« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

あと1週間

「あと1週間?」って、お雛様まででもないし何までのカウントダウンなの?

はい、3月6日のLa Keyaki Clubの搬入日まで、です。
Corsage1 アシスタント嬢たちに手伝ってもらって布にアイロンをかけ、長方形に切り揃え、何種類もの布を重ねて型紙を写してひたすらジョキジョキ。
昨日の夕方には机の上にこんなふうにカラフルな大小の円の山が出来上がりました。
かわいいいけれど、これはなぁに?
このままTシャツに縫い付けてもきっと素敵だけれど、今からちょこちょこっと魔法をかけて綺麗な花になります。♡
Corsage12
昨日の夜は家族とご飯を食べてからひとりで仕事部屋に籠もり、日付が変わって月が夜空をぐるーっと移動するまでサイズが異なる丸い布達をこんなふうに重ね合わせていました。
そして今からひとつひとつ縫い合わせ、洗ったり乾かしたりしてから、ペップをつけたり裏にピンを縫いけてコサージュに仕上げます。まだまだ完成までの道のりは長いけれど、下準備ができたからちょっと気持ちはほっとしているところです。
ここからは、ちょっとしたニュアンスが大事なところなので一人の作業。。。
寝不足だけど頑張りましょ。
Hina1
そんな私に「頑張れ〜」と差し入れがありました。大好きなとらやさんの桜餅。道明寺もいいけれど、小麦粉の生地に包まれたさっぱりとしたこし餡に思わずうっとり。
塩漬けの桜の葉っぱも良い塩梅でしみじみ美味しい。
今、花のコサージュ作りの真っ最中の私は、桜の葉のギザギザや葉先の具合に目が引きつけられてしまいます。わぁ、美しい。
そして、美味しいブレイクで気持ちをリフレッシュさせ、また机に向かいました。
La Keyaki Clubでは簡単+かわいいペーパーコサージュのワークショップも随時開催ですし、今作っているカラフルな布のコサージュの販売も致します。
是非是非お遊びにいらしてくださいね。
ケヤキクラブのFacebookのページもあるので、どうぞ私達の準備の様子などもお楽しみ下さい。
そして3月のケイトのワークショップは午前中はキャンセル待ちで満席ですが、14:30~のクラスはまだ2席あるそうなのでご興味のある方はこちらへも是非〜!
ケヤキクラブやケイトなど、いつものお稽古にプラスして春らしいイベントが多い3月になりそう。楽しみ!!!

| | コメント (0)

大忙しの週末

わぁ、今週は2月最期の週なんですね!ほかの月よりも2-3日少ないだけなのに、今はそのことが切実に感じられます。だって、ケヤキクラブまでの準備期間がそれだけ短くなってしまうんですもの!!!

Lakeyaki1
寒いけれど良く晴れた土曜日にLa Keyakiへ打ち合わせに行ってきました。新宿のすぐ近くなのに驚くほどの緑に囲まれた一軒家はとっても素敵!
友人のイベントを見に何回か伺ったことがあるので気楽な気持ちでいたけれど、今度私が使わせて頂くお部屋を拝見してちょっとドッキリ。。。
Lakeyaki2
予め和室と伺っていたし、お庭に面した本当に素敵なスペースなのですが、う〜ん、どうしましょ。
私の作品が合うかしら?
和室ですもの、傷つけないように展示しなくちゃだし、ワークショップをどんな形でしたら良いのかしら???????
作品作りだけでなく、そんな心配もむくむく湧いて来て心は曇り空。。。
そしてその後も予定が沢山あり家へ戻ったときはぐったり。久しぶりに9時過ぎにベッドへ入りました。Zzzzzzz....
翌日は2ヶ月くらい前から準備していた、仲良しの叔母の米寿のお祝いの会の日!
ン十年ぶりにお目にかかる親戚の伯父さまや伯母さま方と光溢れる青山のフレンチでお昼をご一緒しました。
Beijyu 懐かしい話に花を咲かせながらとっても楽しそうな叔母達の様子に私も一安心。♡
これはデザートのオレンジのティアン。サイドに添えてあるピンクグレープフルーツのソルベが爽やかな春らしいデザートでした。:)
70,80代の叔母達が「あぁ、今日は美味しかったし楽しかった。ヒロちゃん、今日を1回目として、これからも集まりましょうね〜!」と声をかけてくださったのも嬉しかったこと。役に立てるのはやっぱり嬉しいこと、と幸せな一日でした。:)
さて、大切なイベントが終わり、今度はLa Keyakiです。
あの和室を思い浮かべながら作品を作り、展示方法を考え、そしてなるべく多くの方にお遊びにいらして頂けるようなワークショップの内容を準備して...と課題は山盛り!そして、昨日の米寿の会のように、Keyakiの玄関を出る時にはいらしてくださった方達が「あぁ、今日は楽しかった、来て良かった!」とにこにこしてくださるように。。。。さぁ、頑張りましょ!
*アートを身につける 2014. 3/7-9 La Keyaki Clubのイベントについては2月21日の記事などをご覧下さい。

| | コメント (0)

新しい自分が見たいのだ

今日は木曜日。ということは、2週間後の今日はケヤキへ行って翌日からの「アートを身につける」の展示の準備をする日ね。

Kawaik
仕事部屋にはいろいろな作品が溢れているし、他の方達とご一緒のイベントだから、私の作品をご存じないみなさまにも見て頂けるんだもの、今ある作品の中から選りすぐったものを展示をしても良いのでは???と思ったけれど、この色紙が私のことをじいっと見ています。
「新しい自分が見たいのだ 仕事する」これは陶芸家の河合寛次郎の言葉。
あの豊かな表現はこの言葉のままね、と感心して京都の河井寛次郎館で購入したものです。
そして、それ以来ちょっと元気がないときなどに眺めては自分を鼓舞させてきたけれど、今回もこの言葉と向かい合ってる感じ。
Keyakif1
今、一生懸命取り組んでいるのはコサージュ作り。お知らせには「布やリボンを切って巻いて縫って作る」と書いたけど、今は「いろいろな紙を切って折って立ち上げて作る」という感じです。
ひょんなことから「紙で作ってみようかな」と思い立ち、試してみたらいい感じ!「あ!これ良いかも!♡」と張り切ってみたものの、そう簡単にはいかず。。。「やっぱりやーめた!!!」と思ったり、「でも、こうやったらどうかしら」「うーん、ここをこうしたら?」と試行錯誤する毎日です。今まで扱ったことのない素材で自分の頭の中にあるものを作れるのかどうか。。。
まさに「新しい自分が見たいのだ」ね。
そして、そろそろ具体的なご案内もしなくちゃね、と昨日ワークショップの作品を作りました。
Keyakif2 きれい!カラフルな透明感のある紙で作ったコサージュです。
この他にもベージュやグリーン、モーヴ、スカーレットなどをご用意する予定。今年の春夏のお洋服はとってもヴィヴィドだそうな。こんな小物だったら取り入れやすいし、コサージュと言っても使い方はいろいろ。かごバッグにつけたり、ヘアクセサリィにしたり、工夫次第でいろいろ楽しめます。♡
とっても簡単なので、「手芸って...」というお友達も是非自信を持ってお誘い下さいね。:)
*ペーパーコサージュのワークショップ at「アートを身につける」La Keyaki
    講習費:¥2,500 キット代 ¥800  (1時間くらいで出来ます)
   持ちもの:平ペンチ、ウェットティッシュ、10cm位のコサージュをお持ち帰り頂く袋
お申し込み制ではなく、当日、参加ご希望の旨、お声をおかけくださいね。
テーブルが余り大きくない予定ですので、1時間くらいの入れ替わり制でお願いします。
他にもいろいろなリボンリーの作品や購入していただける作品や材料などをご用意してお待ちしています。:)
そしてInfo.をもう一度。
アートを身につける 2014年3月7日(金) - 9日(日)
12:00 - 20:00(最終日は18:00まで) 入場料:500円(1ドリンク付)
場所:ラ•ケヤキ 新宿区内藤町1-6
tel: 03-3353-7277(期間中のみ)
さぁ、頑張りましょ!

| | コメント (0)

楽しいV day!

先週の金曜日はヴァレンタインディ!♡

きっと楽しいことを予定していらした方も多いと思うのにまた大雪でしたね。
そんな中私はKeitoでウェールズから届いたモヘアでふわふわルームシューズのワークショップを開いていました。:)
Rshoes1 これは11:30~のクラスのみなさまの編地です。色々な色があってホントにきれい。
毛足の長いモヘアは触れているだけでも幸せね。
朝から雪で足下が悪く、いらしていただくのが大変だったはずなのに編んでいらっしゃるみなさんのお顔はにこにこ!:)
うんうん、解る解る!寒い中でする編物はホントに心が温かくなる感じ。外は雪がシンシン降ってたけどお店の中ではみなさんで手を動かしながらお話をしたり、お互いの毛糸の色に感嘆したり、とっても良い雰囲気でした。
コリネットの糸が好きな私は今までもいろいろな種類を編んできたけれど、同じネーミングの色も糸の種類によって雰囲気が変わるのが楽しい!今回のモヘアも「うわぁ、あの「マーブル」がモヘアだとこんな感じなのね!」と思ったり、楽しいサプライズでした。
Rshoes2_2 そして、これは14:30~のクラスです。カラフルで素敵ね。
空の上にはどれだけ雪があるの?と思わず空を見上げたくなるほど雪は降り続けていたけれど、みなさんの手も同じようにサクサクと短い4本針を回しながら休むことなく動いていました。:)
今回のルームシューズはまるで立体の箱を組み立てるような感じ。
編んでいるときは「今どの部分を編んでいるの?」と不安になりそうだけど、編み終えると「あぁ、ここがこうなってたのね!」と思わず笑みがこぼれます。良かった!:)
Yokan
そしてヴァレンタインディですもの、やっぱりチョコを食べなくちゃね!
今年はこれ、虎屋の「羊羹 au ショコラ」。
パリ店25周年を記念して2005年に作られた、羊羹にビターチョコレートとラム酒を加えたもの。「羊羹とチョコ???」と思いながら口に入れたらラム酒の香りがふわっと広がり思いがけない美味しさ!!! 頭も口も身体も全てが一瞬にして「?」から「♡♡♡」に変わりました。にっこり。
パッケージも素敵だし、ちょこっとした粋な手みやげにぴったりなのに、これはヴァレンタイン限定の逆輸入商品だから今はもうパリまで行かないと買えません。でも、来年への楽しみが増えました。Ha~, ha~!!
食べたことのない味=経験したことのないこと。大人になると、この「わぁ!♡」や「ヘえぇ?:)」がなかなか難しいでしょ。でも、これがやっぱり大切。
私の作品やワークショップでも、いつも小さな ♡ や:)を!と思っているけれど、果たして出来ているかしら?と思った雪の夜でした。
*先日お知らせした3月のKeitoのワークショップのお申し込みは明日(18日)の11:00〜お電話で受付が始まります。詳細はどうぞこちらでご覧下さいね。
沢山の ♡ と:)をご用意してお申し込みをお待ちしています。
 

| | コメント (0)

ひゅうぅ〜!

天気予報って「当たるといいな」と思う時と「はずれますように」と思うときがあるけれど、今日は完全に後者だったのに的中しちゃいました。東京は雪。

Snow3
今日は楽しみにしていたケイトでのモヘアのふわふわルームシューズのワークショップの日だったのに、朝から雪が舞っていて夕方帰る頃にはこんな光景に。。。わぁ、東京とは思えない!
しかも今日はValentine's Day !♡
ワークショップを終え早々と家路に着いたのに、みんな考えることは一緒らしく17時台の電車はぎゅうぎゅう!わぁ、今日はみなさん早じまいなのね。良かった、だって、今日はバレンタインディだし、今晩はオリンピックも見たいしね!:)
今、窓の外は雪明かりで案外明るい感じ。
ちょっと風情があって素敵です。雪に音が消されて静かだし。。。
こんな夜はこんなシーツはいかがでしょう。
Dream これはオランダのデザイン会社SNURKの[Dream]シリーズのシーツ。かわいい!ほら、枕カバーにはティアラまでプリントされています。
この子供向けのシーツは他にも宇宙飛行士や消防士、フラメンコダンサー、トランポリン(ベッドが壊れちゃいそう!)のプリントがあって楽しい〜!:)
現実社会と夢の中の世界が入れ替わるのがベッド、ということで発想したそうな。
このまま朝までお行儀良く眠ることができるか解らないけれど、とってもHappyな気持ちで夢の中へ誘われそう。:)
もしも、何をプリントをするか注文できたら何にしようかしら?私だったら???と考えるのも楽しいこと、すごくすごく迷っちゃいそうね!
Bowbag1_2 そしてこれは3月のケイトのワークショップの作品です。
リボン形のクラッチバッグ。トラディッショナルな紺X白も極太糸で編むとポップでかわいい!ターコイズX黄緑は今年の鮮やかなお洋服にぴったりです。サイズは幅25cmくらい。入れ口部分にはファスナーがついていて中袋+ポケットもついた本格仕様!サイドにつけたチェーンに手首を通して今年の春夏はカッコ良くクラッチバッグを持って歩きましょう。COOL!
ケイトでのお申し込みも近日中に始まるはずです。時々ケイトのHPをチェックしてくださいね!
今日、お足下が悪い中ワークショップへご参加下さったみなさま、ホントにありがとうございました。雪の中でふわふわモヘアを編むの、なかなか素敵でしたね。とっても楽しかったです。
さぁ、私はケヤキでのイベントの準備をしなくちゃね!頑張ろうっと!

| | コメント (0)

だいじょばない?

[金銭の誘惑に負けたり、権威に屈したりしない、志の高い男子」って誰のことでしょう?これは新明快国語辞典が説いた「大丈夫」の意味です。でも読み方は「ダイジョウフ」で語源はもちろん漢語。

Hina2

う〜ん、今の日本では「大丈夫」ってこの意味よりも大分違う感じで使われているかも?!
「全然大丈夫!」とか「○○要りますか?」の質問に「あ、大丈夫です」とか。
「はい、大丈夫です」とか「いいえ、結構です」という言葉を使わなくなったということよね?ふぅむ...言葉ってどんどん変わっていくから難しいわね。
どうして「大丈夫」って言う言葉のことを考えていたかというと、先日の大雪の間外猫達がぱったり姿を現さず「大丈夫かしら?」と心配していたから。。。
毎日、庭へ遊びに来ては我家の掃き出し窓に手をかけ、一日に何度も居間の中の様子を除いてゆく外猫達。大雪の間、彼らはどうしていたのでしょう。
Paw昨日窓の外のガチガチに凍った雪にはこんな足跡が。あぁ、雪の中様子を見に来たのね、と思ったけれど姿は見当たらず。今やご近所に寒さを凌ぐ縁の下があるお家はないし、外はブルブル凍てつく寒さです。
獣医さんの「野良猫達は夏の暑さよりも冬の寒さにやられちゃうんだよね」という言葉を思い出し、「うわぁ〜ん、早く遊びに来てよぉ」とドキドキ。
そして、今朝ようやっと「大丈夫、元気ですよ」と姿を現してくれて私もほっと一安心。良かった!だいじょばなかったら、どうしようかと思っちゃった!んんっ?「だいじょばなかったら」?????
「だいじょばない」って「大丈夫じゃなかったら」の意味のPerfumeの歌の造語だけど、「全然大丈夫」や「あ、大丈夫っス」みたいにそのうちフツウに使われるようになるのかしら? Ha~, ha~!
Collar
そして、これは昨日作っていたかぎ針の襟。シンプルに長編みで編んだ襟にこんなふうに貝ボタンをびっしり縫い付けました。これは編み上がった襟にバランス良くボタンを乗せ全体の様子を見ているところ。この後無事に出来上がりHappy + Happy!
ちょっと英国のパーリークィーン(Pearly Queen)みたいでしょ。
じっくりじっくり手を動かしながら、心の中は外猫達のことを思い、頭では「大丈夫?」それとも「だいじょばない?」と考えた静かな雪の日でした。:)

| | コメント (0)

春を待つ気持ち

今、窓の外は東京とは思えないほど雪が降っています。

Yuki 歌舞伎の舞台のように細かな雪がふわふわと舞っていたのが、少しずつゲレンデの吹雪のようになってきました。
今日は東京にも大雪警報が出ていて明日の朝までの積雪は20cmですって!珍しい大雪に早速スキーウェアを着込んで雪合戦や雪だるま作りの準備をしているちびっ子達もいるけれど、慣れない大人達は結構大変。我家も今日は雪景色をのんびり眺められそうだけど、その後は道や家の回りの雪かき(家の前の道は坂道なので雪かきがmust!なんです)が待っています。。。
でも、こうして改めて庭を見ると梅の木って雪が似合う。幹の色が濃いから雪の白さが引き立って美しいのね。
Tsubaki 昨日はこんなお菓子をいただきました。ミッドタウンへ行った母が買って来てくれたのはとらやさんの椿餅。
つやつやの椿の葉っぱに挟まれた道明寺粉のお餅のニッキの香ばしい香りに思わずうっとり。
この生菓子は初めて作られたのは何と慶安四年(1651)ですって!しかも源氏物語の中にも出てくるお菓子とか。そんなお菓子を2014年の今、普通に六本木で買ったり出来るのって何だか楽しい。:)
器は京都のうるわし屋さんで見つけたもの。古い漆器のやわらかな質感がぴったりね。
そして雪に全ての音が消し去られ静かな静かな部屋で私がせっせと作っているのはこんなもの。
Keito3gatsu 来月のKeitoの作品です。
太い太い糸を太い太い針で編んだだけの編地だけどかわいい。
編むのに使ったのは真ん中に置いてあるスケルトンのグリーンの棒針、クロバーさんのアクアモードです。
竹のジャンボ針は肩凝っちゃう感じだけど、これは何と言っても軽いし針先に工夫がしてあるので今回みたいな極太糸の時はとっても編みやすい!
さてさて、これからどんな形になるのでしょう。これからジッパーのついた中袋を作って、それから中心に帯を巻いて....チャームのついたチェーンをつけて!来週のKeitoでのワークショップの時にご紹介するので、どうぞお楽しみに!
寒い寒いと固まっていないで、こんな日にこそ春の準備をしなくちゃね。
あらら、外はますます吹雪いて来たけれど、大丈夫。この雪が溶けたらきっと春よ。
楽しみ!

| | コメント (0)

楽しいお菓子

ロンドンや上海、蓼科へ度々出かけ、東京でも活発に行動しているように見えるけれど、実は何日も家の外へ出ないことも多く、静かに部屋でひとりで何かを作っているのが私にとって一番居心地が良い時間です。

そして、そんな私が仕事の合間にいそいそとキッチンへ行き「今日はこれ」と手にしているのはこんなもの。
Okashi1
これは嘉永2年創業の金沢の諸江屋の「オトギクズユ」。
御伽草子を綴じてあるように見えるけれど、この中には美味しい葛湯が入っています。
日本ってパッケージがホントに素敵。
ウィットに富んでて楽しいし、しかも美しい。これは日本独特の文化ね、っていつも思います。

Okashi2

そして蓋をあけるとこんなふうにカルタのような絵の小さな箱が並んでいます。楽しい!:)
甘過ぎないとろとろの葛湯も美味しくて、寒い時に頂くと思わずほっこり和みます。
かわいい縁起物が入っている久寿玉とか福徳せんべいも金沢らしくて素敵。もうすぐ新幹線が通って東京から金沢への陸路がグッと便利になるから諸江屋さんの本店へ行ってみたいな。
そしてもうひとつのお気に入りはこれ。
Okashi3_2 松本名物、寛永12年創業の山屋の板あめ。
餅米に麦芽を加えて作った米あめを限界まで薄く延ばして板状にした板あめの中に香ばしい落花生が入っていて、パリパリとした食感が病み付きになるお菓子なんです。
しかも美味しいだけではなく、民芸調のパッケージが松本らしくて素敵!
第19回全国菓子大博覧会金賞受賞を始め、New York Timesにも紹介されたりと世界中に「ここの飴大好き!」なファンがいる山屋さんですが、お店の前の工場を見学させて頂けるんですって。わぁ、素敵! 絶対行かなくちゃ!プロの技を目の前で拝見できる工場見学は見逃せないもの!
蓼科はまだまだ寒いから4月頃まで行かない予定ですけれど、その前にちょこっと松本だけ行こうかしら。青空に雪山がきれいでしょうね。あぁ、行きたい!♡
お菓子ひとつで家に籠りがちな私が予定表を取り出して「いつ行けるかしら?」と思うんですもの、お菓子の力ってすごい。Ha~, ha~!!
美味しいお菓子をくださるみなさま、改めて感謝です。♡
諸江屋 金沢市野町一丁目三の五九
(076) 245 2854
山屋飴所 松本市大手2-1-5
(0263) 32 4848

| | コメント (2)

楽しみな3月

今日から2月になりました。梅のつぼみも膨らみ始めたし、もう少ししたらウグイスの声も聞こえてくるかしら?いえいえ、来週はまた寒くなりそうだし、インフルエンザも猛威を発揮しているしまだまだ油断ならない感じです。

私が特に今年の春を待ちわびているのには理由があります。それは3月の楽しいイベントのこと。そして昨日そのDMが出来上がってきました。:)
Keyaki6 [アートを身につける]
緑に包まれた都心の一軒家「ラ•ケヤキ」で伊吹広子•岩切エミ•こうの早苗、3人の手芸家が作品の展示販売をいたします。友達の家に遊びに来たような空間で、美味しいごはんと飲み物もゆっくりお楽しみ頂けます。手から生まれるアートを探しにいらしてください。と書いてあります。
そうなんです!3月に新宿御苑に面したステキな一軒家で展示販売会をする予定です。「予定」というのは、もちろんイベントに参加することも日程も決まっているけれど、その他のことはまだ何にも。。。しかも「どうぞ自由にやって〜」ということらしく、私としては戸惑うことばかり。。。
Keyaki5
予定としては布やリボンで作るコサージュやアクセサリィを、と思っているのですけれど、ずっと作りたいなぁと思っているものがあり、「春だし」「ケヤキの雰囲気に合ってるし」来週からその材料探しを始めようかと思案中。
家にあった材料で昨日いくつか試作をしてみたけれど、ちょっと良い感触!
ちょっと心の中でウキウキした気持ちが芽生えてきました。こうなったらしめたもの!
Keyaki7
これは、私が作った紙の花を頭に乗せられて、とんだ迷惑を被っているSage。私がiPhone片手にヒィヒィ笑っているのに、自分の頭の上に何が乗っているか解らず緊張してじっと耐えているところです。こういうところがたまらなくかわいい。Ha~, ha~!!!♡
この紙のお花が私が今作りたいと思っているものの大ヒント。
上手く出来るかしら。これから材料を幾種類も探し、選び、試行錯誤が始まるところ。。。
このプロセスが楽しくて一番好き!頭の中に咲いている花を手で触れるものとして実際に作り、どれだけイメージに近づけられるか、なんです。そのためには、最初のイメージがしっかりとしていないと出来なくて、だから頭の中での熟成期間が大事。今、やっとそこから「手を動かせる」ところまで来たから頑張りましょ。
是非、出来上がった作品をケヤキへ見にいらしてくださいね。今回は珍しく作品の販売もあるのでお楽しみに!
アートを身につける
2014年3月7日(金)−9日(日)
12:00 - 20:00(最終日は18:00まで)入場料¥500(1ドリンク付き)
場所:ラ•ケヤキ 東京都新宿区内藤町1-6

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »