« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

妖精の住むところ

毎年新しいカレンダーを手にする度に「えっと、今年の連休は何日あるのかしら」と真っ先に4月をめくってみるけれど、私はどこか遠くに行く訳でもなく、新しい場所へ旅する訳でもないんです。

今年もいつものように叔母の小さな車に犬を2匹乗せ中央道をブンブン走って蓼科へ。きっと山はとっても寒いからとセーターや暖かいTシャツや厚手のソックスを詰め込んで来たのに、去年の秋に「今度は春ね」と鍵をしめてきた山荘は冷えきっていて寒い、寒い!!! まだ庭には少し雪が残っているし、まずは暖房を一日中つけて家を暖めることから。

そして「混まないうちに行かなくちゃ」と翌朝真っ先に向かったのはバラクラです。まだ花には早いかしら、と思いながらゲートをくぐったら、球根のお花が満開できれい!

Barakura1_2

小さな花が可憐な山桜の足下に鮮やかな黄色や白の水仙が群生していてうっとりする光景でした。まるでシシリー•メアリー•バーカー(Ciely Mary Barker)の「花の妖精」の絵のよう。病弱だった彼女はきっとこんな光景を見ているうちに妖精達が花と遊ぶ様子が浮かんできたのでしょうね。

水仙やムスカリやチューリップやスノゥドロップの間にいろいろな色のパンジーを植え分けてあるのは東京の小さな庭に応用できそうでした。楽しみ!:)

バラクラは入園料を取っている訳だからもちろんものすごい量の植物を植えてあるけれど、やっぱりクリスマスローズが何百も花を咲かせその周りに小さな水仙やいろいろな野の花が地面が見えないほど植わっているのは圧巻です。すごく素敵!そしてイギリスらしいと感じるのは植物のコンビネーションだったり、雑然と植えられているようでもまるでミレィの絵を見ているような草花が自分の目の前に咲いていること。生まれた時から自然に見て来た光景と勉強して獲得したセンス、というのは全く違うものだから、バラクラでも英国人スタッフがコォディネイトしてるのではないかしら、と感じました。

Barakura2

私は東京から抱えて来た問題があって頭がいっぱいだったのに蓼科の冷たい空気とバラクラの花に頭がすっきり。心に余裕が生まれました。良かった!

こんな山の空気や花達が作品になることもしばしばです。例えば5月のKeitoのワークショップの作品も花をいつも側に感じたいという思いから作りました。

Necklace こんなシンプルなかぎ針のネックレスの裏に蓼科やバラクラがあるの?と思うけれど、かぎ針の花のモチーフをひとつずつ縫い合わせる角度や葉っぱをつけるバランスは多分普段の生活のこんなことから、です。

これからの季節にぴったりなマーガレットのネックレスのワークショップのinfoはこちらから ♡

http://www.keito-shop.com/info/workshop/2013/05/000332.html

| | コメント (0)

ホビーショー& ワークショップ!

さて、火曜日に上海から帰った私は伸びていた髪をすっきりとヴェリーショートにして日本でのお仕事に戻りました。

そして向かったのは東京ビッグサイトで開催中の第37回 日本ホビーショー。
東京と上海を往復しているとなかなか日程が合わなかったり疲れて熱を出したりだったのでホビーショーは久しぶりでワクワク!
いつもお世話になっている手芸関係のみなさまにご挨拶をしたり、「わぁ、お久しぶりです」とうれしい方がたにお会いした後向かったのはDMCのブースです。
Millie1jpg
今日は14:00から岡田美里ちゃんのトークショーがありました。私とミリちゃんは20ン年前からのお友達で、今日は彼女が応援している松島のステッチガールズが刺繍をしたタオルについてのトーク+販売でした。
会場はこんなふうにDMCの方、松島のNPOの方、スッテチガールズの方、そしてミリちゃん(白いワンピース)のお話に熱心に耳を傾ける方達でいっぱいでした。
Millie2_2
素敵でしょう?
このタオルはDMCが素材を寄付をして、ミリちゃんがデザイン、そして震災で多大なる被害を受けた東松島の女性達ステッチガールズが刺繍をしたものです。
ミリちゃんのデザインかわいい!日本とデンマークの国旗を♡と組み合わせたもの。この赤が流石フランスの色!
色はこの白ベースの他にベージュとグレーがあり、バスタオルサイズとハンドタオルサイズの2枚組で¥4,410です。
この売り上げは東松島の復興のために使われるので、ただハンドステッチが施してある素敵なタオルを買うだけではなく、そのことが復興に繋がっているのはとっても意味が有ることだと思います。ミリちゃん+ステッチガールズ、頑張れ〜!!!
私も出来ることがあったら何でも声をかけてね!
このタオルはホビーショー開催中はDMCのブースNo.629で販売中、そして、その後は代々木上原のミリちゃんのお店「北欧ヴィンテージと子供食器雑貨」のお店で販売予定だそうです。
そして5月のKeitoのワークショップのお知らせです。:)
青葉茂れる5月ですもの、さらっとしたコットンの糸でアクセサリィを作りましょう。
Necklace かわいーい!!!自分で作ったのに何度見てもかわいい。Ha~ ha~!
Keitoのワークショップでは黄色の花芯用の糸+副資材(アクリルの葉っぱ、ビニールリング、チェーン、リボン(白)、てんとう虫のボタン)をご用意してお待ちしています。
そして、お店の棚にずらっと並んだカラフルな糸からお好きな色を選んでお花を作って下さいね。定番の白、かわいいパステルカラーに留まらず、真っ赤や黒もきっと素敵。私のワークショップにいらっしゃると、みなさん最初の糸選びがものすごく真剣!
でも、わかります、その気持ち。だって、カラフルな糸が勢揃いしてるんですもの、一色に決めるのは至難の業です。。。そんな楽しい悩みを経験しにいらっしゃいませんか?
今回の花のモチーフを編めるようになるとグン!とかぎ針の楽しさが増すはずです。
是非!Keitoでは既にお申し込みを受け付けています。
さぁ、明日から私は蓼科へ。東京も寒いから蓼科は暖炉を炊かなくちゃね。雪もまだ10cm残っているみたいだし、ちょっと季節をくるくると巻き戻した春を楽しんできます。
楽しい連休を〜!

| | コメント (0)

My Shanghai 91

この頃同じところにばかり食べに行っていたけれど、久しぶりにお気に入りのカフェを見つけました。

それはここ、ginger by the park.
Ginger1 ここは上海よ、と説明しなかったら、まるでカンボジアかバリみたいでしょ。
いえいえ、ここは旧フランス租界の中でも一等地、素敵なヴィラが立ち並ぶエリアです。
复兴西路のパッサージュにあったカフェ ジンジャーがお引っ越し先に選んだのは兴国路の公園に面した場所。こんな素敵な場所、どうやったら見つけられるの?という感じ。うーん、きっと満を持してのことなのでしょうね。
シンガポールで育ち、その後コルドンブルーで料理を学び東京でもフードスタイリストをしていたというBetty が作るお料理は和食+シンガポール+時々イタリアンテイストなアジアンフュージョン。
大勢で行ってもみんなそれぞれ好みのものをメニューに見つけられる感じです。
Ginger2jpg
この日は遅い朝ご飯を食べた後の早めの午後で、沢山は食べたくないけれど小腹が空いているという状況。そこで選んだのはリコッタチーズ入りのパンケーキ!
美味しそうでしょう?
見た目よりもずっとずっとふわふわで食感も軽い。ナイフを入れると白いリコッタチーズが顔をのぞかせ、そこにハチミツをとろりとかけて頂きました。:)たっぷり添えられたマチェドニアがアクセントになって4枚もあったパンケーキもお喋りをしながらペロリでした。
メニューがとても豊富なので今度はちゃんとお腹をすかせてディナーに行きたいな。。。
Ginger3 1階はベーカリーとジャムなどを扱うカフェ、2階+3階はゆったりとしたテーブル席でもちろんどこの席も公園の緑に包まれている感じです。
でも、やっぱりみんなのお目当てはこのテラス席!緑の中でご飯を食べられるからここはホントに気持ち良さそう。
この日は冷たい雨の寒い寒い日(日本では雪が降った日です!)だったから、誰も外にはいなかったけれど、もうすぐ明るい初夏がやってきたら!!!!
もう既に予約をしなくちゃ入れないほど大人気なのにどうしましょ。
今晩友人とご飯を食べに行く約束をしているからgingerへ行こうかしら?と考えているのに何だかだんだん怪しい空模様になってきました。
どうやら今夜はこれから大雨になりそう。。。うわぁーん、雨が降ったら上海では絶対にタクシー捕まりません! んん?ということは、きっとみんなお家にまっすぐ帰るからgingerも予約なしで大丈夫かしら?lucky!! やっぱり行こうかな、どうしようかな。こんなふうに迷うのも楽しい。:)
静安寺のpuliのテラスもオープンしたからあそこで一杯飲むのも素敵、と思ってたのに今晩はデリバリーかしら。いえいえ、明日東京へ戻るんですもの、やっぱり長靴履いて出かけましょ。さっ、それまでにトランク詰めなくちゃ!:)
ginger by the park
兴国路91号 近湖南路 3406 0599

| | コメント (0)

My Shanghai 90

せっかく上海は気持ちの良い季節だというのに今回は日本から持って来た仕事が忙しくてアパートに居ることが多い毎日です。

うーん、何か面白いトピックはあるかしら?と部屋の中で思案していたら、「!」ありました!!!こんな時こそ老房子の魅力をご紹介しましょ。
Apt1
私が借りているのは1930年に建てられたKing Albert Apartmentという上海市歴史的建造物指定のアパートです。
1914年にフランス租界が出来た頃は陕西南路はAvenue du Roi Albertと呼ばれていていました。その頃この界隈にはフランス人向けの住宅が沢山建てられ、このアパートもベルギー人建築家の手で設計されたフランス様式のアパートのひとつです。
今は老房子好きな欧米人2-3組を除いて住人は殆ど上海人ばかり。政府に管理されている建物という印のグリーンのドアを開けてアパートへ入るとこんな年季の入った大理石の模様の階段があります。
実はこの玄関ホール(?)と階段が私がこのアパートを一目で気に入った理由でもあるのです。これは私の東京の母校の廊下と同じ!玄関というのはその建物の顔だからやっぱり大切。こんなことだけで何となく安心だし親しみが持てるでしょ。私の母校もフランスの修道会を母体としているもの、なるほど、建築様式が似通っているのも納得です。
Apt2
窓もこんなふうに鉄枠で出来ていて、ロンドンで住んでいた家と同じ作り。初めてこの窓を開けた時、取っ手をクイッと上げて外へ開く感じが懐かしくてにっこりでした。
そして窓の外には大きな木が生えていて気持ちが良い。カーテン好きな私は、アパートを借りてすぐにカーテン市場へ行き、厚手の光沢のある白い生地に花の刺繍がしてある布で床までのたっぷりとしたカーテンを2組注文し、椅子にもカーテンの花と同じピンクの布でカバーを作りました。
なんだかとっても素敵なアパートみたいだけど、現在の住人はほとんどが上海人なので建物を除けばローカル感満載な感じです。
聞こえてくるのは大きな声の上海語、電気の容量が少ないから工夫が必要な生活だし、不便なことも多いけれど、私にとってはそれでもこの部屋が好きな理由がたくさんあるんです。
Apt3_2 ドアノブはこんな素敵なガラス製。鍵穴もかわいい。
部屋の家具は全てお隣のお部屋に住んでる87歳の大家さんの婚礼家具。大きなドレッサーもベッドもベッドサイドテーブルも4人用のテーブル&椅子も全て当時のもの。きれい好きの大家さんがずっと大切に使っていたのが伝わるから私も彼女のように丁寧に使っています。
そして、壁がビニールクロスとかではなくペンキ仕上げなのも私にとっては嬉しいこと。
Apt4_2
この模様は壁紙ではなく、大きなスタンプみたいなものにペンキをつけてペッタンペッタンと手作業でパターンを作ってあります。だから、手で触るとざらっとした立体感があったり、ラインが少しずれていたり、スタンプを壁から離したときのペンキの毛羽立ったような感じが今も解るのが楽しい!
お部屋を見に来た時はそこまで気がつかなかったけれど、自分の部屋になってからはこんなことひとつひとつに「わぁ!」と喜んでいます。
だって、こんなことなかなか経験できないもの!
東京の家を20年前に当時ではかなり凝った作りでディテールにこだわって作ったけれど、なかなか職人さんにわかってもらえなかったり、予算と合わなかったりしたことが、この老房子にはあるんです。
そのひとつがこの天井。
壁のパターンの部分の上に木のモールディングが貼ってあり、その上は漆喰。そして

Apt5_4天井にかけてカーブがかかっていて、その部分にも2重に3本のラインが施されています。こういうディテールが本当に素敵。

毎年アパートの契約更新の時に大家さんに「広子はこの部屋が好き?」と聞かれると、私はその度に「この部屋を借りることができて私はとっても幸せなの」とにっこり答えます。
「こんなアパートに住めたら良いな」と憧れていたところに知り合いが住んでいて、偶然そこに住めることになり、そして大家さんもとっても良い方で、多少不便ながらも1930年代のヨーロッパの雰囲気を保っている素敵なお部屋。こんなことが重なるなんて、きっとご縁があったのでしょうね。
もうこのお部屋もこの夏で丸3年。いつまでこのお部屋を借りていられるか解らないけれど、それまではこのお部屋をエンジョイしましょ。
さぁ、今日は金曜日。晴れているけれど風があって少し寒そうです。
週末前にみんなで楽しくお稽古しましょ。頑張ろうっと!

| | コメント (2)

うれしい一日

日曜日に羽田から上海へ向かう機内で、偶然飛行機のことや空のことに詳しい方と隣り合わせになり「どうして飛行機はガタガタ揺れるのか」とか「飛行機のルートについて」などいろいろなことを教えて頂き、私は初上海のその方にガイドブックを見ながら「ここは外せない」とか「ここは美味しい」なShanghai1どと情報交換をしました。やっぱり旅は道連れ世は情けね。というよりも、以前は知らない方とお喋りを楽しむなんてことはなかったのに、最近は社交的になったのね、と自分を再発見でした。:)

そして、上海へ降りる前に「到着地上海の気温は30℃」とアナウンスがあってびっくり!
ホントに暑い!でも、気持ちの良い暑さです。
日中はTシャツに薄い羽織もので十分な感じ。私のアパートを出た辺りはこんなふうに青葉が茂り始めていてとってもきれい。上海は5月になるともう夏のような気温になるから今が一年でも一番良い頃です。
ただ空気汚染や鳥インフルエンザのことがあるから、余り浮かれて歩き回れないけれど、ついつい足を伸ばしたくなってしまいます。
そして見つけたのはこんなもの!
Shanghai3
Ha~ ha~!!!
これは長楽路のセレクトショップ
(?!)のウィンドゥにあったホットピンクのプードルが乗ったスニーカー。
上海人はこういうのが大好き!iPhoneケースも時々とんでもないものを見るけれど、誰も持っていないもの、人と違うものを持つことが大切みたい。う〜ん、これは確かに誰も持っていなそうですものね。
思わず笑っちゃうけれど、このエネルギーが楽しい。あっ、そういえば、耳だけをホットピンクに染めてる白いプードルを抱っこして歩いている上海人太太(ミセス)を見たっけ。ということは、あらら、このデザイン(?)結構本気なのかもね。
Shanghai2 今日は人民路の手芸市場に材料を買いに行ってきました。
いつも「これ良いな!」と思っていたけれど市場のお店にあるのはサンプルで、実際は注文オンリーだから今まで買えなかったけれど今日は通訳付きなので大丈夫。今日は「これも」「あれも」と思う存分手に入れることが出来ました。良かった!:)
上海の手芸市場もこの1年でそれぞれのお店が格段とグレードアップして見やすくなりました。それにつれて相応に値段も上がったけれど、それでもまだまだ面白いものがあります。
わたしも今年の秋冬の作品にぴったりの副資材を仕入れて今日はにっこり気分です。
やっぱり私は自分で歩き回って、自分の目で見つけて、そして自分の手で作ることが好きなんだ、と思いました。
それが日本でも、UKでも、上海でも同じこと。
今日は楽しい材料に巡り会えたうれしい一日でした。:)

| | コメント (0)

大人のご褒美

金曜日は楽しみにしていたKeitoでのワークショップでした。

毎月サンプル用の糸を選ぶためにカラフルな毛糸が詰まった棚の前に立つと、そのバリエーションと質感に圧倒されて1色に決められずに「これもかわいい」「あれはずせないPieces」といつも何色かを選んでしまいます。
1色だけではなくいろいろな色でバリエーションを作ることでデザインの良さが何倍にもなるからうれしい!
そしてワークショップの楽しみは参加して下さったみなさまが選んだ糸の編地を見られること! 何だか目の前で自分の分身がどんどん出来ていくような気持ちです。ホントに楽しい!
金曜日にも20色の新しいバッグが生まれました。いえいえ、「娘に」とか「家に帰って色違いを編みましょ」とワークショップのあとに2個目、3個目の糸を選んで下さったり、在庫切れしている色を予約して下さった方達の分も含めるともっと沢山の新しいWIGWAM BAGができそうです。楽しみ〜!!!
そして土曜日はBunkmura galleryへ大好きな船越桂氏の新作版画展を見に行きました。Katsura
本を購入してお気に入りのページを選んでサインもしていただきました。ペンを握るその手は誠実そうで、握手をしていただいた船越さんの手はとてもがっしりと厚い、力強くてやさしい手でした。
そして、その後Cちゃんと一緒にCharaのコンサートへ。
久しぶりの渋谷公会堂!Charaかわいい!!
それにやっぱり渋公はイイネ!楽しかった!♡
でも、でも、私の隣で名曲「タイムマシーン」を聴きながら、タオルを目に押当てて肩を震わせて泣いていたオンナの子の背中をさすってあげたかった。
渋谷公会堂の中はそんな愛と音楽の力を信じてる「乙女」でいっぱいの夜でした。:)
Chara 伝えたいことをちゃんと届けなくちゃね、と思いました。
そして胸がいっぱいの私たちはいつもの台湾料理屋さんへ入り紹興酒をグビグビ飲みながら恋について話しました。きゃあ! やっぱりいつまでも熱くなくちゃね!Ha~ ha~!!!
このCocoonツアーファイナルの様子がWOW WOWでオンエアーされるそうです。見たいなぁ。DVD にならないかしら。
今週は仕事+仕事+仕事の忙しい1週間だったけど、上海へ行く前に飛び切りのご褒美があった感じ。幸せ!
わぁ、もう2時です。寝なくちゃね。あと7時間後には機上ですもの〜。
では上海見〜!

| | コメント (0)

もしかしたら?

Dlionjpg_2今月のKeitoでのWorkshopも無事に終わり、さぁ、次はトランクを出して上海へ行く用意をしなくちゃ。

その前に確認しなくちゃいけない大切なことがひとつ。
*もしも、今月の上海のレッスンをお申し込み頂いたのに、まだ私からお返事を差し上げていない方がいらしたら、お手数ですがもう一度ご連絡いただけますか?
さて、今は金曜日の深夜。日曜日の朝、上海へ発つのに何も用意ができていないんです。どうしましょ。明日は夕方から楽しみにしていたコンサート+友人との食事の約束があるから今から頑張ってやらなくちゃ!
楽しかった今日のKeitoでのワークショップの様子は次にご紹介しますね。今回もいろいろな色の編地ができて楽しかったです。良かった!ご参加下さったみなさま〜、ありがとうございます。:)
えーっと、上海へのトランクに詰めるのを忘れちゃいけないのは、もちろんレッスンの材料とプリントとうがい薬と....この2-3日の東京はとっても寒いけれど上海はどうかしら。薄いセーターも忘れないようにしなくちゃね。そして、そろそろ新緑の季節の上海です。フランス租界にある私のアパートの周りはプラタナスの青葉のトンネルになってるかしら。楽しみ!

| | コメント (0)

材料のこと

今朝出かけに「ん?少し寒いかも?」と思いながらも天気予報を信じてオーガンディのコートを羽織って出かけたら寒くてぶるぶる!!! 打ち合わせと材料の買い出しを済ませささっと家に戻った私はしっかりと薄手のセーターを着込みました。日本の天気予報は世界一正確だけどやっぱり自分の肌感覚を信じなくちゃね!

Spring1 でも、やっぱり春です。
庭の八重桜は正に満開。きれい。:)
枝垂れ桜やソメイヨシノとは違った甘いかわいさがあります。
透けるような柔らかい葉っぱも今だけのもの。 何だか美味しそう。和菓子の中でも道明寺好きな私はつい色気よりも食い気が先に立ってしまいます。無農薬なんですもの、今のうちに摘んで塩漬けにしたら良いのかしら。。。
そして、外は春爛漫なのに家の中では上海に行く前に進めておかなくちゃならない仕事で大わらわ!
仕事部屋の机の上も床の上も「上海用キット」「Keitoキット」「持って行くもの」「尾山台レッスン材料」などメモを貼付けた紙袋や箱が所狭しと並んでいます。
Leaves
これは来月のKeitoのワークショップ用の材料の1部です。
毎月の私の仕事のひとつは東京や上海で見つけた材料でサンプル作品を作り、人数分を購入したらこうして小さなトレイに分けて透明な小さな袋に入れてから他の材料と合わせてきれいに袋詰めする、ということ。
時間も手間もかかるけれど、キット作りも作品を作る上でヒントになることもあるんです。例えば、「本当にこんなに何種類もの材料が必要なのか」とか「ここはやっぱり大事なポイントだから材料費が少し高くなるけれど削れない」とかの確認にもなります。
Bangles そして袋に入れる時も漫然と入れるのではなく「見た目」が絶対大事。手に取った時に「わぁ!」と思わず嬉しくなるような色の並べ方になるように工夫したり、「これとこれは同時に使うから一緒の小袋に入っていた方が解りやすいかしら」と考えたり。
材料を探しに市場や専門店を歩き回ったり、仕事部屋の引き出しや棚の中をゴソゴソ探したりすることは非効率的なようにも思えるけれど、私にとってはぎゅうっとエネルギーを集中させ感覚を研ぎすませて「自分が欲しい材料を見つけられるか」という真剣勝負なんです。自分で触って確かめて選ぶことが大事。
だから、巡り会った素敵な材料を袋につめてキットにするのも楽しい。ひとつひとつの材料がかわいいし大切。
Or...これはA型の因果なのかしら。Ha~ ha~!!!
因に上の写真は金属の細い腕輪です。アトリエの片隅には200本以上がこんなふうに出番を待っているところ。6月よ〜、もう少し待っててね!
頑張ろう、っと!

| | コメント (0)

ちょこっと

Keitobag
今回はちょこっとお知らせを。
今日の夕方Keitoへ打ち合わせに行き、少しずつ増えてきた春夏の毛糸の中から「これもかわいい」「あれも素敵」と選び、5月と6月の作品のサンプル+糸を決めてきました。
既に出来上がったサンプルを持って打ち合わせに行くのに、いざKeitoに新しく入荷した糸を見るとわくわくして新しい色でサンプルを編みたくなるのはいつものこと。
今日も「この糸でも作ってみようかな〜」といくつもの糸をかごバッグいっぱいに詰めて帰ってきました。
そして、今週の金曜日のこの大人気のショルダーバッグのワークショップ、12時クラス→15時クラスへ移動の方があったので、いつもすぐに満員になってしまう12時クラスに空きが2名できました!!! 15時クラスもまだ若干名空きがあります。
楽しみ〜!
今日はお知らせでした。:)
お問い合わせとお申し込みはKeitoまで
 

| | コメント (2)

嵐が過ぎて

Ichigo今週末はまるで嵐のようで、びゅうびゅう吹く風に私はずっと心がざわざわしていました。

夕方やっと静かになったので庭に出てみるとイチゴの花が咲いていました。「すごい雨と風で怖かったでしょう?」と声をかけたけど、イチゴの花は何だかうれしそう。花びらは少しヨレヨレになっちゃったけど、きっともうすぐ大きな甘い実をつけることがうれしいのね。何だか私までふんわりした気持ちになりました。:)
そして私は東京での4月のお稽古も無事に終わってのんびり?いえいえ、今度の金曜日にはKeitoでのワークショップ、そして来週からは上海のお稽古なので、この週末はお休みではなく工場のようにキット作りで大忙し!!!
Sage5 リボンや布を切ったり、接着芯や底板を準備したり、山のような材料が机の上にのっています。うわぁーん、どうしましょ。
これは今月上海でのレッスンの作品の1つ、ヨーヨーキルトのネックレスを春らしい白いサイザルバッグにアレンジしてみました。
こんなふうにカゴバッグにつけてもぴったりね!春らしくてかわいい。
ここで上海のお申し込み状況を:
4/17(水)東和公寓 9:30-11:30(居住者のみになります。お住まいの皆さま〜、お待ちしています)
4/18 (木) 虹橋公寓10:00-12:00あと4名
4/19(金)東櫻花苑 9:30-11:30 (あと4名)13:00-15:00余裕あり
4/22(月) パピーショールーム 11:00-13:00 (あと2名)
そうそう、先日のKeitoでのワークショップに参加して下さった方達が出来上がった作品を見せて下さいました。
Bags2 Bags1 偶然みんなピンク系の糸だけど、三人三様でかわいい!
ぞれぞれ自分らしいパーツを選んでつけてるのがとっても素敵!
私がワークショップを開くのが好きな訳は、私のデザインをみなさまが楽しんで作って下さり、そして自分らしさを加えた作品が出来上がる姿を見られるから。
自分一人で作っていたり、決まった色のキットだけを作っていたら、いくら大勢の方が参加して下さっても出来上がるのは同じもの。。。参加して下さる方にとっても、こうして好きな色の糸を選び、自分で選んだパーツで仕上げると、きっと満足感も倍増なはずです。:)
さて、このショルダーバッグのワークショップを今週の金曜日にもう1度開きます。 4月12日 (金) 12:00- ,15:00- Keitoにて。 12時の回はもしかしたら、もう満員かも???
お問い合わせとお申し込みはKeitoまで。http://www.keito-shop.com/info/workshop/2013/04/000302.html
さぁ、もうひと頑張りしなくちゃね。
今日こそは早めにベッドに入って本を読みたい!だって、この頃積ん読なんですもの。。。:(

| | コメント (0)

晴れてる!

昨日は夕方から少しずつ雨が上がって、久しぶりにとってもきれいな夕焼けだったけど、今朝は素敵なお天気になりました。うわぁ、ピカピカ晴れてる!!! 気持ち良ーい!思わずスキップしちゃいそうなお天気です。:)

Julia

こんな日にはこんな曲を聞きながらさぁ外へ!
矢野顕子 [さあ冒険だ]
でもでも、紫外線対策を忘れてはいけません。
今日みたいなお天気にぴったりなこの帽子をかぶって出かけようっと。今年の春のために作った白いバラのコサージュ、ちょっとロマンティックな雰囲気がかわいいでしょ。
コサージュの糸はKeitoのJulia.  Juliaって響きが何だか素敵。。。
やさしい獣医先生のお陰でSageも食欲を少し取り戻したし、天気は上々。
「春に三日の晴れなし」って言うしね!外へ!
*馬喰町のKeito(4/12)、そして上海でのレッスンへのご参加、お待ちしています。:)

| | コメント (0)

4月のレッスン in 上海 2

せっかく花が咲き緑溢れる季節になったのに、この頃いろいろあって自分のことばかりに集中できない日が続いていました。しかもこの雨!

Chairこんな嵐のような雨だと、爽やかな陽気に誘われてウキウキと外へ出たくならないから良いけれど、寒い毎日に風邪をひいてしまったSage は仕事中の私の椅子の下にゴロンとして片時も離れません...心配。
この2-3日殆ど何も食べてないので心配になって獣医さんへ連れて行ったら「寒くて体調が悪いのでしょう。コタツはもうしまっちゃいましたか?とにかく温めてくださいね」とのこと。でも、我家にはコタツがありません。。。慌ててソファーにSage愛用の毛布を敷いて私のモヘアのストールでくるみました。
早く元気になって、ね、Sage.
さてさて、お待たせしました。
前回の記事でお約束した4月の上海のお稽古の作品その2です。
Flw1
かわいい!
Libertyのタナローンで作ったyoyoキルトのネックレスです。
アクセントにフランス製のリボンで作った葉っぱを添えました。これからの季節シンプルな麻のワンピースやTシャツにぴったり!
リバティのタナローンって安くはないけれど、縫いやすいし色もホントにかわいい。子供っぽくなりがちなヨーヨーキルトもタナローンで作ると、こんなふうに出来上がりがひと味違います。
材料が良いと、どこへでもお出かけできるお洒落な大人のアクセサリーに仕上がるのが魅力ね。
そして同じ材料を違う感じにまとめると...
Flw2_2
左は後ろに革をあてブローチピンをつけてコサージュに、そして右の小さめのピースは裏側にバレッタの金具をつけてヘアアクセサリーにしました。
レッスンのキットはネックレスのリボン付きですが、当日革の裏+ブローチピン、バレッタの金具、丸い台のついたヘアピンなどを別売り販売する予定なので、作り方を覚えていろいろバリエーションを楽しんで下さいね!

さて、レッスンの日程をもう一度。

4月17日(水)東和公寓(文化教室5) 9:30-11:30  10名(東和公寓にお住まいの方)

4月18日(木) 虹橋公寓 22階 10:00-12:00  10名 (あと4名)

4月19日(金)東櫻花苑  9:30-11:30 12名 (あと6名),  13:00-15:00 12名

4月22日(月) パピーショールーム ( 宜山路X中山西路)11:00-13:00 10名(あと4名)

*ヨーヨーキルトのネックレス 受講費 320元(材料費込み)

    持ちもの:鉛筆、布用ハサミ(あれば大きめなもの) お裁縫道具(縫針、糸切りばさみ、お持ちであれば白、ピンク、クリーム、薄紫、黄緑などの縫い糸)

*かぎ針で編む夏のお洒落バッグ 受講費 490元(材料費込み)

     持ちもの:かぎ針7号(4mm)、8号(5mm) メジャー、お持ちであれば目数リング1個

*作品の写真は前回の記事をご覧下さいね。

かぎ針アミュレ 7号、8号 各68元(数が限られているので早めのお申し込みが必要です)

お問い合わせとお申し込みはメールでどうぞ

hirokoibuki@mac.com

*「お稽古の時にあの赤いノートにメールアドレスを書いたのに今回のお知らせが届いていません」の方!みなさまにお届けしているのですがPC同士の相性が悪いのかもしれません。;_:お手数ですが一度メールを頂くとこちらからも届きやすくなると思います。:)

やっとお知らせができて私も一安心です。いえいえ、安心していないでキットを作ったり、日本でのお仕事のサンプルやいろいろいろいろ頑張らなくちゃね。

雨だし、Sageの看病をしながらお家で過ごしましょ。:)

4月12日(金)の馬喰町のKeitoでのワークショップもまだ募集中です。こちらへも是非〜 http://www.keito-shop.com/2013/04/12/

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »