« 東京へ戻って | トップページ | 楽しい岡谷 »

四月から五月へ

少し前までは桜の開花を今か今かと毎日待ちわびていたのに、枝垂が終わり、八重桜が満開な今はもう次の季節を待っている気持ち。

先日京都で春を描いたかわいい葉書を見つけました。Img_04263蕨や蒲公英や菫が描かれていてほんわか。日本の春ね。♡ でも、本当は春を待っている頃に飾りたい。毎日の生活のなかで季節を先取りして楽しむ感覚は日本人独特のもの。次は藤?それとも青緑の楓の絵が良いかしら。

そして、手前にある「春ひとつ」と書いてある小さな箱は草喰なかひがしさんの蕗味噌です。この葉書を見ながら白いご飯に蕗味噌を乗せて春を楽しむのもオツなもの、お酒のアテにもぴったりでした。美味しかった。: )
Img_04262 今週はアンダリアで編んだバッグを作っていました。毎年この時期になると何かしらアンダリアを素材にしたものを作るけれど、今年の作品はちょっと大きめなクラッチバッグ。中袋はLiberty for ROWAN.
最後の仕上げも上手くまとまり、とっても洒落た大人の夏のバッグになりました。涼やかでシックなバッグを持ってGINZA SIXにでもお出かけしましょうか。♡ 
そして今日から次の作品に取り掛かりました。簡単なかぎ針のショールを花のモチーフを繋ぎながら編もうと模索中。何枚か試し編みを編んで、全体の枚数や大きさを決めたからあとは手を動かすだけのはず。これもかわいく仕上がりそうな良い予感。どうぞお楽しみに!
Img_04261
暖かい日が続いたり、ざぁっと雨が降ったりすると、庭がすぐにジャングルになっちゃうこの頃。地面を覆い尽くすように嬉しそうに草花が伸びている様子は見ていて気持ち良い。: )
でも放っておくととんでもないことになっちゃうから頑張って草を抜かなくちゃね、と草取りをすることにしました。気がついたら4時間も経っていて抜いた雑草や伸びた枝を切ったものは大きなゴミ袋4つ分。一人でよく頑張ったこと、とニコニコしながらすっきりした庭を見ていたらこんなエビネが咲いていました。エビネは大切で、ツユクサや蔦、ヒメジョオンやその他のいろいろな草は雑草なんて誰が決めたの?と複雑な気持ちになりました。う~ん。きっと園芸好きな方、みなさん同じ悩みなのかも。 * _ *
そしてよく働いた後は美味しいランチをね 、と木の芽をどっさり摘んで釜揚げしらすのアーリオオーリオのパスタを作りました。庭バサミの使いすぎで右手が痛くなっちゃったけれど、自然を感じて、自然の恵みを体に取り入れたHappyな一日でした。
もう直ぐ四月が終わって五月になります。いよいよ大好きな緑の頃。山は芽吹きの季節です。あぁ、楽しみ!!! ♡♡♡

|

« 東京へ戻って | トップページ | 楽しい岡谷 »

日常のこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京へ戻って | トップページ | 楽しい岡谷 »