« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

梅の頃に

もう今週の半ばから3月なんですもの、梅の頃って言うには少し遅いかもしれないけれど、庭の梅は今まさに満開。Img_02261: )

青空に白い花が映えてとってもキレイ。清々しい感じです。
でも梅や桜のように色が淡い花は夜に見るのも良いもの。ちょっとぞくっとする美しさがあります。
月曜日の朝だし、今週は大忙しだから、そんなこと考えていないでシャキッとしなくちゃね。フリーランサーの良いところは、ある程度自分でスケジュールを決められるところにあるんだけれど、逆を言えばお休みの日もなく仕事になりやすいのも事実。。。とほほ。* _ *
そんな時に嬉しいのは美味しいおやつ!

Img_02262

これはとらやさんんの湿粉製棹物 雪紅梅。
このお菓子は冬の「かさねの色」に因んでいて、紅梅に雪がうっすらとかかったさまを表しているそうな。ふぅむ、なるほど。Jamiesonの糸も一つ一つに名前が付いていて楽しいけれど、こうしてその由来を知るのもとっても素敵。
私は湿粉製棹物が大好きで、街中へ出るとついついとらやさんへ寄ってしまう理由のひとつです。餡をそぼろ状にして小倉羹を挟んで蒸しあげた半生菓子、って聞いただけでも美味しそうだけれど、口に入れるとフワッとした食感の後にしっかりとした羊羹の甘みを感じられて思わずにっこりしてしまいます。♡
増田哲士さんの新作の平皿にもぴったりね。
Img_02263 エネルギーを補充して、さぁ仕事。
先日から取り組んでいるのはJamisonの糸で編むアラン模様のプルオーバーのデザインです。アランのセーターってアラン模様がくっきり見える少し太めの糸で編むことが多いけれど、私は軽くて薄く仕上がるJamieonの糸で編むのが好き。: )
アラン模様の編図を作ることってほとんど数字とのにらめっこ。身頃や袖に模様の目数と段数を考えながらバランスよく配置していくのに何時間もかかるけれど、うまく出来上がった時は思わずヤッタ~!と猫たちの手をとって小躍りしてしまいます。Ha~, ha~!
今週はいろいろ忙しいけれど楽しみなこともたくさんあります。しっかり元気に頑張りましょ。♡

| | コメント (0)

久しぶりに上野へ

昨日は2月22日、ねこの日なんですって。それなのにZowieがお腹の調子が悪くて朝から大慌てで獣医さんへ。いろいろ調べても原因は見つからず、どうやらストレスらしい...。あぁ、長男は辛しね。* _ *

その後大急ぎで向かったのはここ。
Img_02231
大好きな国立科学博物館。いつもだったらあれも見たい、これも見たい、とぐるぐるするのに、昨日は時間がなかったのでおめあての展示室をちょこっと覗いてきました。
Img_20232 もう直ぐ福岡ハカセが南方熊楠についてお話をされるのを聞く機会があるので予習をしておかなくちゃね、と今日の目的は「南方熊楠 100年早かった智の人」展。
「南方熊楠ってどんな人なの?」と森羅万象を探求し続けた研究者の細かな抜書、日々書き続けた手紙や日記類を興味深く見ました。
南方熊楠が神社合祀反対のために生涯の多くの時間やエネルギーを費やしたのは、神社がなくなってしまうことによって森林の生態系が壊れてしまうことを危惧したため。ふむふむ。。。
熊楠が採集した地衣類の標本を見ても「あ、蓼科で良く見る木や石にについてる苔のようなものね」とぼんやりしていたけれど、この展示を見て俄然興味深々に!!!

Img_022323

解説には「地衣染め スコットランドやアイルランドではツイードを織るためのウールを染めるのに使う。地味な地衣類からは想像できない驚くような色が作り出される」とあります。おおっ!
地衣類からはこんなキレイな色が生まれるのね!素敵。♡(これは関連展示「地衣類ー藻類と共生した菌たち」より)
森が失われると私たちの愛する毛糸の染料である地衣類がなくなってしまうということ。+_+
「100年早かった智の人」というフレーズの理由がわかりました。どんなきっかけから興味を持つかわからないから博物館って楽しい。: )
Img_02234そして、帰り道に美味しそうな山うどを見つけたのでこんなサラダを作りました。グリーンのお皿は京都の俵屋さんのもの。薄いガラスが美しく、春になると食卓に乗せたくなるお皿です。ドレッシングは京都へ行くと必ず買ってくる都酢みそをベースにしました。シャキシャキサラダによくあって美味しかった。にっこり。♡
今週もいろいろあったけれど、どうにかこうにか進んでゆくものなのだと思いました。
来週からは3月。春よぉ〜。: )
南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠 100年早かった智の人」~ 2018. 3. 4(日) 国立科学博物館

| | コメント (0)

春になると

今はお店へ行けば季節を問わず色々なものが手に入るけれど、お豆を見ると「わぁ、春!」と思います。そしてちょっと気分もウキウキ。: )

Img_022011 日本でも春になると豆ご飯を炊いたりするけれど、イギリスでもお豆は春の到来を告げる野菜です。
どのお店でも[ Sweet pea soup]なんて黒板メニューに大きく書いて道に出しているし、主菜の付け合わせも冷凍の溶けかかってるグリンピースではなく(+_+)フレッシュなお豆になります。Yeah!!!
水仙の黄色、そしてグリンピースの黄緑って私にとってはUKの春の色。イギリスの、まだ少し寒いけれど春の空気を感じたくて深呼吸をしたくなる季節を思い出しました。♡
そんな ふんわりムードはどこへやら、先日落としものをしてしまいました。しょんぼり。
Img_022012 少し前にTVで片手袋研究家の方が道に落ちている片方だけの手袋についての愛を語っていました。片手袋には2種類あり、地面に落ちたまま車や人に踏まれてそのままになってしまうものと、「落とした方ありませんか?」と誰かが拾ってガードレールやフェンスに掛けてあるものがあるそうな。ふむふむ、そうね、そのどちらかね。
そして先日出かけようと玄関で手袋をはめようとしたらバッグの中にはお気に入りの手袋が片方だけ。
「え?だって昨日は」と前日の行動を思い起こし、もしかしたらあのお店で?と思うところへ寄って伺ってみたりもしたけれど見つからず。。。* _ *  あぁ、あの手袋は今頃どうしてるかしら?とっても気に入っていたのに。
春になったらこの片方だけの手袋のことは忘れてしまうのだろうけれど、それでも今は「もしかしたら?」と残った片方を捨てられずに引き出しにしまいました。とほほ。。。
Img_022013 今月はこんなものも作りました。
土台にしたのは手芸好きな方なら「懐かしい~」と思わず声が出ちゃうプラスティックキャンバス。
私も幼稚園の頃に祖母に教えてもらいながら色々なモチーフを刺しました。: )
今回のテーマはちょっとレトロになりがちな素材をどうしたら現代の大人が楽しんで作り、そして日常生活でも使いたい小物になるか。
ハイ!かわいく出来上がりました。♡
ちょっとハンガリーっぽい感じにしたくて色は赤白緑。デザインとも合っていい感じ。どうぞお楽しみに。: )
今月は短いから2月ももうあと1週間。
大変大変、大忙しです。でも、バタバタしているとまた落としものしちゃうから 落ち着いて。深呼吸からね。
Keitoで3月から始まるPatterns 4の募集が始まりました。
日曜日クラスはあと若干名、水曜日クラスはまだ大丈夫みたいです。Fair Isleのベストって何だかハードル高そうだけれど、みんなで一緒に編めばスイスイ進むはず。
是非是非。: )

| | コメント (0)

もう直ぐ!

冬の間は寂しかったお花屋さんの店先もこの頃急にカラフルになってきましたね 。

Img_021711 昨日はいろいろあってしょぼんとしたり憤死しかけたり(?!!)したけれど、お花屋さんでこんなヒヤシンスを見つけてうれしい気持ちになりました。春になったような色と香りに気持ちがふんわり。あぁ、良かった。♡
昨日は朝早くから用事があり、忙しいし疲れてるから「行かれたら行こう」くらいな気持ちだった銀座に作陶展を見に行きました。
だって、なんとも言えないモヤモヤを抱えたままかわいいものなんて作れないもの!!!
美しいもの、ステキなものに触れて心をリセットしなくちゃね。
そして欠かせないのは美味しいもの。
Img_021712
銀座に星の数ほどギャラリーはあれど、実際に覗いたことがあるのは少しだけ。ACギャラリーで開催中の増田哲士作陶展ではルーシー・リーに影響を受けたという増田さんの美しい花器や毎日がステキになるしのぎのお皿やグラタン皿などが並び見ているだけでワクワク 。
今回初めて作られたという四角いお皿を購入し、その足でとらやさんへ行って鶯餅を買って帰ってきました。
ヒヤシンスを飾り、美味しい和菓子と気持ちがすうっとするお皿、しっかり心をリセットできました。さぁ、仕事。: )
Dsc021713 ジャジャーン! みなさまお待ちかね! PATTERNS 4の募集が明日の10時から始まります。シェットランドの羊たち、そしてJamieson'sのスタッフ一同頑張ってくださったおかげで無事に毛糸が確保できました。
詳細は今日Keitoのお店閉店後にHPにて公開、そして受付は明日の10時からです。でも、日程がわからないと予定が立てにくいですよね?ということで、日程を先にお知らせいたします。
PATTERNS 4 フェアアイルのベストを編みましょう。全3回
木曜日クラス 10:30-12:30, または 13:30-15:30
3月22日、4月12日、5月10日
日曜日クラス 10:30-12:30
3月18日、4月15日、5月13日
この週末はオリンピックに釘付けかもしれないけれど、どうぞ皆さまが今日のブログを見てくださり、そして明日の申し込みに間に合いますように。♡♡♡
そして週末銀座へいらっしゃる方はこちらへも。
増田哲士作陶展 ~2月19日(月)  ART & CRAFT AC, Gallery
PATTERNS 4の詳細はこちらから:

| | コメント (0)

Happy Valentine's Day ♡

今日はヴァレンタインディ。♡

私も私の周りでもあまりザワザワしていないけれど、それでもこの時期しか手に入らないチョコを食べたいもの。
Img_021411 私は毎年コレ。とらやパリ店限定商品の 羊羹 auショコラ。ビターチョコにラム酒を加えた羊羹の周りにグラニュー糖をまぶしたもの。口に入れるとふわっとラム酒の香りがして本当に美味しい。大好きなのに普段は日本では発売されていないので、ヴァレンタインの時期には必ず予約します。: )
今年は以前ミッドタウンのとらやさんで購入したペンギンの小皿に乗せて二羽のペンギンがプレゼントを持っているような雰囲気に。お菓子と小皿でお話ができるのが楽しい。♡
Img_021412
ひとりのおやつタイムにはこんな感じでね。出光美術館のミュージアムショップで見つけた蒲公英(たんぽぽ)の小皿です。17-18世紀初頭に作られた色鍋島の写し。鍋島独特の赤、黄、緑の3色なのに何だかWilliam Morrisっぽい感じもするのが不思議。そうよね、Morrisは19世紀の人だからこの鍋島の小皿を見たMorrisがあのDaisyの模様を考えたのかもしれません。ふむふむ。日本からイギリスへとパリのお菓子をいただきながら思いを馳せました。
: )
Jpg_201414これは1864年にMorris商会で作られた壁紙のDaisy。この頃の壁紙は手刷りの木版だからまるで唐紙みたい。
Morrisは日常使うものが見入ってしまうほど写実的になりすぎると心が休まらないと言っていたけれど、なるほどね。自然を部屋に持ち込むけれど、それはパターン化されたものということ。: )
そしてこの壁紙は中学生の時にLondonで最初に住んだ家の自分の部屋に貼っていたもの。懐かしい~! ほんの小さなことから次々といろいろなことにつながり、そして何十年経っても好きなものが変わらないことにも驚きました。
先日出光美術館のお店で「このデイジーの小皿を」と伝えたら「蒲公英ですね」と確認されたけれど、「デイジー」と思ったのは私の心にこのデイジーがあったからなのね、と改めて納得。人間の脳の仕組みに今日も驚いてしまいました。* _ *
さぁ、今日はぎゅっと集中して仕事をしましょう。昨日夜なべして編んだものがあるけれど、どうかな...上手くいくかしら。さてさて...?
今日からKeitoの3月4日(日)の午後のクラスのワークショップの募集をしています。
是非是非~! そして7日(水)も募集中ですよ~.。: )

| | コメント (0)

それからの一週間

昨日はKeitoでスワンのウール刺繍のブローチのワークショップでした。

Img_021111 わぁ、まるでどこかの湖に集う白鳥の群みたい!かわいい。とってもいい感じ。: )
こんなふうに皆さまが手芸を楽しみ、私もその中で一緒に「こんなふうにすると良いかも」なんてお話ししながら過ごす時間がとても幸せです。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡
そして、お知らせがひとつ。この頃週末のクラスが人気なので、3月の春のマーガレットのクラスに午後のクラスが増えました。お申し込みは2月14日(水)の10時からです。詳細はこちらからどうぞ。http://www.keito-shop.com/workshop/2018/03/04羽衣のように軽い春のマーガレットをぜひご一緒に。: )
Img_021112 先日二月大歌舞伎を観に行ってきました。今月は高麗屋三代同時襲名に加わり、玉三郎さんと仁左衛門さんが同じ舞台に立たれるとあって切符は発売と同時に売り切れ。しょんぼりする私に手を差しのべてくださったC ちゃんのおかげで念願の舞台を見ることができました。Thanks X 10000!!!
やはり襲名ですものね、普段はなかなか観ることのできないお二人の姿をたっぷり堪能することができて本当に楽しくてうれしい一夜でした。心の中で「玉孝コンビ forever~!!!♡」と叫びながら、しっかりお二人の美しい姿を目に焼き付けてきました。♡♡♡ 四月は仁左衛門さんの通し狂言です。あぁ、楽しみ! : )
Img_021113
どんな菌も近寄れないほど集中して観ていたのに、歌舞伎座の中はコンコン咳をする方が多くて、どうやら私もちょっとやられてしまったみたい。。。昨日の夜から怪しくなり、今日は楽しみにしていたワインセミナーもキャンセルせざるをえない感じになってしまいました。あ~ぁ。前回神楽坂へ行った時に寄ったCidre & Barでいただいた牡蠣が美味しかったから今日も!と思っていたのに....。
でもインフルエンザではなさそうだから大丈夫。
あっという間にもう二月も十日過ぎ。庭の梅も咲き始め、日々春の気配を感じるようになりました。風邪なんてひいていられない! 頑張りましょ。: )

| | コメント (0)

大急ぎのお知らせ!

今日は大急ぎのお知らせがひとつ。

Img_02071 先日ちょこっとお話した来月のKeitoのワークショップのお申し込みが明日2月8日の10時からに決まりました。急なお知らせなので、皆さまが今日、この記事を読んでくださるのを願うのみ、なのですけれど。。。I'll keep my fingers crosed!!!! * _ *
詳細はこちらから:
このマーガレットは極細シルクモヘアの2本どり。だから、お好みで好きな色を作れます。楽しい!
私はこの絵本「リーサの庭の花まつり」のバター色のキンポウゲやロンドンの春のイメージの水仙の色を真っ黄色& クリーム色を引き合わせて作りました。なんとなく春=桃色って思っていたけれど、ミモザ、タンポポ、エニシダ、レンギョ、フリージアなど、黄色の春の花って案外たくさんあるのね。今年の私の春は黄色に決定! : )
ワークショップの日にはどんな色のマーガレットができるのか、今からとっても楽しみです。Yeah!!
今日はスワンの刺繍のブローチのワークショップでした。まったりと楽しい雰囲気にすっかり写真を撮るのを失念してしまいました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡
Img_02072 そして私が今取り組んでいるのが編みぐるみ。動物のかわいい感じ、でもシンプルで作りやすいパターンを試行錯誤しながら、ついつい手が伸びるのはCちゃんからの差し入れの勘三郎せんべい。これは神楽坂の福屋さんに17代勘三郎さんが特別注文で毘沙門せんべいをさらに焦がして焼いたもの。厚焼きで焦げてて香ばしく、バリバリとおせんべいを食している感満載で楽しいんです。: )
もう直ぐヴァレンタインだけれど、チョレートもいいけれどおせんべいもね! Ha~, ha~!!! 
今日はKeitoのスタッフのご協力もあり、来月のお稽古の材料も揃いました。感謝。♡
そしてどうぞ今日皆さまがこの記事を見てくださってお申し込みが間に合いますように。♡♡

| | コメント (0)

この1週間のこと

  • 先日は「すわ、大雪か?! 」と慌てたけれど、前回のように積もらずにほっとしました。

Img_02041 それでも雪の予報が出ていた金曜日はお稽古だったので、もしかしたら?と前日に皆さんにご連絡をしたり、何度も天気予報を見て確認したりとドキドキ。まだまだ寒いんですもの、雪が降るのも自然なこと、と思っていても困ってしまう 私たち。* _ *
水曜日は皆既月食が見られ、私も窓の外を気にしながらちょこちょこ夜空を見上げていました。今はどんなふうに月と地球と太陽が並んで日食や月食が起きるのか、これは何かの前触れとかではなく自然現象なのだ、とか理解できるけれど、きっと昔の人たちは原因不明の天体ショーに大騒ぎだったのではないかしら?そんなことを考えながら刻々と変わってゆく月の姿を楽しみました。: )
Img_02042
久し振りに美術館へ行ってきました。
すべての美術館&博物館の休館日は月曜日と固く信じていた私はヘレンド展を見に汐留に行き、「本日は休館日」と書かれたプレートの前に立ちすくんでしまいました。「え~~~~~~っ!だって今日は水曜日よ~~~~~」と途方に暮れてしまいそうだったけれど、いえいえそれならばと気持ちを切り替えて徒歩圏内の出光美術館へ。
こちらは「色絵 JAPAN CUTE 」と色絵のお皿のかわいさを前面に打ち出した展覧会です。
古九谷、柿右衛門、鍋島などの磁器、野々村仁清や尾形乾山などの京焼きなどの名品がずらりと並び、それだけでも見応え十分なのに、輸出用の柿右衛門のお皿がどんなふうにヨーロッパで写されたかが分かる展示に興味津々でした。同じ鶉の図案でもマイセン、ウスターなどで解釈はいろいろ。そして流行に敏感で大胆&モダンな古九谷、一枚のお皿の中に文学的な世界が広がる乾山の作品に日本って楽しいな....とうれしい気持ちになりました。: )
Img_02043 ジャジャーン!!! ずらっと並んだTodd & Todd's friends!!! 
今日はKeitoで日曜日クラスのToddの仕上げの日でした。みんなかわいい!♡♡♡
Toddもみんなにもみくちゃにされてうれしそうでした。私たちには聞こえなかったけれど、きっとみんなで「僕はね」「私はね」と自己紹介をしたりしてたんじゃないかしら? だって、みんなとっても仲よさそうだったもの!  : ) ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡
そして来週の水曜日と土曜日はスワンのウール刺繍のワークショップがあります。土曜日は満席のようですけれど、水曜日はまだ空席あり! 是非是非どうぞ! お待ちしています。: )
今週中に3月のKeitoのワークショップの募集も始まると思います。天女の羽衣のような軽い軽いモヘアのマーガレットです。こちらへも是非!
私は今週は家の仕事もちょこちょこあって大忙し。+ _ +
色々色々あるけれど楽しみもたくさんね。: )
色絵 JAPAN CUTE ~3月25日(日) 出光美術館 月曜日休館

| | コメント (0)

二月になりました

びゅっと一月が過ぎ、今日から二月なんですね。

Img_02011 そんな中、お野菜は季節のもの、シーズンを逃したら来年よ、大変大変。と有次のお教室で先生からいただいたプリントとにらめっこしながら挑戦したのは千枚漬け。
まず家の近くで聖護院かぶらを見つけるのが至難の技、ようやっとデパ地下の八百屋さんで手に入れ、昆布もあるし、鷹の爪や米酢ももちろん常備、それでは、と先生の手元を思い出しながら包丁でかぶらをスライスしてお塩をまぶし少し置いてから容器に入れ重石をして待つこと一日。どうかな~,美味しくできたかな~とドキドキしながら味見をしてみたら、おおっ!美味しく浸かっています。: )
礼文島の昆布も良い味を出して粘りも出ているし、良い感じ。先生が「千枚漬けは買うものと違って、家で漬けてや~」と仰っていらしたけれど、これだったら簡単だし毎年作れそう。うれしい発見でした。♡
Img_0202
寒い季節の後には暖かな春。こんなかわいい礼文島のレブンキンバイソウを思い出しながらせっせと手を動かして軽やかで暖かいモヘアの糸でマーガレットを編みました。
イギリスでも春の訪れは黄色。ちょうどイースターの頃にロンドンの街中の公園でも、郊外の森や川のほとりにも一斉に水仙が咲きます。まるで空から黄色の絵の具を垂らしたように色々なところが黄色く染ま ります。まだまだ寒くてもそんな様子に「春がきたのね」と思わずみんなうれしくなります。だから黄色って私にとっては春の色。: )
先日Keitoで3月のワークショップの色を選ぶために毛糸がずらっと並んだ棚の前に立っていました。何色にしようかな...春ですものね.....桜だからピンク?...でも私にとっての春は黄色ですものね、考えて決めたのが黄色の濃淡2色を引き揃えて編むこの編地。
Img_0203
大好きなエルサ・ベスコフの絵本「リーサの庭のはなまつり」のイメージにもぴったりなハプサルレース編みのかわいいマーガレットが出来上がりました。しかもとっても軽くて暖かいの! ふわふわ&ぽかぽか。: )
今日は夕方から東京も雪になるかも、なんていう予報です。 * _ *
明日からお稽古& ワークショップがあるし、どうぞ大雪になりませんように。
さぁ、その前に私は材料の買い出しに行ってこようっと!
寒いけれど心の中には春をね。♡
 

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »