« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

夏の終わりに

8月もあと3日になりもうすぐ今年の夏も終わり。昨日は大人の夏休みを楽しみに六本木へ映画+ご飯を食べに行きました。

Bgnsffccaeau1y_2

相変わらずな感じのジョニー•デップに思わずクスッと笑っちゃうThe Lone Rangerはもう見たから今回は何を見ようかしら?とTOHO cinemasのリストを見ても「う〜ん、余り見たいものないかも...」という感じ。
そんな中「スタートレックって今まで一度も見たことないけど、この悪役ってあのシャーロックの人ね?では、これに決まり!」とSTAR TREK INTO DARKNESS を見に行ってきました。
Benedict Timothy Carlton Cumberbatch, カッコいい!冷酷で強い悪役、しかも声が素敵!クールな目も良いけれど私は口元が好き。♡
「人類最大の弱点は、愛だ。」というキャッチフレーズ通りのストーリーや3Dの映像も迫力満点で初STAR TREKに大満足でした。
そしてドキドキ映画の後は美味しいご飯ね。やさい家めいで野菜たっぷりの疲労回復鍋と「アレ食べたい!」とリクエストをしてコーンを海苔にたっぷりと乗せた素揚げをいただきました。美味しかった!そして、まだまだ話足りない私たちはオープンエアのカフェで飲み直し。Ha~ ha~!!!
今朝起きたらちょっと飲み過ぎな感じだったけど一日たっぷり遊んだので気分もスッキリ!楽しい一日でした。:)
そして今からまた中央道をブンブン走って蓼科へ。
Tate5 叔母の「テラスでスモーク(燻製)をやってみたい」とのリクエストに応えて、我家のガレージに置きっぱなしになっていたスモーカーを持って行きます。楽しみ!
バーベキューやアウトドア料理になると俄然張り切る母が明日からジョインする予定なので今回はにぎやかになりそう。。。
週末に向けて長野方面もお天気が心配だから、私は毛糸や編み針を持参しましょ。今編んでるのはこの夏取り組んでいる花模様のカーディガンと簡単スヌード。まだまだ暑いとはいえ、もう気持ちは秋へ向かっています。編みものや手芸がますます楽しい季節ですね。:)
そして私が蓼科へ行くのをこの子も楽しみにしていてくれてるかしら?
Tate6_2
 
すっかり大きくなって蓼科暮らしにも慣れたミッフィ。それにしてもこの格好!
ウサギってみんなこんな格好をするのかしら?(足に注目!)
前回蓼科から戻ってまだ10日にもならないけれど、きっと山にはもう早い秋が訪れているはずです。この前はパーカーで十分だったけど今日は薄いセーターを持って行こうかな。さっ、用意しなくちゃ!
*もうすぐ秋ですよ〜
Keitoのワークショップへ是非!

| | コメント (0)

お宝発見?!

模様替え好きな私ですけれど、大量の素材や作品、資料をどんなふうに小さな部屋に効率よく、そして見た目もかわいく整理できるか毎日試行錯誤の真っ最中。

Box
まず始めにIKEAへ行き、整理するための箱を買ってきて、今まで茶色いダンボールに入っていたものを作品、毛糸、布、持ち手、パーツなどに分けてきれいな箱へ詰め直しました。
私がいつも部屋のインテリアを決める時に気をつけているのは「色の数」どの色をメインにアクセントはどんな色にするかを決めて、他の色はなるべく使わないようにしています。
今までDesigners Guildのブルー系の壁紙+カーテンだったのを、先日新しくロンドンで購入したかわいいバラのプリントの生地に合わせて今度は白+ピンク+水色を基調色にすることに決定!
見せるもの、見せないものをうまくアレンジしないとゴチャゴチャになるし、しまいすぎてもその存在を忘れちゃうし...使いたい材料は手前にとっておきたい作品や資料は奥に、というふうに箱を積み上げましょ。
そして月を見ながら好きな音楽を聴きましょう、と窓辺に作ったベンチ収納のフタを開けたら、そこにも昔買った布がぎっしり。。。でも、その奥に何か見覚えのある箱があります。「??????」とフタを開けたら「きゃぁ!ここにあったのね!」と思わずにっこり。
Lp1 昔集めたLP達!
随分処分しちゃったけど、David Bowie, Roxy Music, Elvis Costello, Rickie Lee Jonesはもちろん全部大切にしまってあります。ロンドンに住んでいた頃好きだったWingsのアルバム[Venus and Mars]やRod Stewart の[Atlantic Crossing]や[A Night on the Town]を1枚ずつ手に取ってちょっとノスタルジックな気分に。
家族といつも行っていたイタリアンレストランでRod Stewart と隣同士の席になったこと、友人と通っていたクラブMonkberrysにいつもBrian Ferryやいろいろなミュージシャンが来ていたこと、学校の同級生(インターナショナルスクールに通っていました)のパパが映画監督で、ある晩遅く「今、僕の家にDavid(you know who?!)が来てるんだ、Hirokoも今から来ない?」と電話があったこと、いろいろなことをわあっと思い出しました。うわーん、懐かしい。
Lp2
そして、もちろんこれも大切なアルバムとしてとってあります。
1974年発売Sadistic Mika Band の「黒船」。おませ小学生だった私がコンサートへ行っていた頃、トノバン(加藤和彦氏)はロールスロイスを運転してミカと会場へ来ていました。素敵!小学生ながら「この人は何か違うぞ!」と思ったものでした。:)
そして、翌年ロンドン在住の私がRoxy Musicの'75年のUKツアーへ行ったらオープニングアクトとしてミカバンドが登場してびっくりでした。「サイクリングブギー」[Hi Baby]「塀までひとっとび」Wow! 懐かしくて思わずYou Tubeで見ました!!! 今見てもカッコイイ。いえいえ、今見るともっとカッコイイかも。
トノバンはもういないのに、今はこうしてYouTubeやいろいろなサイトでいつでも動画を見られるのね。それはそれなりにうれしいけれど、こうして見るよりもずっとずっと鮮烈な記憶として残っているのは私の心の中。:)
部屋を整理する時に「これはもういらない」「あ、これは絶対とっておく」とひとつひとつのものを分けていくけれど、もしかしたら人の記憶も毎日同じことをしているのかもしれませんね。
だって全て覚えていたら能も心もパンクしちゃうもの!同じことを体験していても覚えていることが違うのはその人にとって何が大切かがそれぞれ違うからなのでしょうね。ふむふむ、納得。
さて、お片付けももう少し。
明日はレディースディですもの、六本木で映画+ご飯よ〜。楽しみ!
英国人のユーモアとセンスが良く現れているトノバンのインタビューをどうぞ。http://youtu.be/BQESpX8QJwo
 

| | コメント (0)

美味しい週末

蓼科から東京へ戻り、今私は仕事部屋の模様替えの真っ最中です。上海のアパートにあった荷物をどうにか2階の仕事部屋に納めようと奮闘中。ふぅふぅ。

そんな中、昨日親友と四谷でタイ料理を食べながら夏の報告会をしましょ、と電車に乗ったら東急沿線の情報誌に「これは!」と思う記事が載っていました。
We1
何と目黒通りに朝の6:00にオープンするパン屋さんが出来たというのです。我が家から一番近い美味しいパン屋さん(なんて言ったら怒られちゃいそう、パティスリー、ですね)はオーボンヴュータンだけど9:30開店だから朝ご飯の時間には間に合わない。
わぁ、でも新しいパン屋さんの登場でこれから毎朝焼きたてのバゲットが食べられるのね!!!素敵!と、車に飛び乗って買ってきました。
情報誌の効果はすごい!焼きたてバゲットの実力拝見と集まった人たちで朝の8時にパン屋さんはぎゅうぎゅうでした。
バゲット、トラディション、チーズたっぷりパン、ひまわりの種のパン、イチジクパンなどを購入。ふんわり漂うバターの香りに愛猫Sageも興味津々に取調中。パリでバゲットを買いに行くと、いつもアパートに着く頃には半分くらいになっちゃってたけれど、今朝もオーブンから取り出したばかりのトラディションを車の中で「アチチ!!!」と頬張りながら帰って来たので家のテーブルに取り出した時にはやっぱり同じように半分になっていました。Ha, ha~! ということはパリのパン屋さん並に美味しい!Oui!その通り。車で5分のところに毎日食べられる手頃な値段もうれしいパン屋さんができて毎日の生活の中に楽しみがひとつ増えました。
:)
そしてパンを夢中で食べていたらピンポーンとドアベルが鳴って宅急便が届きました。まぁ、うれしい!名古屋のH 美ちゃんから大好きなブドウが箱一杯届きました。
We2
日本の果物ってホントに美味しい。ブドウも年々いろいろな種類が増えるし、皮が薄くなったり種なしになったりと食べやすい工夫も進化するし。研究熱心なのは世界一ね。ブドウ好きな私は早速マスカットをお味見。美味しーい!
パリパリのバゲットと丸山コーヒー(近所の商店街にあるんです!)そして知多半島のブドウの美味しい週末の朝ご飯でした。:)
そして、この朝ご飯を食べた居間のインテリアをこの夏少しだけリフレッシュさせました。
We3
居間の南側のフランス窓3カ所の薄いカーテンを新調しました。厚手の白地に大輪の黄色いバラのカーテンに合わせて、黄色いオーガンディ一面にクラッシックな模様が刺繍してあるような生地を買い、頼りになるアシスタント嬢に縫ってもらいました。Sさんありがとう〜!お陰さまでちょっとマンネリ化していた居間が華やかにリフレッシュしました。この生地は何と上海の手芸市場で購入したもの。「えぇっ?こんな素敵な生地をあのゴチャゴチャの市場の何処で見つけたんですか?」って思うでしょ。それは...プロの嗅覚と長年の勘なの。いえいえ、じっくり見て回るのがコツです。♡
今、仕事部屋は足の踏み場がないほど箱+箱+引き出し+箱!
さぁ、美味しいパンやブドウを思い出してうっとりしていないで働かなくちゃね。
Mary Poppinsの中のお片付けの歌[ A Spoonful of Sugar ]でも口ずさみながら頑張りましょ。:)
*パン屋さん:Toshi Au Coeur du Pain 目黒区中根1-20-18
  6:00-19:00 定休日: 月曜日

| | コメント (0)

そろそろ

山での夏休みも終わり東京へ戻りました。

Atm1 蓼科では東京よりも自然と早起きをするので一日が長い。そんな中何をしていたかというと、いろいろなところへドライブに行ったり叔母の用事を手伝ったりすることもあるけれど叔母も私も仕事持ちなのでお互いちょこちょこ仕事もしたり。
そして、毎日私が欠かさずすることは編みもの。夕方ハンモックで本を読むのに飽きたら編み針を手に取ってせっせと、スープや煮込み料理の合間にちょこちょこ、そして寝る前に好きな音楽をかけながらじっくりと、と多分一日に何時間かは編んでるのでしょうね。
蓼科にいる間にカーディガンの前身頃2枚、Keitoのワークショップ用ラップを1枚、極太糸でマーガレットを1枚編みました。ふむふむ、我ながら感心感心!
Atm2jpg これは9月のKeitoのワークショップの作品です。
蓼科へ行く前にお店に寄り大急ぎでスタッフのMちゃんに羽織ってもらいました。ね、首回りにぴったりするというよりもWrapという言葉の通り肩周りに巻き付ける感じ。
大好きなコリネット社のバニヤンというコットンの糸とパリジェンヌという極細のモヘアを2本取りにしてあるので色がミックスして現れるのがまた楽しい!:)
これは秋らしく桔梗やブドウのような色合いだけど、前回の記事でご紹介した私のはこけももや森のきのこを思わせるようなラズベリーレッドです。コットンベースなのでこれから編むと丁度良いかも。秋になって少し寒いと感じたらささっとこのラップを巻きましょう。
Atm3
後ろ姿はこんな感じです。クラッシックな雰囲気がかわいい!
透かし模様がきれいでしょ。模様の数を調節して自分にぴったりなサイズに仕上げられるのもワークショップならではのこと。肩が小さめな方は模様は少なめにしてかぎ針のふち編みをたっぷりとつけたら素敵だし、肩が広めな方は毛糸を最後まで使って十分な長さのラップに仕上げましょう。いえいえ、私は長さもふち編みもたっぷりが良いの!という方はどうぞ棚からもう1カセずつどうぞ。
お店でのワークショプってこんなふうに毛糸が並んだ棚を眺めながら色を選んだり、自分の好みによって糸をすぐに買い足したりできるのも楽しいこと。
「棒針を持ったことないんですけれど参加できますか?」という方、いつもだったらチャレンジ大歓迎で「大丈夫、是非ご参加をお待ちしています」とお答えするのですけれど、このラップはいろいろな編み方が混ざっているのでマフラーや簡単なセーターを1枚でも編んだことがある方向きかも。そして模様編みのコツさえ覚えてしまえば簡単なので色違いをどんどん編みたくなること間違いなし!:)
バニヤンもパリジェンヌも色がたくさんあるから、きっといろいろな色のラップが生まれるのでしょうね。わぁ、ワークショップ当日が今から楽しみ!
そろそろ秋のお洒落の準備をしなくちゃね!
*9月のKeitoでのワークショップの詳細とお申し込みはこちらから

| | コメント (0)

秋の気配

今年の夏の猛暑は蓼科も例外ではなく、いつもご挨拶は「やっぱり山は涼しいですね」なのに今年は「何だか蒸しますね」や「山も暑いですね」という感じ。

でもこの2-3日少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。
Aki1_2
朝ご飯の頃はパーカーを羽織らないと少し寒いし、夕方のハンモックタイムの時は長袖だけでは何だか冷えて薄い膝掛けをふんわりとかけています。
昨日は朝からお客さまだったので夕方にはちょっとグロッキーでダウンしてしまいました。そんな時は庭のハンモックへ。ワインをソーダで割って大きなグラスに入れハンモックの下のiPadから流れるのはヨーヨー•マのバッハの無伴奏チェロ組曲。これで私の読書タイムの始まり。。。:)
時々うつらうつらとしてマイナスイオンをたっぷり体に取り入れたらすっかり元気になりました。:)
そして夜は高原野菜を色々使ったヘルシーベジタリアンご飯を2人+2匹+1羽で食べました。美味しかった!
Aki2_4 先週まで元気いっぱいだったひまわりのかわりにコスモスが咲始めこの辺りの色が変わり始めました。
最近気になるのはこんなボルドー。
先日バラクラへ行った時にも様々なパープルやボルドー系の花が咲いていて「もうすぐ秋なのね」と思いました。
そしてそんな時にいつも思うのは「どうして季節の移り変わりとその時期に咲く花の色ってぴったり合ってるのから?」ということ。
春には優しいふんわりとした色の花が咲き、夏には元気な黄色やオレンジや赤い花。そして秋が近づくころにはこんな深い色が少しずつ姿を現します。自然って素敵!
そして蓼科へ来てからせっせと編みさっと出来上がったのがこのWrap.
上海のELLE DECORATIONS用に作ったクッションとピッタリ合って、すっかり秋の雰囲気です。
Aki3_2
これは9月のKeitoのワークショップの作品です。細いモヘアとコットンの糸を2本取りにして編んだもの。ウールやカシミアにはまだ少し早いけれど、ちょっと肩周りが寒くなってくると欲しいのがこのラップ。ショールでもスヌードでもなくて肩にくるっと巻いて使います。
先日ロンドンのニットショップで色々なラップを見た時に「わぁ、この形かわいい!」と印象に残り私らしいラップを編みたくて作ったもの。
このラズベリーカラーのは私用。そして既にもう1枚Keitoのサンプル作品を蓼科へ来る朝に渡してきました。Keitoからのお知らせや募集開始ももうすぐのはず。Keitoのホームページやtwitterをご覧になってくださいね。ワークショップは9月10日(火)、時間はいつものように11:30~と14:30~です。
さぁ、夏休みももう少し。今年は残暑が厳しそうだけど山には秋の気配が漂い始めています。首回りがひんやりとして「わぁ、寒い!」となる前に秋の準備をしなくちゃね。Keitoのワークショップでお待ちしています。楽しみ!:)
PS: 大変大変!今、Keitoのホームページを見たら受付始まっていました!
でも、今日は日曜日だからお休みです。お申し込みは明日からどうぞ。
 

| | コメント (0)

至福の日々

いつの日か移住したいと考えているほど蓼科好きな私が叔母の山荘で何をして暮らしているかといえば、今年はこんな感じ。

Tate1_2 これは庭のウッドデッキに置いたハンモックでのんびりしているところです。
諏訪の大型のDIYストアでこのハンモックに一目惚れした私は「絶対これ置いたらみんな喜ぶし毎日楽しいと思う」と叔母におねだりし、車にギュウギュウにのせて持ち帰り早速組み立てて毎日暇さえあればゆ〜らゆら。
誰か遊びにくれば「このハンモックとっても気持ちがいいの、ちょっと乗ってみませんか?」と誘い、すっかり私はハンモックのデモンストレーターのようです。Ha~ ha~!!
Cfarm 昨日は叔母の山荘の近くにお住まいの絵本作家の方をお誘いして久しぶりに原村のカナディアンファームへお昼を食べに行きました。ここへ行くのは本当に久しぶり!
カナディアンファームが出来た頃は度々行っていたのにいつのまにか足が遠のき、昨日は叔母と「わぁ、久しぶりね〜!」と大騒ぎでした。
ハセガワさんの美味しいオーブン料理も健在で幼かった子供達がせっせと元気にレストランで働く姿はとってもうれしくて、帰りの車の中で「また近いうちに絶対来ましょ!」と叔母達と話し合いました。
Ehon
そしてカナディアンファームのすぐ近くの絵本美術館で開催中の「片山 健 絵本原画展」を見に行きました。私は片山 健さんの暖かい絵が好きなので実物を見られてワクワクしっぱなし!他にも大好きなヨゼフ•ラダ(「きつねものがたり」や「黒猫ミケシュのぼうけん」の作家)やハンス•フィッシャー(「こねこのピッチ」や「お誕生日」の作家)の原画を少しだけですけれど見られて私はにっこにこでした。次回の企画展は「ハンス•フィッシャー展 『ブレーメンの音楽隊』から『こねこのピッチ』まで」9月21日−12月1日。絶対見に来なくちゃ!
今日はシドニーから蓼科へ移住して来たオーストラリア人シェフのレストラン&カフェを見つけました。ここからの景色はホント素敵だしご飯もおいしい。:)
ね、蓼科が楽しい訳がわかるでしょ。来週は東京へ戻らなくちゃだから、ここでのお休みもあと少し。明日はハンモックで一日ゆらゆらしてようかな。それとも?!!!
楽しみ!
さぁ、今からピクルス作ろう、っと!
カナディアンファーム
長野県諏訪郡原村1077-7  Phone: 0266 74 2741
八ヶ岳小さな絵本美術館 
長野県諏訪郡原村原山  Phone:0266 75 3450

| | コメント (0)

進化論???

Veg1 先週の土曜日に東京を抜け出し蓼科へ来ています。

叔母の山荘にはいろいろな方が高原野菜を持って来てくださるので、いつもキッチンはこんなふうに野菜でいっぱい!
今日はピクルスとルバーブのコンポートとラタトゥイユとトマトソースとコーンポタージュかオニオングラタン...と目の前の山盛りの野菜を前にいろいろと作りたいものを考えていたのに、念願のハンモックを買いに行きひとりでせっせと組み立て、夜の入り口に差しかかる頃まで叔母と庭のウッドデッキでワインを飲みながら歌を唄ったりしていたので結局ルバーブのコンポートしか作りませんでした。残りのお料理は明日ね!
そして、この新鮮な野菜を喜んでいるのはこの前の5月からファミリーに加わったウサギのMiffy....だけではありません。
Vegdog Miffyにあげたニンジンを横取りしてガリガリ齧りついてるのはトイプードルのNana. 呆れた!前足で上手に人参をはさんで格闘中。もう一匹のトイプードルのMayと二匹でキャベツやコーンをミッフィと一緒に喜んで食べています。Ha~ ha~!!!
ドッグフードには野菜が入ってるから野菜を食べるの自体は不思議じゃないけれど、生野菜を朝から晩までウサギと一緒にボリボリパリパリ食べています。:)
蓼科に来る前から「ミッフィはドッグフードを食べてメイとナナは必死にウサギのケージに頭を突っ込んでラビットフードを食べてるのよ」と叔母から聞いてはいたけれど、この調子ではミッフィはその内ワンワンと鳴き、メイとナナはウサギのように跳ね回るようになるかもしれません。
Vegrab そして肝心のミッフィと言えば自分よりもよっぽど体の大きい犬達が自分の様子を見ながら野菜をバリバリ食べるのをのんびりと眺めています。
ミッフィはミニウサギだけど食べること、食べること!一日中何やらモグモグ食べています。そしてお腹いっぱいになるとこのとおりの〜んびり。
そして私が今まで知らなかったのは、ウサギがものすごくマイペースな動物だということ。いつも何事にも動ぜず我関せず、という感じ。
それにしても「Miffy~♪」と呼べばピョンピョン飛んでくるし、足下が何だか暖かいと思って覗くとミッフィがペタッとくっついています。ウサギってもともとこうなのかしら?それとも犬達と暮らしているせい?
さぁ、明日もブレーメンの音楽隊のように2匹と1羽を従え野菜と取り組まなくちゃね。私の夏休みの自由研究はこの2種類の動物達の進化(変化)の様子。楽しみ!
ハンモックが余り楽しくて夕方涼しくなってからもテラスにいたせいか、さっきからちょっと風邪気味みたい。頭と喉が痛ーい。明日は野菜たっぷりのスープを作ろうかしら。パルミジャーノあったかな。

| | コメント (0)

UK Diary 6

さて、いつもみんなに聞かれるのは「ロンドンへ行っていったい毎日何をしているの?」ということ。

うーん、観光という観光はしないけれど美術館や博物館へは良く行くし、買いものもブランドショッピングはしないけれどTOP SHOPやLiberty, Harvey Nicholsを覗いたりはします。
でも、日程を組む時に何と言っても最優先するのはマーケット巡り!
Mkt1 もちろんPortobelloやCamden Passageへも行くけれど、最近お気に入りはここ、Old Spitalfields Marketです。Liverpool Street で地下鉄を降りてぶらぶら5分くらい歩くと大きな屋根のついた建物があり、その下が曜日によって様々なものを売るマーケットになっています。
EAST LONDONと呼ばれるこの辺りは以前は治安があまり良くない地域だったけれど、ブリックレーンやコロンビアマーケットなどのエリアにアーティストが多く集まって素敵なお店がたくさんオープンした今は大人気のカルチャー発信地になりました。
そして、私のお目当ては木曜日のアンティークマーケット。木曜日はヴィンテージのお洋服というよりは日用雑貨が多く手芸の資料や材料を探すのにもってこいの日なんです。:)
Mkt2 何百軒もあるストール(小さなお店のこと)を見て回るのは本当に楽しみ!
みんな色々工夫して商品を並べています。
うわぁ、これも売ってるの?というようなジャンクもあれば、こんなふうにお洒落な帽子を並べているところもあります。
このストールではヴィンテージの紳士服を扱っていて、思わず私も自分自身のお洒落に取り入れられるものがないかと探したり、何か男友達へのお土産がないかしらと思ったり。
いえいえ、でもこんなところで油を売っている暇はありません。私のこの日の目的はあるものを探すことでした。
Mkt3 それは彼女達。
わぁ、お人形ね、ちょっと怖い?
このちょっとセクシーな彼女達は実は手芸材料なんです。
この陶器の上半身の女性達はウェスト部分に針が通る穴がいくつも開いていて、スカート部分を編んだり布で作ったりしてティコゼーやピンクッションを作ります。
以前は手芸売り場へ行くとこれを扱っているお店もあって私もいくつか新しいものを持っていたのですけれど、いつのまにかなくしてしまいました。
そしてマーケットへ行く度に探していたのにいつも巡り会えず、この日も「あったら良いな」くらいの気持ちで探し始めたらいくつものTea cozy topの彼女達に会うことができました。Lucky!!!
この秋ひとつ考えていることがあって、彼女達もその作品の材料として登場する予定です。この日は他に子猫の形のミルクジャグや古いビスケットの缶も買いました。
マーケット巡りのコツは、朝早く行くこと、ストールに並んでいなくても諦めずに「○○探してるんだけど持ってない?」と聞くこと(もしかしたらストールの下に置いてある箱から出していないかもしれないし)、すぐに決めないでマーケット全体を1周も2周もして他のストールにも同じようなものがないか根気良く探すこと、そしてにこにこして値段交渉をすること。
いきなり「これ、もう少し安くして!」ではなく「これ、とっても素敵ね。私ずっとこういうのを探していたの。今日、あなたのところで見つけることが出来て本当に私はラッキーね」などと話すことが大切。そして忘れずに最後に「でも、これと似たようなものを向こうではもう少し安く売ってるのよ」と困った顔をすると、向こうも商売です、売りたいんですもの、少し負けてくれること間違いなし!Ha~ ha~!!!
こんなやりとりもマーケット巡りの楽しみ!!
あぁ、London行きたい!(実はもう一度住みたい!!!)
Old Spitalfields Market (木-日曜日開催)
16 Horner Square, London E1
最寄り駅:Liverpool Street

| | コメント (0)

夏ですもの

8月なんですもの、暑いのは当たり前!

でも、この頃中国でも日本でも、そして世界各国でいつもよりも暑くてみんなふぅふぅ。。。ぐったりしちゃうけど夏は暑いと割り切って、この季節を楽しみましょ。
Juice これはこの夏私が上海滞在中に気に入って飲んでいたフルーツジュース。
小さなボトルなのに他のものよりも少し高めなので(15元位)たくさん買うと「おおっ!」とびっくりしちゃうけれどそれでも毎日飲みたくなるほど美味しいんです。
私のお気に入りはキウィ。マンゴーはちょっと甘いし、オレンジは胃が弱っている時はちょっと控えたかったりするけれどキウィはつぶつぶの果肉もたっぷりと入っていていい感じ。。。
このキウィジュースをゴクゴク飲むとビタミンCをいっぱい身体に入れている感じがしてポパイのホウレン草ジュースみたいに速攻で元気になるし、それに肌にも良さそうです。:)
上海のみなさま、見つけたら躊躇しないで是非試してみてくださいね。Parksonの地下やCity Shopで売っています。
そして今年はサマーニットも何点か編みました。
Cerise3_2 これはKeitoで手に入れたフランスの糸で編んだもの。
このCerise (フランス語でチェリー)という名前の糸にはこんなふうにカラフルなチェリーが1カセに10個通っているんです。それを糸から外して編み上がったあとにバランス良く縫い付けて出来上がり!かわいい!!!
普段自分のプライベートなものを編む時間はあまりないけれど、先日ロンドンへ行った時に機内に短めな輪ばりを持ち込んでせっせせっせと簡単な透かし編みのストールを編みました。片道11時間もかかるんですもの、映画もいいけど編物もおススメ。
そして東京のお稽古では今年の夏はこんなサマーニットを編みました。
Rose
パピーのリンシェネというサラッとした麻の糸にKeitoのNuovo Jaipurという発色の良いコットンの糸でバラを編み込みました。Nuovo Jaipurは細い糸を甘く縒ってある糸なので編み込みのバラがまるで刺繍をしたかのような雰囲気に仕上がったのがいい感じ!
そしてこの2つを編み終えた後は私はもう冬糸を手にしています。来月のKeitoのワークショップ(9/10 火曜日に決定)のために今日から小さな巻物を編み始めました。
秋になって少しずつひんやりとしてくると急に肩や首周りが寒く感じるでしょ。そんな時にはきっと何かをくるっと巻きたくなるはず。その日のために早々と準備をしなくちゃね。9月のKeitoのワークショップもどうぞお楽しみに。
そして暑い中昨日のワークショップへ参加してくださったみなさま、ありがとうございました。楽しかったですね!また来月お待ちしています。:)
さぁ、次に私が向かうのは蓼科。頑張って秋の作品の編地やデザインを仕上げて材料を山のように車に積んで行かなくちゃ。楽しみ!

| | コメント (2)

再見、上海!

生まれて初めてのひとり暮らしを上海で始めたのが2010年の夏。それから3年の間上海へ1年に7-8回通いながらこのフランス租界の老房子で上海暮らしを楽しみました。その大好きなアパートともお別れ、発つ日の朝はこんなふうに気持ちよく晴れて私はすっきりとした気持ちで空港へ向かいました。
Apt5

Keys 前日は「最後のご飯に何を食べようかしら?」と考えたけれど、結局また来るのだし暑くて食欲ないからタイ料理ね、と友人とFerguson LaneのCoconut Paradiseへ。丁度着いたあとに大雨になりまるでレーザーショウのような雷!そんな中友人といろいろな話をしてあっと言う間に夜が更けていきました。そして話足りない私たちはLe Petit Franckへ移動して飲み直し!楽しかった!ありがとう、R君。

荷物はみなさんに助けていただいてすっかり片付き、持って帰る荷物はトランク3個にパンパンに詰めて無事に出発準備完了。

ナイナイ(大家さんのおばぁちゃま)も朝早く起きて笑顔で私を送り出してくれました。朝、3年間私が使っていた鍵を返すとき、わぁーん、ホントにもうこのアパートもお別れなのね、としんみり。。。

「上海に来たら会いに来てね、待ってるから」とナイナイも何だか寂しそう。言葉が出来ないからそんなにコミュニケートがなかったけれど、私とナイナイはお互いに信用し合って暮らしていたこと、私は90歳近いナイナイの健康を離れている時も気遣っていたこと、ナイナイは言葉の出来ない私が困っていないか心配していてくれたこと、などを改めて感じました。人との別れはいつもつらいもの。ナイナイ、いつまでもお元気でね。

Pouch

これは東京へ戻った翌日のレッスンで生徒さんが見せてくださった作品です。かわいい!

7月のKeitoのワークショップで作ったポーチの色違い。やっぱりコリネットの糸って素敵!

来週の月曜日5日のKeitoのワークショップもこのWigwamを使って編みます。わぁ、私も新しい色の編もうかな。もう5色くらい編んだけど彼女の作品を見たら創作意欲がムクムクと湧いてきました。月曜日、楽しみ〜!

是非是非みなさまお遊びにいらしてくださいね!暑い夏ですもの、みんなでワイワイ楽しく編みましょ。

そして上海!再見〜!!!!

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »