« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

蓼科日記 初冬編 その2

Happy Halloween! Trick or Treat?

10311

今日はハロウィーン。ニュースを見ていると渋谷や新宿は大変なことになってるみたいだけれど蓼科にいると「ハロウィーンってなぁに?」っていう感じ。

唯一ハロウィーンの雰囲気があるのはバラクラかしら?今年もこんなふうに色々なサイズのかぼちゃをかわいく飾ってありました。:)

でも、初冬のバラクラで私が見たいのは色々な形の落葉。

10312

普段は高い木の上にあって遠目でしか見られない木の葉たちが庭の枕木の上に落ちて、まるでそのままニットのパターンみたいです。素敵。♡

今頃の蓼科では唐松の葉っぱが粉雪のようにさらさらと舞い落ちて、夕暮れ時には夕陽の中で黄金色に輝いてまるで金色の雪が降っているかのようです。そして紅葉を見に山の間をドライブすると、すっかり葉っぱが落ちた白樺林が夏とは違った風景を見せてくれるし、晩秋の山は少し寂しげだけど目を見張る美しさです。うっとり。

そして蓼科へ来てからせっせと作っていたティコゼーが完成しました。後ろ姿の憂いを含んだレディです。

10313

今回はニットの部分はスカートだけ、ボディは羊毛をフェルティングしてみました。試行錯誤しながら羊毛の量を工夫したり、キュッと細くなるようにニードルでせっせと挿したり、ふわっとするように羊毛のまままとめたり、久しぶりのフェルティングを楽しみました。急に寒くなった山の中でこんなことをしてるのはホントに楽しい時です。♡

それなのに…ちょっと油断をしたらしく、さっきからゾクゾク。今日は風がとっても冷たくて寒い一日だったのに、冬に向かって山荘の外回りをせっせと片付けたり、ちょっと長めのお散歩に出かけたりしていたからかしら。何だか今晩は熱が出そうな気配です。あぁ。+_+

大急ぎで葛根湯も飲んだし電気毛布もつけました。

今日は早めに寝ようかとベッドを見たら先客が!!! もうっ、Henriったら。でも、手足を広げて気持ち良さそうにぐっすり寝てるから、私はもう少し編物しましょ。: )

わぁ、明日から11月。今年ももうあと2ヶ月ね。ドキドキ!♡

| | コメント (0)

蓼科日記 初冬編 その1

月曜日から蓼科に来ています。

10281

諏訪南で中央道を降りて自由農園へ寄ったら、顔なじみのお兄さんが「今日来て良かったですね。昨日は霜が降りて-5度だったんですよ。いよいよ冬の始まりですね。」とにこにこしていました。: )

山荘の庭もこんなふうに真っ赤な紅葉の絨毯になってキレイ!でも、もうそろそろ紅葉は見頃を過ぎて山ではいよいよ冬の始まりです。

自由農園で床に置いてあるどっしりとした大きな袋一杯の柿を見つけたので、何かしら?と見てみると「干し柿用 渋柿」と書いてあるではありませんか。

わぁ! 農家の軒先に下がってるあの美味しそうな干し柿を自分で作れるって言うことなの??? きゃぁ、素敵!と早速大袋を2つ購入して山荘へ戻り、庭のウッドデッキに陣取ってひたすら柿を剥き続けること1時間。剥き柿80個が出来上がりました。

大工道具の棚から麻ひもを取り出して、見よう見まねで柿のへたに結びつけ、余り重くなるといけないからと1本に結ぶ柿は8個と決めて黙々と紐に柿を結んでゆきました。

10282

そして、寒風が通り抜けるし、雨にも濡れないし、鳥や虫も入って来られないガゼボが最適ね!とガゼボの梁に結んで出来上がり!青空に輝く吊るし柿たちを見て、伯母と「やった~」と大満足! そして部屋に入って濃いミルクティとレーズンウィッチのおやつでお互いの健闘を祝いました。Ha~, ha~!!!

そして、もちろん今回も山へ大きなバッグ2つ分の仕事を持ってきました。今、大急ぎで作ってるのは昨年の「毛糸だま」で大好評だったお人形のティコゼーの色違いのもの。

10283

これは来年の1月末に予定している京都での講習会のもの。

このお人形のティコゼーは今までに何度か作っているけれど、その度に「この場所だったらこの色が似合いそう」と思って色を決めています。

今回のお人形は春に向かってだけど、和の色が似合う京都ですもの、パステルというよりもはんなりとした色(?!)です。どんなふうに出来上がるかしら。たのしみ。♡

今日は暖かい一日だったけれど、明日はまたぐっと寒い予報です。

冷たい風に吹かれて柿が甘くなるかしら?

そして寒い日には暖かいポタージュを作りましょう。

楽しみな冬の始まりです。:)

| | コメント (0)

京都の秋 その3

京都へ行くとお寺やお庭巡りも良いけれど、私が楽しみにしているのは器探し。

素敵なアンティークが並ぶうるわし屋さん、ひとつずつ揃えたくなる清課堂さんの錫のもの、東山の阿閑堂さんでは山のように積まれた骨董の器の中から宝探しを楽しむけれど、やっぱりお気に入りはSecond Spiceさん。
10252 Ha~, ha~! 何だか顔のように見えるけれど、この3点が今回の収穫。:)
先日伺った時は丁度この上の器の作者 井内 素さんの個展を開催中でした。手びねりで作られた井内さんの器を見ていると「あ、白和えが良さそう」「これはイチジクとブルーチーズね」と器の中に料理が入った姿が思い浮かぶ感じ。♡
ざらっとした風合いや光によって色が微妙に変わるメタリックな色も素敵で一目惚れでした。美しい器との出会いにドキドキ。
10254
そして東京へ戻りこの頃お気に入りの超簡単牛蒡のポタージュを作りました。
今回は本田味噌本店で白味噌を買って来たので、白味噌ベースにしてみたら、これがとっても美味しくて思わずにっこりでした。
そして、井内さんの器ともしっくり。♡
秋のゴハンが増々美味しくなりました。
この器に炊きたてのご飯をよそって上に蕗味噌をのせたてみたら、いつものゴハンが何だか素敵になりました。
やっぱり器って大切。
10251 そして松尾 直樹さんの器には麩嘉の粟、パンプキン、くじら麩をバターでソテーしたものを。上には栗味噌と柚味噌を乗せました。京都って美味しい。
友人のお爺ちゃまの高名な日本画のコレクターの方は昔の画家ではなく同時代に生きている画家の作品を集めていらっしゃいました。そしてずっと前に伺ったその理由を、今、私が器を買う時に思い出して実践しているような気持ちです。
Second Spiceさんで扱っていらっしゃる作家の方は比較的若い作家さんばかり。と言うことは私でもそれほど背伸びしないで手に入れることが出来て、しかも日常でどんどん使って楽しむことが出来ます。清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買った骨董の器を鍵のかかる棚に飾っておくよりも、自分で作ったものを器に盛って楽しんで食べることこそ勉強なのではないかしら。
10253 暫くの間はこんな調味料を使いながら美味しい秋のご飯を楽しむことが出来そうです。でも…天高く馬肥える秋 ですものね。美味しいとばかりも言っていられません。Ha~, ha~!!
自転車に乗ったことのない私に「少し外へ出たら?」と最近家人が薦めているのが Walking Bicycleというもの。今度ショールームに見に行ってみようと思っています。舞子さんも着物姿で乗れるんですって。♡ 楽しみ!
さて明日からは猫たち+犬と蓼科へ。寒そうだから厚手のセーターを着ていきましょ。

| | コメント (0)

京都の秋 その2

京都での或る一日。

毎月21日は東寺の弘法市。蚤の市が大好きな私は早起きをしてウキウキと足取りも軽く東寺へ向かいました。

10221

お天気も良く朝から秋晴れで気分は上々のはずなのに、うーん、出ているお店は食べもの屋さんやお土産屋さんに近い感じ…。それならば気持ちを切り替えて立体曼荼羅を拝見しましょ、と入場券を買って久しぶりにオールスターズの立体曼荼羅や大好きな日光&月光菩薩を拝見しました。弘法市にたっぷり時間をとっていたのに思ったよりも早く見終わってしまったので、早めに一乗寺へ向かい恵文社でのんびり本探しに変更。

そして12:30からはアノネカフェでのworkshopです。楽しくルームシューズを編んだあとは、せっかく京都にいるんですもの、秋のおやつを頂かなくちゃね!

10222

これは笹屋伊織さんの栗あんみつ。美味しい栗餡に思わずにっこり。:)

京都へ行くと美術館、博物館へ行くのも良いけれど、小さなお店で器を探したり、地図を見ながらお菓子屋さんや食材屋さん巡りをするのも楽しみです。今回もいろいろなところでお菓子を買い求めたり、八百三の柚味噌や本田味噌本店へ行ったり、京都市内をあちらこちらへぐるぐる。

そして、この日はこんなふうに既に早朝から南へ北へと大忙しだったのに、ワークショップの後で来年の仕事の打ち合わせを一件してから更に1人でライブハウスへ向かいました。*_*

東京でならばともかく、旅行先で知らないライブハウスへひとりで行くのは少し勇気がいること。

どうしましょ…と考えたけど、京都を訪れている時に好きなアーティストのライブがあるなんてめったにないことですもの。後で「あ~、やっぱり行けば良かった」なんてカッコ悪い!!! ガンバレ、Hiroko! Ha~, ha~! : )

10223

ノルウェィのユニット、Picidaeのライブ、とってもとっても素敵でした。行って良かった! 彼らの歌声と音で身体の中がキレイになった気持ちになりました。♡

それならば宿に帰る前に一杯飲みましょ、と帰り道に益や酒店へ。ちょっと風邪気味だったから軽めの冷酒をと頼んで、ささっと飲んで帰りました。何と私も大人になったこと!:)

朝から夜までたくさんの京都を体験出来たうれしい一日でした。だから京都通いはやめられない!

21日&22日のアノネカフェのワークショップへ参加して下さったみなさま、アノネカフェの方々、Cloverのみなさま、ありがとうございました。お陰さまで楽しい京都の秋でした。 しあわせ。♡

| | コメント (0)

秋の京都 その1

日曜日の朝、新幹線に乗り京都に来ました。

この日は楽しみにしていた名古屋のHちゃん母娘と久しぶりにご一緒しての京都!

「どこ行く?」「何を食べる?」と大分前から相談して、まず京都駅に着いたら私の希望で清水団地で開催中の陶器市へ。

ミッドタウンの乾山展で手に入れそびれた乾山の写しを作家の方ご本人から譲って頂き大満足。もうこれだけで京都へ来たかいがあったというもの。大満足!!!♡

10191

そして、その後は京都へ来たら必ず訪れるSecond Spiceさんへ。

もう家の食器棚も引き出しも全ていっぱいなのに、ここへ来る度にお皿が増えてゆきます。

ここで扱っていらっしゃる作家ものの器は若手の作家さんが多いということもあり、大切にしまっておくというよりもすぐに使いたくなる感じのものばかり。

しかもお皿を見るとお料理を作りたくなる感じ!

そしてプロの料理人の方々も同じらしく、ここの器は京都でも予約困難なお店のシェフの方々のお気に入りだとか。そしてこの日もご主人に美味しいランチのお店をご紹介して頂きました。

Second Spiceから歩いて10分くらいのステファン•パンネルに無理を承知で電話してみたら、偶然にもキャンセルが出たばかりでラッキー!!!思いがけず美味しいランチをいただくことが出来ました。

10192

そしてその後は無鄰庵へ。植治が設計したというお庭はやっぱり素敵。以前は全く興味のなかったお庭が気になり始め、この頃はすっかり「やっぱり一番の贅沢はお庭ねぇ」なんて思ったりもするようになりました・Ha~, ha~!

いつもだったら遅めのお夕飯にするけれど、この日のHちゃん達は日帰り旅行なのでお夕飯の予約は17:30。全然お腹空いてないしどうしましょ、と大好きな喜幸さんへとぼとぼと向かったけれど、いざカウンターへ座ってみると黒板に書いてあるお品書きに胃が目覚めて「落ちハモのお造りとハエの唐揚げ、それから….」と次々にお願いしました。美味しかった!

Hちゃん&お母さま、楽しくて美味しい一日をありがとうございました。♡

10194

そして今日は朝一番に錦市場の有次さんへ。

ペティナイフをもう一本欲しくなり、ずっと『今度京都へ行ったら有次さんで!」と思っていたのでした。そして、ずっと大切に使っていけるようにと名前も入れて頂きました。:)

ひらがなや漢字はお手のものだろうけれど、外国人のお客さまも多い有次さんですもの、アルファベットなんかも彫って下さるのかしら?と伺うと「どんなものでもなるべく彫ります」とのお返事。

手を動かしながらいろいろな興味深いお話も聞かせて下さり、とても楽しいお買いものでした。

そして憧れの包丁研ぎと魚を下ろす教室への登録もしました。

さぁ、今日の京都日記はここまで。続きはまたこの次に!

| | コメント (0)

猫とお散歩へ

さて、待ちに待った Keitoでのワークショップのお知らせです。

日にちは11月9日(月)、場所は市ヶ谷のヴォーグ社1階のChotto Keitoで!
そして作るのはこれ!
10172 ソファでのんびりしている猫、ではなく、実はこれはクラッチバッグなんです。
先月Keitoへ行った時に「今年の秋冬用に入荷した糸です」とたくさんの糸をスタッフの方が机の上に並べて下さったけれど、即座に「コレ!」とファーっぽい糸をチョイスし、しかも頭の中にはこの猫バッグが出来上がっていました。:)
なるべく大きなバッグになるようにと糸の長さと相談しながら各パーツを作り、2玉をフルに使って完成!
かわいい!!! しかも、ちょっとキッチュな感じが良いでしょ?♡
10173
持つとこんな感じ。Ha~, ha~!!!
きっと歩いていても、電車の中でも、レストランでも、どこでも注目の的間違いなしです。だって、ホントの猫を連れて歩いているみたいですもの。:)
色は他にもベージュやオフホワイト、ライトグレーもあるからお好みでどうぞ。
「きゃぁ、かわいい!」とハートを掴まれた猫好きな方も「リアル猫は苦手だけど、このバッグは作ってみたい!」という方にもおススメのこのバッグ。何とワークショップは明日(10月17日)10時から募集開始です。
詳細は今晩Chotto KeitoのHPでご覧下さいね。
一匹じゃなくて、もっと沢山作りたい、という方のためにエキストラの副資材のお申し込みも可能です。(ワークショップ当日のご用意はできないので、事前にお申し込みをお願いします)
10171
そして、日曜日には京都へ。
今回は京都駅に着いたら陶芸市へ直行しようと計画中の私。と言うことはトランクをホテルに早めに送らなくちゃ。あぁ、時間がない、どうしましょ、とバタバタ大慌ての私を見ながら、「忘れないで連れてってね」とばかり、自らショッピングバッグに入って準備万端なHenri。:)
ホントにHenriを見ていると思わず笑っちゃうことばかり。楽しい毎日をありがとう、Henri. ♡
アノネカフェでのワークショップの材料を少し多めにご用意したので、まだお申し込み可能です。段々肌寒くなって来たこの頃、是非暖かなルームシューズをご一緒に編みましょ。楽しみにお待ちしています。
詳細はこちらから↓

| | コメント (0)

いろいろな秋

10月になってから何だか少し時計が早回しになっているような感じです。

10154 毎日すっきりとした秋晴れだから、机に向かっていてもじっとしていられない気持ちだからかしら。
きっと今頃 蓼科ではこんなふうにキノコが顔を出していることでしょう。食べられないキノコも色や形がかわいくて、見るだけでうれしい。東京にいても気持ちは山へ!♡
いよいよニットの季節になって大忙しなのに、夏の間忙しくてなかなか会えなかった友人達とゴハンを食べに行って「元気だった〜?」とお喋りをしたり、楽しくて美味しい毎日だけどバタバタあっちへ行ったりこっちへ出向いたり。:)
そんな時に持って行くのはこんなバッグ。
2トーンが楽しいカラフルな縄編みのクラッチバッグです。
10155
今月のお稽古の作品だから、きっと今頃みんな編図と向き合って「えーっと、この記号は???」と頑張っているはず。
ちょっと複雑な模様に頭がぎゅっとしちゃうけど、出来上がった時の喜びも大きいから頑張ってね〜!
そして、この頃クラッチバッグに凝っている私は、来月のKeitoのワークショップのために用意した作品もこの形。そして先日お知らせした通り、ちょっとキッチュな雰囲気がかわいいふわふわな猫のバッグです。♡
今週中にも募集が始まると思うので、どうぞお楽しみに。:)
そして週末から京都へ行くためにそろそろ用意をしなくちゃね、とキャリアーを出したとたんにこんなことになってしまいました。キャリアーの上に乗っかって「動かないぞ!」とアピール中の2匹。Ha~, ha~!!!
10156 2匹で結託して私をどこへも行かせまいとしているのかしら?*_*
それとも、いつもお山へ行く時に使っているから「早く山へ行こうよ」という催促なの?
夜遅くまで机に向かっている時も、いつもは何か音楽を流しながら仕事をしているけれど、この頃は少し寒くても窓をあけて静かに耳を澄ませています。
外から聞こえて来る虫の声が美しいんですもの。♪♪♪
秋って忙しいけれど楽しい。
昨日はNHK文化センターでの楽しいルームシューズのレッスンでした。ご参加下さったみなさま、ありがどうございます。来週は京都のアノネカフェでのワークショップがあります。(詳細は9月17日の記事をご覧下さい)
さぁ、いろいろな準備をしなくちゃね。楽しみ!:)

| | コメント (0)

楽しい秋

ホントにこの頃秋晴れの良いお天気。朝カーテンを開けると眩しいほど太陽の光があふれていてふんわりと幸せなきもちになります。:)

10121
本やお洋服の好みは人によって様々だけれど、多分みんな「おいしい」は同じ。そして、食べたことのない味にドキドキする気持ちも!!!
これはとらやさんで10月末までの間だけ販売中の「ローズ•ド•パリ」というローズウォーターを使った生菓子です。パリ店の35周年を祝ってパリのスタッフが考案したんですって。ピンクのバラの形もかわいいけれど、驚くのはその味!
一口食べてから、一瞬おいて、わあっと口の中に広がるバラの香りがすごいんですもの。思わず、「おおっ!!!」とにっこりしちゃいます。意外性だけではなく、きちんととらやさんらしい味でしびれちゃう。もう一度食べたい。イマジネーションの幅が広がる素敵なお菓子でした。♡
ラムレーズン味の羊羹やポワールキャラメル羊羹も美味しかった。いつもはヴァレンタインにしか味わえない大好きな羊羹 au ショコラも手に入れたしHappy, Happyな秋です。

10122

連休初日に張り切って庭仕事をしすぎて少し手を痛めちゃったのに、大急ぎでサンプルを仕上げなくちゃいけないものがあり、昨日は一日中家でサクサク編物。*_*
作っているのはこれ、猫。ちょっと生意気そうな顔の猫の全身を使ったクラッチバッグです。かわいい!:)
keitoで糸を見た瞬間に姿が浮かび、頭の中ではとっくに出来上がっていたけれど…と言ういつものパターン…。さぁ、今週中にKeitoに渡して11月のワークショップの募集を始めなくちゃね。あとは耳やしっぽと本体をつなげて、中袋を作って仕上げましょ。
あぁ、刺繍のコンパクトも大急ぎで作らなくちゃだし、今週はお出かけもいろいろ。どうしましょ。
そして週末から京都です。♡
10123 10月21日と22日に開く一乗寺のかわいいアノネカフェさんでのワークショップ。まだまだ募集中です。
糸の用意があるので、迷っていらっしゃる方は是非お早めにお申し込み下さいね!詳細は9月17日の記事をご覧下さい。
お申し込みとお問い合わせはアノネカフェさんまで:075-711-0880
さっき朝ご飯のついでにアップルパイとシチューの下ごしらえをしたから、今日のご飯はもう準備万端。さぁ、今から集中してミシンの前に座らなくちゃ。
でも、一昨日&昨日と右手を酷使し過ぎて少しズキズキ。今日は手を休めなきゃね。+_+
芸術の秋と食欲の秋ばかりだったもの、読書の秋も楽しまなくちゃ。今日はゆったり本を読みましょう。楽しみ。♡
*とらやさんのパリ店35周年記念のお菓子いろいろは10月31日まで限定店舗のみでの販売です。大人気なので予約をおススメします。

| | コメント (0)

満喫中!

日本人科学者の方達の連日のノーベル賞受賞で世相が科学に向いているこの頃、私も心の中で思わずにっこり。:)

10091 理数系にめっぽう弱い私だけれど「どうして?」「なぜ?」の気持ちは人一倍!
だから大人になっても、或る日トウモロコシのひげの本数は粒の数と同じことを知って「わぁ、そうだったのね!」とうれしくなったり、いろいろな小さな自然の決まりごとに目を輝かせています。
先日蓼科で「今年のあけびは美味しいよ」と勧められて買って来たけれど、食べる前にまずこの色にうっとり。♡
このモーヴとグレィとベージュ、そして固い皮がぱっくり割れると、中にはふわふわに守られた柔らかな種。暫くこの色と質感の不思議さに見入ってしまいました。ドキドキ…。
10092
昨日は「とらやパリ35周年」を見にミッドタウンへ行ってきました。
丁度私がロンドン生活から日本へ戻った頃に出来たパリ店、お店へ伺う度に日本を感じ、ゆったりとした気分になっていた思い出のお店です。
もうあれから35年もたったのですね。今年はリニューアルオープンをして更に素敵になったとか。行ってみたいな。♡
ミッドタウンのお店ではパリ店35周年を記念したかわいいお菓子もいろいろ発売されていました。ローズウォーターを使って作った「ローズ•ド•パリ」や5種類のカラフルな一口サイズの羊羹が詰め合わせになってる「ヨウカンアラカルト」など、全て売り切れだったけれど、改めて予約をして買いに来ましょ。:)
そして、その後は私のプロフィール写真などを撮って下さったN氏と久しぶりに六本木ゴハン。

10093

秋刀魚の焼いたのや肉豆腐を頂きながら大人の馬鹿話に大笑いして、そして時々真面目な話もちょこっとね。美味しくて楽しい大人の夜でした。:)
Henriもこんなに大きくなりました。すっきりとした白い身体にベージュのふさふさしっぽ、グレーの模様の顔と耳、透き通ったブルーの目に小さなピンクの鼻、なかなかの美声年です。
ただその行動はと言うと???? 何にでも興味津々で甘え上手、もしも人間だったら案外上司にかわいがられるヤツかもしれません。そんなHenriを鷹揚に構えて見守るZowie。Zowieも素敵な大人な猫になりました。:)
私の回りにはいろいろな色や形があって、そして大勢の方々に囲まれて過ごしているのね、と感じる毎日です。感謝。♡
さぁ、今日は金曜日。先日からカレンダーとにらめっこをして行く日を吟味していた「モネ展」。金曜日は21時までです。今からぎゅっと集中して仕事をして夜は「モネ展」へ行きましょう。食欲と芸術の秋〜、楽しみ!

| | コメント (0)

この頃...

蓼科から戻ってバタバタと打ち合わせがあったり、材料を買い出しに行ったり、そして月始めはお稽古weekがあったりと忙しくしていたけれど、自分のキッチンでせっせとお料理をしたりもしていました。

10041 寒くなって来たからこの日はサーモンパイ!
と言っても実はパイシートを使っての超簡単料理だから「パイを作った」とは言えないけれど、オーブンを使うのはやっぱり楽しいこと。
調子に乗ってデザートにはアップルパイも作りました。:)Cordon Blueに通ってい頃は時々折り込み生地のパイを作ったりしていたのに、この頃はとんとご無沙汰…。粉料理は気分転換になるし、今度頑張って作ってみようかな、とアツアツのアップルパイを頬張りながら考えました。美味しかった!♡
そして、そんな私の様子を見ていたのがHenri. Ha~, ha~!!
10042 リビングとキッチンの間に寝転びながらのんびり。相変わらずの様子に思わずクスッと笑ったり呆れたり。
この頃夕方になって外から虫の音が聞こえて来るとZowieもHenriも窓のそばへ行ってそうっと耳を澄ませています。暫く飽きずにずっと。。。そんな2匹の様子に私も興味をそそられて、そばへ行って並んで耳を傾けてみたら何だか不思議な気持ちになりました。
猫たちと一緒に静かに耳を澄ませていると、仕事をしたりしながら聞こえて来る虫の音と違って他にもいろいろな音が聞こえてくる気持ちでした。いつも聞こえている音よりも、もっと小さな音まで聞こえてくる感じ。秋って楽しい。:)
そして昨日は久しぶりに友人と代官山 Ataでご飯。
10043 モンサンミッシェルから届いたムール貝や秋刀魚のリエット、スモークした鯖とイチジクとモッツァレラ、柔らかなローストラムをいただきました。もちろんワインも!
お料理もおいしかったけれど、久しぶりに会った友人との時間はとても楽しくてリラックスした良い時間でした。Mちゃん、ありがとう。
私の回りの年代は、丁度今、親の代のことでいろいろあって大変なとき。でも、そんな時でも笑ったり励まし合える友人たちがいるのは幸せと思うこの頃です。
さぁ、明日は久しぶりの歌舞伎〜!玉三郎さんの「阿古屋」。楽しみすぎて今からドキドキ。♡
日本の色の美しさを五感を澄ませて感じてきましょ。:)

| | コメント (0)

10月になりました

10月になって気分は10031すっかり秋。

蓼科の森は今きっとこんな感じ。今年は雨が多かったからキノコが豊作で山荘の回りをぐるっとするだけでバスケットいっぱいのキノコが見つかります。
しかも今日のように雨のあとにこんなピカピカの太陽が出ている朝は絶好のキノコ狩り日和!あぁ、山へ行きたい。。。
動物たちよりも、虫たちよりも、そしてコンペティターの人間たちよりも早起きをしてお目当てのキノコを探しに注意深く茂みの中へわけいって行くのは結構楽しいもの。でもキノコはたくさん出ていれど、日によってはバスケットの中は空っぽのまま。だって、私はたった2種類しか見分けられないんですもの。とほほ...。*_*
そして、蓼科へ行く時は置いてきぼりのハギオ君。
久しぶりの登場です。
10032
これは去年の1月生まれのハギオの生後3ヶ月の姿。
ち、小さい!手に乗せても重みを感じないほど軽く、しかも手のひらの半分くらいの大きさでした。:)
猫と一緒に暮らすのには慣れているけれど、早春のまだ寒い時期に家にやって来たハリネズミのベビィを無事に育てられるか毎日ドキドキだった頃。
寒くないかしら?とヒーターの位置を色々考えたり、楽しいようにとおもちゃを探して来たり、試行錯誤を重ねていた毎日でした。♡
それが今は!
10033 Ha~, ha~!!!
両手に乗せても持ちきれないくらいに大きくなりました。
相変わらず怖がりだけど、のんびりとしたマイペースの青年ハリネズミに育ちました。:)
本当は蓼科の森のようなところに住んでいる訳だから、連れて行って草むらに離したらうれしいかしら?うーん、でも、案外俊敏なハギオだからお散歩にならずに2度と会えなくなっちゃいそう…。生まれてから森や草原へ行ったことのないハギオ。行ってみたら目を輝かすのかしら?それともいつものケージへ一目散に戻るのかしら?
大きくなったハギオと遊びながらそんなことを考えました。ね、ハギ、何を考えてるの?教えて、教えて。♡
10月はいろいろなお友達に会う約束があったり、カラフルな一ヶ月になりそうです。
元気に頑張りましょ!楽しみ。:)

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »