を祝うためのお花や蛤が並んでいて、何だか「わぁ、日本〜!」と、にこにこ嬉しくなりました。そのほかにも春の山菜がいろいろあって、「胡麻和えを作りたい!天ぷらにしたい!」とわくわく!「やっぱり日本のお野菜は美味しい。」と、心がしあわせを感じてじんわりとゆるんでいきました。

そして、今朝の私はこんなgirlyな朝ご飯で女の子のお祭りの日を始めました。
Berry1
このほんのりピンク色のトーストは、ヤマザキパンの「春季限定 イチゴミルク風味」のふんわり食パン!
昨日偶然コンビニで見つけて「キャッ!」と喜んで買ったもの。
せっかくだから、中学生の時にパリで買ってからずっと大事にしているラズベリーの模様のお皿にのせて、ブルーベリーとあまおうも添えました。
そして、このあとバターを塗って更にエディアールのいちごジャムを少しのせて食べました。美味しかった!:)

そして、昨日の夜は楽しみにしていたバイオリンのコンサートへ行ってきました。
ずっと前からタルティーニの「悪魔のトリル」を生で聴いてみたいと思っていた私は、ブレイク寸前!と言われている旧ユーゴスラビア出身のバイオリニスト、ネマニャ・ラドュロビチが自分のユニット、その名も「悪魔のトリル」を率いて来日するというニュースを聞いて東京オペラシティへ。

Nemanja

聴きながら思ったのは「あぁ、きっと彼はどんな時代にどの国に生まれても、きっとバイオリンを弾いているのね。」ということ。
中世の宮廷やどこかの街角、そして深い森の中でも、どこでもバイオリンを奏でるネマニャの姿が思い浮かんで来る感じです。
仲間達と一緒にとっても楽しそうに、そして若さ溢れる弓さばきで聴かせてくれた「悪魔のトリル」はとっても素敵でした。

演奏後長いことやまなかった拍手やその後開かれたサイン会にできた長蛇の列、そして来場者の半数くらいが男性だったことなど、みんなが彼を心から応援していて、これからの日本での活動をサポートしてゆこうと思っている熱い気持ちが伝わったコンサートでした。
私は、この頃凄く時間がなくて気持ちが少しきゅっ、としていたのに、とっても満たされた気持ちになりました。良かった!

さぁ、来週から上海です。
老房子でのお稽古、そしてプラムスタジオでのニットカフェ+レッスンへのご参加をお待ちしています。
来週からは暖かくなりますように。:)

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »