« 秋の始まり | トップページ | 秋の蓼科で »

きのこの森

蓼科はもうナナカマドが色づき始め秋が始まっています。

庭や近くの散歩道をよぉく見ながら歩くと朽ちて倒れた木の幹や草陰に秋の実りのきのこが生えているのを見つけることが出来るのも秋の蓼科の楽しみです。

Kinoko1_6

昨日のお昼過ぎに着いて早速散歩に出てみたらジゴボウを発見!

他にも「しめじっぽいかも」「これはジゴボウか否か」というきのこをたくさん見つけたけれど素人判断は禁物ですものね。管理事務所へ持って見てもらおうかしらと思ったけれど、いえいえここに生えていればシカやタヌキのご馳走になるし、お散歩に来た人間も見て楽しむことが出来るからおいときましょ、と我慢しました。

ひとつだけ採れたジゴボウをお味噌汁にしたら、トロトロで美味しい!秋の実りに感謝のご飯でした。

Kinoko2

そして今日はメルヘン街道をブンブン上がって麦草ヒュッテへ行きました。朝のうちはもう7℃になる麦草峠はコケモモやキリン草が見頃できれい。雨池の方へ犬2匹を連れてお散歩。今年は別荘地辺りでも熊が出たこともあるそうなので、犬達に「もしも熊が来たらあなた達の方が早く気がつくでしょうから教えてね」と頼んだけれど2匹とも後じさりして「いえいえ、お先にどうぞ」と言った感じ。。。Ha~ ha~!!!

木道の周りにはいろいろな種類の苔が生えていてとってもきれいでした。ふかふかしていて気持ち良さそう。

苔を観察しているうちに、「もしも私が妖精のように小さかったらこの苔とかが大きな木のように感じられて、そしてこの森は王国のようで、この中にはいろいろな種族が住んでいて…」とどんどんお話が浮かんできて、見慣れた蓼科の森がまるでナルニア物語のような壮大なお話の舞台になりそうなに感じられました。:)

Kinoko3

そして帰りはメルヘン街道をどんどん下がりお蕎麦屋さんでシャキッとさわやかなお蕎麦をいただいて帰ってきました、

夜の雨で明日はきのこがもっとムクムクと土の中から顔を出していることでしょうね。さぁ、バスケットを持ってキノコ摘みに行かなくちゃ。

来週東京へ戻ったら大きな本屋さんへ行って苔事典とキノコ大百科事典を見つけてこようっと。

楽しみ~!

|

« 秋の始まり | トップページ | 秋の蓼科で »

日常のこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の始まり | トップページ | 秋の蓼科で »