« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

このところ

今日はもう6月28日。あと2日で7月ですね。
こうして毎日が過ぎてゆくのは当たり前なのですけれど、いつもは上海と半々の生活の私も今月はずっと東京に居るし、一緒に住んでいる母もロンドンにウィンブルドンを観に行っているので何だか家の中が静かです。自分のペースで呼吸をしている感じ。

Sage
私がバタバタしているとべったり私にはりつきたがる愛猫Sageもほらこの通り。
家のどこかに私が居ると思うと安心なのでしょうね。
そんな彼の姿にしみじみ「いつも淋しいのね」と思ったり、「どうしていつもこうして何かを枕にして寝るのかしら」とクスッと笑ったり。

私の家の猫達は代々ちょこんと頭だけクッションに乗せたり、ソファに人間のように寄りかかって寝たりなのですけれど、よそのお家の猫達はどうなのでしょう。。。
と、今月はこんな素朴なことに頭を傾げて考えられることも楽しんでいます。

Almond

これは殻付きアーモンド。
私はナッツの中ではピスタチオとアーモンドが好きです。
殻付きだと殻を剥きながら食べる楽しさもあるし、殻のまま塩水につけた後ローストされているので仄かな塩味+ナッツそのままの味がギュッと凝縮されていて美味しい!

祖母がいつもハッカ(mintではなく!)の飴を入れていた使い込まれた錫の器にアーモンドが良く似合って何だか少し幸せな気持ちになります。

誰もいない静かな家で仕事の手を休めて豆乳でアイスチャイを作り、おやつにアーモンドをつまむ。そんな以前は当たり前だった毎日を私自身もmissしていたのね、と思いました。


Basket
これは最近お気に入りのバッグです。
この「今年の夏はレースでしょ」とせっせと作ったバッグの土台は東京で買ったものだけど、被せたレースは南外灘布市場、白いパーツと持ち手に巻いたオーガンディのリボンは手芸市場、と全て材料は上海で購入したものです。

簡単にかわいく出来たからみんなにキットにして分けてあげたいけれど、上海で難しいのはコンスタントに同じストックを供給しているお店が少ないこと。
大概「今あるけど、明日はわからない」なんですもの。
でも、逆にそれもスリリングで宝探しみたいで楽しい!
さぁ、明日から東京のお稽古です。そして来週は宝の森の上海へ。

気温が安定しなくて風邪をひきそうだけど、殻付きアーモンドでビタミン補給をして頑張りましょ!

*7/10(火)虹橋公寓と7/11(水)東櫻花苑でのレッスンはまだ少し空きがあります。
材料の準備の関係でそろそろ締め切る予定なので、レッスンへのご参加をご検討中の方は是非早めにご連絡下さいね。お待ちしています。
hirokoibuki@mac.com

| | コメント (0)

6月の東京で

今日はもう25日。6月もそろそろ過ぎようとしているのですね。
June1

今月はずっと東京に居るので何だかのんびり。
東京や上海のお稽古の準備や仕事のことを考えながらカレンダーとにらめっこをして、時間がある日にはせっせと展覧会へ行ったりしています。

先日はエルミタージュ美術館展を国立新美術館で見てきました。何年か前にサンクトペテルブルグへ行った時に見ているのに何故だか余り記憶にないので、きちんともう一度という感じ。
いろいろな年代の絵画がぎゅっと一度に見られるからそれなりに面白いけれど、何度も戻ってもう一度見たいと思う絵には巡り会えずじまいでした。

そして、先週末は大好きな山種美術館へ福田平八郎を見に行ってきました。
June2
「生誕120年 福田平八郎と日本画モダン」と題したこの展覧会では「漣(さざなみ)」と「雨」が前期・後期に分けられて展示されています。

山種美術館にも福田平八郎の作品はたくさん所蔵されているけれど、普段は見ることの出来ないこの2点が他の作品と共に見られるのは貴重な機会ですもの、見逃す訳にはいきません。

この何年か日本画が好きになって、特に福田平八郎のグラフィカルでモダンな構図や色は心にぴたっと嵌る感じがします。
そして、この頃奥村土牛も好きになりました。今回は86歳の時の作品「北山杉」に心をとっても惹かれ、じっと見入ってしまいました。
日本画の青緑と白が好きな私は、この日も1枚1枚の絵をじっくりと眺めました。祖母はずっと日本画を習っていたけれど、あのお道具はいったいどこへいってしまったのでしょう。私もいつか日本画習ってみたいな。。。

June3

そして、今日は六本木のミッドタウンのサントリー美術館へ「沖縄復帰40周年記念 紅型 琉球王朝のいろとかたち」展を見に行ってきました。

母が以前ちょこっと紅型を習っていた時に、細かい図柄の型紙を切るのを手伝ったことがある私は素晴らしいコレクションの数々に興味津々!
琉球国王家に伝わる18世紀頃の衣装や名古屋の松坂屋コレクションからの名品達はとってもきれいでした。

沖縄の強い光に負けない色使い、燕や花などの自由な図柄、地味な印象の絣とその裏地に使われた鮮やかな色の紅型、同じ型紙を使った色違いのものなどそれぞれ見応えがあり、実際に沖縄の自然の中でその色を見てみたいと強く思いました。

そして、丁度今私が考えている青海波の模様のニットのような紅型があってちょっとドキドキ!

今月はその他にも上野の動物園へ行った帰りにお寿司を食べたり、友人とベルギービールを飲みに行ったり、六本木の隠れ家食堂でご飯を食べたりと、東京での生活を満喫しています。
さぁ、明日はいつも澄んだ目で遠くを見ている大好きなS女史と久しぶりに銀座で待ち合わせです。
楽しみ!

福田平八郎と日本画モダン 〜2012.7.22(日)
山種美術館 月曜日休館

紅型 琉球王朝のいろとかたち 〜2012.7.22(日)
サントリー美術館 火曜日休館

| | コメント (0)

もう一度

さて、一昨日来月の上海のお稽古のお知らせをしたら、あっという間にキットがなくなりそうだったので慌てて材料を探しに出かけました。

でも、この生地は今年はエリザベス女王の戴冠60周年とオリンピックで賑わっているイギリスのもの。国中大騒ぎの中、遠い海を渡ってお店にちゃんと並んでいるかしら、とドキドキ。
Sh1_141555_2

新しい在庫は:No.1 x 1個, No.2 x 3個, No.3 x 3個、 No.4 x 1個, No.5 x 2個, No.6, 7在庫なし、No.8 x 2個, No.9 x 2個, No.10在庫なし、No.11(ストライプの布のキットx1個),No.12 x 3個(6/22)

No. は一番上の段の左の紫のサンダルがNo1,そして右へ向って2,3,4。2段目左のバレエシューズがNo5、3段目の右端のベージュのサンダルがNo.12です。

Sh3

これは同じ靴のモチーフを使って作ったもの。(参考作品です)

今回もこんなふうに靴の回りを切り取ってアップリケするので、上の写真で見るとピンクの印象が強いけれど、実際は前回のブログの作品の写真のようにベージュの布にそれぞれの靴が乗った感じをイメージしてくださいね。

7/6,7,9日のアトリエでのレッスンは満員になりました。
7/10(火)の虹橋公寓(4名)、7/11(水)浦東の東櫻花苑(6名)空きがあります。

かぎ針のモチーフ付きハンカチの方をお申し込みの方は、どうぞ縁の色を黄色/青/緑から選んでご連絡下さいね。

上海は今、端午節のお休みですね。
日本も上海も梅雨らしく雨の毎日ですけれど、うれしそうにしている紫陽花やかたつむりを見て楽しみましょ。

取り急ぎ上海のお稽古の在庫&空席状況のお知らせでした。

東京のお稽古!来月は待ちに待ったHearts & Arrowsのバッグですね!そして、ニッティングクラスの編地も昨日とっても素敵なのが出来ました。:)お楽しみに〜!


| | コメント (0)

7月の予定 in 上海!

さて、思ったよりも大型で、昨日の夜はお家が吹き飛ばされちゃうかと思った台風4号もどうやらもうすぐ日本列島を通過しそうです。

今朝はまだ風が強くて、そして雲は多いけれど青空で、まるで島の朝のようでした。
ハワイとか小笠原とか沖縄とか...島の空気〜!!!

さて、7月の上海のレッスンの予定が決まりました。:)
作るのは、ソーイングがイギリスのカーテンを切り取って作るシューバッグ、そして編物はかぎ針のモティーフのついたお洒落な夏のハンカチです。


Sh3
女の子のお友達とご飯を食べに行くと、皆がさりげなく取り出すのはハンカチ。
布のナフキンがあるようなお店ではなく、もう少し簡単なお店やお茶の時にお洋服を汚さないようにという配慮からですけれど、女性が口元をささっとハンカチで押さえる仕草ってかわいい。

そして、私はそんな時にお友達のハンカチがとっても気になります。
大人なんですもの、ハンカチにきちんと気を配りたいもの。そして、それは一昼夜で身に付くことでもないし。。。
夏は暑いからハンカチがいつも2枚は必要でしょ。
ハードユースなものと、こんなふうに見せるハンカチと。

このハンカチは回りのカラフルなレースは既についていて、作るのはかぎ針の花達だけ。しかも、この花の作り方を覚えてしまえば、ちょこちょこ色々なものを作って遊べます。楽しくてかわいい!

そして、バスケットや大きなトートバッグを持ってのお出かけが多いこの時期に重宝するのがこれ。
Sh2

ロンドンのインテリアショップで見つけたかわいい子供部屋用のカーテン地を幸運にも東京でも見つけることができたので、今回はこんなシューバッグを!
シューバッグ、と言っても靴を入れる訳ではありません。

夏に便利な大きなバスケットやトートバッグって、ついボンボン物を入れて中はごちゃごちゃになりがちです。
そんな時に、こんなお洒落な布のバッグがあると大助かり!
細かなものを入れてバッグの中はすっきりだし、使う時に取り出せばみんなが「わぁ、かわいい!」と一石二鳥!


Sh1
シューズはこの12種類。
この中からお好きなものをどうぞ。
綿麻の布にアップリケしてその上に刺繍をしたりビーズを縫い付けて、シンプルなモティーフをドレスアップさせましょう。
モティーフは1つしかないものもあったり5つあるのもあるので、お申し込みの時にご希望のシューズを指定して下さいね。

左上の紫のサンダルから右へ1, 2, 3, 4,そして2段目左から右へ5, 6, 7, 8となり4段目の右下のベージュのサンダルで12です。サンプルのシューバッグは11番のビーチサンダルで作ったもの。

鮮やかなものは少しエキゾティックな印象に、そしてシンプルなものは軽やかでお洒落な雰囲気にと、ひとつひとつのデザインに合わせて刺繍糸(DMC)、ビーズ、カラーストーン、テープ、リボンなどを選びました。

さて、レッスンの詳細です。
今回は私の老房子からスタート。
*准海中路のアトリエ:7/6(金)、7/7(土),7/9(月)(アトリエクラスは全て満席になりました)10:00-12:00 (各クラス4名)
*虹橋公寓 7/10 (火)10:00-12:00 22階 ルームB
*東櫻花苑(浦東)7/11(水)9:30-11:30 カルチャールーム (各クラス10名くらい)

*かぎ針のモティーフのハンカチ 250元 持ちもの:4号鉤針、糸切りはさみ、縫い針
(ハンカチはコットン、糸はパピー社のもの。)
*アップリケのシューバッグ   280元 持ちもの:お裁縫道具、布用はさみなど
(size: 35cm x 32cm)
*キットの販売もあります。ご相談下さい。

お申し込みとお問い合わせは:
hirokoibuki@mac.com
hirokoibuki@gmail.com
お申し込み後こちらから確認のメールをお送り致します。
1-2日以内に確認のメールが届かない場合は再度お送り頂くようお願いします。
*シューバッグのデザインはお申し込み順での予約になります。ご了承下さい。
*キットの数には限りがあります。お申し込みはどうぞお早めに!
(6/20 No.6,No7とNo.10のキット売り切れになりました)

7月の上海ではパピーさんの秋冬の糸の展示会もあります。
楽しみ!


| | コメント (0)

大人の遠足

先日梅雨の晴れ間に鎌倉へ行ってきました。
鎌倉へ行ったのは本当に久しぶり!

Kamak1
「藤沢から江の電に乗って紫陽花を見に行きましょ。」と出かけたのは良いけれど、江の電は大人の遠足組でまるで通勤電車のような混み具合。
紫陽花を愛でる、というよりは人混みの中を歩く感じだったので、私達はルートを変えて砂浜をぶらぶらすることにしました。

丁度浜辺では海の家を急ピッチで建設中。もう少ししたら賑やかになる由比ケ浜辺りもまだ人影はまばらで、塩の香りの海風が気持ち良くお散歩日和でした。
お腹がすいてきたので路地に入ると目の前に素敵な門構えのお蕎麦やさんが現れました。
「あ、まつばら庵!」もう既にこの日は満席と聞いていたけれど、待っていれば空くということで私達はパティオでビールを飲みながらのんびり。

築70年の日本家屋の手入れされたお庭でJazzを聞きながら頂いたお昼ご飯はとても美味しく、立ち去りがたい感じでしたけれど、「せっかくの遠足ですもの、次へ進みましょ。」と松原庵を後にして鎌倉文学館へ向いました。

Kamak2
素敵。
ここは、加賀百万石藩主前田利家の系譜である旧前田公爵家の別荘で、三島由紀夫の「春の雪」のモデルにもなった洋館です。
今は鎌倉ゆかりの文学者の原稿やお手紙を展示してあり興味津々でした。

こんなふうにステンドグラスの嵌った窓からお庭のバラ園や海が見えてとっても素敵でした。:)

Kamak3_2

長谷の大仏様の近くでこんな「大仏焼き」を発見!

長谷辺りもすごく混んでいたので鎌倉へ出てお散歩。
鎌倉彫のお店を見ながら、祖母がずっと鎌倉彫を習っていたことを思い出したり、自分ではなかなか上手に使えないけれど、田園調布のH家のおばちゃまがいつも素敵に鎌倉彫のお膳を使いこなしていらっしゃる様子を思い出したりしました。

Kamak4

鶴岡八幡宮の源平池の蓮はまだ蕾もついていなかったから、次回は7月末に蓮の花を見に行きましょう。
それとも、やっぱり海へ?
浜辺を歩きながら「海に入りたい〜」「泳ぎたい〜」とうずうずしていた私達ですもの、次回は海水浴へ!

お夕飯に大好物の井上の梅花はんぺんを食べながら、「今日、久しぶりに鎌倉へ行ったの!」「横浜で乗り換えて藤沢へ出て、それから江の電に乗ってね...」とうれしそうに話す私に、家人が「良かったね、楽しかったんだね。」と言ったとさ。とっぴんぱらりのぷう。

井上蒲鉾店 鎌倉市由比ガ浜1-12-7
0467-22-1133

| | コメント (0)

久しぶりに。。。

6月は久しぶりにずっと東京にいるので何だか少しのんびり気分を味わっています。
梅雨入りの季節で曇り空なのも今の私にとっては何だか気持ちが休まる感じ。

そんな中先日蓼科から持ち帰ったルバーブでコンポートを作りました。
Rhub1

Rhubarb?ってなぁに?と思われる方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。
私もイギリスで初めて食べたんですもの。
ルバーブは日本名をショクヨウダイオウと言いビタミンCやカリウム、カルシウムが多い、見た目はちょっと蕗のような野菜です。

昔から軽井沢に行くと宣教師が広めたブルーベリーやビーツやリーク(ポロ葱)が手に入るのが楽しみだったけれど、気候がイギリスと似ている蓼科でもそんな西洋野菜を農協で売っています。
ルバーブはお腹や肌の調子が良くなるって言われているので、お肉を食べることが多い西洋人にはmust!のお野菜なのでしょうね。
しかも、食文化が豊かな日本と違って、お野菜の種類が少ないイギリスでルバーブはみんなの大好物!

私もこんなふうにザクザクっと切って、レモン汁とお砂糖を加えてボールで和えてから少し煮てコンポートを作りました。

Rhub2

ルバーブはすぐ煮崩れちゃうからお鍋から離れず、余熱が入ることを考えて少し早めに火から下ろすことが肝心です。トロトロってやわらかくて、でもまだ少し形が残っている感じ。

この日は寒い夜だったので、ヨーグルトにルバーブをかけるのではなく、ふわふわ温かいルバーブにひんやりとしたヨーグルトを少しだけかけて食べました。
しあわせ!こんなことでイギリスに住んでいた頃のことがわぁっと心の中に広がってきます。
食べものの記憶って素敵!:)

Shoe
そして、今は来月の東京と上海のお稽古の準備中です。

かわいいでしょ。
これはイギリスのカーテンを切り抜いてアップリケをして作る簡単な袋物の材料。東京では以前に作ったので、来月は上海でご紹介する予定です。

来月の上海のお稽古は7/6(金)7(土)9(月)10(火)のいずれかで虹橋公寓と私の老房子、7/11(水)の午前中に浦東の東櫻花苑の予定です。
ソーイングは靴のアップリケの袋物、編物はかぎ針のお花のモチーフをつけたお洒落なハンカチです。
お楽しみに〜!

さぁ、明日は大人の遠足。
てるてる坊主作ろう、っと!

| | コメント (0)

お気に入りの場所

この頃私が誰かに会う度に「ねぇ、大人の蔦屋行った?」と思わず聞いてしまうのが、ここ DAIKANYAMA T-SITEの蔦屋書店です。

行ったことのある人は「あ、あそこ、良いよね!」と全員が口を揃え、そして「つい通っちゃう!」とも。

T1

旧山手通りのリストランテASOの真向かいにあるこの本屋さんはお馴染みのTSUTAYAではなく、蔦屋書店。「本、映画、音楽を通してライフスタイルを提案する」という30年前の創業時の目的をもう一度提案し直したい、ということで店名を「蔦屋書店」としたことも、何だか良い感じです。

営業時間は本屋さんの部分は朝7時から夜の2時まで、2階の映画+音楽のフロアーも朝9時から夜2時までだから基本的にいつでも開いてると思えるところも素敵。だって、本屋さんって思い立った時にすぐ必要なんですもの。

私が行きたくなるのは夜ご飯を終えてちょっと気分転換に外に出たいとき。

T2
1-3号館の売り場には「人文・文学」「ART」「建築」「車」「料理」の分野に分かれ、大手の出版社のものからリトルプレスのものまでが並べられていて楽しい!

参考書や絵本がなくて分野が限られているだけに、ここに遊びに来ている人もファミリーというよりは文系の大人達。
スターバックスのコーヒーを飲みながらお店をうろうろして、気に入った本やCDがあれば座って読んだり視聴したりできるから、私もいつも2時間くらい遊んじゃいます。

それに、私は本屋さんに来ている人たちを見るのも大好き!
「ふぅん、彼女はこういう本に興味があるのね。」「わぁ、私の大好きなあの本、あの人も好きなのね。」「おぉ、彼の横顔カッコイイ!」と各々が本に集中していたり、何かないかな...と本棚を眺めている様子が素敵!

家の本棚を見るとその人がどんな人なのかわかる感じがするでしょう?
本屋さんで選んでいる姿もちょっとそんな気分なの。


Sage

この次は2階のラウンジでワインを飲みながら本を眺めようかしら。それとも小腹が空いたらGardenにあるIVY PLACEでご飯もいいかも。IVY PLACEは大好きなT.Y.HarbourやCICADAの系列のレストランだから、ご飯も期待がもてそうでうれしい。

手芸関係の洋書やPeanuts(Snoopy )の本、旅行のガイドブックを買って帰って、さぁ、読みましょ、と思ったけれど、先にベッドですやすや寝ているSageにつられて私もくぅくぅ。。。

東京も梅雨入りして雨の毎日になりそうだけど、こんな時にはぜひ蔦屋書店へ。
大人の楽しみが待っています。

蔦屋書店 渋谷区猿楽町17-5 tel 03 3770 2525
120台停められる駐車場もあります。:)

| | コメント (0)

梅雨入り前に

先週叔母から「何だかちょっと具合が悪いの。」と珍しく気弱な電話があり、蓼科の山小屋で休んでいる彼女の元へご機嫌伺いに行ってきました。

火曜日の夕方に仕事を終えてから中央道をビュンビュン飛ばして駆けつけたら案外元気そうで一安心。
翌日はお天気が良かったのでふたりでバラクラへ行ってきました。

Bk1

バラクラが出来た時は「うーん、英国式庭園?本当かしら。。。」とロンドン育ちの私は半信半疑で訪ねたけれど、22年たった今は本当に素晴らしいお庭になりました。

この日は平日の遅めの午後だったせいか園内に人はまばらで、叔母とベンチに座ってひんやりとした山の風を感じながらのんびり。
他のビジターの方たちの日本語が聞こえて来なければまるでイギリスに戻ったようで、何だかしみじみと懐かしい気持ちになりました。

Bk2

イギリスの夏の庭を彩るクレマチスとアリウムが満開をむかえ、とってもきれい。
ギボウシの大きな葉っぱの中からすくっと立つアリウムは、まるでアリウムがギボウシの花のようでとても素敵な演出だと思いました。

紫の小さな花がギュウっと集まった花の中心は鮮やかな黄緑色で、自然界の色って本当にきれい。

いくら自然に見えても庭って人間が人工的に作ったもの。バラクラの庭は、花々の色のコントラストや高低差のつけかたなどがとっても素敵で、西洋の庭の計算された美しさにうっとりでした。

園内の植物はいったい何種類あるのかしら。
様々な色と形の花が咲き、色々な形の葉っぱの草や樹々がそんな花達を引き立てていて、私と叔母はひとつひとつの植物に興味津々!何だか少し気落ちしていた叔母も、忙しくて頭がギュウギュウだった私もわくわくしているうちにすっかり元気になりました。
良かった。:)

Bk3

このほんのりピンクのアイスクリームはバラクラ名物の「バラソフト」です。
牧場のアイスクリームみたいな濃厚なヴァニラ味にふんわりバラの香りがして美味しい。

この日は少しだけ早咲きのバラが咲いていたけれど、本格的なバラの季節にはまだ早くてちょっぴり残念でした。
来週からはバラクラフラワーショーが開かれ賑やかな季節の始まりです。
東京では蒸し暑くて育ちにくいバラが、イギリスと気候が似ている蓼科で生き生きと咲く様子を見に行きたいな。。。1年間何度でも遊びに行かれる友の会に入ったから、これからはいつでも中央道をビューン!と走って蓼科の中のイギリスへ。

楽しみ!:)

蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン
第22回バラクラフラワーショー 2012.6.14(木)~6.24(日)

| | コメント (0)

ASOでご飯

昨日は久しぶりに代官山のリストランテASOで家族揃ってのご飯でした。

Aso1

これはASOの名物バター。アミューズ代わりに出される7種類のパンを食べ過ぎたらあとのお食事が入らなくなっちゃう!と解っていても、このバターが食べたくてついパンに手が伸びてしまいます。

1人ずつに用意されるこの3種類のバターは左の少し淡いグリーンなのがオリーブオイルをミックスしたもの、真ん中はスタンダードなバター、そして右の淡いピンクのバターは桜のチップでスモークしたもの。
そして、ふんわりホイップされたバターはふわふわ!「美味しーい!」とスタートからみんなニコニコでした。:)

Aso2
一皿目の冷たいトマトのカペリーニはオレンジの風味が爽やかで美味しい!
そして火の入れ方が抜群でとろとろのフォワグラのソテーに続き、これはホタルいかのスパゲティ。

照明の光を浴びてまるでパスタが波の中に浮かんでいるように見えるガラスのお皿がとっても素敵でした。
しかも、ガラスのお皿なのにきちんと熱い!見た目が涼しそうなのにパスタが冷えないようにお皿は熱くしてある、という意外性にびっくり。

Aso3
上に乗せたイクラをソースにしていただくアイナメのソテーの後にメインは私は熟成させた和牛をチョイス、そして鴨のローストを選んだ母の元に運ばれて来たのはこのかわいいお皿。

「鴨のローストでございます」と真面目なお顔で目の前に置かれた母はきょとんとしています。だって、お皿もサイドディッシュの大きさで、ローストされた鴨は3cmX5cmくらいのミニサイズ!
その後もちろんメインディッシュとしての鴨が運ばれて来たけれど、ASOのシェフのこんなお遊びも楽しいことでした。


Aso4

デザートに選んだアイスクリームは大きな氷の上に乗せられてサービスされました。
氷ってきれい!日本料理で夏に氷を器に見立てることは良くあるけれど、イタリアンで氷の塊がテーブルにあるなんて不思議!でもモダンな感じでカッコイイ。

「よろしかったらアクセントにして召し上がって下さい。」と差し出されたのはこんなきれいな岩塩3種類。お塩の味は....ちょっと微妙だったけれど、遊び心に溢れたプレゼンテーションが楽しい一皿でした。

久しぶりにみんな揃ってのご飯だったこともあり、全員食欲旺盛でチーズやグラッパまで頂き満足、満足のディナーでした。

でも....私はお腹がいっぱい過ぎて眠れず胃腸薬を飲む始末 *_* 。。。今日はプチ断食しなくちゃね。


リストランテASO 渋谷区猿楽町29-3  03-3770-3690

| | コメント (0)

6月になりました

Grn
先日、ぽっかりと時間が空いた夕方にお散歩へ出かけてきました。
家からお散歩に出る時は、1.玄関を出て右へ、そして遊歩道を通って自由が丘へ、もしくは、2.玄関から左へ出て等々力渓谷へ、の2つのルート。
この日は余り時間がなかったし、自然の中へ行きたくて等々力渓谷へ行きました。

この頃週末は人が多い等々力渓谷も、この日は平日の夕方だったせいか人もまばらで静かでとっても気持ち良く、歩きながらふと上を見上げたら、こんなふうに樹々の葉っぱが重なり合ってグリーンのレースのようでした。
きれい。

Ajisai
もうすぐ梅雨入りしそうな気配の中、紫陽花が色づき始めていました。

以前中国人の友人が「中国には紫陽花がないの。日本には紫陽花が沢山あって6月頃に満開になるんでしょ?さぞやきれいでしょうね。」と言っていたのを思い出しました。

紫陽花って土の養分の案配で花の色が変わったり、こんなふうに毎日少しずつ色が変わってゆくのが日本人好みなのかもしれませんね。移ろう感じ。。。

Ajisai3

これは、そんな紫陽花をイメージしたブレスレットとリングです。
パリで見つけた瀬戸物やガラスのパーツをビーズやリボンと合わせて作ってみました。
何年か前に作ったものだけど、今でも1年のうちで今の時期だけ大切に身につけています。

6月は上海へ行かないので、日本での仕事にじっくり取り組んだり、友人達とご飯を食べたり映画に行ったり、愛猫Sageとゆっくり過ごしましょう。

梅雨に入ったら、茂った青葉に雨が降って緑が一層濃くなったり、庭の草達が一雨毎にぐんぐん伸びる様子を感じながら毎日を過ごす事ができそう。何だか静かにうれしい感じです。

今日は楽しみにしているロマネスクのライブです。
頭をポカンとさせて自分を解放して、あのロマネスクの世界に嵌って思い切り笑っちゃお。
彼らのライブに行くと「こんなに笑っちゃって大丈夫?」というくらい大笑いしちゃうけれど、帰り道は気分はスッキリ!元気いっぱいになっています。笑うって大事!

さぁ、着替えて渋谷へ!

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »