« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

Delta!

ロンドンから戻りぎゅっと集中して仕事をし、簡単に家のお掃除をしてからトランクの中身をセーターからリゾートウェアに詰め替えてオアフ島へ来ました。

いつもはJAL便なのに、今回は例年の1.5倍の競争率で予約が取れずしぶしぶデルタ便に乗りました。
Delta1 旅行社の担当者にも「このDelta便はおススメですよ。何と言ってもシートがフルフラットですから」と言われて楽しみにしていたけれど、うん!このシートすごく楽!!!
ひとりずつ完全に席が分かれているので隣の母とも会話は出来ない感じだけど、一人旅っぽくのんびりできて良かったかも。
シートに用意されているのはこんな羽まくらと薄いドゥーベ。
そして、ボタンを押すとウィーンとシートが伸びてゆき席の奥の小さなフットレストと繋がる感じでフルフラット(完全に平な状態)になりました。うーん、これは素敵!
JALのハワイ便は機材が古いから成る程このDeltaのシートのほうが俄然気持ちが良い。
Delta2 お食事はJALに軍配が上がる感じだったけど、シャンパン+鶏の治部煮をこんなふうに個室に居るような感覚でタッチパネルの大きな画面を好きに操作しながらご飯を食べられるのも楽しいことでした。
そしてこのあとはぐっすり。。。Zzzzzz....
いつものこの年末+お正月の家族旅行では私はツアコン+通訳+時々運転手です。
でも、この何日かが1年の内で唯一母とずっと一緒に過ごす時なので、普段忙しくて時には機嫌の悪かったりする私の罪滅ぼし+感謝の日々でもあります。
今年も母は「ヘリコプターに乗りたい」「乗馬に行きましょ」「カヤックはどうする?」とアクティブな提案満載です。
70代半ばになりながらもこうして元気に毎日をエンジョイしている母を、いつもは「暇でいいなぁ」と思ったりもしているけれど、どれだけ毎日を楽しめるかはひとりひとりの心構え!私も見習わなくちゃね。
Delta3jpg 機内から窓の外を見ると雲の上はこうしていつも晴れています。
全て物事は考えよう。「ケ•セラ•セラ」(なるようになるさ)がモットーの母を見習って来年も元気に過ごそう、っと思った年末でした。
でも、実はちょっと熱っぽい。。。青空+ビーチを見て気持ちがゆるんだのでしょう。少し身体を休めなさいということなのね。
さぁ、今日から波の音に耳を澄ませながら家族孝行をしましょう。
今年も1年間ブログを見て下さってありがとうございました。
そして、東京で上海でお教室に参加して下さったみなさま、ありがとうございます。
来年もうれしくて楽しい毎日になりますように!
Wishing you all the best, always!  from Ko Olina, Oahu.

| | コメント (2)

Covent Gardenの一日

Londonに着いたらまずしなくちゃいけないのはOyster card(Suicaのような交通カードのこと)をtop up(金額を足すこと)して毎日自由にどこへでも出かけられるようにすること。イギリスは前から交通費が高いけれど毎日あちこちへ出かけるためには滞在期間分の乗り放題のカードにしておけば安心してどこへでも足を伸ばせます。

そしてこの日に向かったのはCovent Garden.
Coventgdn1 コベントガーデンのApple Marketでは毎日いろいろな市が開かれているけれど、この日は土曜日だったのでクラフトマーケットでした。
観光客向けの露天ばかりでちょっと素通りしたくなりそうな中にこんな目を引くクラッチバッグのお店がありました。
カラフルな革のクラッチバッグとレーザーでカットしたアクリルのモチーフの組み合わせがかわいい!散々迷った末、私はフューシャピンクのバッグ+黒猫、友人はパープルのスエード+黒猫を購入。モチーフ部分はバッグのスリットにはめこんであるだけなので付け替えることもできるから他にもいろいろ楽しめそうです。
Heidi Sturgess: www.heidisturgess.com
そして、その後私たちがわくわくしながら向かったのはRoyal Opera House.
Coventgdn2
この日は楽しみにしていたバレエの日。特に私はロマンティックバレエのRoyal Balletが大好き!滞在中にRodolfoをRolando Villazonを、そしてMimiをMaija KOvalevskaが演じるという最高のLa Bohemeがあったけれど、オペラよりもバレエをとこの演目を選びました。
演目はクリスマスの時期なのでハイライトを集めた[Three classics]と題した3つの短いお話。ストラヴィンスキーの[The Firebird](火の鳥)は童話仕立てでかわいくてにっこり、ショパンのノクターンに3つのロマンティックなパ•ド•ドゥが素敵な[In the Noght]にうっとり、ヌレエフの振り付けの[Raimonda Act3]はとっても華やかでした。ライモンダにはパドカトル役で蔵 健太さんが出演していたので心の中でエールを送りながら楽しみました。英国で日本人が活躍してるのを見るとやっぱり応援したくなります。:)
Coventgdn3 そしてRoyal Opera Houseでの楽しみは舞台の上だけではなく、こんなかわいいミニチュアの衣装のウィンドゥを覗いたり、幕間にシャンパンバーでワイン&スモークサーモンサンドイッチをつまみながらみんなのドレスウォッチングをしたり。。。
2012/13のシーズンは始まったばかりなので、これからもバレエは私が一番好きなFrederick Ashton振り付けのMixed Programme, Onegin, コンテンポラリーダンスなど素敵な演目が並び、オペラもLaBoheme, Tosca, Nabuccoに加え新しい試みもあるようで楽しみ!
そして、それぞれの演目の練習風景や舞台裏を見られたりスタッフの講演があったりと常に盛りだくさんの企画が用意されているところも魅力的です。
時々公演を観に行くだけではなく、[Support the arts that you love]自分の好きなことを応援することも大切。そうそう、この前新しい歌舞伎座の演目が届いていたっけ。来年の4月の予定を決めなくちゃね。
さぁ、明日は飛行機に乗って今度は南の島へ。
その前に1月の仕事の準備をしなくちゃ。きっと私は南の島の椰子の木の木陰でせっせと編物をしているはずです。
えーっと、何を持って行かなくちゃかしら、水着とパレオと帽子と編針と....。:)
Have a wonderful holiday~!!!

| | コメント (0)

Love from London!

A Very Merry Christmas from LONDON!

Yadorigi クリスマスおめでとうございます。♡
Londonではまだ12月23日の夜の今、日本ではもう24日の朝ですね。
そして私はあと何時間かでHeathrow空港へ向かい東京へ戻ります。
何も大きなお買物はしなかったのに少しずつ増えたものをひとつずつトランクに詰めながら、「あぁ、やっぱりロンドンは楽しい。次は来年の夏頃に来たいな...」と私は頭の中で来年のアジェンダを思い浮かべています。
どうやら今年のクリスマスイヴは機内でBritish Airwaysのかわいいスチュワードと逞しいスチュワーデスの皆さんと過ごすことになりそう。またトマトジュースを頼んだら[A slice of lemon and a bit of Lea & Perrins, dear?]と聞いてくれるかしら? Ha ha~!
そして25日の早朝(4:55!!!!)に羽田に着いたら、一度家へ戻り10時のミサへあずかる予定です。ロンドンに慣れて昔の勘を取り戻した頃に東京へ戻るのは何だか少し残念だけど、東京へ戻り家族とクリスマス当日を過ごせることも楽しみ。:)
Parliament SO long, London. Hope to be back again soon~!

| | コメント (0)

Christmas Shopping!

いよいよクリスマスも目前になりロンドンの街中は慌てて最後の買物をするロンドナーと観光客で大賑わいです。
Shop3_2 そんな中私が毎日せっせと向かうのはアンティークマーケット。
この私の家にもある猫時計が並んでいるのはCamden Passageにあるかわいいお菓子屋さん。我家の猫時計はシルバーだから、このオーソドックスな黒猫や限定バージョンの赤猫にも心を惹かれたけど、新しいものよりもロンドンですもの、ヴィンテージ探しをしなくちゃね、とお店を後にしました。
Shop1
この頃は世界のどこに行ってもメインストリートに並んでいるのは同じようなお店ばかり。。。
渋谷や銀座でも上海でもロンドンでも同じようなハイブランドとファストファションのお店が軒を連ねています。
せっかくLibertyへ行っても家の近くのインテリアショップと似たような品揃えで新しいショックは感じられず、「わぁ!明日からすごく倹約するから、どうしてもこれが欲しいっ!!!!!」と強烈に思うものには巡り会えない感じです。
そういう意味ではV&Aのような博物館やアンティークマーケットが一番楽しい。色々な時代のものがピンからキリまで揃っていて、自分だけのお気に入りを見つけることができるんですもの。
でも、ロンドンへ行ったらやっぱりここへ一度は行かなくちゃね。Green ParkのFortnum & Masonの向かいにあるBurlington Arcade.
以前家族でロンドンに住んでいた頃、父が身の回りのものをここで揃えていたので私も時々一緒に来てカシミアのセーターや刺繍のしてあるベルベットの室内履きを買ってもらった思い出の場所です。
大人になった今、自分でここで買いたいものは余りないかも?って思っていたけれど、いえいえありました。

Shop2

Lulu Guinessの真っ赤なトランクやこの007バージョンのGlobe Trotter!
せっかく旅行でロンドンに来てるんですもの、免税でお買物できるチャンスです。どの大きさにしようかな、やっぱり10日くらいの旅行に持てるサイズよね、15%オフになるから.....とグルグル考えながら、「いえいえ、このトランクを買うよりも、また来年ロンドンにくる方が良いかも!」と思いました。
そう、Burlington ArcadeやLibertyにはロンドンならではの素敵なものが並んでいるけれど、私のロンドンでの楽しみはやっぱりマーケット巡りなのでした。
地球のどこでも買えるものではなく、私が自分の足で出かけ、手で探し、目で選んだものが大切です。
さぁ、今日はクリスマスらしく華やかなハイライトシーンばかりを上演するバレエをRoyal Opera Houseへ観に行きます。
久しぶりのロイヤルバレエ、楽しみ〜!:)

| | コメント (0)

I am a member of...

いつも「ロンドンへ行きたい」と思う時に心の中に浮かぶのはここ、Victoria & Albert Museum.

世界最大のアートとデザインの博物館というだけあってV&Aには世界中の人間が作りだしてきたものを一同に見ることができます。
Va2 そして、今開かれているのは[Ballgowns British glamour since 1950]と[Hollywood Costume]両方とも事前にチケットの予約が必要だけど、私は今回V&Aのメンバーになったので会員カードを見せてスイスイでした。:)
ボールガウンというのはお抱えデザイナーとそのクライアントとの信頼で作られた世界でただ1着の舞踏会用のイヴニングドレスです。クライアントの魅力を引き出す彼女のためだけにデザインされたドレスなのはもちろんのこと、クライアントの立場やそのドレスを着るのはどんな場所でどんな人たちが招待されているのかなどを考慮して作られた美しいドレスはとても興味深く、イギリスの社交界を垣間見ることが出来た素晴らしい展示でした。
そしてその後向かったのは楽しみにしていた100着以上ものハリウッドの映画の衣装が見られる[HOLLYWOOD COSTUME]展。
目玉はハリウッドの映画産業の全てを表すという[Wizard of OZ](オズの魔法使い)でドロシーが履いていたルビィの靴!
会場の入り口では衣装デザイナーの役割が一着ずつの衣装と共に解りやすく説明されていて、それから徐々に「風と共に去りぬ」のスカーレット•オハラ(ヴィヴィアン•リー)のドレスや「モダンタイムス」のチャップリンのスーツように、往年の名画の衣装がずらりと並び、インディアナジョーンズやキャプテンジャックスパロゥ、007にロッキー、ブルースブラザースやダースベイダー、「あれはあるかしら?」と思った映画のキャラクターが全て勢揃いしています。
そして、大好きなDaniel Day-Lewisやオードリィ•ヘップバーンの「ティファニィで朝食を」のジバンシーのドレスやマリリン•モンローの「7年目の浮気」のあのドレスも目の前で見ることができて感激!衣装を着たボディの上にはその映画の時のそれぞれの俳優の顔が画面に写されていて、まるで本人がいるみたいでドキドキ!
展示方法が素晴らしいので会場全体が映画の世界に引き込まれてワクワクドキドキしていてみんな笑顔なのが印象的でした。
Va1 そして、せっかくメンバーになったんですもの、Member's Roomへ行きましょ、と3階のGlass Galleryの奥に隠されたメンバー用のサロンへ行きました。
V&Aはとっても広いので観光で訪れると大概1階のメインの展示しか見ないことが多いけれど、3階にはきれいなガラスや素敵な宝石を展示してあるのでマップをよく見て興味のある展示を見るのが大切。
ほとんど誰もいない展示室を通り鏡のドアを押すと、こんな静かなティルームが現れました。
下はガヤガヤしてるけど、ここは数人のメンバーが小さな声で話しているだけなので静か。。。興奮した心と疲れた足を休めるのにはうってつけの場所でした。
Va3 そしてV&AのあとはSouth Kensington辺りを回ろうと思っていたのに、どうやら5時間もV&Aにいたらしく外へ出たらもう真っ暗でした。
conranへ向かう路地でこんなかわいい家具に遭遇。ロンドンっぽい!
せっかくconranやHarrod'sへ行ったのに世界中の美しいものが集まったV&Aへ行った後では何を見ても「ふぅん...」と心が動かされず素通りして帰ってきました。
せっかくV&Aのメンバーになったんですもの、帰るまでにもう一度行こうかな。ポケットの中に世界中のアートとデザインへのフリーパスがある、というのは何だかとっても贅沢な気持ちです。素敵な自分へのクリスマスプレゼントになりました。
[HOLLYWOOD COSTUME]のように特別展示にはチケットが必要だけど、常設展は基本的にはフリーです。「£3(¥450)を寄付して下さい」と書いてあるけれど入れてる人が少ないのは悲しいこと。だから今回メンバーになって、日本に住んでいて実際に行かれる機会は思いっきり少なくてもV&Aの活動を少しでもサポートし、そして私もV&Aと繋がっていることが心の中で支えになると思えるのはなんだかうれしい。
そして来年の3月からは[David Bowie is]が始まります!きゃぁ!!
今回のハリウッドコスチューム展は準備に5年を要したと言うけれど、既に前評判の高いDavid Bowie展です。どんな内容になるのでしょう。楽しみ〜!:)
THE MUST-SEE EXHIBITION
HOLLYWOOD COSTUME   ~27th January 2013

| | コメント (2)

UKらしいこと

日曜日からロンドンへ来ています。

以前は国外への旅行の時はその行き先の国のエアラインに乗り、機内でいち早くその国の雰囲気を感じることが好きだったのに、この頃はすっかり至れり尽くせりのサービスが欲しくて日系のエアラインばかりを選んで乗るようになっていました。
Ba1 しかし今回はBA, ブリティッシュエアウェイズです。そして、機内への入り口で「オハヨウゴザイマス」と私を迎えてくれたのはかわいいgents達。
そして朝ご飯はこんなふうに早速グリルドマッシュルームとグリルドトマトとスクランブルドエッグスでした。ソーセージやベーコンが日本製だから完璧なイングリッシュブレックファーストには少し迫力が欠けるけど、お紅茶は流石に美味しくて「あぁイギリス」と思いました。
Ba2 そして機内で心の中でクスクス笑いながら「イギリスですものね」と思っていたことがもうひとつ。
それはフライトアテンダントの方達が女性達は体格が大きくて逞しく男性達がかわいらしいこと。
彼らが「Duty Free  Shoppingはいかが?」と笑顔でカートを押して来た時に私がルル•ギネスの唇型のエコバッグを買ったら「これホント軽くて便利よ〜。あなた良いチョイスをしたわね!」とにっこりしながら手渡してくれました。Ha~ha~!
日系のエアラインでスチュワードを見かけることはないけれど、ブリティッシュエアウェイズはスチュワーデスが2名で何とスチュワードは6名でした。しかも全員かわいいgentsばかりでイギリスらしさを体現していて、久しぶりに私も「向かっている国のエアラインに乗ることは正解ね」と思いました。
Rmail そして今朝も快晴だったので(イギリスの冬としては珍しい!)早速街へ繰り出すことにしました。
駅へ向かって歩いていたら郵便屋さんと会いました。晴れてはいるけれど、みんながモコモコに着込んでいる寒さなのに郵便屋さんは何と半袖のYシャツできびきびと歩きながら一軒一軒へ郵便を配達していました。
そして目を丸くして立ちすくんでいる私に「いい天気ですね!」とにこにこ声をかけながらクリスマスカードでいっぱいのカートを押していきました。
このポスト、かわいいでしょ。
赤の色が独特な英国の赤。私が友人に「ちょっと待って、写真撮りたいから」と頼むと、「へぇー、こんなものがかわいいの???」と怪訝そうでした。
そう、私にとっては空の青とポストの赤と芝生のグリーン+朝の冷たい爽やかな空気が「かわいい」んです。
この後、駅で1週間使える交通カードを買った時も駅員さんが「君には特別なOyster cardを用意するね!」とユーモアたっぷりに説明をしてくれたし、やっぱりUKってかわいくて楽しい!
さてさて、明日はどんなことが待っているでしょう。寒いけれど「うれしい毎日」です。:)

| | コメント (0)

3年ぶりの...

今日は朝からどんよりグレーの雲。もう今にも雨になりそうですね。それに寒い!
Mori_2
鈴木慶一の名曲「塀の上で」の歌詞で「羽田から飛行機でロンドンへ」というフレーズがあるけれど私も明日の今頃はもうロンドンへの機中です。このちょっと暗い感じの歌詞はこの曲が作られた'70年代に羽田から全ての国際便が飛んでいた頃のおはなし。今の明るくて近代的な羽田空港からは生まれない歌詞かも。。。
私が普段乗る羽田からの上海便は午前中や午後の早い時間だからいつもの生活のままだけど、明日のBritish Airwaysは何と06:25発です!ということは、5時頃には羽田に着いてなくちゃ。どうしましょ。きっと道はガラガラだから家を出るのは4:30???しかも今日の夕方までのお稽古が終わってからパッキングです。間に合うかしら。。。そして目覚ましは3つね!
Queen ロンドンへ行くのは3年ぶり!
みんなに「行ったら何をするの?」と聞かれるけれど、多分何も....nothing special. 昔住んでいた頃のように曜日ごとにアンティークマーケットへ行ったり手芸屋さん巡りをしたり。。。
バレエかオペラか劇か何か舞台を見たいけれど、行ってから決めようかなと思ってるし、「コレ!」と決めてるお買物もないし...。
やりたいことは「いつものバスに乗ったり」「いつものお散歩道を歩いたり」「いつものお店でお茶を飲んだり」
世界一好きなVictoria & Albert Museumではゆっくり過ごせるようにたっぷり時間をとって、コスチュームや陶器、ジュエリーを見て、それから来年は楽しみにしてるDavid Bowie展もあるからメンバーになろうかしら、と考えています。
それに何もプランしなくてもきっと街中クリスマスデコレーションで飾られているだろうし、趣向を凝らしたウィンドゥを見るのも楽しみ! わぁ、何だかとっても楽しみになってきました。早くパッキングしましょ。
(Queen's photograph by Mario Testino ) 
これは、パピー上海のショールームの羊毛を使ってセーターに羊毛刺繍をしてるところ。Dot プレーンなセーターもこんな一工夫を加えることで自分だけのお気に入りの一枚になります。
きっとロンドンはそんな簡単でかわいいアイディアで溢れているはず。
きっとすごーーーーく寒いけれど、いろいろ歩き回ってイギリスらしいユーモアいっぱいの楽しい生活のエッセンスを探してきますね。
でも、いつもヒースロゥに降り立つと「あぁ、帰って来た」とのんびりしちゃうし、泊まるのも私のナニーのような友人の家です。ずっと彼女の家で猫とのんびりしてるかも。それもたまにはいいでしょ。
では行ってきます!
次回はロンドンから。(I hope...)
どうぞお楽しみに〜!

| | コメント (0)

銀杏並木

Ginko_2 この頃東京はすごく寒いけれど、毎日初冬らしい真っ青な空が広がっています。

そんな青に黄色い銀杏が映えてとってもきれい。
先日上海の友人とフランス租界のプラタナスの葉がひらりひらりと舞う中を歩きながら「Hiroko, Tokyoも紅葉してるの?」と聞かれて、「うん、してると思う」と答えながら私の頭の中に浮かんだのは神宮や白金、駒沢公園辺りの銀杏並木のことでした。
そして今、銀杏の葉っぱを見ながら思うのは角切銀杏が屋号の中村勘三郎さんのこと。ホントに寂しい...。
週末からUKへ行くので、今日はその前に叔母に1年のご挨拶をしに白金へ行き、その後も一日バタバタ。そして、夕方に「そうだ!久しぶりにロールキャベツを作りましょ」と思い立ち、せっせと大きな葉っぱを茹でてベーコンを敷いてミンチをくるくると巻いてキャセロールに入れました。仕上げにはトリュフオイルをたらり。丁寧に面取りをしたつやつやのニンジンのグラッセやローストポテトも作り美味しいご飯でした。
Vino
そんな時のお供はアルバ産のワインを。先日EATALYでDolcetto d'AlbaやGAVIを何本も買い込んだので、夕方のお楽しみはお夕飯のメニューを考えながら何を開けようかしら?と考えること。
自由が丘にミニイータリーが出来てから代官山まで行かなくてもピエモンテの食材が簡単に手に入るようになったので、上海から戻るとついつい買い込んでしまいます。
上海では簡単なお料理しか作らないせいか、東京へ戻り食材を目の前にすると、自分が好きなその季節の材料を自分の手で料理し好きな器で食べたい、という欲求がわわわーっと湧いてきます。と言っても時間がなくて簡単なものばかりだけど、それでも自分の体調に合った味付けのものを食べられるのはしあわせ。:)
Cable そして今年嵌まっているのは縄編み。カラーアランが編みたくて、今せっせとプルオーバーとネックウォーマー(4枚目!)を編んでいます。
目を編地の手前にしたり奥にしたりすることで出来上がる縄編みの立体感が楽しい。
細い糸で編めば繊細な精緻模様に、そしてもちろん太い糸で編めばダイナミックなうねりが生まれるのが縄編みの醍醐味! 編んでいるとやめられなくなってつい夜更かししちゃうけど、とっても楽しいので「まだ縄編み編んだことない」という方はこの冬是非!
そうそう、明日Keitoでのワークショップも縄編みのネックウォーマーです。
Keitoではみなさんにご自分の好きな色を選んで頂くので、同じデザインでも違う雰囲気になるのが面白くて、私もいつも楽しみにしています。明日は何だか取材も入るとか。。。ドキドキ!
さぁ、土曜日までに[To do]のリストを全てクリアできるかしら。
まず明日の用意をしなくちゃね。さてさて、サンプルとボタンと縄編み針と....忘れずに来月の見本も持って行かなくちゃ。楽しみ!

| | コメント (0)

東京での週末

今年最後の上海でのお稽古と仕事を無事に終え週末に東京へ戻りました。

Sage 家へ戻ったらこんな寂しそうな顔のSageが。。。
必ずいつも「X日に戻るから待っててね」とSage に予定を話してから家を出るけれど、きっと「何処かへ行くのかな」くらいしか解っていないかも。
上海へ行くたびに「何処かへ行っちゃった」「何故帰ってこないんだろう」とSageが思っているとしたら、と考えると心がズキズキ...。
こんな時はただただ単純にSageと言葉が通じたら良いのに、と思います。
Sageを膝にのせて「アパートの中で小型犬を飼ってる人が増えて、上海でも日本みたいにみんな洋服も着せてるの」とか「敷地内のノラ猫達はみんなけっこう太っててまるまるしてるのよ」などと上海の様子を話しました。そしていかに私も上海でSageのことを想っているかも。
そして、昨日のお昼は香港から出張で東京へ戻っていた甥を囲んで家族みんなでグランドセントラル•オイスターバーへ行きました。
Oysters_2各々時間をかけてじっくりとメニューを真剣に見ていたのにオーダーしたのは結局みんな同じ「生ガキ8ピースの盛り合わせ」!お互いのオーダーを聞きながらみんな「やっぱりね」と顔を見合わせました。2, 4, 6ピースとチョイスがあったのに誰ともシェアしないでひとりでガッツリ食べたいと思うのがオイスター好きな私の家族っぽい。Ha ha~!
アメリカやオーストラリアや日本の生ガキは少しずつ感じが違ってそれぞれ美味しくて楽しい1皿でした。
そして、夜は友人と映画を見に六本木へ。
Oreo チョイスしたのはもちろん新しいJames Bond! 世界を救うために彼が何をしているか見なくちゃね!21:55~という遅いスタートだったのにTOHOシネマは満席でした。早めに予約しておいて良かった。:)
映画が終わって小腹が空いていた私たちは何か少し食べようということになり六本木ヒルズの向かいのOsteriaへ。
流石にお昼に8ピースもオイスターを食べていたので、お夜食は北海道と長崎のオイスターをひとつずつ+ワイン。
1日中仕事をしなかったのは久しぶり!楽しい1日でした。
今朝庭へ出たらいろいろな葉っぱが色づいていました。あまりきれいなので冬季限定バージョンのOREOと一緒にパチリ。それからお紅茶をポットにたっぷりいれて留守の間の新聞を読み、自分の家でのゆっくりした時間に心がゆるゆる。。。
久しぶりに家族みんなでご飯を食べたり、ちょっとだけ夜遊びをしたり、楽しい東京での週末でした。:)
さぁ、明日からは頭を切り替えて東京での仕事です。今週は東京のお稽古、Keitoでのワークショップ、打ち合わせなど毎日大忙し!
そして週末にはまた飛行機に乗る予定です。今度は上海ではなくもう少し遠くへ。
その前にインフルエンザの予防接種もしなくちゃだし、サンプルを作らなくちゃいけないものの長いリストもあります。もう2012年の終わりまであと少し。頑張ろう、っと!:)♡

| | コメント (0)

新しい Puppy 上海

昨日12月5日に新しいPuppyが上海に生まれました。

Puppy1_2 地下鉄3,4,9号線、そしてたくさんのバスの路線が交差する便利な宜山路にあるオフィスビルの10階でエレベーターを降りるとこんなエントランスがみなさまをお迎えしています。
前のお店のウッディな雰囲気とはガラリと変わり、今回は白い部屋の中に毛糸が浮いているように見えるアクリルの棚で構成された透明感のある空間です。
お店に入るととにかくカラフル。たくさんの色にわぁっと囲まれてうれしく楽しくなる感じ!
そして、昨日ショールームへいらして下さった生徒さんから「白い壁にカラフルな毛糸がすごくきれいで全部欲しくなりました」と早速嬉しいコメントが届きました。:)
Puppy2_2 そして昨日はオープニングイベントとして寒い上海の冬を楽しく過ごせる暖かくてかわいいマグカバーを編むワークショップを開催しました。
みんなでギュウギュウだったけど、とっても楽しかったですね!ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
少しずつ編み進んで行くうちに色違いのマグカバーが次々に出来上がって来て、自分一人では感じられない楽しさがありました。
クリスマスも近いし、小さな手作りのプレゼントを是非色違いでも編んでみて下さいね。
そして、今回のショールームのオープンに際し、私からO総経理にひとつだけお願いごとをしていました。
それはこれ!Puppy3 パピー上海オリジナル羊毛!
「せっかく材料があり作り手もあるんですもの、みんなに大人気のフェルティングが上海でも気軽に楽しめるように羊毛を作りましょうよ」という私の提案にみなさまが協力して下さって、今回初めてこんなカラフルな羊毛ができました。:)
全18色、10g 8元での販売です。
予め10gにカットされているものを選んでいただいても良いし、「私は大作を作りたい」「クリスマスオーナメントをたくさん作りたい」方は、どうぞ必要なグラム数を仰って下さいね。
両手でも持ちきれないほどの大きな大きな巻きから必要な分だけをお計りしてお分けしています。
いろいろな魅力がいっぱいのPuppyのショールームへ是非お遊びにいらして下さいね。私も今日15時くらいまで居る予定です。
パピー
中山西路2025号 永升大厦 1026室
電話:021 6426 4080
月ー金曜日 10:00-18:00 (今週は土曜日も営業しています)
日本語での問い合わせ: 金英 <jinying@daidoh.com.cn>

| | コメント (0)

上海の週末

12月に入り上海もますます寒くなってナイナイと交わす挨拶も「很冷!」(寒いわね)になりました。そんな週末に私が向かったのは陽澄湖。

Shc
「冬ですもの、上海蟹を食べましょうよ〜」と連呼していたら、O総経理が「では土曜日に」と上海蟹の本場へ連れて行って下さいました。
やっぱり陽澄湖で食べる上海蟹はひときわ美味しい!小雨模様で寒かったけれど、暖かい紹興酒や地鶏のスープで暖まり素敵な土曜日でした。
中国では蟹は身体を冷やす食べものなので必ず他の食材でバランスを取るところが面白い。だから、いつもみんなメニュー選びに四苦八苦です。
中国のお料理を食べに行く時は必ず中国人の方にメニュー選びを任せちゃうけど、みんなオーダーが終わってメニューをテーブルに置くとホッとしています。それほど大仕事なのね!Ha ha~!
そして、日曜日は朝から1週間の疲れをとりにSpaへ行き身体のバランスを直しました。もうすっかり上海市内は冬。
Sh1jpg アパートからスパへ向かう途中の公園もこんな寒々しい風景でした。
スパの後はNoodle Bullで細切りのお野菜がのった胡麻だれ味の麺をランチにしました。そして、ここから仕事モードに切り替えて人民路の手芸市場へ。
春になったら作りたいと思っているバッグの材料を探しているのに考えていたようなものがないわ...と悩みながら材料をいろいろ見ていたら、色を変えればぴったりなな材料があることがわかりウキウキ!
老板達と値段交渉をして無事に材料を手に入れ、良いお買いものに機嫌の良い私は八百屋さんでイチゴをたくさん買って帰ってきました。:)
雨で寒かったけれど良い週末でした。
運転して下さったC君、謝謝〜!
そして、先日は上海美術館へMario Testinoの写真展を見に行ってきました。
Sh3
会場は[ In Your Face]と[British Royal Portraits]と2つのセクションに分かれていて、[In Your Face]はVogueなどのファッション誌で活躍するMario Testinoらしく世界中のセレブリティの写真が並んでいました。
Lady GAGAやKate Moss, 私の好きなグウィネス•パルトロゥやこんな大人っぽいEmma Watsonも。
そして奥にはエリザベス女王やプリンスチャールズなど、英国王室のポートレィトが展示してあり、「あぁ、ダイアナ妃のこの写真は彼が撮ったのね!」と誰もが知っているリラックスしたチャーミングなプリンセスダイアナの写真が何枚も展示されていました。本当に素敵でかわいくて美しいPrincess Diana。
そして、その前に大勢の中国人女性達が立ち止まって長いこと静かに眺めている姿がとても印象的でした。
さぁ、今日から12月5日(水)のパピー上海の新しいショールームのオープンのための準備をしなくっちゃ。5日と6日は私もショールームに居るので、是非暖かいマグカバーを一緒に編みましょ。
マグカバーって意外といいものです。マグを持った時に「熱い」んじゃなくて「暖かい」んですもの。気持ちがほっとして私もお気に入りです。
そして、もしも先日のレッスンで解らないところがあったら是非謎解きがてらお遊びにいらして下さいね。今週末にはもう私は東京に戻りますよ〜

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »