« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

梅雨入り

今年は10日も早く梅雨入りした関東地方、そんな毎日に似合うのはこんな花。

Flws1

ふわふわしたけぶるような葉っぱがしとしと雨の毎日にぴったりね。

春よりも雨の季節に似合う花はたくさんあるけれど、ニゲラもそんな感じ。春のウキウキと輝くような季節よりも曇りガラスが似合うアンニュイな雰囲気を持った花です。でもね、そんなことを言っていないでグッと気分を引き上げましょ、と友人と話題のインド映画を見に行ってきました。

3idiots
All Izz Well~!!!と叫んでいるのは、[ 3 Idiots](邦題:きっと、うまくいく)の主人公の3人。
これは2009年に作られたインド屈指のエリート理系大学を舞台に繰り広げられる青春ヒューマンコメディ映画です。
インド映画???あの唄って踊る全編5時間の?というイメージが強いと思うけれど、これは挿入歌は数曲のみ、台詞も全編ヒンドゥー語+ところどころ英語という欧米での公開を意識した作りだし、お話+キャラクター共に世界の何処が舞台であってもおかしくない作りでした。
一目見た時からEMINEMにしか見えない主人公と親友2人=3 Idiotsが繰り広げる青春ドラマに心から笑ったりドキドキしたり泣いたりの3時間はあっと言う間で、映画館から出て来た人たちはみんな「素敵な映画だった」という満足感でいっぱいでした。
インド映画史上歴代興行収入NO.1というこの映画を是非見にいらして下さいね。
シネマート六本木、シネマート新宿ほかで公開中!
そして、やっとマイレージが溜まったので夏休みにロンドンへ行く予定を組みました。
マイレージの報告を見ながらウシシ!とJALのホームページを開いたのに!7月にロンドンへ行くのは良いけれど、帰国便の空きがあるのは9月!
David 私はどんなに長くロンドンに居ても嬉しいけれど、やはりそんな訳にもいかないので今回もBA(British Airways)で飛ぶことにしました。
ずっと心の中で「いつ行こうかしら?」と思っていたけれど、やっとカレンダーに予定を書き込むことが出来ます。:)
先日学校の恩師の先生とお話をしている時に「人間と動物の違うところは何だと思う?」と聞かれて、「考えること?」と答えたら、「そうね、考えたら何をする?」「う〜ん、行動???」「そう、行動するためには何が必要?」「?????」と暫く考えて「決心!」と答えました。
「そう!人間は考えて自分で決心をして行動に移すことができるのよ」。先生の言葉はとっても重く、果たして毎日の生活の中で自分はどうかしら?と考えました。
この頃ちょっと気分が下がっていた私は「Londonへ行って[ David Bowie is]を見たい」「日本から切り離されてイギリスでのんびりしたい」「でも、でも!」と思っていたけれど、今年は少し早い夏休みをとってロンドンへ行くことにしました。
ティーンエイジャーの頃をロンドンで過ごした私にとってロンドンは楽しい思い出がいっぱいの懐かしい場所でもあり、手芸大国のイギリスは勉強の場でもあります。
飛行機を予約しただけなのに、何だか全てはAll Izz well~!!な気分です。
「きっと、うまく行く」はとっても楽しくて涙ホロリな素敵な映画です。ホントにおススメ!ハリウッド映画も良いけれど、たまにはボリウッドも是非どうぞ。:)
6月の上海のお教室の空き状況:
アトリエ全日満席になりました。
6月14日(金)東櫻花苑 午前クラス、6月20日(木)東和公寓クラス 各クラスともあと5名
東櫻午後クラス、パピーショールーム、虹橋公寓クラス まだ空きがあります。
是非ご参加お待ちしています。:)

| | コメント (0)

 楽しいWorkshop!

先週の木曜日はいつも楽しみにしているKeitoでのワークショップでした。

今月の作品はこの真っ白なマーガレットのネックレス。

Flws4_2

色鮮やかなCable 5は45色もあるのに、自然のマーガッレトは白いし、もしかしたら白を選ぶ方が多いかしら?と思っていたのに、ほら、この通り!
Flws1
カラフルな花が勢揃いしました。
これは12:00〜のクラスの皆さまの花達!ちょっと優しい雰囲気です。大人っぽいシックな雰囲気できれい!
和っぽいお抹茶色の花やネイビーブルーの花、リネンっぽい淡いベージュなど、私が編んでない色の花達を見られたのも楽しいことでした。
デモンストレーションの時に気づいたけど、この日の朝に私が選んだサーモンピンクのマニキュアが4号のかぎ針(大好きなアミュレ!)と同じ色でした。Ha~ ha~!!:)
そして15:00~のクラスの花達はカラフル!かわいい!!
グラデーションの糸は1つ1つ違う感じに出来上がって楽しいし、ブルーの濃淡やピンクの

Flws2jpg

濃淡、クリームとオフホワイトなど
同系色の色の違いが素敵!
1巻きでかなり沢山の花が編めるので、ワークショップが終わってから参加して下さった方達が糸を交換してお花のバリエーションをお家に戻ってから編もうとしていらっしゃる様子がわいわい楽しそうで私も仲間に入りたいと思ったりしていました。
この日のために私が前日の夜中までかかって編んだのはこのネックレス。
Flws3_4
カラフルなお花を身につけているとそれだけで元気いっぱいになれそうなネックレスです。
フューシャピンクのトップにできたてのほやほやのネックレスをつけてKeitoへ行ったら、みなさんがにこにこと笑顔で「わぁ、ぴったり!よく似合う〜」と仰って下さったので私も夜なべの甲斐がありました。:)
ワークショップの楽しさはこんなふうに色々な作品をその場で見られること、お互いに刺激し合って普段使わない色を使ってみようかしら?と思ったりすること、そして実際にチャレンジしてみたりすること!
この写真を見て「へぇ、こんな色も良いわね」「わぁ、この色きれい!編んでみようかしら」と感じて頂けると私もうれしいです。
次回6月8日は2ヶ月ぶりの土曜日のワークショップです。6月の作品はブレスレット!実は私は既にこの日をかなり楽しみにしています。
手間が結構かかるけどKeitoのスタッフが沢山の色を小巻にしてキットを用意してくれる予定です。その9色の糸をどんなふうに組み合わせるかは自由!ワークショップが終わる頃にどんな色がみなさんの腕を飾るのかに今からワクワク!楽しみ〜!!!

| | コメント (0)

6月の上海

この頃お散歩をしているといろいろなお家のバラの生け垣+バラのお庭+バラのアーチが余りきれいで「わぁ!!!!」と思わず立ち止まってしまいます。うっとり。

June1_2 こんなお姫様のような大きな花もあれば、丸いカップのようなクラシックな形のもの、大勢でおしゃべりしているような賑やかなミニバラも。
色もいろいろね。
ピンクだけでもたくさん!黄色やオレンジ、白やミックス、そしてもちろん赤いバラも。
幼い頃姉とふたりでバラ好きな父のために「バラが咲いた〜♩バラが咲いた〜♩ 真っ赤なバラが〜♩」と唄ったのを思い出したり。Ha~ ha~!!!
バラがきれいなこの季節ですもの、6月の上海のお稽古はバラを作りましょ。
自然のバラが一番きれいだけど、リボンで作るバラもかわいい。
June2
これはリボンをちくちく縫ってくるくる巻いただけ。見た目は難しそうなのに回転させながら縫いとめるバラよりもずっと簡単だから「針も余り持たないし...」という手芸初心者さんにもおススメです。
色はこの他にも3-4色ご用意する予定なのでお楽しみに!
そして、編物大好きなみなさま、お待たせしました。
今年の春にKeitoで開いたワークショップで大好評だったミニショルダーをPuppyのリーフィで編みましょう。
3玉もリーフィを使っているのに軽い!べっ甲風のチェーンもシックで素敵でしょ。
糸の色はプレーンな色とミックス色を3本取りにしているので、その合わせ方は当日ご相談で。私のおススメ色をお持ちして、その中から選んで頂くという形です。
June3
*日時:
6月14日(金)東櫻花苑 9:30-11:30 または 13:00-15:00 各12名
6月15日(土)  アトリエ 10:00-12:00(満席) または 13:00-15:00 (陕西南路駅近く)お席はあと1名になりました
6月17日(月) Puppyショールーム 10:00-12:00 (宜山路駅近く)8名
6月18日(火) アトリエ 10:00-12:00  (満席)
6月19日(水) 虹橋公寓 10:00-12:00 8名
6月20日(木) 東和公寓 10:00-12:00 10名
*レッスン費(材料費込み):
バラのコサージュ(大きさ7cm程)260元
かぎ針編みのショルダーバッグ (サイズ:横幅23cmくらい) 550元(中布付き)フラップのパーツは含まれません
*持ちもの:
バラ お裁縫道具(縫い針、待ち針、糸切りばさみ)
バッグ かぎ針10号 (仕上げに縫い針などお裁縫道具が必要になります)
かぎ針をご希望の方は事前にお申し込み下さい。(70元くらいを予定)
6月は久しぶりにアトリエでのレッスンもあります。:)
ご参加して頂きやすいように毎日のようにレッスンを設けたので、8回の中からご都合のいい日を選んで頂けます。
そして.....この夏で上海のアパートを引き上げることになりました。残念ながら定期的なお稽古は6月、そして7月末が最後になりそうです。(7月25日−30日の間を予定)
その後も全く上海へ行かなくなる訳ではないのですけれど、アトリエでのレッスンは最後になってしまいます。:_;
6月のお稽古でみなさまにお会いできるとうれしいと思っています。
今までのレッスンの作品についてのご質問などにもお答えしたいと思っているので是非ご参加下さい。
お申し込みはメールでこちらまで
上海見!!!
PS, 以前にご参加頂いたのにメールのご案内が届いていらっしゃらない方、6月のクラスをお申し込み頂いてから1-2日してもお返事メールが届かない場合など、お手数ですがどうぞご連絡下さいませ。
 

| | コメント (0)

6月のKeito

私が蓼科へ行っていたので打ち合わせが遅くなってたけど、昨日の夕方にKeitoで詳細を決めたらもう数時間後にはKeitoのHPでもfacebookでもtwitterでもお知らせが始まっていました。WOW! 早業〜!私も早くお知らせをしなくちゃね。

6月のWorkshopの作品はこれ!カラフル!

Bracelet5a

vividなコットンの糸でメタルのブレスレットをくるくる編みくるんで作りました。かわいい!すごく簡単なのに色とちょっとした工夫だけでこんなにかわいくてお洒落になるなんて!
昨日、Keitoのスタッフと話し合って何色かを10mずつパックにしてキットにしましょう、ということになりました。んん?ということは大きな玉をたくさん購入しなくてもカラフルなブレスレットが作れるということ?Yes & Yes & Yes!!
ブレスレットは5個組だけど別売りもご用意するので自分の思うものをどんどん作れます。楽しーい!
だから、こんなバリエーションも。
Bracelet6a
こんなふうに麻の糸で編んだロマンティックなブレスレットはいかがでしょう。キットにビーズは含まれませんが、何と言ってもビーズ屋さんが軒を並べる浅草橋はKeitoから徒歩10分ですもの。帰りがけ、もしくはいらっしゃる前にお好みのものをご購入下さいね。ビーズの大きさは3mm程度のものが良いと思います。ただ糸の太さが通るものというのが絶対条件になるのでご注意を。
太陽がピカピカ光る元気な日にはコットンのヴィヴィッドなブレスレットを、そしてシンプルなお洋服やカーゴパンツなどにロマンティックティストを加えたい時はこの麻のブレスレットをして出かけましょう。初心者さんからベテランさんまで楽しめるこのブレスレットですもの、きっといろいろなバリエーションを作りたくなること間違いなし!!! ますます太陽が輝くこれからの季節のアクセサリーを是非ご一緒に作りましょ。楽しみ!:)
お問い合わせとお申し込みはKeitoまで

| | コメント (0)

Back to work

今回は予定を延ばしてまるまる1週間蓼科へ行っていたのに、東京へ戻るとまるでどこへも行っていかったかのようにスルッと東京の生活に戻っちゃうのは何だかつまらない。もう少し戸惑っていたいのに。。。

Tate7_2

蓼科で買って来たバラやワイルドストロベリーの苗をせっせと植え、お昼にはVent de Ludoのそば粉のバゲットでサンドイッチを作って食べました。

そして午後からは仕事。もちろん蓼科へもバッグいっぱいの仕事を持って行っていたけれど、蓼科では叔母が長年大切に使っていた家具のねじを外してバラしてからオイルステインを塗ったり、夜な夜なふたりで1000ピースのジグゾーパズルに挑戦したり(3日で完成!)と忙しかったので思うように仕事が進みませんでした。(?!)

そんな中こんなカラフルなお花のモチーフを編みました。

Tate8

これは今週の木曜日にKeitoで開くマーガレットのネックレスのワークショップの作品のバリエーション。こんなふうに色々な色と大きさで作っても楽しい。何年か前に文化出版から「色と素材でバリエーション自在 ニットのバッグと小物」という本を出していただいたけれど、私は何か1つ作ると「こんなふうにしてもかわいい」「もう少し大きくても素敵」「小さなのも作りたい」と大抵何種類かのバリエーションを作ります。手間と時間がかかるけれど、やっぱり色々な可能性を試してみたい、そしてお見せしたい、と思います。

東京に戻ってから作っていたのは6月のKeitoのワークショップの作品。随分前に出来上がっていたけれど、もっとバリエーションを増やしたいと考えていたもの。さっき全て出来上がったから今週中にはご紹介できそうです。良かった!:)

これは蓼科から連れて来た新しい我家の住人。

Tate9

と言いたいところだけど、残念ながらこれは蓼科で加わった叔母の新しい仲間です。この小ウサギはまだ手のひらに乗るほど小さくて、重さなんて感じられないほどのおちびさんなんです。かわいい!

まだ名無しの権兵衛(!)だけど、きっともうすぐかわいい名前がつくのでしょうね。

さっき「雨だね」と友人から電話があったのでこのちび助の話をしたら、「かわいいからって気を抜いちゃいけない。あの大きな耳は何のためだと思う?」と、まるでこのちび助が赤ずきんちゃんの中のオオカミのようだとでも言いたそうでした。Ha~ha~!!(「この大きな耳はね....」とオオカミがニタリとしながら言うシーンがあるでしょう?)

さぁ、こんなことを言っていないで明日の打ち合わせの準備をしなくちゃね。

23日(木)のKeitoでのワークショップ、12:00~の回はキャンセル待ちですけれど、まだ2回目のクラス(15:00-17:00)にはあとおひとり空きがあります。サンプルの白いマーガレットでなくても棚の中に並ぶ沢山の色の中から好きな色の花を編みましょう。私も参加して下さるみなさまがどんな色の花を作られるのか、今からとっても楽しみにしています。是非〜!

http://www.keito-shop.com/2013/05/23/

| | コメント (0)

心変わり?!

5月の気持ちいい風が吹いている蓼科は山も川もみんな緑色!特に私がいるのは標高1500mなので、やっと昨日から暖房をつけなくても過ごせるようになり、夜も薄いセーターで十分な気候になりました。まだ山には遅咲きの山桜が咲き足下は黄色のタンポポの絨毯です。まだまだ春真っ只中!:)

今日はバラクラへお花を見に行きました。年間メンバーになると、まるで自分の庭のような気軽さでふらっと遊びに行けるからおススメ!連休が終わったから空いているかしら?と思って出かけたのに大型バスで到着した園芸好きのオバサマ方がたくさんでびっくり。そんな中私はひとりで園内をのんびり+じっくり見て回りました。3週間前には満開だった花が時期が過ぎて他の花に植え替えられていたり、4月の連休の時にはまだ咲いていなかった花がきれいに咲いていたりと随分お庭の色が変わっていました。

Tate4

大手鞠の下にはムスカリや忘れな草のブルーの花が咲いていて、このコントラストに思わずうっとり。

同じ時期に咲く花達をどんなふうな組み合わせで植えるのか、これは長年の経験とセンスの賜物!来週のKeitoでのワークショップのためにも花の形や色をしっかりと心に刻みました。

青空の下、白樺がさわさわと風に揺れ、色とりどりの花の甘い香りに包まれた素敵な午後でした。

Tate5

そして山荘へ戻ると私の帰りを今や遅しと待っていた犬達の大歓迎に会い、暫くは「ゴメン、ゴメン、遅くなっちゃった!待ってたでしょ?お腹空いたの?何か食べる?それともお散歩行く?」とこちらも大サービス。どうして犬相手だとそうなるのでしょう。今まで猫としかつきあってこなかった私は、いつも猫に対しては「ただいまぁ、どうしてた?」と一言。向こうもチロリとこちらを見て何か要求があれば寄ってくるといったふう。猫っかわいがりもするけれど、いつもは共同生活という感じです。

今私はこのチビプードルMayと大の仲良し!ソファで編物をしている時もこんなふうに隣にいるし、「?」と視線を感じるとメイがまんまるな黒い目でじっと私を見ています。

だから私もせっせと編んでる手を休めてちょっといたずらをしてみたり。

かわいい!ピンクのお花のモチーフがやわらかなグレィの毛にぴったりね。

Tate6

何だかちゃんとリボンを縫い付けてボンネットにしたくなりました。リボンは顎の下ではなくちょっとずらしてほっぺの辺りでふんわりと結ぶとかわいいかしら?と私もいろいろ想像してにっこり。:)我家の愛猫sageだったらものすごく迷惑そうな顔をするのに、メイはちょこんと首をかしげて「これなぁに?」という顔をします。迷惑なのは変わらないと思うのに、きっと犬には相手を喜ばせたいという気持ちがあるのね。その辺りがずっと猫派の私には新鮮な感じ。。。わぁ、これは危ない、もしかして心変わり???

いえいえ、きっと全ての犬というよりもこのメイと私の波長が合うのでしょうね。

さぁ、週末には「獰猛な猫あり」と玄関に注意書きを掲げたくなるようなSageが待つ東京へ戻ります。Sage今頃何をしているかしら、私のこと少しでも思い出しているかしら?と片思いっぽい気分なのが猫との付き合いなのかもしれません。きっとその感じが片思い好きな私にとって丁度いいのかも。付かず離れずな感じ。。。

予定よりも山での滞在が延びているので週末に家に戻ったらねじり鉢巻(!!!!)で仕事しなくちゃ。

でもそれまではもう少しだけ小さな黒い瞳と見つめ合って暮らします。楽しみ!:)

| | コメント (0)

只今練習中

4月の連休に来たばかりなのに、昨日の朝また中央道をぶんぶん走って蓼科へやって来ました。

東京でいろいろいろいろあった私に「蓼科へいらっしゃい、今、すごい緑よ!」と誘ってくれた叔母に甘えて来たけれど、自然の中で休んで自分の力を取り戻すためには私には何よりの場所です。

Tate1

ほら、この緑!

4月の末はまだすごく寒くて震えていたのに、昨日から急に暑くなって一斉に山が芽吹き始めました。

どの木にもやわらかな小さな葉っぱが出ていて、目に入る景色全てがうっすらときれいな黄緑色!そして足下はかわいいたんぽぽの絨毯です。:)

青空に白樺が映えてきれい。

仕事を大きなバッグいっぱいに詰めて来たけれど、こちらにきてからは全く手つかずです。だって、お家の中にいるのがもったいないんですもの!

今朝は早くから植木屋さんが桜の木を植えに来てくれました。叔母の山荘の庭は唐松林のようなので「陽のあたる場所」探しが大変!空を見上げて太陽の通る道を想像しながら場所を決め、周りの木を伐採しとにかく桜優先に決めたのは、「桜を植えること」が長年の叔母の夢だったから!

「もう余り長生きしないかも...」と言っていた叔母が桜を植えたのを機会に「100歳まで生きるわぁ!」と芽を輝かせているのを見るのは私にも楽しいことでした。良かった!

Tate2そして蓼科へ行くと毎回会いに行くのは我家の愛猫Sageのママのところ。

Sageが生まれたのはここ、蓼科の素敵なハーブ園Herbal Noteなんです。この猫はSageの母猫ワサビ。鼻や口元、手足の感じがママそっくりね。Sageもワサビも余り愛想の良い猫ではないけれど、でもかわいい。猫好きが惹かれる何かがあります。:)

そして、ワサビの側には香りの良いWelcome teaが置いてありました。ハーバルノートって本当に素敵。私も「蓼科に引っ越してこんな感じの小さいけれど趣味の良いお店をして猫と暮らしたい」と夢見てしまうほど好きです。近くで馬にも乗れるし、大好きな西洋野菜を自由農園で安価で手に入れられるし、松本は近いし、それに東京まで車で3時間ですもの、夢じゃなくて実現しようかしら。

Tate3_2 今日は春になると必ず飲みたくなるイチゴの甘い香りにうっとりのストロベリーファンタジーとオレンジの爽やかな香りが大好きなスウィートオレンジ、2種類のお茶を買いました。

午後のティタイムのBGMはウグイス。しかも今年生まれたばかりなのかしら、ホーホケキョ、ではなくホー♩の後はケキョケキョキョキョキョテキョキョという感じ。只今練習中ね!それも春らしくて楽しい。:)

「うわぁ〜ん、頑張ってるのに何だかこの頃....」と思っていたけれど、叔母に「今はそういう流れなの、違う方向にあなたの場所がある、っていうことだから大丈夫」と励まされ、一歩外へ出れば標高1500mの高地で咲こうとしている桜の木や青々とした新緑のマナスイオンいっぱいの空気を身体に取り入れてもう元気になってきました。

さぁ、明日はどこへ行こうかしら。楽しみ!

蓼科ハーバルノート 

http://www.herbalnote.co.jp/

| | コメント (0)

もう少しだけ

今日も気温が上がって朝から暑いくらいの一日でした。きっとあと何日かしたら初夏と呼びたいほどの気候になるのでしょうけれど、まだ5月ですもの、私はもう少しだけ春の気分でいたい感じです。

その訳はお散歩の途中に。。。
May1
これは家の近くのお家の玄関先に群生しているスズラン。かわいい!
私は5月生まれのせいか5月頃に咲いている花が好きです。フランスでは5月1日はスズランの日。スズランの花言葉「幸福の訪れ」を届けるようにお友達にスズランのブーケを贈る日です。素敵!:)
イギリスでもスズランはポピュラーな花で、石けんやコロンを扱うお店には必ずLilly of the valley(谷間の百合←バルザックの小説のタイトルね!)の薫りのものが並んでいます。
この濃いグリーンの葉の陰に密やかに咲くフリルのついた白いカップのような花が何とも可憐でかわいい。「純愛」「意識しない美しさ」の意味を持つのも納得ね。
そして自由が丘へのお散歩道の途中にはこんな素敵なお家があります。
May2 まるでイギリスの風景のよう!
私は毎年このバラが咲くのをとっても楽しみにしていて、家でサクサク編物をしていてもその手を休めて「あ、お散歩行こう!」と出かけます。そしてこのお家の近くの公園のオタマジャクシが孵る頃、ちょうどこのバラも満開になるから私にとってはこの時期のこのお散歩道には楽しみがいっぱい!
池を覗いてオタマジャクシの様子にわくわくしたり、このバラの生け垣にうっとりしたり。♡
このところ気持ちが落ち着かないことが重なり、なかなか気持ちを持ち上げることができないでいたけれど自然の力って何よりもの特効薬!
葉陰で咲く小さく強いスズランに自分らしさを取り戻したり、美しい、というよりも本当にlovelyなバラ達に「大丈夫よ」と微笑みかけられているような気持ちになりました。良かった!:)
そして私が向かったのは、クルン•サイアム アティック!
Thai 自由が丘でも大人気のタイレストランのクルン•サイアムが駅の反対側に作った屋上テラス有り!の支店です。
ただでさえ予約が取れないからホントは余り記事に出したくないような...。
テラスがあるところはいくつかあるけれど、味も美味しいし、何と言ってもこの眺め!自由が丘で夕焼け+星空を眺めながらご飯を食べられる貴重な場所です。
「え?この階段を昇るの?」というような細い階段をグルグルグルグル上がって行くとご褒美のように広がるこの光景に誰でもご機嫌になっちゃいます。
でも、ご用心!余り楽しくてシンハービールをゴクゴク飲むと帰りはまたグルグルグルグル階段を下まで降りなくちゃならないのをお忘れなく!
そうそう、明日発売のOZマガジンに先月のKeitoでのワークショップの様子が小さい記事ですけれど掲載されるそうです。忘れずに見なくちゃね。
そして、5月23日(木)のマーガレットのネックレスの15:00~17:00のクラスにはまだ少し空きがあります。花が溢れる季節ですもの、是非ご一緒に花のアクセサリィを作りましょ。

| | コメント (0)

木の芽どき

北の方では雪が降った寒い連休でしたけれど東京辺りは五月晴れの気持ちの良い毎日でした。我家の周りも新緑がきれい。

それなのにみんなが外にいる時にはのんびり家の中にいたい、とひたすら毎日家の中で本を読んだり部屋を片付けたり仕事をしていた私。

May1

今が一番新緑がきれいな頃ですもの、少しは外へ出なくちゃね、と等々力渓谷へ散歩に行きました。
私の家から歩いて10分のところにこんなうっそうとした緑の渓谷が有るなんて素敵!
ここは四季を通じて日本の自然を感じられる東京の秘密の場所。。。。だったのに、連休中はものすごい人でびっくりでした。
お不動さまから急な階段を下り小さな川沿いを歩きながら、ふと空を見上げると紅葉のやわらかな葉っぱがグリーンのレースのようでした。
新鮮な空気を身体に取り込んで急にお腹がすいた私は「帰ったら何を作ろうかしら」と考えながらぶらぶら家へ。
旬の釜揚げシラスのペペロンチーノを作りましょ、でも何かハーブはないかしら。
May2_3
ありますとも!木の芽どきですもの。木の芽がどっさりと!!!
という訳で庭から木の芽を摘んで急遽木の芽のジェノベーゼを作ろうと思い立ったけど、山椒の葉っぱはバジルよりもずっと固くて(しかも大分大きくなっていたし)大理石のボウルに入れてトントンしてもなかなかペーストにはなってくれませんでした。フードプロセッサーじゃなくちゃ無理だったのかも。
でも、全体にふんわりと木の芽味になったし、ローストして散らした松の実は香ばしかったし、ふわふわのシラスの上に点盛りにした若芽が清々しくてピカピカの五月晴れにぴったりな素敵なパスタでした。:)
 
そして午後はアトリエでずっと作品作り。
Keitoで購入したwigwamのミニショルダーバッグのバリエーションを完成させたり、Puppyのリーフィーで夏らしいナチュラル感いっぱいのバッグを作ったり、新しい編地を編んだり。。。
Sage その横にいつもぴったりいるのがSage.
ちょっと手を休めた時に椅子の下を見ると「あら、いたの」という感じ。
彼はこの頃私がずっと家に居るのがうれしいみたい。私もよ。
そして、この頃調子が悪いのがこのMacBook Air. 
こうしてblogやメールを書いていても、ネットサーフィンをしていても突然プチッ!音も立てずに真っ暗な画面になって自ら再起動をしています。もうっ!:(
明日渋谷へ行くからApple Storeへ相談に行こうかな、それとももう少し様子をみようかしら。Mac Bookも5月病なのかもしれないしね!
そして今、6月の上海でのお稽古の日程を調整中です。東櫻花苑は6月14日(金)で決まり。そして、東和公寓、虹橋公寓、パピーショールーム、そしてもしかしたら私のアトリエでのレッスンもあり、です。日程はいずれも6月15日(土)〜21日(金)の間です。どうぞお楽しみに〜!
さぁ、今日はもうこの辺で。Mac Book君を少し休ませなくちゃね。ではでは...

| | コメント (0)

おいしい毎日

今は連休の真っ最中だというのに来週から忙しくなりそうなので今日も机に向かっている私。頭の中を「まず、朝のうちは色が良くわかるからこれね、そして次はこれ。ちょっと気分転換にこれを作って、夕方からはこっち」と予定をメモに書いて眺めています。(眺めてるだけじゃダメでしょ!)

Food1

先週蓼科ではどっさり野菜を食べたので身体の中にビタミンが十分に補充された感じ。ざるに山盛りのスナップえんどうを塩をたっぷり入れて茹でたり、朝掘り筍をいただいたので「それっ!」と大急ぎで茹で、両手いっぱいの蕗を下茹でして茎は薄味に葉っぱは佃煮ふうに煮たりと大忙しの山での生活は本当に美味しい毎日。
東京でスナップえんどうを買ってくると茹でてオリーブオイルと岩塩をふり、脇に大まかに割ったパルミジャーノを添えて一緒に食べるのが好きだけど、このスナップえんどうは茹で上りを味見したらじんわりとした甘さがたっぷり!このまま食べるのが一番ね!と食卓に出したら、みんなの手が伸びてみるみるうちになくなってしまいました。:)
そして今回帰りは汽車で帰ることに。。。ということは「わぁ、早めに行って駅弁を買わなくちゃね!」いつも車で往復している私は久しぶりに食べるお目当ての駅弁にわくわく!茅野駅の名物駅弁「元気甲斐」はパッケージは安西水丸、ディレクションは山本益博、経木折詰の2段重ねの一の重は京都の老舗菊の井が、そして二の重は東京の吉左右が考えたという豪華こだわり弁当です。
Food2
ね、美味しそうでしょ?
右側が菊の井が考案したもの。朴葉に包まれた胡桃ご飯、蓮根の金平、ゼンマイとお揚げの胡麻酢合え、セロリの粕漬け、山女の甲州煮、蕗と椎茸と人参の旨煮。
そして左の吉左右版には栗としめじのおこわ(銀杏、蓮根入り)、鶏の柚味噌合え、アスパラの豚肉巻き、公魚の南蛮漬け、山牛蒡の味噌漬けなどが笹の葉や椿の葉などを使って上手に仕切られて詰まっています。
信州の山と川の食材を存分に使った駅弁はホントに素敵!¥1,300というお手軽なお値段で日本の美味しさと日本人のスピリットが味わえるこのお弁当を外国人の方達にも是非食べて頂きたいと思いました。
一人で食べるのにはちょっと多いくらいの量だけど甲州ワインと一緒にひとりで窓の外に広がる春の山を眺めながらいただきました。美味しかった!
そして今の私のお気に入りのお茶がこれです。
Food3_2 名古屋の中華料理店が通信販売をしているものだけど、先日戴いてからちょっとお気に入り!1回分ずつに分けられたパッケージにはこんなふうにたっぷりのドライフルーツとローズヒップとハイビスカスをベースにしたお茶のティバッグがひとつ入っています。
初めて飲んだ時は「わぁ、これがひとり分?」とびっくり!スライスしたキウィ、ごろんとしたりんご、イチゴ、いちじく、オレンジピール、パイナップル、アプリコットとティバッグをティカップにいれて待つこと5分。フルーツのふんわりとした薫りとルビーのような色の少し酸っぱめのお茶にドライフルーツの甘みが溶け出して美味しい。
10個入りをいただいたのにあっと言う間になくなっちゃったから、家にあったルピシエのお茶にドライフルーツを入れて真似をしてみたら「ん、美味しい」。これから色々なお茶とフルーツの組み合わせを試してみようかな。:)
仕事の合間には美味しい楽しみがなくちゃね!
さぁ、仕事!
浜木綿 果樹園のフルーツハーブティ ¥2,400 (10個入り)

| | コメント (0)

My Shanghai 92

いつも上海へ行くと必ず滞在中に1度は行くのは大好きな南外灘布市場!布市場では生地を買ってくることも目的の一つだけど、お目当てはお洋服のオーダーメイドです。

私がガイド役になってオーダーメイド三昧の上海案内を2010年7月号のHERS(光文社)でお伝えしたけれど、上海の楽しみはどんなものでも作ってもらえること、しかも安価で!
Shirly1jpg上海にはパールや奇石のネックレス、靴、カーテンや寝具etc,それこそ思いついたものは何でも作ってくれるお店があるけれど、腕前やセンスはお店によってまちまち...。
そんな中私がもう5年以上通い続けているお店が布市場にあります。
初めて行った時は通り過ぎてしまいそうなお店だったけれど、お友達に紹介されて作ってみたら「わぁ、すごく上手!」とすぐにお気に入りのお店になりました。
Shirly2
この頃忙しくてなかなか布市場まで何回も行かれないので、わざわざオーダーするというよりもお店にあるものを買うことが多かったけれど、私の好みを知っているシャーリィはいつも私が好きそうなものを用意してくれています。謝謝!:)
先月買ったのはこの黒いオーガンディのコート。
コートと言ってもオーガンディですもの。ふんわりと蝉の羽のように薄くて軽い。
前に作ってもらったのはシャープな印象だったけれど、今回のは襟も少し丸みをおびたラインだし、袖は丁度肘の辺りでひらひらっとしています。素敵!
毎年少しずつ値段は上がっているのにいつも上海や台湾人マダムで賑わっているし、外注も多いらしくひっきりなしに出来上がった洋服が届く彼女のお店は布市場1の人気店!
今年からは「1枚だけのオーダーはなし」になり、ついにこんな紙のバッグまで登場しました。びっくり!「もう布市場のお店ではなく外灘にある高級店のようね!」と言ったら「そうでしょ!」と彼女はとっても得意そうでした。
Shirly3
私の目にはとまらなかったけれどシャーリィが「絶対似合うから」と薦めてくれたのがこのワンピース。
襟は黒いオーガンディを3枚重ねたもの、身頃はシルク、裾と切り替え部分に繊細なレースが縫い付けられてあり、裾は紫のオーガンディ。
「んー、そう?...でも、ちょっと着てみようかな」とトライしてみたら、すごく雰囲気があって素敵でした。
東京ではこういうものは売っていないものね。
そして、後ろが更にうっとり。
Shirly4 少し広がったAライン
のシルエットやこの後ろのタックがShiatzy Chen風。
私が彼女とごちょごちょと値段交渉をしていたら、お店に来ていたマダムの一団が「それ素敵ね、私たちも欲しいわ」と目を輝かせ始めました。「最後の1枚だからもう作れない」とシャーリィは言ってたけれど商売上手な彼女のこと、何とか生地を探して似た雰囲気のものを作るのでしょう。
何年か前までは雑誌の切り抜きを見ながら片言の英語で注文の相談をしていたのに、2年前くらいからiPadを取り入れてショーのランウェイを見ながら「これ、これ!」と間違いなく注文をできるようになり、今は英語も上達してお店を模様替して自分のお店の素敵な紙袋まで作ったシャーリィ。
彼女の先を読む力やスピードや応用力は素晴らしい!私も学ぶところが沢山あります。楽しいお買物をしながら、帰り道にはタクシーの中でノートを取り出して気がついたことをメモをしたりしています。
次回の上海行きは6月の予定、ということはもう夏物ね。今年はどんなものを作るのかしら。楽しみ!!! 
上海南外灘軽紡面料市場
陆家浜路399号

| | コメント (4)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »