« 4月になりました | トップページ | 桜の頃に »

春になると

寒い毎日が続いていたけれど、今日はようやっと春らしくほっとのんびりできるような気持ち。: )

Img_04041 朝早く庭に出た時はまだ固く閉じていたモッコウバラの蕾が太陽が昇り気温が上がって嬉しくなったのでしょう、ゆるゆると開き始めました。
春の楽しみってこんなこと。♡
あ、咲いてる!っていう小さな発見がうれしい。
「新聞の連載小説を終えたばかりの今は、何もかもが開いている感じ、何を見ても何をしても、その全てが体の中に入ってくる」というようなことを川上弘美さんがおっしゃってらしたけれど、私もその感覚わかります。「閉じてるとき」と「開いているとき」。
開いているときにどんどん吸収したことを閉じているときにじいっと体の中で温めて、時々その中に降りて行って安心したりびっくりしたり...そして出すときは「んー、あれ何だったかしら?」と探したり、ツンツンと向こうから呼びかけてきたり、という感じ。
それがずっとうまくいっていたのに、この頃自分の時間が途切れ途切れになったりして困惑気味。でも、そのことを受け入れて少し慣れてきたのも事実。よかった。: )
Img04042
コッホン、と咳払いをしてご紹介したくなるほど気に入ってるのがこのいぶりがっこのタルタルソース(ブラックペッパー)です。
秋田のお土産に頂いたのですけれど、これが美味し~い! ♡
燻製玉子&燻りがっこなんてダブルスモーキーなわけだし、小さく刻んだ燻りがっこの食感がイイ!!! キツネ色に焼いたトーストにたっぷりとこのソースを塗った厚焼き玉子のサンドイッチときたら! Buono! Tre bien! Yummy!!と色々な言語で美味しい!って言いたくなっちゃうほど。この頃毎日のようにランチに作ってニコニコしています。ポテトサラダも美味しかったし、シンプルにバゲットに塗ってワインとも!! もうすぐなくなっちゃいそうだから、どこで買えるか探さなくちゃ!おぉ、忙しい。* _ * Ha~, ha~!
Img_04043 そんな中、来月のKeitoの作品の編地がイメージ通りに決まらなかったけれど、やっと納得のいく方法を考えることができました。違う、違う、と思いながら編み進むのは気持ちが悪くて、何度も編んではほどきを繰り返しました。
でもその甲斐あってすごくいい感じに出来上がりそう。あとはミシンで中袋をタッタカターと縫うだけ、ささっと仕上げましょ。: )
今日はずっと楽しみにしていた靖国神社の夜桜能です。わぁ!♡と感激したくて、 今晩のためにお花見も控えていたほど。去年5月の薪能で歯の根が合わないほど凍えたから、今日はしっかり温かくして行ってきます。どうぞこのまま晴れていますように。
来週のKeitoのワークショップ、まだ少しお席があります。
可憐なスミレのようなストール、ぜひどうぞ。
春を一層ラブリーに。♡

|

« 4月になりました | トップページ | 桜の頃に »

日常のこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月になりました | トップページ | 桜の頃に »