« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

一年の終わりに

Ptrees

2011年も最後の日になりました。
今年はお正月もオアフ島で迎え、そして大晦日の今日もオアフ島のホテルで波の音を聴きながら過ごしています。

この一年は羽田から何度も上海へ向かい、上海でたくさんの素敵な方にお会いしました。そして東京と上海を行き来する生活を楽しむ私を、生徒さん方、お仕事をご一緒したみなさま、友人たち、家族がしっかりと受けとめて支えてくれた一年でした。

今日上海の友人から届いたメールに返事を書きながら、今年あった色々なことを思い出していました。
楽しいことばかりではなかったかもしれないのに頭の中に浮かぶのはみんなの笑顔ばかり!!!
Sleepy_2

こうして一年の終わりを穏やかな気持ちで過ごせることは本当に幸せです。
「今日は何をしているかしら?」とブログを見て下さったみなさま、日本で、そして中国で「ガンバレ!」と応援して下さったみなさま、ありがとうございました。非常感謝!Thank you & Mahalo~

2012年も面白いことがたくさん待っている予感がします。楽しみ!
来年もかわいくて楽しい作品をお届けしたいと思っています。どうぞご期待ください。

伊吹広子
XOXOXOXO
Sunset_2


| | コメント (0)

Hawaiiの休日

クリスマスから家族とオアフ島へ来ています。
この何年か同じ場所へ来ているので特別新鮮な感じはしないけれど、やはりホノルル空港に着いた時に思うのは「今日から暫く仕事はお休み!わーい、ホリディの始まりなのね〜!」ということ。

空港からレンタカーをしてH1をブンブン走り、お部屋に着く前に大きなスーパーマーケットに寄って大きなカートいっぱいに果物やワインを買い込みます。
そして、Marriott Ko Olina Resortにチェックインしたら、大きな伸びをして「わぁ、本当にお休みなのね!!!」と思わずニコニコ。:)
Beach
昨日は、朝起きたらすごく風が強かったのでノースショアへ行くことにしました。
う〜ん、着いてみたらノースショアでは期待したほどのビッグウェイブはなかったけれど、それでも風に吹かれながら砂浜で本を読んだり編物をしたり暫くのんびり。。。

沖でさぁっと波に上手に乗ったり、グルグル波に呑まれたりしているサーファー達を遠目に眺めながらぼんやりとするのはとてもいい気持ちでした。ぎゅぅぅっとなっていた頭がするするとほぐれていく感じ。
Jameson

そして、お腹がすいたのでお決まりのJamesonsでサンドウィッチを頬張りながら「明日はどこに行く?」とみんなで相談したけれど、「お休みなんですもの、何も決めないのも素敵じゃない?」と、結局何も決めずに青い空と青い海を眺めていました。

夕方になったら空にはまるでチェシャ猫の笑みのような細い細い月が昇ってきました。
満点の星空に浮かぶ素敵なお月さまは世界中どこからでも見えるはずだけど、暖かなハワイでキラキラ輝く空を見上げていると何だか少しだけスピリチュアルな感じがしました。きっとそれは大きな大きな自然の中にいるからなのでしょうね。
Moon
ドルフィンスイムもしたいし、パラセールも楽しそう!それともシーカヤック?マノアでトレッキングも良いわね!と、したいことはたくさんあるけれど、きっと明日もゆっくり起きて、空を眺め、海を眺めて一日が過ぎてゆくような気がします。

明日は水曜日。ワイキキのホテルにちょっと気になるミュージシャンが出演する日だから街まで脚を伸ばしましょうか。それともお隣にできたディズニーホテルへ?

それも全て明日起きてから決めましょう。ゆっくりね。
それでは、みなさまAloha~~~~~~~


| | コメント (0)

Yuletide Greetings!

Hi! 今日はクリスマスイヴですね!
私も今日は夕方から家族とミサに行き、そのあとは六本木でディナーの予定です。

Books1

先日クリスマスショッピングをしている時に立ち寄った本屋さんで思わず購入したのがこの2冊。
「小澤征爾さんと、音楽について話をする」村上春樹 (新潮社)と「京都うつわさんぽ」沢田眉香子(光村推古書院)
「小澤さんと...」は村上春樹が1年に渡って世界の色々な場所で小澤征爾と語り合ったロングインタビュー。買おうかな、とパラッと開いて2-3行読んだだけで感じた2人のやりとりに「これは読まなくちゃ!」と即決。

そして、京都の本はうつわだけ、しかも私達に手が届きそうな値段+生活が楽しくなりそうな素敵なうつわを扱っているお店をエリアごとにリストアップしてあるのも便利です。じっくり読んで、来年からの関西出張の際には京都でうつわ屋さん巡りをしたいな..と計画中。:)
Books2_2

そして、お正月休み前に私が必ずすることは図書館へ行ってかかえきれないほどの本を借りてくること。
図書館の書架を端から端迄じっくり眺め気になった本は手に取りながら、今年も9冊借りてきました。
絶対全部は読み切れないけれど、借りて来た本を見ると今の自分が興味があることや心境が表れていて面白い。

明日からの旅行にはどの本をトランクに詰めようかしら。
海辺の木陰でのんびりと本を読み、飽きたら海で泳ぐ。
今年も良く頑張った自分へのご褒美旅行です。

Happiness_2


今年も一年間ブログを見て下さってありがとうございます。
2012年もかわいく楽しい毎日になりますように。
photo by Katsu Nagaishi.

Merry Christmas to you all with LOVE. XXXXX

| | コメント (2)

My Shanghai 83

先日上海のO総経理から「上海も冬本番で寒いですよ。」とお電話がありました。
上海って東京と同じような気候なんだけど、夏は東京よりも暑く冬も骨身に応える寒さです。

でも、そんな時行きたくなるのが眺めの良いレストランやバー。
たとえばこんなところはいかがでしょう。
Rooftop

ここは外灘のBund18の近くにあるSwatch Art Peace Hotelの屋上のバーです。(The photo is from Wall paper magazine)
素敵でしょ?

今年の夏に全館リニューアルをしたPeace Hotel(和平飯店)は北楼はフェアモントホテルグループとしてのホテルに生まれ変わり、南楼はSwatchが買い取り、ギャラリーを併設したホテルになりました。

「是非屋上を見て下さい。」とマネージャーに勧められて登ったルーフトップバーは一見の価値あり!
是非次回はここでのんびり浦東の景色を眺めながらマティニでも飲みたいなと思いました。


Shook1
そしてここは、そのホテルの5階にあるShook!
シンガポールベースのレストランなので、ここでいただけるのはアジア各国のフュージョン料理です。

要所要所に鏡を上手に使ってあるので、どこに座っても外灘のきれいな景色が見えるのも嬉しい工夫でした。
私にとっての上海の魅力のひとつは、こういう昔の建築物を上手に利用したレストランやバーを気軽に楽しめること。
Shook!へはランチと夕暮れのドリンクに行ったから、今度はディナーに行こうかしら。
今は寒いからお部屋の中でだけど、春になったら是非ルーフトップへ!

Shook2

そして、Shook!のフロアにはThe Galleryというパーティを開けるモダンな大広間もあり、そこではいつも気鋭のアーティストの作品が飾られています。

Swatchの新しいプロジェクトとして、Swatch Art Peace Hotelのスタジオにアーティストに無料で三ヶ月滞在してもらい、その滞在中に制作した作品の中から1つをSwatchに納品する、というプランがあります。だから彼らの最新の、そして上海でインスピレーションを得た作品が飾られているということなのですね。面白い !

世界の様々な企業が「上海でお金儲けをしよう」だけではなく、こんなふうに「上海で文化的ムーブメントを起こそう!」としています。
これから暫く寒い寒い上海ですけれど、ここの側にはカッコイイ現代美術館もあるんですもの。
冬もアートを探しに是非外へ!!! そして、お腹がすいたら是非Shook!へどうぞ。:)

Shook!
南京東路23号  近中山東一路
2329-8522

| | コメント (0)

あと13日

Pansy
夕方近くなって少し寒くなってきたけれど、今日の東京はこの時期にしては穏やかな暖かな月曜日です。
さっき食材を買いに出かけたら、クリスマスとお正月のものを同時に売り出していて何だかとっても賑やかでした。みんなカートいっぱいにお買物をしていて忙しそう!
そのペースに巻き込まれないように私は心の中で「ゆっくり、ゆっくり」と唱えながらお店の中を回り、美味しそうなマッシュルームを見つけたので骨付きの鶏と一緒に煮込むことにしました。楽しみ!:)

お昼のニュースではキム・ジョンイル氏の死去が伝えられ、今年はビンラディン、カダフィ、そしてキム・ジョンイルという独裁者3人が世を去った一年になりました。
そしていろいろと思うことはあるけれど、今年ももうあと13日ですもの。一年の締めくくりの毎日を心穏やかに楽しく過ごせたらと思っています。

Roses
昨日、上海のSさんから浦東にある素敵なマンション東櫻華苑の作品の設置が終わったと連絡がありました。
今、東櫻華苑のロビーには以前に作ったこの作品が飾られ、2階の新しい作品の案内も掲示してくださっています。
2階のカルチャールームへ続く廊下にはクリスマスツリーをイメージしたかわいいフェルトの作品を飾らせて頂いています。
是非、お近くの方は見にいらして下さいね。
Ornament_2
こんなふうなフェルトを切っただけの枝を長く繋げたものと、フェルトをチクチクと縫い合わせたカラフルなクリスマスのオーナメントが真っ白な空間を賑やかに彩っています。

来年から私は日本と中国で「空間を作品で飾る」仕事も予定しているので、たくさん勉強しなくちゃ、とちょっとドキドキ!
今朝の新聞でMJ (Michael Jackson)も[Train, Perfection..]と鏡に綴っていたのを読みながら、やはりあの完璧なステージは「天才が更に努力した結果」なのね、としみじみ思いました。
そして先日、85歳の叔母が「オバチャマ、あと10年は頑張るわ。」と明るい笑顔で話すのを聞いて、「わぁ、それならば私はあと50年(!!!!!!)頑張らなくちゃね、と思いました。:)

さぁ、2011年もあと13日。
中国語、お部屋の片付け、編物の基礎のおさらい、毎日少しずつ、でも確実に。

| | コメント (0)

Cosmopolitanなこと

んんん?
いつもと違うこのご飯、どうして?って思うかもしれないけれど、これは昨日の私の夕食です。
Gakushoku
食べたのは私の家からもほど近い東工大の学食で。
昨日は東工大の中にある世界文化センターへ宮沢賢治の研究家のロジャー・パルバース氏のレクチャーを聴きに行ってきました。

少し早めに着いた私達は「そうだ!学食でご飯たべましょ。」となり、道案内をしてくれた内モンゴルからの留学生のお勧めの学食でお夕飯をいただきました。

私の選んだのはスンドゥブ+1/2ご飯+法蓮草の胡麻和え+ウーロン茶=¥480!

Gakushoku2
東工大の学食って素敵!
古い建物っていうのが良いなぁって思ったけれど、ウッドベース+エレキギター+ピアノのトリオがJazzyなクリスマスナンバーを演奏している中で、いかにも理工系男子が宿題をしていたり、留学生がカツカレーを食べていたり、何だかアカデミックな雰囲気が居心地が良い感じでした。

私ももう一度学生に戻りたいと思ったり。。。:)

肝心のパルバース氏のレクチャーの中で印象に残ったのは4つのキィワード。
Race, Nationality, Citizenship, Ethnicity =種族、国籍、市民権、民族性(宗教)。
アメリカで生まれ育ち、ポーランド/フランスへの留学の後オーストラリア国籍になり、骨を埋めるのは日本というパルバース氏が4つのキーワードに自分を当てはめるとしたら、「白人、アメリカ、オーストラリア、ユダヤ」となるそうです。

国際化が進んだ地球でこういう会話が頻繁に交わされることになるのでしょうね。今の日本でも!
その時私達は彼らのことを理解できるのでしょうか?そして自分自身は???

Xo
そして、先日「この前アメリカのドラマで『ねぇ、それで彼へのメールの最後にXOをつけたの?』って言ってたけど、UKはXXXXなのにアメリカではXOXOなのね。」と家人と話しました。
X=kiss, XO=kiss and hug

それじゃあ、あの干しエビや干し貝柱、大蒜、唐辛子から出来ているXO醤はkiss+hug醤?ということになり大笑い!!!! Ha ha!
ちなみにXO醤のXOは最高品種のブランディのXOからきていて「最高の調味料」ということだそう。

身近なところにいろいろなコスモポリタンな環境や言葉があるのね、と楽しくなった夜でした。

世界文明センター 人文学院 芸術学院
目黒区大岡山 東京工業大学大岡山キャンパス

| | コメント (2)

六本木界隈で

一昨日の月食、本当にきれいでしたね。
私はあのきれいな月を六本木界隈で眺めていました。

Tsubaki

その日は叔母が運営する幼稚園のクリスマス会が乃木坂近くであったので、朝から六本木方面へ。
そして、熱心にビデオや写真を撮るパパやママ(+おじいちゃま&おばぁちゃま)に囲まれながら2歳〜6歳のこどもたちのかわいいお歌や聖劇を見ました。

心配そうに上目遣いで観客席を見ているシャイな子、音程はメチャクチャなのににこにこ元気に大きな声で唄う子、みんなの様子を気遣いながら唄う真面目そうな子(将来は学級委員になりそうね!)ライナスのように毛布を片時も離さない子。そんな子供達のひとりひとりが私の友人達の姿と重なって思わずクスッと笑ってしまいそうでした。

もちろん私も全ての歌と台詞を覚えているから、心の中で「みんなガンバレ!」と応援しながら歌や台詞を口ずさんでいました。:)

Tsalad

そして、「楽しかったね!でも、余り笑いすぎてお腹空いちゃった。」という私を友人が麻布台のTAC(東京アメリカンクラブ)へ連れて行ってくれました。

今年の1月に新しくなったアメリカンクラブはまるでガラスの御殿のよう。
以前の落ち着いた雰囲気から、吹き抜けの広いロビーが気持ちの良いゴージャスな施設へと生まれ変わったTACはとっても素敵でした。

お昼だから簡単にアメリカンクラブサンドイッチでも、と思っていたら、「今日はトリュフの特別メニューがございます。」ですって。きゃぁ!

これは、「山羊のチーズ、キャラメライズした胡桃と林檎のサラダ トリュフのスライスをのせて」というもの。
私の目の前にサーヴされたとたんに漂ってきたあのトリュフ独特の香りに私は思わずsmile : ) X1000!!!
クリーミーなチーズとカリカリな胡桃、さくさくした林檎+トリュフ!
美味しかった〜!

「良く食べるね。」と呆れ顔の友人にも、「だって美味しいんだもの。」とにっこりして、バターで和えたタリオリーニ+トリュフも頂きました。満足満足。

Lovewemake

そして、まるで月に魔法がかけられたような月食を観察した後、楽しみにしていたポール・マッカートニーのThe Love We Makeを観に行きました。

これは、9.11の当日にNYにいた彼が、テロで傷ついた全ての人を癒そうと企画したチャリティコンサート「The Concert for N.Y.」への道のりやリハーサル、そして当日の様子のドキュメンタリー映画です。

大好きなDavid Bowieが出演している、ということで私はとってもとっても楽しみにしていたのに、彼が出ていたのはほんの少しだけでちょっとがっかり。。。
でも、エリック・クラプトン、ミック・ジャガー、エルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、ピート・タウンゼントなどなど色々なミュージシャン達が「ポール、君の考えに賛同するよ。」とひとつになっているのを見られたのは楽しいことでした。

もう一度「歌の力」を信じるために。
The Love We Make TOHO Cinemas Roppongi

| | コメント (0)

楽しい六本木!

211

先日バレエストレッチのお稽古の帰りに、ずっと見たいと思っていた展覧会へ行ってきました。

紅葉がきれいな六本木のミッドタウンの遊歩道を下ってゆくと、21_21 DESIGN SIGHTの前にはこんなふうに Irving Penn and Issey Miyake Visual Dialogue 「アーヴィング・ペンと三宅一生」展のポスターが貼られています。

この芥子の写真は私の長年の憧れの一枚です。きゃぁ!
そして、Issey Miyakeのpleats pleatsの軽やかなドレスも素敵!!

展覧会では三宅一生のデザイン画もたっぷりと見ることが出来るし、Irving Pennと三宅一生がどんなふうにして一緒にポスターを作り上げていたかがアニメーション仕立てのfilmで垣間見ることができます。どんなにか三宅一生がアーヴィング・ペンを信頼していたかを感じ取れるのもうれしいことでした。

13年間に撮影された250点の写真の中からの選りすぐりのコレクションポスターを、大きな(全長何mかしら?)画面でみられるのも楽しい!


214

そして、いよいよクリスマスですもの。
ミッドタウンの中でも素敵なイベントが目白押しです。
時間がなかったのでささっとしか見られなかったけど、今アトリウムでは Paris, Mon Ami エルメスのクリスマスブティックが開かれています。

かわいいカラフルなお家の中ではカレ(スカーフ)やエナメルのブレスレットを自由にコォディネイトして遊ぶことができます。
「自由に遊ぶ」のはもちろん「買う」前提があってのことだから、そうおいそれと手に取る訳には行かないけれど「いつか!」という思いで見るのは楽しいもの。

エルメスならではの色使いがとっても素敵でドキドキ!

212
12月も2週目になり、昨日から急に寒くなりました。
さぁ、今年ももう少し。
日本人はクリスマスも大掃除もお年賀状やお正月の準備大忙しですね。

でも、そんな中から「しなくてはならないこと」「自分がしたいこと」「やらなくてもいいこと」を上手に分けて、時間を大切にしたいと思います。

さぁ、週末です。
寒いけれど是非六本木へ!

Irving Penn and Issey Miyake Visual Dialogue
21_21 DESIGN SIGHT ~2012.4.8

Hermes Paris Mon Ami クリスマスブティック
六本木ミッドタウン アトリウム ~12.25


| | コメント (0)

My Shanghai 82

Globe

先週の日曜日の朝日新聞のGlobeの特集記事は「ワイン、変わる世界地図」というもの。

中国では今迄アルコールの度数が高い白酒なしではビジネスディナーが済まなかったのに、昨今はそれがワインに取って代わったということ。そして、その上ワインに多額の投資をする中国人も急激に増えたことも相まって、中国でのワインの消費量が右肩上がりに増えているらしいのです。

Dr

その様子は私も上海で実感しています。
2-3年前までは殆どのワインバーで飲んでいたのは欧米人ばかりだったのに、去年は中国人と半々くらいになり、今年はと言えば欧米人よりも早くから食事をする習慣のある中国人に席を占められ、欧米人は[Sorry,
We are full.]と追い返される始末。

長楽路、安福路あたりにはたくさんのワインバーがあるけれど、そんなワインバーも連日ワインに目覚めた中国人でいっぱいです。

ここはそんな中の一軒、富民路にあるDr. Wine. ここは1階はスタンディングの気軽なバー、2階は美味しいご飯も食べられるテーブル席がある人気のお店です。そして、もちろんこの日も私達以外のテーブルから聞こえて来るのは中国語ばかり!

Salute

そして、ここは今、私の一番のお気に入り。

今年の秋にオープンしたばかりのSaluteは中庭の他には山小屋のような部屋の中に幾つかの木のテーブルが並んでいるだけ、というシンプルな作りで、メニューも、こんな生ハムの盛り合わせやチーズ、カプレーゼ、フォカッチャの4種類のみ!

ワインも壁際に並んでいるボトルを自分で見て選ぶ方式です。
ここをいち早く見つけて「Hiroko, いいお店みつけたから行こ!」と誘ってくれたのも上海人の友人で、その日も2人で飲み始め、どんどん彼女の友人がジョインして結局8人でワイワイと何本ものワインを空けました。

きっとワインは、流行を取り入れるのも上手で、投資も大好きで、メンツも大事、という中国人向けなのでしょうね。

「良いワインを飲むのならば上海で。」ということになるのも、きっともうすぐです。上海迄2時間半で飛べる私達にとっては悲しいような嬉しいような。。。。

Any way, 乾杯!

Dr. Wine 富民路177号 近巨鹿路 5403-5717
Salute 复兴西路 JZ club前

| | コメント (0)

12月のカレンダー

Shanghai

今日の東京は気持ち良く晴れたけれど、きっと上海の外灘でもこんな青空が広がっているのでしょうね。先週東京へ戻ったばかりなのに、何だかもう懐かしい気持ちになるから不思議。
きっと、私は上海が大好きだからなのでしょうね。

11月の上海のお教室へご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。
12月、1月は上海でのお教室をお休みするので、次回は2月半ばになります。少し先ですけれど、どうぞ楽しみになさっていらしてくださいね。:)


Badges

かわいいでしょ。:)
これは上海でのイベント用にと、パピー上海さんに作って頂いた缶バッジ達です。
小さなバッジはPuppyさんのロゴとトレードマークの子犬(puppy)、ピンクのはlove, live, laugh!というこのブログのタイトルを、そして大きいバッジにはI LOVE Knitting!

これも、もちろん Made in Shanghaiの市場。上海の市場ってこんなふうに思いついたことをパパッと実現できるのも楽しいところ。今も私はこのブログを書きながら「次は何を作ろうかしら?」と思案中です。ワクワク!

そして、東京のクラスの皆さまへはこの缶バッジを3つセットにして、私から今年の感謝をこめたささやかなプレゼント。
先日のお稽古でも「わぁ、かわいい!!」とみなさんに喜んで頂けて、私もうれしい気持ちになりました。
通信クラスの方たち、今月分のプリントなど遅くなっていてごめんなさい。明日、このバッジ達を同封して発送予定です。お楽しみに!


Lesson

そして、「あの素敵なかぎ針のスカーフの東京での講習会はありますか?」というご要望にお応えして、12/12(月)、12/13(火)の午前中にレッスンをすることにしました。
どうぞ、ご興味のある方はお問い合わせくださいね。

hirokoibuki@mac.com
hirokoibuki@gmail.com

今年最後の一ヶ月はビュンビュンと過ぎて行ってしまいそうです。
でも、毎日楽しく仕事をして、冬ならではの食材を使ったご飯を食べて、ていねいに元気に過ごしたいものです。
さぁ、今日は日曜日ですもの。ゆっくりご飯を作りましょう。
何にしようかな。大好きな牡蛎とホウレン草のグラタン?
Enotecaの美味しいワインもあったはず。楽しみ!

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »