« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

53時間!

53時間???って何のことでしょう?

それは私がティコゼー展の作品搬入のために家を出るまでの時間です。
Tcozi10 これはさっきお家の形のティコゼーが出来上がって作品リストに[Done](出来上がり)と付箋を貼ったところ。
最初に「作品リストの小さな絵ひとつひとつにピンクの付箋を貼って出来上がったらブルーの付箋に貼り替える」ということに決め、まだ編めていない印のピンクの付箋はやっとあと1つになりました。
これは幼い頃の夏休みの宿題とかの「出来たらシールを貼りましょう」というのと同じね。でも、結構この小さな作業がうれしいもの。「出来た!さぁ次!!」っていう一区切り。
え〜っ、あさっての夕方には搬入しなくちゃいけないのにまだ出来ていないものがあるの?そう、あとひとつあります。
Tcozy12 私の教室やワークショップに参加してくださった方はご存知だと思うけれど、一見元気でダイナミックなB型やO型に見える私も細かいことが大好きなA型で、今朝もお家の形のティコゼーにつけるきのこを細い細いかぎ針でせっせと編んでいました。
昨晩は、殆ど出来ていたsnowmanを「このままじゃ雪だるまね、スノーマンにしなくちゃ!」とほどいて作り直し、元気でかわいいスノーマンが完成。ひとつひとつに時間がかかるけれど、小物を作るのってセーターを編むのとは違う楽しさがあり、今はそれを集中して楽しんでいる感じです。♡
Tcozy11 予定している最後の作品はマトリョーシカの形。
前に作ったラグラグのマトリョーシカを見てイメージを固めて編図を描かなくちゃね。編図もこれからなの?そうなんです...でも頭の中では出来上がっているので大丈夫。
ただ...今日も明日も出かける用事があるから時間が足りるかしら。53時間の間に寝たり食べたりもしたいし...。あとは集中力。頑張りましょ。
11月1日(金)はKeitoに行く予定にしています。是非みなさまお遊びにいらしてくださいね〜!!!
IT'S A TEA TIME  伊吹広子のティコゼー展 at Keito
Keitoへのアクセスはこちらから
*大切なお知らせ*
Keitoはいつもは月曜日がお休みですが、11月4日は連休中のためオープン、そして翌日の火曜日5日がお休みになります。いろいろ予定していらした方、お知らせが遅くてごめんなさい。

| | コメント (0)

いよいよ

さて、いよいよティコゼー展も目前に迫り搬入する日まで5日になりました。あとひと頑張りのパワーをもらうために燦々と輝く太陽の力が欲しいのに、今日も一日雨でしたね。

そんな時は!
Atate20_6

蓼科の山へマインドトリップしましょ。これは珍しく青い実のつくサワフタギ。赤やオレンジの実をつける木や蔓は秋の山にはたくさんあるけれど、お散歩していても青い実ってこれ以外には見かけない感じです。

お散歩の途中できのこや植物に「わぁ、きれい!」と思ったら、ポケットからiPhoneを取り出して写真を撮り、家に戻ってからその名前や原産地を調べるのも楽しいことのひとつ。植物図鑑によるとサワフタギの実はこんな鮮やかなコバルトブルーからだんだん熟すと藍色になるんですって。来年はそんな様子も見てみたいな。:)

なんて、のんびり山へ思いを馳せていないでティコゼーを編まなくちゃね。

Nw1_2 そうそう、一昨日は10月のKeitoでのワークショップでした。11時過ぎに着いたのに、もうお店の中は大にぎわい!そうよね、私のワークショップではいつもみなさん色選びにすごく時間がかかるから11:30から編み始めるためにはちょっと早めに到着しなくちゃね、はい、気持ちわかります。

私もすぐに荷物を置いて「この色とこの色、ふんふん素敵ね~!」「わぁ、この色の組み合わせいいじゃない!」「これとこれでもいいかも?」と糸を手に取って皆さんと一緒に色選びをしました。

11:30~のクラスはこんな感じ。

みんな素敵!手にしている糸の色とその方のイメージっていつもぴったりで、みなさんご自分の個性を良くわかっていらっしゃるのね、と感心。

そして、見た目は難しそうなのに編んでみたら意外と簡単な今回のネックウォーマー、みなさん「これは簡単でお洒落でいいわね!2枚目も編みましょ!」と殆どの方が2枚目、3枚目の糸を手にしてお帰りになりました。そんな様子がうれしくて、私も思わず3枚目を編みたくなりました。Ha~, ha~!!!:)

Nw2 そしてこれは14:30~のクラス。

ご主人さまへのプレゼントに♡という方やミックスのplassardの糸を地色にしたりと、このクラスも楽しい提案がたくさんでした。みなさん手を動かしながら他の方の編地が出来上がってくると「わぁ、その色良いですね!」とお互いに興味津々!そう!これがワークショップの醍醐味ですものね!!!

ひとりでお家で静かに編むのは究極のリラックスタイムだけど、こうしてひとつのデザインをいろいろな色の組み合わせを間近で見られるのは勉強になって楽しいし、何と言っても心が刺激されます。

この日も先月の作品を編み上げたものを持って来てくださったり、私の最初の本[ Baby Knits ]の中の作品を編んでいらっしゃる写真を見せてくださったりとうれしいことでいっぱいでした。ありがとうございます。:)

そしてレッスンのあとはKeitoのスタッフとティコゼー展の最終打ち合わせをしました。残念なことに羊のティコゼーのキットをすぐに増やすことは難しいけれど、他のティコゼーのキットを何点か組むことになりました。わぁーい!:)

昨日一日中かかって大急ぎで作り方を仕上げて送ったので、11月1日には間に合うはず。是非楽しみにしてくださいね。

台風も海の向こうへ過ぎ去ったし、さぁ編みましょ


 

| | コメント (0)

フランス革命の遠因は???

今日は10月23日水曜日。ということはティコゼー展まで8日。作品的にはあと3つだから日数だけ見れば余裕だけど、搬入は前日だし、その前に作り方も整理しておかなくちゃね。あぁ、大変!

作品をちょこっとご紹介。
Tcozy4 Ha~ ha~!
これは猫型ロボット、ではなく猫型ティコゼーです。
この1匹の猫の目を決めるのにも青or黄色orオレンジ?15mm それとも12mm?と何種類も用意して悩みます。手芸屋さんって楽しい!この目を買いに行った時も猫用、テディベア用、キティ風、犬の目や鼻など色々な種類があってワクワク!
今度のティコゼー展では、私らしい猫やカップケーキ、そしてトラディッショナルなフェアアイルやロピー、アラン模様を取り入れたものもあったりとバリエーションにとんでいます。
今回作りたいと以前から考えていたのは、シエットランドヤーンを細めの棒針できりっと編んだちょっと凝ったお人形の形のティコゼー。:)
1つはイメージがはっきりと掴めていたので早々と出来上がっていたけれど、問題はこのマダム•ロココ。
Tcozy6 頭の中に絵が出来上がっていて、資料も見つけてあったけど、実際に編地もいろいろ試してみなくちゃだし、一番大切なのはロココっぽい甘い雰囲気が出るかどうか....。
机の上にこんなふうにマイセンの写真集のページを開いてイメージはバッチリ。ウェストを絞って胸に向かって増目をして、ドレスの切り替えの部分には裏目を1段編み、そしてデコルテは白い糸で編みましょう。
そしていよいよ顔と髪!ロココ時代ですもの、髪型は一番大切です。そしてお姫様っぽくするならばブロンドかしら?それとも小麦粉を屈指して作ったロココ時代の髪型を模するのならばやっぱり白?と迷って、結局ライトグレーに決めました。
いい加減なイメージだけで作りたくないからきちんと確認したら、「ロココ時代は貴族が男女共に髪型に大量の小麦粉を消費したため、食用の小麦粉が不足し民衆の不満が高まりフランス革命の遠因となった」ですって。あら、大変!
Tcozy7大分出来上がってきたけれど、これからが肝心。ロンドンのアンティークマーケットで見つけた陶器のティコゼートップをじっくりながめながらポーズを決めたり細かなディテールを足しましょう。
このあと縦ロールを編んだり、手に花を持たせたりして完成。上半身を作るのに6時間かかりました。でもイメージに近いものが出来上がったので良かった!♡
さて、明日は楽しみにしているKeitoでのワークショップです。明日のネックウォーマーは上海で注文したお洒落な金具がポイント!しかも「どうなってるの?」と見ただけではどうやって編んであるのか解らない編地も実際に編み始めると「なぁーんだ!!」とスイスイと編めちゃいます。明日は満席だから24名ね、みなさん何色を選ばれるかしら?楽しみ〜!!!
そして、11月の羊のティコゼーのワークショップ、募集を始めて3日で満席+ウェイティングになってしまいました。あの羊、かわいいんですもの、大人気なのわかります。明日Keitoへ行ったら、どうにか色違いができないかスタッフと相談してきますね。
さて、back to workです。次はお家の形のティコゼーを編みましょ。
IT'S A TEA TIME 伊吹広子のティコゼー展、是非お遊びにいらしてくださいね!

| | コメント (0)

雨なんですもの

昨日の夜から関東地方はずっと雨。せっかくの日曜日だけれど、連休の後の週末だし、今日はどこへも出かけずにお家にいらした方も多いのではないかしら?

窓の外を見ても空は灰色だし景色は雨にけぶって見えません。そんな時には...。
Atate16 はい、青空をどうぞ!これは満開の赤い花の蕎麦畑、そして背景には八ヶ岳!!! 素敵!
大好きな映画 Sense and Sensibility(邦題:いつか晴れた日に)の中でウィロビィが怪我をしたマリアンを見舞った時に[ Since you can not venture out to nature, nature must be brought to you.]とキザな台詞と一緒に摘んできた野の花を渡すシーンがあったでしょ。その真似をして、私からも美しい青空や蓼科の風景をお届けします。でも、もしかしたらこれは映画の中だけでJane Austinの本(分別と多感)にはない台詞なのかしら?日本語訳じゃなくて一度ちゃんと原語で読んでみなくちゃね。
そしてもう1枚。
Atate18 これは森の中。
この苔はまるで森の中の絨毯みたい。ゆっくりと押すように触ると静かに沈み込むくらいふんわりと弾力があります。森の中はいろいろな種類の苔が生えていてちょっとナウシカっぽい感じ。先日キノコのことを調べて興味深かったから、今度は苔のことを調べてみようかな。ミクロの世界ね!
そしてこれは私の好きな色。
Atate17 蓼科で食料の買い出しから帰ってくるとキッチンのカウンターの上はこんなふうに色で溢れます。この日は農協でお買物。
私はJA諏訪が大好き!
入り口を入ると近所の農家の方達が作ったものを自分で直接並べているコーナーがあり、これは全てそこで購入したもの。
ダリアの切り花、山盛りのクレソン、手前のじゃがいもに紫の茎が出ているようなものはビーツ(♡)その左はジャム用の食用ほおずき、右は食用の菊ね。
クレソンには元気な根っこがついていたので、全部は食べずにグラスに入れキッチンの窓辺において楽しみました。ビーツは茎と葉っぱの色があまりきれいなので葉っぱのついたヘタを水を張った小皿に入れておいたら小さな葉がちょこちょこ出てきてかわいい!菊の花はガラスのボゥルに入れて仕事をする机の上に置いて香りを楽しんでからお酢のものにしていただきました。幸せ!!  蓼科の野菜達は生命力に溢れていてホントに力強い。山の光と空気と水で育つのですものね、納得です。:)
あぁ、山のことを考えていたら蓼科に戻りたくなっちゃった!いえいえ、ティコゼーを作らなくちゃね。11月はKeitoでのティコゼー展が終わったら上海へ行こうかと思案中。上海のみなさま、ご都合はいかがでしょう?
カレンダーを見たら今年ももうあと70日くらいなのね。手帳を片手にしんみりしていないで、さぁ、せっせと作りましょ。頑張ろう、っと!
*Keitoの羊のティコゼーのワークショップの募集始まりました!
お申し込みと詳細はこちらから。
どうやらキットの数などの関係から数量限定になっているようです。ご希望の方はどうぞお早めに〜!(注:明日は月曜日なのでお店はお休みです)
☆11:30~ ,  14:30~共にあと1席ずつになりました!(22日13:00現在)

| | コメント (0)

It's a Tea Time ! ティコゼー展 at Keito

先週の蓼科は例年よりも暖かかったけれど、この2-3日はぐっと秋も深まり暖房を入れネックウォーマーをしながら暮らしていました。
Atate15

そんな中鹿とお散歩をしたり2匹の犬+ウサギとベジタリアンのような山小屋生活を楽しみながら、毎日私が欠かさずせっせとしていたことは編物!
目も頭もクリアーで色がよくわかる朝のうちに配色を決め、時間がある時には編込みを、お鍋の様子を見ながらの時はガーター編みをし、夜は集中して編図を描いたりの毎日でした。
そして、出来上がったのはこれ。
Tcozy1
これは羊のティコゼー。かわいい!!! ♡
もこもこしてて暖かいティコゼーはこれからの季節の必需品。
そして、私は「ティコゼー普及委員長」を自任しているほどティコゼーを一年中愛用しているのに、どうやら日本ではまだまだ認知度が低いらしいのです。。。
それならば!とKeitoに相談をして[ IT'S A TEA TIME! 伊吹広子のティコゼー展」を企画しました。:)
そして、この羊達は11月のKeitoでのワークショップの作品です。既に私の教室やKeitoのスタッフにも大好評のこの作品、私もみなさんに見て頂くのを今からとっても楽しみにしています。ワークショップは11月10日(日)ですが、お申し込みは多分2-3日の間に始まる予定です。Keitoのホームページで是非チェックしてみてくださいね。
先ほど蓼科から家へ戻り「待ってた!待ってた!!  12日間もどこへ行ってたの?」と飛んでやって来た愛猫Sageにご飯と水をあげ、I missed you too, Sage~!と再会を喜び合いました。: )
Tcozy2 そして、帰ってすぐに仕事部屋に直行して制作に戻りました。今編んでいるのはこのLady. 去年のワークショップで作ったプリーツのティコゼーが今年はこんなお人形タイプになって登場です。
これから帽子やマフを作ったり、彼女のお友達も編む予定です。
ティコゼー展は何と新作15点の予定!
今、出来上がってるのは、えぇと...半分くらい。きゃぁ、あと2週間ね、頑張ろうっと!
来週のKeitoのワークショップは満席になりました。お申し込みありがとうございます。その時に私が「順調に進んでるのよ〜」とにこにこしているのか、げっそりとして「うわぁーん、どうしましょ!」と言っているのかは??????? そんな様子もどうぞお楽しみに!? Ha~, ha~!!!
ティコゼー展の詳細はどうぞKeitoのサイトでごらんください。
ITS' A TEA TIME 伊吹広子のティコゼー展
11月1日(金) - 11月14日(木) 馬喰町 Keitoにて

| | コメント (0)

南諏訪辺りのこと

いつも蓼科へ行く時には中央道を諏訪南で降り、自由農園で食料を買って山荘へ向かいます。そして一度山へ上がると諏訪方面や諏訪南辺りへはなかなか降りて行かないけれど、今回はずっと楽しみにしていたことがふたつありました。

ひとつめはこれ。

Atate11_3

八ヶ岳自然文化園で開かれているクラフト市。この辺りの絵本美術館やカナディアンファームへは何度も行ったことがあるのに自然文化園は初めて!クラフト市もなかなか盛んでガラス、木工、陶磁器、フェルト、皮革、銀細工などいろいろな方達が全国から集まっていて興味津々!

クラフト市って作家ご本人が作品を売っていることが多いので、作られた方とお話するのも楽しいことのひとつです。ガラスのものが好きな私はベネティアングラスのような小さなおちょこを買いました。:)

このクラフト市は夏と秋の年2回開かれているんですって。来年は私もお店を出そうかしら。だってとっても楽しいんですもの。ちょっと考えてみようっと。楽しみ!

そしてその後は諏訪南のインター近くに出来たアルパカファームへ。

Atate13

夏からずっと行きたかったので朝からワクワクドキドキ!細い道をうねうねと走って暫く行くと、ありました!園へ入ると大人の黒いアルパカがお出迎えをしてくれて一緒に写真をとったりエサをあげたり、楽しい!楽しい!! アルパカの毛ってホントにふわふわ。♡ このアルパカは生後六ヶ月のベビー。ふわふわの首に手を回したら余りの細さにびっくりでした。アルパカはラクダ科だけど、顔(特に口元!)やヒズメがまるっきり一緒でホントに毛がふわふわのラクダって言う感じ。この前アルパカの糸でネックウォーマーを編んだばかりな私は「ふむふむ、あの糸の原料はこの子たちの毛を紡いだものなのね」とじっくりと観察。Ha~,ha~!!!:)

きゃぁ!これはドリトル先生に出てくる一匹の胴体から右と左に頭があるプッシュミープルユー(Pulshmi-Pullyu)ね。

Atate12

いえいえ、ウソです。写真を撮ったら偶然2匹が重なってこんなふうに写っただけ。でも、この姿を見たら「あっ!ホントにプッシュミープルユーがいた!!!!!!」って何だかうれしくなりました。ピンクの大きなカタツムリで航海に出たくなるような。「何の話?」って思ったら是非岩波書店の「ドリトル先生アフリカゆき」と「ドリトル先生不思議な旅」(井伏鱒二訳!!!)を読んでみてくださいね。お話の中では井伏鱒二氏の名訳で「オシツオサレツ」と呼ばれています。いい感じ!

私が子どもの頃はサンタクロースからのプレゼントはいつも岩波の本ばかりだったから、今でも「ナルニア国物語」「ドリトル先生」「ツバメ号とアマゾン号」シリーズを始め「少年少女文学全集」は私の本棚に並んでいます。本棚の前に立って何を読もうかと思案する時にこの本達の背表紙を見るだけで安心する感じ。私のライナスの毛布ね。

青空の下、様々な作家の方たちとお話をしたり、憧れのアルパカと思い切り遊んだ楽しい一日でした。一日中遊んじゃったから今から編み針を持たなくちゃね。頑張りましょ。

クラフト市 八ヶ岳自然文化園

~10月14日 16:00

長野県諏訪郡原村17217-1613

お近くにいらっしゃる方は是非!

| | コメント (0)

山ガール?!

大変、大変!連休前に行かないと混んじゃう!!! と今朝起きてすぐに向かったのは白駒池。昨日は小雨、明日は雨の予報とあって今日がベストね、と8:30に出て向かったけれど何と私の車で駐車場は殆ど満車!ギリギリセーフでした。ふぅ。

Atate8_5

ナナカマドやもみじが赤く色づいてきれい。

ひとりだし、本格的な山の用意もしてないから白駒池の回りをぐるっと歩くだけにしましょ、と気軽な気持ちで向かったのはどうやら私だけ。車やバスから続々と降り立つ人たちはみなさん登山靴+ストックみたいな杖(?)+リュック+帽子と山を縦走できそうな出で立ちです。しかも腰にはチリンチリンと熊よけの鈴まで。そして、その年齢層はというと山ガールというよりは山じぃ、山ばぁ、という感じ。みなさん健脚らしく「このまま行けば1時間で高見石に着くから、そこでお弁当を食べて下りましょう。その後は..」と一日のプランがぎっしり。お元気な様子に感心しながら歩いて行くと、前方にはアマチュアカメラマンの一行も美しい紅葉をカメラに収めようと三脚を担いでイッチニイッチニと木道を行進中。

見事な紅葉をバックに「帽子をとった方が良いよ、君の顔が見えないから」と気遣いながら仲良くご夫婦で写真を撮る様子を見ながら、「そういえば仕事以外の自分の写真って最近全然ないかも?」と思いました。ふぅむ.....iPhoneで写真を撮っている私を見かねて声をかけてくださった 腕自慢のオジサマに一枚撮っていただけば良かったかしら?

秋の山はホントに素敵!様々な色が溢れた蓼科の秋は特別美しい。色が好きな私は山にいるとうれしくてたまりません。朝カーテンを開けて太陽に輝くカラマツを見て「わぁ、キレイッ!!!」小雨が降れば霧にけぶるスモーキィな森にうっとり、農家の庭に咲くダリアに思わず車を止めて見入ったり。心の中はいつも!!!!!!や♡♡♡でいっぱいです。

Atate9

これは白駒池に浮かんだナナカマドの葉っぱ。和菓子みたい。

Atate10

そしてこれは足下の葉っぱ。まるで茶色の色見本ね。

こんな色を心の中にたくさん蓄えて仕事の時にその引き出しから出しましょう。カラフルで鮮やかな色、苔のように微妙で繊細なシェイド、雲や太陽の光のマジック、自然の色の組み合わせや質感の美しさ。心がゆるゆるするのと同時にあまりの美しさに気持ちが引き締まる感じ。

そんな様子をゆっくり楽しみたいのに元気な山ジィ、山バァのみなさまの熊よけの鈴のオーケストラや賑やかなおしゃべりに負けて早々に退散してきました。

この連休が過ぎると日本一早く凍る白駒池の気温はぐっと下がり冬は道も閉鎖になります。その前にと訪れる観光客でどこも賑やかになりそうだから、明日からは山荘にこもりましょう。

午後になって少し冷えてきました。編み上がったティコゼーをポットにかぶせてたっぷりとミルクティを飲もうかしら。おやつは紅玉をバターでソテーしてカルバドスをちょこっとかけましょ。ニコニコ。:)

| | コメント (0)

森の中で

日曜日に蓼科へ来てからもう4日たちました。山にはこんなふうに色があふれていてとっても素敵!

Atate5

台風の影響で蓼科も例年よりも気温が高くお散歩を楽しむのに丁度良い気候です。

今回は秋のお休みというよりは仕事に集中するために来ているのでひとりの生活。ひとりで山荘で過ごすのは初めてだから最初の夜はドキドキ!真っ暗な山の中にポツンと明かり。わぁ、怖いよぉ、と思っていたけれど一晩経ってみたら「ふむ、何てことはなかったわね」と調子が出てきました。東京では眠りの浅い私もマイナスイオンの効果なのか蓼科ではいつもぐっすり眠って、朝はシャッキリ元気です。健康な毎日!:)

せっかく秋の山に来ているんですもの、仕事ばかりじゃね、と編み針を置いて散歩に出かけました。いつもは叔母の犬達を連れてのお散歩だけど今回はひとり。別荘地の中には鹿がたくさん住んでいるのでドライブ中に遭遇することは良くあるけれど、お散歩中に会うとちょっとドキドキ。

Atate6

いつもの散歩道から今日はもう少し足を伸ばしましょ、とちょっと奥へ入って小道を歩いていたら何だかガサッガサッと音がしました。ドキッ!!!「あ、鹿かも」と足を止めて辺りを見渡しました。すると、いました。小道の奥の方にメスの鹿が2頭。そして、その近くに4頭。みんな角が小さいし体も小さいからメスね、だったら大丈夫。そうっとしらんふりして行きましょ、と思った時に、「ケーン!」と大きな鳴き声がしました。

声がした方を見ると林の中に大きな雄の鹿が!大きな角を持った、私の何倍もありそうな体の大きな大人の雄の鹿がじっと私を見ています。きっと自分の家族を守ろうと私を牽制したのでしょうね。私は何もなかったようにそっと大きな道の方へ歩いて行きました。でも、ちょっと怖かった。ここにいると自然や野生の動物に山での生活を分けてもらってることを感じます。

そして山荘へ戻りクレソンのスープを作りました。タマネギとジャガイモを炒めてコンソメで柔らかく煮て山盛りのクレソンを入れて、少ししたらブレンダーで細かくしてミルクとクリームを足して温めるだけ。今回はミルクの変わりに豆乳にしてみました。山は夜になるとやっぱり寒くなるから、ぽったりとしたポタージュ、美味しかった!:)

Atate7

ご飯のあとはまた仕事。こちらに来てから既にリング編みの羊のティコゼーとロピーヤーンのティコゼー+マットを仕上げ、今はこのロンドンのアンティークマーケットで買って来たクラシックなティポットのためにフェアアイル模様のものをを製作中。試し編みをしたり、編んではほどいたりと試行錯誤をしながら、その合間にキッチンへ行ってお鍋をかきまわしたり。。。そして誰もいないから大音量で好きな音楽を聴いたりもね!

今週末は連休でこの辺りも混むだろうから、明日白駒池へ行ってこようかな。

楽しみ!

| | コメント (0)

蓼科の秋

昨日は朝一番にKeitoへ行きTea Cozy 展用の毛糸を選び、昭和通りから高速に乗って2時間半ブンブン走り蓼科へ来ました。

中央道へ入り八王子辺りで山が見えてくるともう私はワクワク!山の中へ行かれることが嬉しくてたまりません。:)

南諏訪で高速を降り、いつものように自由農園で何日分かの食料を買おうと思ったら、昨日は日曜日だったこともあって混んでてびっくり!

そしてこの時期楽しみにしている赤そばの畑を通って叔母の山荘へ。夏の白い蕎麦の花もきれいだけど、この濃いピンクの花を見ると何だか幸せな気持ち。そして赤い茎を見ながら子どもの頃読んだ日本の昔話「おそばのくきはなぜあかい」を思い出しました。

Soba_3

暗くなる前に山荘Atate1_2中の窓を開け、空気を入れ替えてガスや電気をオンにしてベッドを整えたり、着いてから暫くはお家の中をバタバタ。

そんな中ふと外を見ると夕日にカラマツが金色に輝き本当にきれい。思わず手を止めてうっとりしてしまいます。

この前読んだ本に「きれい」というのは「家の中が片付いてきれいになった」というように使う言葉で「美しい」は「美しい人」「美しい花」など、「きれい」と「美しい」は違う意味を持つ、というようなことが書いてあったけれど、私は「美しい」って何だか照れちゃう感じ。おいそれとは使えないけれど、蓼科の秋は美しいです。

Glorious countryっていう言葉がぴったりね。ひとりで静かなのも好きな私はいつかここで編んだり作ったり本を読んだり音楽を聴いて暮らすのも良いかな。。。あとは愛猫Sageがいてくれれば最高。そして、この山荘を自由に使わせてくれる叔母にも感謝。

Atate2

夜は自由農園で買って来たジゴボウと茄子のお汁を作って今年の絞り立ての赤ワインを飲みました。

デザートは大好きな食用ホウズキね!

今日はルバーブと紅玉を煮て、それから生のビーツもあるからボルシチを作りましょ。

さて机の上には毛糸の山!

頭の中で取りかかる順番を考えてこれからの10日間頑張りましょ。

何せあとTea Cozyを10個作らなくちゃなんですもの。Keitoのスタッフにも「大丈夫ですか?」と心配されたけれど、ここでなら出来そう!

でも外へも行きたいなぁ。。。一段落したらお散歩に出ようっと!楽しみ!!

| | コメント (0)

着々と?!

今週から集中してTea Cozy展の作品作りに取りかかっている私は毎日仕事部屋にこもってひたすら編んでいます。

Plant1

机に向かっているのも良いけれどホントの世界は外にあるのよね!と気分転換にお散歩にでかけました。
つやつやしたきれいなカラスウリがありました。
広げた子どもの手のような形の葉っぱからすうっと細い蔓が伸びている様子も素敵。
雨がたくさん降った後のだったので、等々力渓谷もいつもよりも少しだけゴゥゴゥと流れていました。やっぱりお散歩は楽しい。:)
そして帰ったらまた机の前へ。
Ccake_2
今日作ったのはカップケーキ。お茶の場面を作るんですもの、お菓子がなくちゃね!
これはスミレの砂糖漬けがのったチョコレート味のカップケーキ。もちろんかわいいだけではなく手芸の場面で活躍できるように作られています。
このスミレを編むのにも「適当に」編むと「テキトー」な花になってしまうので、図書館からスミレの植物事典を借りてきて、ふむふむ...とじっくり観察をしてから編みました。
そして洋書はロンドンの本屋さんで購入した色から野生の花を探せる本。
Plant2 例えば紫のページを開くとこんなふうにいろいろなアザミが目に入ってきます。
アザミ好きな私は思わずワクワク!!! 「へえぇ、アザミってデイジーの仲間なのね」「わぁ、これは1.5mにもなるの?すごい」と驚いたり。
そうそう、今、上野の国立科学博物館でアザミ展やっているのよね、観に行きたいなぁ。。。
というふうに、「机の前にべったり」とは言いつつもこんな植物図鑑に見入ったり、花の本に触発されてハーブティを飲んだり、合間に今月のKeitoでのワークショップの作品の色違いのものをせっせと編んだり。。。気分転換の時間もたっぷりなんです。Ha~,ha~!!!  : )
Warmer2_2
そして今月のKeitoのワークショップのお知らせをもう一度。
前回の写真と違って襟元を折り返して裏を見せた着こなしです。色が反転してるのが楽しい。この編地は裏を見せても素敵なのでこんなふうにも着ることができます。面白いでしょ。:)
この糸は柔らかいリリアンタイプなので全くチクチク感がないところもおススメ!
今月は24日(水)の11:30~13:30, 14:30~16:30の2クラス。11:30~のクラスはあと1名で満席ですが、14:30~のクラスにはまだお席がありますので是非!
24日と言えばTea Cozy 展の1週間前!私も机から離れてみなさんとご一緒に糸の色を選んだり手を動かすのを今からとっても楽しみにしています。
さぁ、日曜日から大荷物を持って暫く山へ!
蓼科は東京よりも季節がひと月先な感じなのできっともう寒いのでしょうね。
そんなキリッとした空気の中で集中して仕事をしましょ。楽しみ!
 

| | コメント (0)

10月になりました

今日は10月1日。

夜になると虫の声がりりり、りりりと聞こえてきて「秋ね〜」と夜空にぽっかりと浮かぶ月を眺めたり。。。

いえいえ、10月1日ということはKeitoで開くティコゼー展まであと一ヶ月を切ったということ!!!!大変!本腰を入れて作らなくちゃ。
Benoitそれならば缶詰になって作り始める前にエネルギーをつけなくちゃね、と青空が広がった日曜日に青山のBenoitへお昼を食べに行きました。
アラン•デュカスのビストロ ブノワは窓が大きく眺めも良いしインテリアもフランスのエスプリが効いていて素敵。
スタートは大好きなブノワ風サラダ。ドレッシングと丁寧に和えられたたっぷりのサラダに砂肝やフォワグラに厚切りベーコン、マッシュルームやインゲンとこれだけでお腹いっぱいになりそうなヴォリュームです。もちろん、この後にメインとデザートもペロリと食べ元気いっぱいになり、やっと作品群に取りかかる決意ができました。(ホントはそんなに大げさなことじゃないのにね!)Ha~ ha~!
そして昨日から編み始めたのがこのティコゼー。
Tc1
これは何かしら?ヒントは後ろの方に小さな絵。
何ヶ月も前にいつも持ち歩いているノートにちょこちょこっと絵を描いて、自分の中ではデザインが出来上がっていたけれどKeitoの糸ですべてを新しく編む訳だからそれなりに時間がかかります。編地や目数、形だって何度もやり直しながら決めていく訳だしね。
第一作目のティコゼーはイメージ通りに進み滑り出しは好調!全部で12点くらいは作ろうと思っているので頑張らなくちゃ。
それにまだまだ日本ではティコゼーを使うことが少ないと思うのでティコゼー愛好家の私としては是非この機会にみなさまにティコゼーの良さをお伝えしたいと思うのです。(熱弁!)
Tc2 そのためにはユニークな形のもの、思わずクスッと笑ってしまうコミカルなもの、伝統柄を編み込んだクラシックなものなど、いろいろな方に「んんっ?」と立ち止まってご覧頂けるようなものを作らなくちゃ。
材料や資料を集めて眺めながら「これはこの糸でこんな感じの編み方で...」と今、スケッチブックに書き込んでいるところです。
そしてKeitoへ行って材料の糸を選び、多分今週末からまた私は山へ。
頭の中に出来上がっているものをどうやって一番近いイメージで作れるのかが大切なこと。まだ道のりは始まったところなので終わりが見えていないけれど、でも大まかな感じは掴めているので大丈夫。さぁ、本腰を入れましょ。
It's a time for tea
Tea Cozy展 at Keito   11月1日(金)~14日(木)
4日+11日の月曜日はお休み。
どうぞお楽しみに〜!

| | コメント (4)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »