« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

HIS and HERS

この頃急に肌寒くなってちょっと油断をするとたちまち風邪をひきそうな感じです。東京がこんなに冷え始めてるのだから蓼科はどんなに寒いでしょう。

今週は雨が降ってそしてその後良く晴れたからきっと山にはきのこがむくむくと顔を出しているはず、と思うと何だか気もそぞろ。。。
Kinoko_2 これはね、多分カラカサタケ。食用ではなく「注意」「食べられるけど中毒も報告されているもの」ということみたい。はい、見つけても食べません。
この頃私は「おいしいきのこ 毒きのこ」という持ち歩き図鑑を買ってきのこの種類を勉強中。とは言っても、食用と猛毒がすごく似てたりするから素人判断は危険な世界。
今は何を見ても「あ、きのこ」というだけで何も解らないから、せめて蓼科でお散歩をする時に見るきのこの名前を知りたいの。それに図鑑って楽しい!時間を忘れて思わず見入ってしまいます。:)
そして、森をお散歩する時に忘れちゃいけないのがネックウォーマー。首や肩周りが暖かいだけでセーター1枚着ているみたいな感じになります。
Oct10 これは10月のKeitoのワークショップで編むもの。(10月24日 水曜日です)
今までのネックウォーマーのイメージよりもちょっとモードな感じでしょ。
糸はイタリアのLANA GATTO社のADDA.
多分Keitoのお店の中で一番チクチクしない糸です。リリアン状になっているので柔らかいし色も素敵。首って意外と敏感で柔らかくて暖かいものを巻いていると、それだけで体中がリラックスできる感じ。:)
この金具は私が上海で特注して作ってもらったもの。この金具を縫い付けるだけでいろいろお洒落な着こなしが出来るのがこのネックウォーマーの魅力です。
そして、実はこの編地はとっても簡単!!!今回は初心者の方もすいすい編めちゃいます。何だか複雑に見えるけれど実はスーパー簡単!!! そしてベテランの方にも十分楽しんでいただける面白い編み方の編地です。:)
10月になるとクリスマスも近くなってくるしプレゼントを編み始めるにも良い時期です。ADDAの色は全8色。イタリアの糸なのでメンズにしても渋くてカッコイイ色も揃っています。そしてもちろんレディース向けの優しい色も。

Oct3

私は今2作目を製作中。
グレーの糸はADDA,ピンクはTRAPPEUR.こんなふうに質感の違う糸を合わても素敵。
自分に1枚編んだら、次々にご家族やお友達の分も編みたくなりそう。
ご年配の方から働き盛りの男性陣、そしてお洒落な女友達や北風の中で元気に遊ぶ子どもたちへ、みんなの笑顔を思い浮かべながらKeitoの中をぐるぐる歩き回って糸を選びましょう。絶対「これも編みたい」「あれでも編みたい」となること間違いなし。
だって、それほど今度の作品は「簡単+便利+暖かい」んですもの!!!
わぁ、大変!ワークショップのお申し込みは今日から始まったみたい。
詳細はこちらでご覧下さいね。
Keito
 

| | コメント (0)

銀座にて

今日は雨の中銀座へ行きました。

Apple Storeへ私のiPhoneの故障をしている部分を直しに行ったけれど、直すよりも新しいiPhoneを買った方が良いかもということになり、そのまま持ち帰ることになりました。でも日本の携帯電話会社の2年縛りは納得できないので、あと3ヶ月我慢して年末に海外でsim freeのiPhoneを買おうっと。いろいろと質問をした私に迅速+親切に対応してくださったApple Storeのスタッフの方、ありがとう。やっぱりApple Storeも銀座がピカイチね。:)
そして京都へ行けない時にはここで祇園の味をどうぞ。
Yone ここはBarneysと同じビルにあるレストランよねむら。
香港へ転勤中の甥が東京へ来たので家族みんなで大好きなよねむらへ行きました。
この前菜、何度食べても毎回「う〜ん、美味しい〜」と痺れちゃいます。ほんのり温かなカボチャのポタージュとバジルシード、オマール、アマレットのジュレを真ん中に隠れている抹茶アイスを溶かしながらいただく、というもの。米村氏でないと考えつかない食材のコンビネーションが素敵。
他にも鱧の冷しゃぶや海ブドウと毛蟹の冷たいパスタなど全て美味しかったし、私は何と言っても米村氏の器のセンスが好きです。使っているのは殆ど洋食器だけど、その合わせ方は日本人ならではのもの。そんな器談義をご本人から聞きたいな。次回は米村さんが東京のお店にいらっしゃる時に行こう、っと。
そして今日は水曜日ですもの、映画を見なくちゃね。
Cinema 今日見たのはこれ、Populaire.(タイピスト)
フランス版マイフェアレディみたいなお話。生まれた時にパソコンがあった今の若者達はきっとタイプライターなんて触ったことがないのでしょうけれど、私もロンドンの学校で国語の授業の作文をタイプして提出しなくてはならなかったのでタイプできます。(エッヘン!)
その頃、オリベッティのタイプライターの音はやっぱり違う、いえいえ私はIBM派よ、なんていう話も流行ったもの。懐かしーい。映画の中にIBMのタイプボールが発明されたエピソードもあったりして思わずにっこり。:)
そして流石フランス映画です、ファッションも見逃せません。この映画の舞台になった1959年頃のワンピースやドレスが次々と登場してとっても素敵でした。やっぱり女の子はワンピースね、と痛感。:)
実は今日はちょっと朝からしょんぼりしていたので銀座で本屋さんへ行きました。私は作家の往復書簡をまとめたものが案外好きなので「運命を変えた手紙」(文芸春秋)というタイトルに惹かれて手にとったら目次を見ただけで「あ、この本買って帰らなくちゃ」と思いました。
Letter
吉行淳之介や内田百閒、岡本かの子や岸信介、幸田文や寺山修司などいろいろな人が書いた手紙を原文のまま読むことができるのでドキドキ!
私が一番好きなのは岡倉天心が愛猫へ宛てて書いたもの。猫へ宛ててはいるけれど、もしも私がこんな手紙をもらったら読んだだけで彼の愛情にすっぽりと包まれた気分になりそうな愛に溢れた文面です。
「君は一切を喜びの門を通じて学ばねばいけない。勇ましくあれ。勇気こそが命の鍵だからね。」あぁ、素敵!
手紙っていいな。メールは便利だけど、この秋は手紙を書きましょう、と思いました。
アップルストアへ行ってiPhone5Sを見て「軽い、早い、きれい、楽しい」って思ったけれど、タイプライターや手紙もね、と思った秋の一日でした。

| | コメント (0)

Happy Anniversary, Keito!

今Keitoのディスプレィはお店のオープン1周年を記念してこんなふうになっています。

Keito10 布や編地で作ったバンティングがカラフルでかわいい!
1周年おめでとうございます!!!
ちょっと意外な場所にオープンした世界中からの糸を集めた手編み専門店Keitoも1年の間にすっかり大人気のお店になり、秋になって「いざ、編むぞ!」と手編み大好きなみなさまで連日賑わっています。
お店の中も少しだけ変わり、以前ワークショップをしていたテーブルが奥の落ち着いた場所に移り、新しく糸を巻いたりするワークスペースが出来ました。
糸もますます種類が増え、私もワークショップの材料を選ぶのに「うわぁ、どれで編もうかしら」と楽しい悩みでいっぱい!
Keito11 少し遅れちゃったけれど9月10日のワークショップのご報告です。
この日は肩周りをやさしく包むミニショールのラップを編みました。
これは11:30~のクラスのみなさまの編地です。:)
この深海生物のような編地は結ぶためのリボンの部分から本体へ増目をしたところ。左側のおふたかたのを見ると透かし模様がきれいに表れているでしょ、この模様をどんどん編み進んで行くとかわいいラップが出来上がります。
コリネットの色ってホントにどの色も好き!鮮やかな色もこっくりとした色もみんなそれぞれとってもきれい。
Keito12_2
そしてこれは14:30~クラスの編地。:)
これからのシーズンにぴったりなきれいな秋色の中にpopsicle(アイスキャンディーという意味)という名前のカラフルなグリーンの糸やホットピンク+白というウルトラキュートな組み合わせの編地にみんなで「うわぁ、かわいい!」と大騒ぎでした。
ワークショップの楽しさってみんなで一緒にわいわい編んだり、自分では考えつかないような色の組み合わせやチョイスを見られること!
自分ひとりだと何だかいつも同じような色を選んじゃうけれど、ワークショップではお隣で編んでいらっしゃる方の編地を見て「わぁ、素敵!今度はこんな色も良いわね!」となること間違いなしです。これがすごく新鮮で楽しい!
そして「今日のこの編図を使ってこんなモヘアで編んでも素敵!ゲージが大きくなる分同じ編図でもちょっとヴォリュームアップしたラップが出来上がりますよ〜」と入荷したばかりのコリネットのモヘアをご紹介したりしているうちに私も「あぁ、このピンクで編みたいなぁ」と考え始めました。
ワークショップが終わってKeitoのスタッフに「これでもう1枚編もうかな」と話たら「伊吹さん、いつそんなヒマあるんですか〜?もうすぐ10月ですよ。11月の準備を進めましょうよ」と現実に引き戻され、そうそう、そうだった!と諦めました。
次回のワークショップは10月24日(木)です。作品を昨日渡して来たのでもうすぐKeitoのホームページで告知があるはず。どうぞお楽しみに!次回の作品はネックウォーマーです。ご自分のでも良いけれどクリスマスプレゼントとして編んでも良いかも!
こんなふうに毎月ワークショップでみなさまにお会いできるのはとっても楽しいこと。そんな機会を作ってくださっているKeito, そして日本ヴォーグ社に感謝です。
そして参加してくださるみなさま、ありがとうございます。手芸家っていつもひとりで部屋の中で仕事をすることが多いので、ワークショップで実際に私のデザインを編んで下さるみなさまにお会いするのはしみじみうれしいです。
また来月もお待ちしていますね!楽しみ!!

| | コメント (0)

世界はうつくしいと

蓼科から中央道をどんどん下って昨日東京へ戻りました。

猫の世話をして、さて、と仕事机に向かっても何故だか集中できない感じ。
そこで、ピカピカ光る月を見ながら深夜の代官山へ向かいました。
26時まで開いている本屋さんへ行って何万冊もの本の中をぶらぶら。気になる本を手に取ったり、懐かしい本を思わず座って読み始めたり。。。静かなひとりの時間を取り戻しました。
購入したのは村上春樹が選んで訳した世界のラブストーリー+書き下ろし短編の「恋しくて」ボリス•ヴィアン「うたかたの日々」そして大好きな詩人 長田 弘の「世界はうつくしいと」。
そして自分の部屋へ戻り月明かりの下で詩集を読みました。
今日は十五夜です。こんな詩をどうぞ。
Tate24
世界はうつくしいと
うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の陰はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光はうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇り日の、
南天の、小さな朱い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。
過ぎてゆく季節はうつくしいと。
さらりと老いてゆく人の姿はうつくしいと。
一体、ニュースとよばれる日々の破片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何ひとつ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。
「世界はうつくしいと」 長田 弘  みすず書房 より

| | コメント (0)

台風一過

Tate20_2

蓼科にいると新聞もないし、テレビも殆ど見ないし、インターネットにも必要な時に繋ぐだけなので今回の台風が思いがけず大型なことを知ったのも心配をして連絡をくれた東京の友人からの電話ででした。

叔母とふたりでテレビのニュースに釘付けになりながら「わぁ、嵐山ぁ~!」「きゃぁ、名古屋~」と日本列島に被害を及ぼしながら北上する台風の様子を心配しながら、ふと外を見ると庭の20mくらいあるカラマツや白樺が風でぐるんぐるんと円を描いています。そしてバサッと大きな音をたてて枝が落ちてきました。ドキドキ!

木が倒れて窓に当たってガラスが割れたら大変!と叔母と手分けをして大急ぎで雨戸を閉め、しばらく様子を見ていたら急にあたりは静かになって風がパタンとやみました。

Tate21

私が台風が来る前にしておいたのはお隣のお庭でのブルーベリー摘み。こんなふうにたっぷりとフレンチトーストに乗せて朝は美味しいパワーブレックファーストを食べました。そして台風がおさまった後、外へ出たらびっくり!玄関のドアの前にはバッサリと折れた大きなカラマツの枝が横たわり、庭のそこかしこに木の枝が散乱しています。あらあら大変、と軍手をはめてずるずると大きな木の枝を庭の隅に引っ張って片付ける事1時間、どうにか車を出したり玄関の出入りは木の枝に引っかからずにできるようになりました。

さぁそれでは、ときのこ狩りに出かけたら台風が過ぎてお散歩に出ていらしたご近所のみなさまに「ウチは停電しているんですよ、困りましたね」「お宅はいかがですか?」と聞かれてまたまたびっくり!!!  別荘地内の電線が入り組んでいるとはいえ、停電していないのはどうやら叔母の山荘だけのようでした。

そこで叔母が「お困りでしょ、夜のお食事をどうぞ我が家で」お誘いしたので、二人分のロールキャベツを用意していたのを急遽3倍に増やさなくちゃならなくなりてんてこ舞い!大急ぎで高原野菜でポトフを作り、庭のきのこをホイル焼きにして楽しい大人の合宿のようなお夕飯になりました。:)

Tate23

夏の間ずっと山荘暮らしをしていた叔母もいよいよ東京へ引き上げるので今日は一日中バタバタと大掃除でした。楽しかった私の初秋の蓼科での1週間も今日で終わり。明日の朝東京へ戻ります。

さぁ、山での生活をエネルギーにして頑張ろう、っと。:)

| | コメント (0)

秋の蓼科で

今日はせっかくの連休なのに蓼科も台風の影響で昨日の夜から雨になりました。そんな時には持って来ている仕事をしなくちゃね、と朝からせっせと手を動かして編んでいます。外は霧が出て見通しが悪いけれど私は元気いっぱい!なぜならば昨日こんな山の実りをたくさん体に取り入れたから!

Kinoko4_2

山にいると昼間は暑いほどに晴れていても夜は雨が降っていることが多く、この辺りにはそんなお天気で育つ山の実りがたくさんあります。昨日はバスケットを持ってお庭とご近所の周りをお散歩しながらきのこを摘みました。本当は「きのこ狩り」という言葉があるほど山の奥へ分け入ってきのこをさがすのでしょうけれど、叔母の山荘の庭にはきのこラインがあって点線を描くようにきのこが生えています。素敵!

そして秋の雨上がりの日はきのこ摘み日和。足下をよぉく見ながら歩くとこんなふうにひょこっと頭を出しているきのこがあります。きのこを毛布のようにくるんでいる回りの苔やカラマツの落葉をそっとかきわけ、ゆるゆるとやさしくきのこをゆさぶって土の中から取り出します。いろいろな種類のきのこが生えているけれどはっきり私が食用とわかるのはこれだけ。でも、このきのこ一種類で十分!だってとっても美味しいんですもの。:)昨日の夜はたっぷりと摘んで来たきのこのお鍋を作りすっかり元気になりました。

Cnight_3

そして先日第2弾キャンドルナイトを開きました。昼間は30℃近くあった暑い日だったのに蓼科はやっぱり山なんですね、少しの間にグッと気温が下がり夜のひんやりとした空気の中でキャンドルの光がより一層暖かく感じられました。

これからの季節はしっかり着込んでオイルフォンデューとかも良いかも!「ひんやりとした空気の中でアチチッと言いながらご飯を食べる」おぉ、楽しそう!!!

10月に来た時にやってみようっと!楽しみ!

蓼科にいると、朝露にぬれた草の美しさに見とれたりカラマツの間を落ちてくる雨音(一斉にザァーと降るのではなく、カラマツの枝の間を通ってパラパラと降ってくるのでまるでメロディーのようです)に耳を傾けているうちに時間がするするとたって行くのを感じます。ゆるゆる緊張がほぐれていくような毎日です。

Sleepy_6

いつか東京と蓼科を行き来しながらの生活ができないかしら?都会育ちの私はやはり時々銀座や六本木の劇場やレストランへ行ったり大きなシネマコンプレックスで映画を見たり夜遅くまで友人達と飲みながら笑い合ったりもしたい。けれど、山での穏やかな生活も魅力的!実際は山での生活は家にも手がかかるし大変かもしれないけれど、自分に合っていることを感じることも確かです。すぐにではなくてもいつか出来るかな、どうかしら。

さぁ、この連休はどうやら雨みたいね。台風に備えて庭に出しっぱなしにしていたベンチやキャンドル達も家へ取り込んだし、今日は仕事をしながらコトコトスープでも作りましょう。そして連休が明けたら東京へ!

| | コメント (0)

きのこの森

蓼科はもうナナカマドが色づき始め秋が始まっています。

庭や近くの散歩道をよぉく見ながら歩くと朽ちて倒れた木の幹や草陰に秋の実りのきのこが生えているのを見つけることが出来るのも秋の蓼科の楽しみです。

Kinoko1_6

昨日のお昼過ぎに着いて早速散歩に出てみたらジゴボウを発見!

他にも「しめじっぽいかも」「これはジゴボウか否か」というきのこをたくさん見つけたけれど素人判断は禁物ですものね。管理事務所へ持って見てもらおうかしらと思ったけれど、いえいえここに生えていればシカやタヌキのご馳走になるし、お散歩に来た人間も見て楽しむことが出来るからおいときましょ、と我慢しました。

ひとつだけ採れたジゴボウをお味噌汁にしたら、トロトロで美味しい!秋の実りに感謝のご飯でした。

Kinoko2

そして今日はメルヘン街道をブンブン上がって麦草ヒュッテへ行きました。朝のうちはもう7℃になる麦草峠はコケモモやキリン草が見頃できれい。雨池の方へ犬2匹を連れてお散歩。今年は別荘地辺りでも熊が出たこともあるそうなので、犬達に「もしも熊が来たらあなた達の方が早く気がつくでしょうから教えてね」と頼んだけれど2匹とも後じさりして「いえいえ、お先にどうぞ」と言った感じ。。。Ha~ ha~!!!

木道の周りにはいろいろな種類の苔が生えていてとってもきれいでした。ふかふかしていて気持ち良さそう。

苔を観察しているうちに、「もしも私が妖精のように小さかったらこの苔とかが大きな木のように感じられて、そしてこの森は王国のようで、この中にはいろいろな種族が住んでいて…」とどんどんお話が浮かんできて、見慣れた蓼科の森がまるでナルニア物語のような壮大なお話の舞台になりそうなに感じられました。:)

Kinoko3

そして帰りはメルヘン街道をどんどん下がりお蕎麦屋さんでシャキッとさわやかなお蕎麦をいただいて帰ってきました、

夜の雨で明日はきのこがもっとムクムクと土の中から顔を出していることでしょうね。さぁ、バスケットを持ってキノコ摘みに行かなくちゃ。

来週東京へ戻ったら大きな本屋さんへ行って苔事典とキノコ大百科事典を見つけてこようっと。

楽しみ~!

| | コメント (0)

秋の始まり

秋の風が吹き始めた先週の土曜日に友人と待ち合わせて銀座へ行きました。

いつもとびきりお洒落な彼女なのに素敵なバッグの他に何やら小さなビニール袋をぶらぶらぶら下げています。BARNEYSで一目惚れしたAmeria Toroのコートの試着をする時も大切にお店のスタッフに預けていたその袋の中身は???
Veg12
かわいいトマトベリーでした。
トマトにストロベリーの形のかわいらしさを加えたミニトマト、トマトベリーはツンと尖った形が本当にいちごみたい。しかも肉厚で甘いからデザートにもぴったり!
新しい品種を作り続ける日本の努力ってホントにすごいとまたまた痛感する味+ルックスでした。日本人って食いしん坊な上に新しいもの好きだから、こうして新しい品種が生み出されるのでしょうね。食べることが見た目にも楽しくて美しいことが基本の日本文化ならではの発想ね!素敵!外国人にも紹介したいな。。。
そしてこれは、ちょっと気持ちが晴れない日が続いている私への小さなプレゼント!心があたたかくなりました。ありがとう。
そして、明日楽しみにしているKeitoでのワークショップが終わったら翌日からまた1週間くらい山へ行きます。

Veg11

蓼科へ行ったらまたこんなふうにルバーブにお砂糖をまぶして煮たり、この前はまだ時期的に早かったビーツも収穫の時期を迎えてお店に並んでいるはずだから楽しみ!
昨日ヘアカットをした帰りに(今回は前髪を作りました!)本屋さんへよって「家庭で作れるロシア料理」っていう本を買ったからビーツやディルを使ったお料理をたくさん作ってみようっと!
そうそう、今晩はフェンネルを軽くゆでてフェンネルの葉っぱを細かく刻んだクリーミィなドレッシングで和えたサラダを作りました。サーモンのソテーとジャガイモをカリカリに焼いたのも作って美味しいご飯でした。:)
Stars
先日久しぶりにラグラグのチェアマットを作りました。英国のGeorge王子のご誕生記念に作ったのは大好きなロブ•ライアンの切り絵[ THE STARS SHINE ALL DAY TOO]をアレンジしたもの。
太陽の明るさで昼間は星の輝きは消されてしまっているけれど、星はいつもいつでも私たちの上で輝いているのですものね。どうぞ目に見えないものにも目を向ける優しい王様になられますように。
夕方仕事の手を休めて窓の外を見たら暮れゆく空に三日月が金色に光っていました。細い細いお月さまはとってもきれいで、思わず指輪にしたい気持ちになりました。キュン!
明日はKeitoでのワークショップです。いつもよりも少しだけ編図を読み解く力が必要な作品です。私もエネルギーいっぱいにしてしっかりレッスンをしましょ。楽しみ!
 
 

| | コメント (0)

Londonでのお買いもの

さて今日は久しぶりにロンドンのお話を。

Shop1jpg
ロンドンへ行ってもブランドショッピングをしない私が唯一「いつか、きっと」と心の中に思い続けているものが大好きなVictoria & Museum の陶磁器のコレクションにあります。
意外と思うかもしれないけれど私はこのマイセンのロココ様式の「宮廷の光景」シリーズがとっても好き。細かな手作業で作られた部分をひとつひとつ見ているとこの作品にこめられた膨大な時間や想いが伝わって来て圧倒されてしまいます。そしてストップモーションをかけられたようなふたりの様子にうっとり。。。
時々清水の舞台から飛び降りるような気持ちでマイセンの小さな小さなお人形を自分のために買おうかしら、と考えるけれど、V&Aへ行けば何百年も前の名工達の技術と努力の結晶のような素晴らしい作品がいくつも並んでいるんですもの、ガラス越しではあるけれど右から覗き込んだり左へ回ってみたりして飽きるほど眺めましょ。ドレスやジャケットに描いてある刺繍のような模様や小さな花や葉っぱをを見ながら職人達が作っている様子を想像しているうちに自分の手も自然と動き出しそうになります。
マイセンの磁気は白の色ももちろん美しいけれど、イギリスやフランスのものよりも押さえた絵具の色も素敵。
Shop2_2 ここはポートベローロードのヴィンテージアクセサリィのお店。
この日目にとまったのはもちろんこのチェリーのネックレス!ウィンドウから眺めながら「わぁ、素敵!」「うーん、でも高そう〜!」と暫く眺めていたけれど、聞いてみなくちゃ解らないものね、とお店に入り試着させてもらいました。
大粒のチェリーがセクシーでキュートでとっても素敵!黒いシンプルなドレスに良いかしら?と思ったけれど、いざ身につけて鏡の前に立ってみたらアジア人の私はちょっと迫力不足な感じで、「あぁ、私よりもこのネックレスが似合う人がいそうね」と諦めて帰ってきました。現代のものだったら、ただ「欲しい」という理由で購入しちゃったかもしれないけれど、これはヴィンテージのアクセサリィですものね、もう同じものがないかもしれません、それならば一番似合う人が持つのがいいものね!
そして靴好きな私が「これ下さい!」と迷わずに即決したのがこの1足。
Shop3 ブラジル生まれのフルーツの香りがするラバーシューズで有名なmelissaとVivienne Westwoodがコラボレーションして作ったVivienne Westwood Anglomania + Lady dragonというシリーズのもの。全体が薄いベージュ(nudeという色です)なので、履くと素足にオペラピンクのリボンがついているみたいでかわいい!
しかもいつもは素通りしていたお店をその日は何となく覗く気になり、「あ、これ、前から欲しかったヴィヴィアンの靴ね。サイズ35ありますか?」と聞いたら、にっこりしながら棚から最後の1足を出してきてくれました。欧米人にとってはすごく小さいサイズなので売れ残っていたのでしょうね。ラッキー!!!
マイセンの磁気のお人形はV&Aへ通って眺めれば良いし、あのヴィンテージのチェリーのネックレスは私よりもずっと似合う人がどこかにいるし、このヴィヴィアンの靴が「これがあなたにぴったりのものよ」ということなのでしょうね。
ラバーだから雨の日もへっちゃらの靴を履いて、明日は仕事が終わったら銀座へ。どんなお洋服と合わせようかしら。楽しみ!

| | コメント (0)

おいしい蓼科

先日「私が諏訪南インターで中央道を降りて必ず寄るのは自由農園です」と書いたのには訳があったのに、そのことを書くのをすっかり忘れていました。

Tate9自由農園へ行ったら「あ、あった!」と必ず買うのはこれ。スーパーマーケットではいろいろな種類のヨーグルトを売っていてどれにしようかといつもすごく迷うでしょ。でも、もしもこのヨーグルトを近くで買うことが出来たら何も迷わずにさっとこれをバスケットに入れるだろうと思うほどお気に入りのAtelier de Fromageのプレーンヨーグルト。
濃厚なのにさっぱりとしていておいしい。
一口食べると、このヨーグルトの材料になっている牛乳を絞った牛が食べた牧草を感じられるような、高原を体感できる味なんです。
朝、起きて一番始めに身体に入れる入れるものがシンプルで素直に美味しいのはホントに幸せ。蓼科にいる時だけではなく東京の家にも取り寄せられるみたいだから頼もうかしら。ううん、蓼科へ行った時だけの楽しみなのが良いかな。。。いつでもどこででも食べられるようになるのは何だかつまらないものね。このヨーグルトを買うために自由農園が開いている時間に諏訪南に着かなくちゃ、と旅程を考えるのも楽しいもの。
今度蓼科へ行ったら少し足を伸ばしてアトリエドフロマージュの湯の丸高原の本店へ行ってみようかな。忘れずに大きな保冷バッグを持って行かなくちゃね!作り立てのチーズをきっと山ほど買いたくなっちゃうもの!
そして、東京の家の中をきちんと整えようと考えている私は昨日もIKEAへ行ってきました。必要なもの、もしもあったら購入を考えるもの、などのリストを手にお店の中を2時間くらいグルグル回ったのでちょっとフラフラ。
ご飯は簡単にね、とサーモンマリネのラップサンドと蓼科のフルーツトマトのサラダにしました。
Tate10
シンプルブレッドにディルが入ったサーモソースを塗った上に大好きなサーモンのマリネ LAX GRAVADをのせてくるくる巻けば出来上がり!すごく簡単なのに結構美味しい。
いつもはこれだけだけど、昨日は蓼科で買ってきたフェンネルがあったので柔らかな葉っぱをラップサンドにもたっぷりと入れました。
やっぱりフレッシュなハーブっておいしい。:)
ディルとフェンネルの葉っぱってそっくりなのに、ディルは1年草でフェンネルにはこんなふうに大きな株がついてるというふうに全く違う植物なのね。この株の部分をグラタンにするのが大好物な私はいつも葉っぱを上手に活用できていなかったけれど、これからはこんなふうにサーモンのサンドイッチに合わせましょ。
そして今日一日何度天気予報を見ても明日の伊豆地方は雨のち曇り。。。
Tate11 雲丹の殻にパステルカラーのロウを流し込んであるこの素敵なキャンドルは蓼科の長門牧場のクラフト市で買ったもの。夏の間に一度は海で泳ぎたい私は、モォ〜!と牛の鳴き声が聞こえてくる牧場で密かに海に想いをを馳せていました。そして、その大人の海水浴の日は明日!それなのに....よりによって.....明日の天気予報は雨。。。:(
いえいえ、東名を走っている間に雨雲が私たちを追い越してどこかへ行っちゃうかもしれないし、明日のことを今から心配しても仕方ないものね。
雨が降ったらゆっくり温泉に入って休みましょ。でも水着は忘れずにね!楽しみ!
美味しいアトリエドフロマージュのヨーグルトはこちらから

| | コメント (0)

9月になりました

先週の木曜日から週末にかけて蓼科へ行ってきました。台風の影響で思ったよりも昼間は蒸し暑かったけれど、もう蓼科には秋の風が吹き始めていました。

Tate6_3
中央道を諏訪南で降りたら私が忘れずに寄るのは原村の自由農園。美味しいパンや原村の自由農園限定の五一わいんをバスケットに入れ、濃厚なヨーグルトやルバーブ、ビーツ、フェンネル、セロリアックやズッキーニなどの西洋野菜も山のように買い込みます。
そこからブンブンメルヘン街道を駆け上がり、美味しいオーストラリア料理のPaul's Kitchenを通り過ぎる時には忘れずにPaul達へ[Hi~!]と手を振り、鹿に遭遇したらブレーキを踏んで「お先にどうぞ」と道を譲ります。
そして今回は庭のベンチ用のクッションやキャンドルをたくさん車に乗せて行ったので、お隣の I さん達を呼んでウッドデッキでミニミニパーティを開くことにしました。ご飯を作るのは大げさになっちゃうから「drinkね!」ということにしたのにテーブルの上にはチーズやドライフルーツの他にも美味しそうなスナックがたくさん並び、キャンドルもたくさんつけて素敵な夜になりました。
Tate7
ご夫婦揃って87歳になるI さん達は私たちファミリーの古い古い知り合い。そんなお二人に「ねぇ、どうして結婚することにしたの?」「今まで一番嬉しかったことってなぁに?」などと私はズケズケと質問をし、MrもMrsも照れながらもいろいろ話してくださいました。そんな昔話にみんな大爆笑!きっとキャンドルのマジックも働いたのでしょうね!思いがけない話もたくさん伺うことができた楽しい一夜でした。:)
そして何よりも嬉しかったのは、翌日「昨日の夜が私たちにとって一番素敵でした」とにこにこと伝えに来てくださったこと!
あぁ、誰かが嬉しくなると私はもっと嬉しい!良かった!!!
そして今回はたった4日しかいなかったのにお見合いもセッティングしました。
それは。。。
Tate8 我がミニウサギのミッフィとネザーランドドワーフ種のウサギ嬢。お見合いというよりもPeter RabbitのPeterそっくりのウサギを下さる、という方がいらしたので「では」と頂いて来たのです。
ウサギの性別ってとっても解りにくいらしく、ミッフィもオスかメスか解らなかったのに、このウサギ嬢と会った時の様子から「あらあら、ミッフィって男の子だったのね!」と判明!
ケージに仲良く並んでいたのも束の間、気の強いウサギ嬢にあっさりと青年ミッフィは肘鉄をくらい振られてしまいました。残念。:(
不思議なことに犬2匹+ミッフィの時はいつも3匹(2匹と1羽)で並んでご飯を食べたり寝転がったりしていたのに、ウサギ嬢が一晩遊びに来ていた時にはミッフィはウサギのケージから出てこようとはせず、犬達は何だかしょんぼりとしていました。完璧に犬:ウサギと分かれてしまったのは何故なのでしょうね。人間も3人だと3人組なのに、4人になったとたんに2:2になるのと同じかしら?
そして今日は夏休み最後の日曜日だから混むかも???と思っていたのに、いろいろ用事があって蓼科を出るのが遅くなってしまったら、案の定中央道は大渋滞。久しぶりに5時間もかかって帰ってきました。ちょっとヨレヨレ。。。
今週はお稽古ウィークだけど、その合間をぬって子供達がいなくなった海へ「大人の海水浴」に行ってきます。でもお天気がちょっと心配。
疲れたよ〜、なんて言っていないでてるてる坊主を作らなくちゃね!
水曜日お天気になぁれ!
たてしな自由農園

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »