« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

春の兆し

今週は冬に戻ったような寒さの日が続いてびっくり。猫たちも陽だまりを上手に見つけて家の中を移動しています。

Img_02271 そんな中またもやZowieがちょっと体調を壊し獣医さんへ。*_*

こんなに立派で素敵な Zowieなのに、どうしたの?チビ助がやってきたことで気を使ったり、筋肉隆々のHenriとのプロレスごっごにちょっと辟易としていたからストレスが溜まっちゃったのかしら。。。

獣医さんに「僕はこの一年で何回君に注射をしたんだ?頑張ろうね。」と優しく撫でていただき無事に帰宅。

人間も各々性格や体質が違うように猫たちもホントにそれぞれ。。。一番体が大きくて強そうなZowieが一番静かで優しい。体の具合が悪くても言葉が通じない人間と猫なんですもの、私ももっと細やかに寄り添ってあげなくちゃね。♡

昨日の夕方、市ヶ谷での打ち合わせの帰りに信号待ちをしていたら何やらふんわりと甘い香りが漂ってきました。

Img_02272 おぉ、これは大好きな沈丁花! Zowieの体調で頭も心も不安でいっぱいだった私も思わずにっこり。♡

お隣の20代のBoysふたりが「お!梅の匂いがする」「ホントだ!いい匂いだね」と話しているのが聞こえてきて「Non, non! これは沈丁花よ〜。匂いじゃなくて「香り」って言ったら、もっと素敵」と心の中でつぶやいてしまいました。Ha~, ha~ !! でも、信号待ちの短い間に漂ってきた花の香りに気がつくなんて、なかなかステキな青年たちね。:)

02273

そして、今日から渋谷のBunkamuraの le cinemaで再映されるのはこれ、[David Bowie is].

彼が天国に召されてから、もう1か月半も経つのね。あぁ...。

大きなスクリーンで彼の姿を見ながら

[ There's a starman waiting in the sky      He'd like to come and meet us

But he thinks he'd blow our minds] と心の中で一緒に歌い、

[ I had to phone someone so I picked on you ]と彼が右手の人差し指をこちらに向けてクルクルさせるところで「きゃぁ!」と気絶してきますね。♡

来週末に南の島へ行く用意もしなくちゃだし、その前に仕事もある程度進めておかなくちゃ。そしてZowieがのんびりできるように、この週末はなるべく一緒に過ごしましょ。

さて、今日は編み上がったフェアアイルのニットにバラの刺繍をしようっと。楽しみ!

[David Bowie is] 渋谷Bunkamura le cinemaにて上映中 ~2016.3 6

| | コメント (0)

大切なクッション

2月の終わりまでもうあと少しになりました。わぁ、大変!と大急ぎで向かったのはとらやさん。

Img_02241 とらやさんの生菓子は 大概2週間ごとに変わるから、逃してしまうと次のチャンスは1年後なんですもの、大変、大変!*_*
紫式部の好物でもあった椿餅が初めて作られたのは1651年。ということは365年も作り続けられているということ。おぉ!それだけの間絶えずに続いたということは、その間ずっとみんなが美味しいと思っていたということね。素敵!:)
もっちりとした肉桂味の道明寺、おいし〜い。それに、美しい椿の葉っぱも見事です。
美味しいお菓子をいただきながら、先日あったヤなことを思い出していました。
Img_02242_2
大人になっても嫌なことって時々あるけれどこの前のはウルトラ級!!! いつもは忘れているのに世の中に人を傷つける悪い人っているのね...って思いました。:_;
「うわぁ〜ん、人間不信になりそう〜」としょんぼりしていたら、全力で笑わせてくれたりおいしいものを食べようと誘ってくれたりする温かい友人たちや家人に助けられてすっかり元気になりました。感謝!♡
そして、多分一番良かったことは、最近好きな絵や音楽に触れる機会が何度かあったことで心の中が自分の好きなことで満たされていたこと。心の中に真っ黒な毒を垂らされたような気持ちになったのに、ふかふか柔らかい、でもしっかりとしたクッションがあったことで、心の一番奥底までダメージが届かずに済みました。その後のケアも良かったし! ♡
Img_02243 それに、こんな楽しみもあります。ようやっとあと少しでフェアアイルのロングベストが編み終わりそうなの。Yeah!!!:)
編み上がっても膨大な糸始末、水通しの作業、そして、最後に刺繍を加えようかと思っているから出来上がるのはもうちょっと先ね。
暫くはキレイな色を手に地道な作業になりそう。そして、その先には「頑張ったことが形になる」という楽しみが待っています。♡
「あさ」のように「九転び十起き」で頑張りましょ。
明日は久しぶりにBenoitでランチ。今年はトリュフの当たり年だから明日も目の前で黒トリュフをスライスするサービスがあるらしく楽しみ!その後は大好きなバーン・ジョーンズやミレイの絵を見にBunkamuraへ行こうかと思案中。:)
それならば、なおさら捩り鉢巻きして頑張らなくちゃね!Ha~, ha~!!!
[英国の夢 ラファエル前派展]
渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアムにて 2016.3.6まで

| | コメント (0)

Artyな週末

雨水も過ぎて明日からは2月最後の週になり、あと十日もしたらおひなさまです。
Img_02211 「おひなさま」って聞くと、それだけで何だか嬉しい気持ち。パッと心が華やぐ感じ。: )
特に今年は大切なファミリーイベントが控えていて春〜♩な気分なんです。♡

この週末は大雨&強風の嵐になる予報だったけれど、思いがけずとっても充実した2日間になりました。

土曜日に大きな傘をさしながら向かったのは、楽しみにしていた金子三勇士さんのピアノリサイタル。キラキラ透明なドビュッシーの「月の光」にうっとりしたり、彼らしいリストの「ハンガリア狂詩曲2番」にドキドキしたりの素敵な午後のひとときでした。
Img_02212 そして今日は上野へボッティチェリに会いに行ってきました。
日伊国交樹立150周年記念ですもの、さすがに見応えのある素晴らしい展覧会でした。
ボッティチェリの絵の中でもメディチ家の庇護を受けて花咲いた頃の大好きな作品が何点も来日していて感激。♡
いつも身近に感じていたいと小さなポストカードを冷蔵庫に(*_*)貼っている大好きな「書物の聖母」が目の前に〜 !!!
10年前のミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館以来です。きゃぁ〜 !!!
ボッティチェリの絵は美しい線や色使いだけではなく、ドレスのディテールや透けるベールの感じが本当に素敵。今日は心ゆくまでしばらくうっとりと眺めてきました。:)
そして、その「書物の聖母」に包まれた細長いパケージの中身は?といえば、もちろんこれ!
Img_02213 今回の展覧会のためにレストランよねむらが和楽とコラボレーションして販売しているトリュフのクッキー!先日いただいたグーテ・デ・ロワ・ソムリエもポルチーニの香りたっぷりでとても美味しかったけれど、米村さんのトリュフのクッキーも冬の間に一度は食べたいもの。蓋を開けるとトリュフの香りがふんわり。:)
上野を歩き回ってぐったりだったから、お夕飯は簡単にして、食後に赤ワインとクッキーをゆっくりじっくり頂きました。美味しかった!
思いがけず芸術三昧の週末になり、大好きな美術の栄養をたっぷり心に補給できた幸せな2日でした。感謝。
日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展
上野 東京都美術館にて 〜4月3日

| | コメント (0)

光と影

もう2月もあと10日。何だかバタバタとしているうちに3月になっちゃいそうな毎日です。。。気温も暖かいのを通り越して暑いほどだったり、ゾクゾク寒かったり、三寒四温なのね。そんな変化を猫たちは楽しんでる様子。

Img_02181 毎朝こんなふうに窓から飽きもしないで外の様子を見ています。左から2歳、3ヶ月、1歳。風の匂いとか変わってきてるのかしら?3匹とも鼻をクンクンさせたり、目を細めて太陽の暖かさを感じたりしています。かわいい。 :)
Img_02182
昨日は六本木ヒルズで開催中の「フェルメールとレンブラント展」へ行ってきました。空前の絵画ブームが起こった17世紀のオランダですもの、見ごたえのある作品がずらり!私が特に「わぁ、素敵!」と思ったのはこの2枚。黄金時代のオランダらしくゴージャスで美しいウィレム・カルフの「貝類と杯のある静物」。そして、白いドレスの光沢が素晴らしくて思わずうっとりしたのは、ヘラルト・テル・ボルフの「好奇心」。♡ 
この絵葉書は実物よりもだいぶ明るい色調にプリンとされてしまっているけれど、17世紀の仄暗い部屋の中でちらちら揺らぐロウソクの光で見たら、どんなにか美しいことでしょう。絵の中に入り込みながら、思わず17世紀へタイムスリップしたような気持ちになりました。♡

Img_02183

これはこの頃ちょっとお気に入りのダノンビオ。普段は甘いヨーグルトって手に取ることがないけれど、これは別。だって桜味なんですもの!:)
クリーミィなヨーグルトにほんのり桜の味がしておいしい。桜の葉っぱが入っているんですって。そしてほんのりピンクなのは桃のエキス。
桜が咲いたら何も本物の桜にはかなわないから、これは桜の花を待っている今の時期にぴったりね。
山種美術館の「愉快な若冲・めでたい大観」も急いで見に行かなくちゃだし、もちろん上野に来ているボッティチェッリも見逃せません。時間を上手に作って大好きな絵に会いに行きましょ。心に栄養を、よね。楽しみ!
[フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち]
森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ52階  ~2016. 3. 31

| | コメント (0)

猫と梅

土曜日は天気予報の通り深夜から風が強くなり、猫たちは落ち着かない様子で家の中を歩き回り、庭の木々がざわざわ揺れる音や風のヒューッという音に私もドキドキして眠れない一夜を過ごしました。+_+

Img_02151
でも翌朝はこの通り。お昼過ぎには雲ひとつない青空になり梅の花も一気に開いて、春ね〜!♡
猫たちはみんな私の仕事部屋から外を見るのが大好き。昨日もLucaが一日中外を眺めていました。ヒヨドリがやってきたり、筋骨隆々なノラ君がのっしのっしと我が物顔に庭を歩き回る様子に興味津々。:)かわいい。思わず私も仕事の手を止めて近くへ行き、「何を見てるの?」と暫く一緒にのんびり。
猫がいなかったら、きっと手を休めることもなく一日中仕事をしてしまうから、こうやって猫たちが外を眺める時間を作ってくれているのね。ありがとう。♡
そんな嬉しいヴァレンタインディでした。:)
そしてフェアアイルのニットを毎日せっせと編みながら、先日はミシンにも向かっていました。
Img_02152 新柄のLibertyの生地で作っているのはバブーシュ。もうすぐ春なんですもの、軽やかなルームシューズを作らなくちゃね!
余った布も無駄にしないでヨーヨキルトの飾りを作りましょ。こんな時に頼りになるのはHasqvanaのミシン。タナローンみたいな薄い生地もデニムと何重にも重なった部分も楽々スイスイ、タッタカタ〜です。あぁ、楽しかった。:)
ZowieとHenriは慣れているから知らんふりだけれど、ちび助 Lucaは初めて見るミシンにびっくり!ホントは美しいLibertyの布にうっとりしながら縫いたいのに、ちょこちょこ手を出してくる子猫を叱責しながらの一日でした。とほほ。。。*_*

Img_02153_2

そしてヴァレンタインディですもの、やっぱりチョコレートを食べなくちゃね!
私のチョイスは今年もやっぱりとらやさんの「羊羹 auショコラ」。羊羹にビターチョコレートとラム酒を加えてグラニュー糖をまぶしたもの。
お抹茶にもコーヒーにも、そしてワインにもぴったりの美味しさです。にっこり。♡
さぁ、今日は月曜日。足りない材料の買い出しに行かなくちゃ。気持ちも新たに頑張りましょ。
春を待つ気持ち、二月ってステキ。:)

| | コメント (0)

新年快楽!

日本ではもう新しい年を迎えてから1月半が経ちました。

Img_02121
これは京都の亀屋吉永さんの今の季節のお菓子。かわいい!
お散歩をしているとこんなお菓子や美しい椿や愛らしい梅の花が咲いているのに出会います。そして、何と言っても楽しみなのは少しずつ芽を出し始めた桜です。あの細い枝の一本一本の中で、あんなにたくさんの花が咲くのを待っているのかと思うと自然の不思議を想います。:)
Img_02122 昨日のお休みは溜まっていた庭仕事を片付けようと、朝から張り切って枝切り鋏や小さなノコギリを片手に奮闘すること数時間。おやつの時間の頃には「もう動けない〜」とギブアップ!縛った枝の大きな山を見ながら、それにしてもよく働いたこと!と自分たちにご褒美をあげたくなりました。Ha~,ha~!!
こんな時にはおいしいものを食べましょ、と向かったのは春節を迎えて賑わう中華街。広東料理のお気に入りのお店で北京ダックや飲茶を甕出し紹興酒と一緒にもりもり+ぐびぐび...。*_*
猫たちがお腹を空かせて待ってるはずだから急いで帰らなくちゃね、と電車に飛び乗り家へ着いた私に飛び込んできたのはこんな光景!!!

Img_02123

机の上にあったパッケージからビスケットを盗み出し立ち去ろうとするLuca!!もうっ!
今まで何匹もの猫と暮らしてきたけれど、生後3ヶ月でこんなことをするチビ助は初めて!やっぱり三男坊なのね、なんでもお兄ちゃま達のことを見てどんどん知恵をつけています。この1ヶ月で体重も倍になったし、あっという間に大きくなっちゃいそう。
さぁ、今日は材料の買い出しにも行きたいし、[ To do]のリストも長いのに、こ、腰が......。普段運動不足なのに昨日調子の乗って働き過ぎたことが原因なのは一目瞭然.+_+
今日はバランスボールに乗って仕事をしましょ。体の中心を元に戻さなくちゃね!:)

| | コメント (0)

2月って。。。

2月になったと思ったら、もう明日は10日。

しかも2月は他の月よりも短いから、きっとすぐに3月になっちゃうのね。。。
Img_02091 そんな中せっせと編んでいるのが、このフェアアイルのニットです。
何だかこの頃バタバタとしていてじっくり時間が取れないでいたけれど、やっと落ち着いてきました。
「わぁ、難しそう〜」って言われちゃいそうなこんな編み込み模様も編みもの好きな私たちにとってはリラックスの素!
眠いのは大敵だけれど、ギュッとなった頭をほぐすのにはこれ!寝る前に編針を手にとって集中して編みものをすることは至福の時間よね!!! ♡
机の上にティコゼーに包まれたお紅茶があればもっと素敵!寒いからハチミツにつけたジンジャーも忘れずに。:)
先日京都で待望のHOSOKAWAのフルーツサンドイッチをいただきました。
もちろん東京でもフルーツサンドイッチは食べられるけれど、京都のはひと味違うらしいと聞けば下鴨本店まで行かなくちゃね!

Img_02092

この時期ホソカワさんでは定番メニューの他にもこんなベリーズサンドがあります。果物の中でも特にベリー類が好きな私は迷わずこれをチョイス。: )
ふわふわのサンドイッチパンにはさまれているのはイチゴ+ラズベリー+ブルーベリー+イチゴのコンフィチュール。♡
甘すぎないクリームにイチゴの酸味やコンフィチュールの甘さが加わって美味しい。夏になったら宮崎マンゴーのサンドイッチがあるんですって。素敵!
京都っていいなぁ、と思うのはこんな豆餅も気軽に 食べられること。

Img_02093

ここは出町のふたばさん。いつも長蛇の列だけど、やっぱり食べたいの。京都の味が合うのね、きっと。♡
東京でわざわざ遠くまでサンドイッチやお菓子を食べに出かけない私なのに、京都では地図を片手にあっちへ行ったりこっちへ行ったり。Ha~, ha~ !!! 
上海で1930年代に建てられたフランス租界のアパートを借りていた私が密かに考えているのは「もしも京都に住むのならばどの辺りがいいかしら」と言うこと。上海に住んでいた時のように、色々な国籍の様々な人と新しく知り合って暮らすのも楽しそう。古い町家を借りて、かみ添さんに唐紙をお願いして、京料理のお教室にも通いましょ...。
街を歩きながら、そんなことを妄想するのも楽しみのひとつです。:)
さぁ、空想ごっこはここまで。Back to workです。頑張ろうっと!
HOSOKAWA 下鴨本店 京都市左京区下鴨東本町8  水曜日休み
フルーツサンドイッチは京都高島屋のお店でも食べられます 。:)

| | コメント (0)

春の準備を

立春も過ぎ、庭の梅の花も毎日少しずつ開いてきました。

何だか春の予感!:)

Img_02061 そんな時にはこんなものを作りたくなります。
これは市販のランプシェイドとベースの組み合わせにオリジナルのカバーを被せたもの。かわいい!!! ♡
ニットって、ウェアや巻きもの、バッグやアクセサリィはあっても、なかなかインテリアに関するものってなかったでしょ。編んでもクッションくらい。。。
そこで、ジャジャ〜ン!ランプシェイドの登場です。
あみもの好きな方だったら、きっと「きゃぁ!」って飛びつきたくなっちゃうはず。:)
このランプシェイドを来月Keitoのワークショップでご一緒に作りましょ。
Img_02062
スイッチを入れるとこんな感じ。
ランプなんですもの、照明器具としての機能も立派に果たさなくちゃね、と電気器具売り場のスタッフの方に相談して一番明るい電球をご用意しました。
お家のインテリアの色って皆さん違うから、毛糸の色もこのラブリーなピンクの他にひまわりのような黄色とシックなライトグレーがあります。
詳細はこちらからどうぞ。
お申し込みは今日の10時から〜!
ちょっと人気になりそうなこのシェイドです。
ご興味のある方は、どうぞお早めに !!! ♡

| | コメント (0)

気になる形

先日京都から戻ったら3匹がこんなふうに出迎えてくれました。

Img_02051 右からZowie, Henri, Luca. おぉ、かわいい!
今回は京都の街中であまり猫を見かけることがなく寂しかったけれど、私の留守中はこんなふうに仲良く暮らしていたのね。:)
家から離れている時は、猫たちに会えなくて寂しい気持ちになるけれど、それよりも何だか手が猫を触れないことを寂しがる感じ。Ha~, ha~!!!
+_+
京都へ行くと街の中を歩きながら、普段東京では出会えない色や形を発見するのも楽しみのひとつです。
Img_02052
これは木屋町あたりで見つけたアンティーク屋さんのウィンドウ。美しい色。♡
5月生まれのせいか、私はグリーンがとっても好き。そして、パンジーやアネモネやすみれも大好き。エメラルドグリーンとアメジストの組み合わせってホントに素敵! うっとりね。
そして、思わずシルエットをなぞりたくなるような形にも注目です。
この形に布を切り抜いて アップリケをしたくなっちゃう。編み込み模様のニットを編んでもかわいい かも !!!
わぁ!と感激したことをきちんと心の引き出しの中にしまって、翌日は大好きな丸太町あたりの器のお店へ遊びに行きました。
そして出会ったのがこのお皿。
Img_02053 矢島操さんのモノクロプレートです。かわいい。:)
セカンドスパイスさんのご主人のチョイスに絶大な信頼を置いている私にとって、あのお店は京都へ行ったら絶対に外せないけれど、とっても危ないお店でもあります。伺えば必ずや毎日の生活が楽しくなったり美しくなったりする器に出会えるけれど、家の台所や居間のキャビネットを思い浮かべると、もう小さな小皿一枚も増やせない感じなんですもの。。。*_*
きっと今、私はこんな器のシルエットが気になるのでしょう。その時は気がつかなくても、家に戻って撮った写真の整理をしている時に、あ!と思います。
手芸の仕事のアイディアって色々なところに溢れているのね。自分が気になる色や形をしっかり受け止めて心の引き出しにしまいながら、必要な時にはとり出せることが大切。そんな勉強の場所、京都でもありました。♡

| | コメント (0)

或る日の出来事 in Kyoto

先日とってもお天気が良かったので鴨川に沿っておさんぽをしてみようと考えました。

Img_02021
ここは出町柳あたりの風景。右奥に見えるのは下鴨神社への入り口。
亀の飛び石をトン!トン!と小さくジャンプしながら渡り、おさんぽのお供には美味しいお菓子よね、と左奥の出町のふたばで豆餅を購入。
そして 鴨川のほとりでのんびりしましょと向かったのは良かったけれど、そこで思わぬ事態が起こりました!鴨川はトンビが多い、とは聞いていたけれど、大空を何羽ものトンビがピィヒョロロ〜と飛び回り、松の木を見上げると上の方にも何羽ものトンビがとまっていて、その迫力に私はちょっと緊張気味。。。
川にはカイツブリを始め、たくさんの渡り鳥が賑やかに泳いでいて楽しそう。♩
Img_02022_2
そんな鳥たちの様子をニコニコと眺めていたら、何やら見慣れない動物を見つけました。んんんんっ?これ何?ビーバーかしら???でも、尻尾が違う、大きなネズミみたい...と眺めていたら、地元の方達が「珍しいのが出てきてるなぁ、ヌートリアや」。え〜っ、ヌートリア??? あのブラジルとかにいる、あのヌートリア?びっくりして思わずヌートリアを凝視していたら、相手も私の顔を見ながら少しずつ土手を登ってきて手を伸ばせば届きそうな距離に!!!バッグの中にはおいしそうな出来立ての豆餅を持っているのがバレちゃったかしら?Ha~, ha~ !!!
良く見たら「ヌートリアに食べものを上げないでください」と看板まで立っていたから、きっともう何年も住み着いているのね。1匹じゃなくてたくさんいるのかな。大雨の後はオオサンショウウオ(在来種ではなく中国のもの)も「ぎょうさんおるで」と聞くし、生態系が変わっちゃいそうで心配...。案外ワイルドな鴨川なのでした。:)

Img_02023

そして、ヌートリアの住む鴨川のほとりから5分ほどのところにはこんな素敵なお店があります。これは憧れの「骨董&ギャラリー 川口美術」さんで頂いてきた今年のお年賀状。
裏面には「京都の町がお金優先の開発の名の下に、壊されてゆきます。」と昨今の開発を憂う文章が書かれていました。
先日伺った時もウィンドゥには大きな韓国の鉢に花が生けられていて、「美しい」というのはこういうこと、としっかり心に刻みました。
美味しい庶民のお菓子とたくさんの生物が暮らす川と静かで美しい骨董の店がお互いに至近距離にある京都。美味しいものと動物と美しいものが好きな私にこれ以上の場所はないのかも!!! だから京都が好きなのね!♡♡♡
さぁ、明日から2月のお稽古の始まり。このお教室でこの話をしたらびっくりするかしら?楽しみ !! : )

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »