« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

夏の終わりに

このまますんなりと秋になるわけがなく...とは思っていたけれど、今朝は窓を開けたらむうっと暑い湿った空気が入ってきました。あぁ、残暑厳しい。

Img_083011 そんな朝をステキに変えてくれるのはフレッシュフルーツ!!!
先日ダッシュで蓼科へ行った際に自由農園に立ち寄り地元の果物や野菜を買って帰ってきました。相変わらず賑わっていたけれど、今年はなんだか少し種類も少ない感じ。猛暑と台風の影響なのかしら。
でも、やっぱり東京で買うのとは違うかも。このシャインマスカットの大きさとハリ!パリッ皮が弾け、果肉はジューシィ、しかも大好きなマスカット、と何も言うことのない美味しさでした。長野バンザイ!♡
今年の夏は本当に暑かったけれど、ニットの仕事をしていると夏の間は秋の準備を進めなくてはならない忙しい時期。先日もこんな編地を作っていました。
Img_083012 動物柄のクラッチバッグをこの秋に作りたいと考えながら、動物図鑑や写真集とにらめっこ。そして模様図を描いたり、実際に編んでみたり、そしてフェルティングをしてみたり。手前はヒョウ柄、奥がジャガー柄、そしてその奥は? ハイ、Zowieです。Ha-, ha--!! 2枚の編地を見ると地色は同じなのにフェルティングしてあるものとしていないものでだいぶ雰囲気が変わります。
ウェアだと水通し、っていう感じだけれど、小物だと好きなレベルまでフェルティングできるのも楽しいところ。♡
さてさてどんな作品になるのやら。
Img_083013 そして、蓼科でゴールドラッシュ(トウモロコシです)を買ってきたので、冷たいポタージュを作りました。礼文島の昆布だしベースだからポタージュというよりもすり流し?
器は香港で見つけた古い陶器の写し、下に重ねたのは俵屋さんのガラスのお皿。礼文島と長野と香港と京都。どこも美味しくて美しい。♡
簡単なのに美味しくて気持ちがゆっくりしました。良い夜。
だって、この前の豪雨と雷、世田谷区はとってもすごくて怖くてどうしようかと思うほどだったんですもの!!!!! 猫たちと顔を見合わせてブルブル!
でも、こんな一皿ですっかりリセット出来ました。
さぁ、明日は友人たちが家に来てくれて本のおまけの企画の打ち合わせ。それぞれの道のプロが顔を合わせてみんなで遊ぼう、ということ。でもニコニコしながらウルトラ真剣な話になりそうです。楽しみ!

| | コメント (0)

8月の終わりに

もう8月も残り少ないというのにこの暑さ。残暑というには厳しすぎ。。。

そんな中週末は5時に家を出て蓼科へ行ってきました。
Img_08271 わぁ、この青空!蓼科山も美しく、やっぱり蓼科はいいなぁ。。。♡
でも、のんびりと遅い夏休みを過ごしに行ったわけではなく、山荘で夏を過ごしている叔母のご機嫌伺いに、でした。ビュンビュン中央道を走り8時半頃には無事に着き、乾いた空気の中でミルクティでホッと一息。
Img_08272 そして大好きなEpiへブランチを食べに行きました。上の写真はEpiのテラスからの風景です。ここは春は桜とユキヤナギとタンポポが同時に咲いてとってもキレイだけれど、夏も本当に気持ちがいい!
ボリュームたっぷりのツナメルトをいただき、帰路へ。
え?帰路???
そう、夏休み最後の週末の中央道は恐ろしく混むはず、と蓼科滞在3時間で上り方向の中央道に乗って戻りました。うわぁーん。。。
そして明日の10時からはKeitoでのPATTERNS 5の受付が始まります。
Img_08273 これを編んでいる時は膝に乗せるのも暑くてかなわない感じだったけれど、昨日のお山はもう秋を感じる風が吹いていました。田んぼの稲穂も重そうに垂れて、季節は確実に進んでいます。ふむふむ。
そうよね、いくら暑くても夏はいつか終わるもの。
その次には爽やかな秋が来て、そしてだんだん寒くなって冬なのね。あぁ、編物のシーズン!楽しみ!♡
そんな季節の始まりをこのベストで始めましょう。
第一回目は木曜日クラスは9月27日から、そして土曜日クラスは9月29日からの3回のコースです。
17色を組み合わせるのがこんなに楽しいなんて!というマジックをご一緒にいかがでしょう。
楽しくベストを編みながら色の組み合わせ方のコツも伝授です。♡
詳細はこちらからどうぞ。
是非是非! 

| | コメント (0)

ジャジャーン!

朝から何やら猫たちは熱心に外を見ています。

Img_082512

どうやら台風の後、まだまだビュービュー吹く風に興味津々な様子。
いつもと違う香りがするのかしら。人間にはわからないけれど、もしかしたら湿った空気は海の香りなの?
そして、先日からお知らせしていた来月からKeitoで始まるPATTERNS 5の詳細が公開になりました。
Img_082511
ジャジャーン!
今回も17色という多色使いが魅力的なベストです。実はこのパターンはPATTERNS 3のバッグのマチの模様ですけれど、今回はウェアとして新しい色でのご紹介です。
ちょっといいでしょ、この色。♡
今の私の気分です。
今回の注目ポイントは模様の雰囲気を壊さない襟ぐりや袖ぐりのスクエアーカット。
そして、各色半玉ずつのご用意のキットとなるので参加していただきやすいのもポイントかも。
ということで、今回初めて木曜日、土曜日クラス共に午前、午後2クラスを設けることになりました。
どうぞ皆さま、奮ってご参加くださいませね。
お申込みは来週の火曜日28日の10時から。♡♡♡

| | コメント (0)

処暑の候

先週は過ごしやすくほっとしていたのに、また暑さが戻ってきました。ふぅ。

ん?でも、ちょっと前までの暑さと少し違う感じ。ギラギラした太陽が弱まったかも。そうよね、今日から処暑の候ですものね。
Img_08231 わぁ、朝顔!
自分では育てなくなっちゃったけれど、夏の朝に朝顔を見ると何だかうれしい気持ちになります。幼い頃はしおれた朝顔の花で色水を作ったり、大きな花をそうっと開いて押し花を作りました。花びらが薄いので上手に開くのは案外難しいし、くるくるの蔓や葉っぱを思ったように紙の上に配置できなくて毎日一喜一憂していたのも懐かしい夏の思い出。♡
朝顔の花一輪で心の中にわぁっといろいろな記憶が広がりました。やっぱり「モノより思い出」ね!Ha-, Ha--!!
今週はほとんど家から出ずに仕事をしているので、猫たちはなんだかのんびり。
Img_08232
そんな猫たちの中から今回はHenriをモデルにしたラグラグのチェアマットも完成しました。
チェアマットとして作ったけれど、出来上がってすぐに座ってしまうのはちょっともったいない感じ。しばらくの間はタペストリーとして飾って楽しもうかな。
だって椅子に置いたら、きっと真っ先にHenriが自分の指定席だと思って座っちゃうもの。そうしたら、あっという間に細くて長い毛がたくさんくっついちゃうし、爪をとぎとぎされて毛羽立って使い込んだ風合いになっちゃうかも。うーん。。。
そんな中、PATTERNS 5のベストも編み上がり、多分今週末には詳細をご紹介し、来週から募集が始まる予定です。♡
そして、その前に私がとっても楽しみにしているのがこのバッグのワークショップ!
Img_08233 今はログキャビンのパターンだけだけれど、私の手元に戻ってきたら編み地の間に様々なステッチをしようと考えています。光沢のある5番の刺繍糸でも良いし、少しだけ余っている糸を上手に使って色々なステッチをしたら楽しそう!! 自分だけのエッセンスを加えてみてくださいね。
9月12日(水)はまだお席があると思います。是非是非。
秋が近くなって、もう気持ちは先へ先へと飛んでいるはず。
私も今日から新しいデザインを始めました。今度はヒョウ柄?それともチーター?と悩む日々になりそう。そんな様子は次回に。♡

| | コメント (0)

働く週末

この週末は本当に涼しくて、クーラーも止めて窓を開けて過ごしました。ほっ。

何か飲みたい時に今までは「ミルクティ」というチョイスがなかなか浮かばなかったけれど、週末はこの方にお世話になりました。
Img_082011_2
そう、この凛々しい後ろ姿は我家のMs. Ribby.
先日ご紹介した通り、彼女はティコゼーです。このリバティプリントのかわいいスカートの中で、ティポットを暖かく守っていてくれました。おかげさまで久しぶりに美味しい紅茶を楽しみましたよ。Thank you, Ms. Ribby.
そんな彼女にお紅茶をサーブしてもらいながら私が何をしてたかといえば、何十ページもの本の校正とPATTERNS 5のベストの製作でした。
猛暑の間は少しは涼しい早朝を上手に使わなくちゃね、と時計をググッと2時間くらい戻して1日を始めるようにしていたけれど、この週末も忙しくてそんな感じ。。。
でも、おかげさまで無事にベストは出来上がりました。♡
まだ公開前なので出来上がった姿はご紹介できないのですけれど、裏はこんなふう。

Img_082012

裏側を見たって仕方がない?いえいえ、編み込み模様は表も大事ですけれど、裏も美しく編めていないと表の模様もキレイに出ないのでとっても大切なんです。
今回もフェアアイルのように1段に使っているのは2色だけ。でもそれを上手にずらして組み合わせているので視覚的にはとっても凝った印象になります。
そしてその時に裏の糸がグルグル飴のように絡まっていると糸ががんじがらめになって動けず、編地がつったりしてしまい、スティームアイロンをかけても水通しをしても治らない。
こんなふうに糸が水平に渡っているのが理想的な編み込み模様の裏側なのでした。♡
そして、朝から晩まで仕事をしている私のそばで「家にいるのは良いけれど、少しは遊ぼうよ」と不満な猫たち。。。
Img_082013 Zowieもけだるそうにしています。
でも彼らは、「お腹すいたよ、何か食べたい」「おやつの時間になったよ」「砂を汚しちゃった、お掃除してね」と仕事中の私の机の真ん中に飛び乗ってきてアピールするので、「わぁ、もうこんな時間。ごめんね」とキッチンに立ったり、慌ててカーテンを閉めたりしています。
今年の夏はよく働き、その分遅い秋にお休みをとることにしました。♡
そんなことも楽しみで仕事にもエンジンがかかっているのかもしれません。
さぁ、今日は月曜日。
今週も頑張ろうっと!

| | コメント (0)

秋の気配?

昨日から天気予報では「明日は秋を感じられる風が吹き...」なんて言っていたと思いながら今朝窓を開けたら、サーッと涼しい風が部屋へ入ってきました。

あら、やっぱり。猫たちも早速窓際へ行きクンクンと風の香りを嗅いでいます。あぁ、いい気持ち。♡

Img_08171

それならば、より一層さっさと秋の準備をしなくちゃね、と机の前に座りました。
今、毎日半日以上集中して編んでいるのはこれ、9月末から始まるPATTERNS 5の作品です。
編み込み模様を編んでいる時はどうしてもこんなふうに波打ったようになっちゃう。これもレッスンの間に皆さまからよく心配の声が上がるポイントです。
「どうしましょ、こんなになっちゃいました」と心配そうに編地を見せてくださる方に、いつも私は「大丈夫!これで良いんです」とにこにこ。そして、頭の中では矢野顕子の名曲「バカボン」のように『これで良いのだぁー♫』と歌が流れています。♡
そして、ほら、スティームアイロンをかけるとこの通り!
Img_08172 まるで魔法をかけたようにキレイな編地になります。この瞬間って毎回本当に楽しい。
そして、今回も17色という多色編み込みです。
最初に全ての色を一通り決めるけれど、編み始めてから「うーん、やっぱりこっちのほうがいいかも」とほどいてやり直すこともしばしば。。。基本的にお天気のいい日やゴキゲンの日に決めた色って元気すぎて後で後悔しちゃうし、ブルーの日はショボショボカラーでちょっとね、という具合。Ha-, ha-!!!
お天気のいい日の朝に直接太陽の光が入らない自然光の中でフツーに幸せな気分で決めた色がなんといっても一番。普段の私の色。
しかもインターネットやメールにも触れていない真っさらな朝。新聞を読んで、フルーツとミューズリの朝ごはんを食べて、猫たちに「しばらく上で仕事してるわね」と机の前に座った時がベストね。♡
まだ編みあがっていないけれど、昨日鏡の前であててみたら「おおっ、かわいい!!」と嬉しくなりました。今の予定では来週末くらいから募集が始められるのではないかと思います。どうぞお楽しみにー!!!
Img_08173 そして、気持ちのいい風に今日もゆったりとお昼寝をしているZowie.
この暑さに参っちゃわないかと、この夏私も彼の体調に気をつけてきたけれど、おかげさまで元気にのんびり。
猫の寿命で考えると、この夏も20回くらいのうちの1つなのね。。。そう思うと貴重な夏。♡
Keitoの夏休みも今日まで。(多分)
明日からは秋らしい姿でお店が始まると思います。そして9月12日(水)のワークショップ「ログキャビンのバッグ」も参加してくださる方を募集中。是非是非!
週末は少し涼しくて気持ちもゆったりできそうですね。
Have a beautiful weekend.♡

| | コメント (0)

お暑うございます 

とうに立秋も過ぎたのにまだしばらくは暑い日々が続きそう。うわぁーん。

そんな中、我が家の猫たちもそれぞれの日を過ごしています。ちなみに一番自己顕示欲が強くマイペースなLucaはというと。。。
Img_08141 うーん、これは猫?と問いたくなっちゃう。どちらかというとアザラシみたい。Ha-, ha-!!!! 私の仕事机のすぐ横でこんなふうにしているから、思わず手を休めて眺めちゃう。かわいい。♡
Img_08142 なるべく昼日中は外の用事を作らないようにと思っているのに、昨日は有楽町へ出向くことになりました。
ふぅふぅ言いながら目的地へ向かっていたのに涼やかな福光屋さんの暖簾に吸い込まれるようにして中へ。
これは夏季限定の甘酒氷。
糀甘酒100%で作られているのでふわっふわ!そこに北海道の大納言と生姜シロップが添えられた大人のスイーツです。あぁ、美味しかった。♡
シャッキリスッキリして無事に用事を足して帰ってきました。お出かけも楽し、ね。
Img_08143
帰ってからは制作中のラグラグの続きに精を出しました。今回のモデルはHenri。Henriのチャームポイントは何と言っても美しいブルーの瞳とピンクの鼻と肉球! もうすっかり大人なのに毛糸を見れば目を輝かせてじゃれたがるお茶目な感じをフッキング。♡
久しぶりにラグラグをすると、やっぱりラグラグって面白い、って心から思います。
布で絵を描くように自由に手を動かすのも楽しいし、素材も色々使えるところも魅力的。フックする前の準備が少し大変なのが玉に瑕だけれど、小物からマットまで作れるのが良いでしょ。もっとみんなに広めたいなぁ。。。
そうこうしているうちにもう8月も半ばなんですね。
ちょっと気を引き締めて色々進めないと間に合わなくなりそう。とほほ。。。
そうそう、今本屋さんに並んでいる「毛糸だま」のインフォメーションのページに今度の本のこと、そして秋のイベントのお知らせがちょこっと載っています。まだ日程などをお知らせできないのですけれど、本の内容は「編みぐるみ」。さてさて、どんな内容かは9月の初めまでお待ちくださいね。わぁ、もうすぐね!

| | コメント (0)

海の向こうで

先日大好きな人に会いに上野へ出かけてきました。

Img_08111 台風が近づいてお天気があまり良くない日だから空いてるかしら?と向かったのは藤田嗣治展。
父が藤田を好きだったこともあり、子供の頃から馴染んできた藤田の作品だったけれど、没後50年という大きな展覧会ということもあって今まで見たことがない作品も多く、とても興味深い一日を過ごすことができました。
面相筆の線にうっとりしたり、乳白色の裸婦の桜色の爪にキュンとしたり、会場を回りながらワクワクドキドキ! ♡
今回おおっ!!と思ったのは藤田手製の額。例えば「カフェ」(右の写真の絵)の額は藤田自身が作ったもので、額にはコーヒーカップなどが掘ってありかわいい!♡ 他にもお手製では?と思われる絵とぴったりの凝った額のものもあり、そんな楽しみも味わいました。
Img_08112_2 手芸好きな私にうれしいのは藤田が絵を描くだけではなく、身の回りのものも自分で作る人だったこと。芸術家というのは規制の服をそのまま着るのではいけない、と自分でチクチク服を縫ったり、器やおもちゃなども作ることがありました。絵の中にもこんなふうに手芸の材料や毛糸が描かれていて、思わずじっくり見入ってしまいます。
藤田というとあのおかっぱ頭や猫や女性という華やかなイメージが浮かぶけれど、戦時の苦労や軍医だった父親との約束など、あの時代に日本人としてパリの画壇で成功するための並々ならぬ苦労を感じ身が引き締まる思いでした。
Img_08113_2
私も頑張ろう!と家へ戻り、9月にケイトで始まるPATTERNS 5の作品を編み始めました。今回はこんなふうに17色の編み込みです。以前にお稽古でプルオーバーを編んだパターンをベストでご紹介する予定です。どうぞお楽しみになさっていらしてくださいね。
9月12日(水)のログキャビンのバッグは現在お申し込み受付中です。(9日の日曜日は満席ですけれどキャンセル待ち受付中) Keitoは今日から17日まで夏休みなので、18日以降にお電話なさってくださいね。
藤田、10月までにもう一度会いに行こうかな。
あの少女に、あの猫たちに、そして何と言ってもあの線に。
没後50年 藤田嗣治展 東京都美術館 ー2018年10月8日

| | コメント (0)

夏の日に 2

これから関東にもまた台風がやってくるとか。私たちは大慌てで何もないようにと色々心配するのに猫たちときたら。。。

Img_08091
まるで「眠れる午後の猫」とも名付けたいくらいにぐっすり。Zzzzzz...
犬の人たちは猫がいとも簡単に机に飛び乗り、そしてあたかもそこが自分たちの居場所であるかのようにこうしてリラックスして寝たりすることにびっくりされるかもしれないけれど、猫の人たちにとっては、では私がどきましょうね、という感じ。♡
それにしてもLucaの育ちようったら!! そっとお腹周りを測ったら何と52cmでした!!!!!獣医さんへ行ったらきっと「即ダイエットを敢行してください」と怒られちゃいそう。どうしましょ。
Img_08092
そしてHenriは盆踊りを踊っているかのようなポーズ。こんな写真も実は私にとっては大事な一枚なんです。猫の表情や耳の角度や形を記録しておかなくちゃね。
来月のお稽古では猫をモチーフにラグラグのチェアマットを作る予定だから、真正面からの顔をじっくり観察。ふぅむ、なるほどね、と鉛筆を走らせます。
先日大きな手芸屋さんへ材料を買いに出かけたら、各フロアでミニ講習会を開いていて数名の方が楽しそうに手を動かしていました。他にもお洋服の布を選んでいたり、小物につけるトリミングを探していたり、それぞれなんだか楽しそう! 私はそんな光景が大好き! 手芸っていいなって思うのもそんな時です。♡
Img_08093 ジャジャーン!
これは9月のKeitoのワークショップの作品[ログキャビンのバッグ]です。早くご紹介したくてたまらなかったワークショップの募集が明日の10時からになりました。
編むのは簡単だけれど、いろいろな技法がギュッと経験できるバッグです。そしてアクセントカラーは(サンプル作品ではネイビー)ご自分のお好みの色を216色のシェットランドヤーンから選んでくださいね。ワクワクしてきたでしょう?急なお知らせですけれど、どうぞみなさま明日Keitoへお電話くださいませ。暑くても、台風でも、秋が楽しみになること間違いなしです。♡
9月9日(日)の詳細はこちらから http://www.keito-shop.com/workshop/2018/09/09 そして9月12日(水)の詳細はこちらからどうぞ。http://www.keito-shop.com/workshop/2018/09/12
私も今からとっても楽しみにしています。是非是非!

| | コメント (0)

夏の日に

毎朝天気予報を見ていても、その考えられないような気温にも慣れてしまいそうな毎日。ふぅ。

先日ちょっと心がもやもやしていたので、世田谷美術館に濱田庄司展を見に行ってきました。
Img_08061 駐車場に車を止めて砧公園の中を歩いて美術館へ向かう間、久しぶりに圧倒的な蝉時雨に包まれました。この暑い夏は自分たちのものだと主張するような強い蝉の声に右からも左からも上からも下からも包まれたような感じ。
暑さのせいか人の姿もまばらな公園で蝉時雨に包まれ、怖いような、でも、人間界から切り離されたようで気持ちの良さも感じました。
この時点でかなり気持ちはスッキリ!
そして まっさらな気持ちで美術館へ。♡
「仕事が生活で、生活が仕事です」と言っていた濱田。それはどんな意味なのでしょう、とゆっくりと展示室を回り、祖母も愛用していた濱田の陶芸作品を懐かしい気持ちで見てきました。
Img_08062 ここは撮影可能なお部屋。世田谷美術館には濱田作品がよく似合う。
公園の木々を借景に、都会から離れたイギリスの村での美しい生活に影響された濱田のことを思いました。そしてこのお部屋にはこんなパネルがありました。
この大皿の軸の流掛にかかるのはたったの15秒。
Img_08063その短さに物足りなくないか?と問うた訪問客への返事が「これは60年プラス15秒だ」と答えた濱田。うーん、なるほどね。
そして濱田は、イギリスの都会から離れた村に住む芸術家たちの美しい生活と結びついた創作態度を目の当たりにして影響を受けたとも。
「落ち着きは正しい生活から生まれる」というイギリス人の考えは私もロンドンでの生活で学んだことでした。
そしていつも考えるのは「正しい生活」って何かしら?ということ。
その時々で考えは変わるから正解なんてないのだろうけれど、清潔な暮らしや美味しい食事は欠かせないだろうし、それにいろいろなことがその時によってプラスされたりマイナスされたりなのかな。。。
帰り道には美術展という特効薬が効いて元気に家へ戻り、猫たちに蝉や濱田やイギリスのことを話しました。♡
さぁ、今日は月曜日。
今週も仕事がいっぱいです。自分なりの正しい生活を営みながら暮らしましょ。
濱田庄司展 ー8月26日(日) 世田谷美術館
大阪市立東洋陶磁美術館 堀尾幹雄コレクションを中心に

| | コメント (0)

8月になりました

毎日天気予報を見るのが怖いほどの猛暑が続いている今年の夏。

Img_08023 毎朝空気を入れ替えるために窓を開けるけれど、そのあとはささっと閉めてクーラーでお部屋をひんやりとさせたいのに、もうこのふたりったら!!! 「えぇーっ、窓しめるの?」と私のことをガン見します。。。窓のそばを通っただけで熱風にくらっとしそうなのに、こんなにモコモコでも外の空気が好きなふたり。暑くないのかしら???
そんな私も編みあがったばかりの編地を洗剤を泡立てたボールに浸し、熱湯を足しながらゴシゴシと揉んでフェルティングさせていました。お庭に干したばかりだけれど、きっと30分もすれば乾くはず。うまくすれば今日中に中袋も縫って完成させられるかも!?
そう、ニットの仕事って実は夏は大忙し。秋になったらきっと編み針を手にして何か作りたくなっちゃうはず。だから、その時にさっと編みたくなるような作品をご用意しておかなくちゃね!ハイ、準備万端です。どうぞお楽しみに。♡
Img_08021 先日玉川高島屋S.Cの福光屋さんへ「乙女の金沢11」を見に行ってきました。
福光屋さんの地元、石川県の美味しいものやかわいいものが勢ぞろいの小さいけれど楽しい企画です。今年は11回目ということで11(ワンワン)に因んだ犬をモチーフにした小皿なども並び、そのかわいさにキュンキュン。憧れの竹俣勇壱さんのカトラリーを始め、若手の作家の楽しい作品が並んでいたり、美味しそうな食材に思わずお腹が減っちゃたり。
そんな中、今日はこれを、と選んだのは金沢のアンティーク屋さんのご主人が出しているリトルプレス「そらあるき」と小さな箸置き、そして 使い勝手が良さそうな器をひとつ。
「そらあるき」は内容豊富なとっても素敵な小冊子で読み応え十分! 「これ持って金沢行こうっと!」と豊かで楽しい気持ちになりました。♡
Img_08022 岡田直人さんの器は18世紀のフランスの脚付きコンフィチュールグラスの写しだそうで、なるほど懐かしい感じや甘い雰囲気がヨーロッパのグラスっぽい。そして大好きなとろりと柔らかい白錫釉にはいつもやられてしまいます。竹俣勇壱さん の作品もアンティークの写しが多いからお互いによく似合う。少しずつ集めたい気持ちになりました。金沢行きたい!♡
さぁ、こんなふうに金沢の作家さんたちの作品にうっとりしているうちにカンカン照りのお庭に干した編地が乾いたかも?
私も自分の作品を一生懸命作りましょ。
暑いけれど、負けないような熱い気持ちを持って、ね!
今週はお稽古week。楽しみ!
乙女の金沢展11 -2018, 8月15日(水) 福光屋 玉川高島屋S.C 南館B1

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »