« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

Ode to Klimt.

今年楽しみなのは何と言っても4月23日から上野で始まるクリムト展。Img_012911

私が始めてクリムトの絵に出会ったのは、多分家にあった画集を眺めていた小学生の頃。
デジタル全盛の今は、以前はどのお家にもあった何十冊もの百科事典や画集なんてなくなっちゃたけれど、興味が湧くかわからないけれど「なんとなく眺める」本はとっても大事だと思うのです。
福岡ハカセも小学生の頃に図書館の書庫で今も大切にしている蝶の図鑑に出会ったと仰ってたけれど、私もきっと何もわからないまま「これは好き」「これはちょっとね」と感じながら画集を開いていたと思うのです。
その中で気に入った画家がクリムトだったり、シャガールだったり、フジタやマチスだったり。そして今はさらに狩野探幽や酒井抱一も好き。
ピンポイントで調べたりするのに便利なデジタルなものと違った時間が流れる紙の媒体が大切だと思うのはこんなところ。。。
Img_012912 この2枚のクリムトの複製画は80年代に老舗の額縁屋の八咫屋(ヤタヤ)さんで分けていただいたものです。
フジタの絵も八咫屋さんの額のものが何点かあるけれど、琳派に影響を受けたクリムトの絵が日本の職人さんが作った額縁にしっくりと収まっているのはなるほどね、と思います。
今も毎日眺めて幸せな気持ち。複製画でも好きなものをそばに、と購入してくれた親の考えに改めて感謝。♡
そんな中私もこんなものを作りました。
Img_012913
これはヴォーグ学園の卒業作品として35年くらい前に編んだワンピースの編地。先日家の整理をしていた時に棚の中にしまってあったのを見つけ、クリムトの複製画をつぶさに見ながら編図を書いたのを思い出しました。毎日10時間以上編んでも5cmも進まないほど複雑な編地。20代の私の根気と努力の結晶なのねー。
先日ロンドンへ行った時にロイヤルアカデミーでクリムトとシーレの素描の展覧会を見てきたけれど、絵を見ながら心の中に湧き上がる熱い思いを久しぶりに感じた幸せな時間でした。
そんなRAのクリムト紹介のビデオはこちら。
何十年経っても変わらない縦糸を自分の中に持つこと。
そして、それが切れないように新しい横糸も足していかなくちゃなのね。了解。♡

| | コメント (0)

春に向かって

この週末は大雪の予報が出ているところも多く、東京は晴れてはいるけれど北風が吹いて寒〜い!

Img_012619そんな時にうれしいのはこんな小さな花たち。パンジーを庭に植えようと思ったのも久しぶりのこと。母のこともだいぶ落ち着いて気持ちの余裕が出てきたのね、とこんなことに自分の気持ちの変化を感じたり。。。
先日も様子を見にきてくれた植木屋さんが「案外すっきりしているから手を入れるのはもう少し先でもいいですね。だいぶ庭で働かれましたか?」と私の年末の働きにびっくりしていました。Ha-, ha-!!!
庭が一応落ち着いたので、今は家の中を整理中。
Img_012629 整理をしていたら、作品をしまってある箱にティコゼーがたくさん眠っているのを見つけました。ちゃんと役立ててあげなくちゃね、と昨日はこのソックス君にお茶のお当番を頼みました。おぉ、かわいい!ティコゼーを使うと長い時間お茶を温めてくれるし、食卓が楽しくなるので一石二鳥です。♡
年末に塗った壁と水仙がお互いの色を引き立てあって春を感じます。春の色は黄色ね!
というわけで赤いリボンをしていたソックス君も新しい色になった部屋に合うように水色のリボンにお召し替え。いい感じ。
春が近くなるといつも花をテーマにした作品を作りたくなるけれど、この絵巻も私にとっては大切なもの。
Img_012639 これは根津美術館の百椿図。江戸時代の初めに起きた空前の椿園芸ブームの時に書かれた椿だけの絵巻です。ステキ!2012年には全容を見られる展覧会があったけれど(これはその時の図録)今年も2月17日まで百椿図を 展示室で見ることができるんですって。生花も描かれた花もどちらも好きだけれど、生花は毎日の生活に、そして表現された花からは作品のヒントを見つけたり色や形を学んだり。寒い毎日だけれどこうして花を見ているとほんわかふんわりするのもうれしいこと。
いま開催中なのは酒呑童子絵巻。酒呑童子って大江山系と伊吹山系に分かれるらしいのですけれど、根津美術館のものは伊吹山系だそうな。そんなところも興味を惹かれます。見逃さないように見に行こうっと 。
さぁ、明日はKeitoでラグラグのワークショップです。楽しみ!♡
お知らせがひとつ。2月からKeitoで始まるPatterns 6のクラスでは昨年10月に出版された私の本「棒針編みのあみぐるみ」(誠文堂新光社)をテキストとして参照したいと思っています。もしもお持ちでない方は当日Keitoでも購入することもできます。よろしくお願いします。
 

| | コメント (0)

うれしい冬の日

今日は今年初めてのKeitoでのワークショップでした。今月の作品はハートのラグラグの壁飾り。

Img_0123121 ラグフックを持つのが初めての方が多かったけれど、こんなにかわいいハートがたくさん生まれました。これは午後のクラスの方の作品。Sooooo Lovely!
午前中は大勢で、みんなでワイワイとしていたら写真を撮るのを忘れてしまいました。うわぁ、残念!今度Keitoへいらっしゃる時があったら、ぜひ見せてくださいね。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。ぜひ続けてラグラグを楽しんでくださいね!♡
そして今日は北海道から楽しみにしている小包が届く予定になっていました。
Img_0123122 スキップ気分で家へ戻りすぐに中を 開けて見たいけれど、そんなにすぐに開けるのはもったいないと小包を手にドキドキ!
届いた荷物はこれ。北海道のいわた書店さんからの1万円の選書!Yeah!!!
家へ戻ったばかりですもの、まず一息つかなくちゃねと、とっておきのmonkeyでGin & Tonicを作り、椅子に座ってふぅと息をつきました。
そして夕刊でも読んでから、それともお夕飯を先にしましょうか、と思ったけれど、やっぱり中を見たい!選んでくださった本の題名は連絡をいただいていたのでわかっているけれど、あえてその先はサプライズにしておきましょ、と検索しないでいたので著者も内容もまだわからず。
Img_0123123 そしてジャジャーン!岩田徹氏が私のカルテから読み取って送ってくださったのはこの8冊。長田弘の詩が好き、料理が好きと伝えた私に「茨木のり子の献立帖」。イギリスで暮らしたことがあり、湖水地方に特別な思い出があるとお話しした私にオクスフォード大学卒の羊飼いが書いた「羊飼いの暮らし」。
「春と修羅」が好きな私に「銀河鉄道の父」。手芸の仕事をしていて、川瀬敏郎の「一日一花」を今までに印象に残った20冊の中に選んだ私に志村ふくみの「一色一生」。あとの4冊も本屋さんで見たことがあるかしら?手に取ったことはないかも?という本ばかり。おぉ、楽しい!
いつもだと、さぁ、これからまだもうひと頑張り、という時間だけれど、今晩はさっさとベッドに潜り込んでちょっとずつ拾い読みをしたい感じ。
だって、8冊も読んだことがない本があるなんて!!!そしてそのどれもが「どの本が良いかなぁ」「これはどうかな?」と選書のプロフェッショナルの方に選んでいただいたもの。なんて素敵なんでしょう。白洲正子が「何よりもの贅沢は好みを知ってもらうこと」というようなことを書いていたけれど、本当にその通り。
うれしい冬の一日をありがとうございます。みなさまに感謝。♡

| | コメント (0)

春を待つ頃

東京は先週末に雨が降ったけれど、それを除くと昨年の12月から晴れた毎日が続いています。今日も良いお天気!

Img_01191
私の仕事部屋の窓際は猫たちに大人気!毎日こうして誰かが外を眺めながら日向ぼっこをしています。今日はZowie。Zowieはいくら寒くても窓を開けて風を感じるのが好き。新鮮な空気と暖かな太陽の光は気持ちがいいものね。うんうん。。。
私も仕事をしながら、時々眼を上げてゆったりとしているZowieを見るのがしあわせ。♡ 
そんなZowieの様子にうっとりしながらこの数日私はリボンで作る春の花に取り組んでいました。やっぱりかわいいものを作る時は素直で優しい気持ちでいないとね。
Img_01192 うーん、これはまだ試作。これは花芯なので、ここからまだもう一色周りに巻きつけていくわけなのですけれど、動物の編みぐるみを作った時と同じように、今、私の机の上には植物図鑑や日本画の花のスケッチの本などが積み上がって、花の様子を研究中。
何時間も机の前から動かずに熱中している私のところに「お腹空いたよぉ」「ずっと何しているの?遊ぼう!」と猫たちが様子を見に来ると、ようやく彼らのリクエストに答えて動く感じ。
でも、ようやっと形になりました。
Img_01193
グログランリボンが変身してタンポポとデイジーの小さな花束ができました。かわいい。♡
さぁ、ここからがもう一仕事。この花をバランスよくまとめてコサージュにして....かわいくなりすぎない大人の女性に似合うものに仕上げましょ。
Keitoでは主にJamiesonsの糸やKeitoが集めた世界中の糸を使ったワークショップを、そして私の教室ではこんなかわいい小物やニットの小物を作るワークショップクラス、そしてJamieson&Smithの糸を使って編むウェアのクラスをしています。
いろいろ作ることで、このアイディアはこのクラス、これはあの糸で、と次々に想像して作品を作る毎日です。
もう直ぐ春ですね。新しいことをぜひご一緒に!

| | コメント (0)

楽しい冬の毎日

今年の干支のイノシシは「猪突猛進」っていうけれど本当はどうなのかしら。

Img_01161 私はこまこま働く干支のせいか、年末から家の模様替えをしたり母の部屋の整理をしたりと体を使うことをたくさんしていました。
先日も庭へ出たら暖かく気持ちが良かったので、そのまま落ち葉を掃いたり枯れた葉っぱを取り除いたりが、雑草取りになり、気がつけば2時間。。。あぁ、もう終わり、と思ったその時にご褒美のように竜の髭の実を見つけました。思わず「わぁ!」と声が出ちゃう美しさ!
これは瑠璃色?ラピスラズリもこんな色ね、と思いながら家へ入り、瑠璃色をgoogleしてみたら
瑠璃色はラピスラズリを削って作った色とのこと、そして「るりいろ」として平安初期に書かれた竹取物語にも出てくるんですって。素敵。
やっぱり労働にはご褒美があるのね、と嬉しくなった朝でした。♡
Img_01162
重いものを持ったり動かしたりしてすでに腰が痛かったのに庭掃除に張り切ったのが致命的だったのか整形外科に伺うほどなんだか腰が危うい感じになり、慌てて近くの先生へ行ってきました。
そして帰り道にこの子たちにお土産を買って帰り、うれしいおやつタイムの始まり。初めて見るイチゴのロールケーキに大喜びのふたり。どうやって分けるかの相談をしてるところなのかしら。かわいい。♡
腰の痛いのも忘れてこんなお人形ごっこをして楽しみました。Ha-,ha-!!
Img_01163 そして「僕たちには????]とアピールするLucaと「うんうん、そうそう」とちょっと遠慮がちに覗き込むHenri. こんな時もZowieは仲間に加わらず「人は人」と超越した姿が大人でかっこいい。そんな猫たちの様子に苦笑したり学ぶところがあったり。
今度のPatterns 6ではテディベアと猫、両方が編める編図になっているので、ご参加いただいた後にはお手持ちの糸で好きな色を組み合わせたMy One and Only ベアや猫を楽しめます。
私も色違い作りたい。もう少し小さくして大中小にしたら「3匹の熊」みたいなシチュエーションにもできるかも!わぁ、それも楽しそう。
るりいろの平安時代から19世紀のヨーロッパの童話まで頭の中でトリップした1日でした。♡
外は寒くても頭の中は自由だものね!
そんな遊びができるPatterns 6へもぜひどうぞ。詳細はこちらから。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/02/03 http://www.keito-shop.com/workshop/2019/02/07  

| | コメント (0)

冬のお休みの日に

今日は3連休の中日です。

Img_01131 今朝は昨日の雨で久しぶりにこんな光景を庭で見ることができてにっこり。こうして葉っぱの上に雨が残っているのも朝のうちだけですものね、としばらく庭のあちこちで水滴を探しながら楽しみました。
東京で雨が降ったのは本当に久しぶり!雨がうれしくて庭の木々や草の一本一本が 輝いているようでした。そんな様子に私の気持ちもリフレッシュ。良い朝でした。♡
Img_01132
これは先日青山のVikingというパン屋さんで購入したパン。私はよく焼いたトーストが好みなので、今朝も焼き網で丁寧に淵までカリカリにパンを焼きました。カリッ、サクサク、ふんわり。バターをたっぷりぬった美味しいトーストでお休みの日の朝を満喫。♡ そして大島弓子の「ヒー・ヒズ・ヒム」のようにトーストといちごを交互に食べてみたり。。。Ha-, ha-!!!(作中ではビスケット)
昨日の新聞に楽しい書評が出ていました。
Img_01134 「タコの心身問題」?????何のこと?と読んでみると、タコの知性の高さを表すことがいろいろ紹介されているらしいのです。どうやら、気に入らないエサを与えられた時には飼育員と目を合わせ、エサを捨てたりもするらしい。タコ同士での感情の交換はあるとは思っていたけれど、人に対して明らかな感情を示すのね。面白い!
そういえば友人が活きたエビを料理しようとした時に全部のエビの目が一斉に赤く光ってびっくりした、と話していたっけ。
著者のゴドフリー=スミス氏は科学哲学者であり熟練ダイバーでもあるんですって。この本は「心は何から、そしていかにして生じるのか」ということのヒントが詰まっているらしいので早速図書館で予約をしました。楽しみ! 新聞って楽しい。そしてゆっくりと新聞を読めるのもお休みの日の楽しみなのでした。♡
良い連休をお過ごしくださいね。

| | コメント (0)

うれしいこと

人間の食の好みはやはり季節によって左右されるものなのね、と感じるこの頃。

夏はさっぱりしたものが食べたくなり、冬はコクがあるものやアチアチのあったかいものが食べたい。そしてこの冬はそんな美味しいものに出会いました。

Img_0109111

これはクラシカルなフレンチがお得意な湯島のa table(フランス語のa)のサーモンのミ・キュイ。
絶妙な火加減が大切なミ・キュイだけれど、スコッチサーモンが生だけれど生じゃないという感じに仕上がっていて美味しい。
楽しみにしていた世界大会で入賞したシェフが作られたパテ・アン・クルートも美味!
好みでエシレバターもお願いできるので、この日は「カロリー」という言葉をボキャブラリーから外して注文。他にもブレス産の青首鴨もいただき満足満足の一夜でした。この頃お気に入りのお店は東京でもこっちの方面に多いので、もっと近くにもこんなお店があったらいいのにねと思いながら帰路につきました。♡
Img_0109122
そしてこれも忘れがたい一皿。
こちらは恵比寿のフレンチです。ここもフランス風〆鯖がほっぺが落ちる美味しさ!
そして鯖の後にはこの手長海老のラヴィオリをね。ふわふわムースのソースがしあわせ気分満点な感じ。この日は他にもフランス産のキノコやエゾ鹿をいただきました。
2件とも気軽なビストロなのにサービスも行き届いてるし、何と言ってもお料理にうっとり。冬はクラシックなフレンチね、とにこにこ。♡
そしてうれしいことがもうひとつ。
昨日Golden Globe賞の発表があってBest Motion PictureにBohemian Rhapsodyが選ばれたんですね! Congratulations!!!
Img_010914 これはあの頃のFreddieとBrianの衣装を作っていたZandra Rhodesのブラウス。
私がLondonに住んでいた頃は子どもだったからBond Streetを一歩入ったところにあるZandraのお店を憧れて見るばかりだったけれど、何年か前にLondonのヴィンテージショップで見つけたのがこのブラウスでした。
なかなか着ることはないけれど、見ているだけでもうれしいこの色、プリーツ、袖口や肩のディテール! あの頃Queenのあの衣装がZandraのデザインとは知らなかったけれど、なるほどね、と納得。ExtravaganceとEleganceが混在している彼女のデザインは私にとって最も英国らしいもののひとつです。
♡♡♡
ZandraのInstagramはこちらから。https://www.instagram.com/p/BsYU15gl8yc/
今日からKeitoの2月のワークショップとパターンズ6のお申し込みの受付が始まりました。私も今から皆さまにお会いするのを楽しみにしています。♡

| | コメント (0)

ごあいさつ

2019年の一番初めにアップしようと思っていたのに、すっかり忘れていたこの1枚。キャッ!

Img_010619松の内にごあいさつできてよかった!
いただくのはうれしい年賀状なのに、年々私からお出しする枚数は....。Sorry.
今年も早々に賀状を頂戴し、本当にありがとうございました。とてもうれしく拝読いたしました。皆さまのお元気な様子やご家族の写真などに、心がぽっとあたたかくなりました。♡
そして、昨日おしらせしたKeitoのPATTERNS 6とワークショップの内容が先ほどKeitoのHPで公開になりました。ぜひご覧ください。
PATTERNS 6 日曜日クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/02/03
PATTERNS 6 木曜日クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/02/07
チェリーのリストウォーマー 水曜日クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/02/06
チェリーのリストウォーマー 日曜日クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/02/10
いずれも1月9日(水)の10時からお申し込み受付です。
よろしくお願いします。♡

| | コメント (0)

たくさんのおしらせ

昨年から「2月からのPATTERNS 6ではフェアアイル模様の着ぐるみを着たテディベアを作ります」とお話ししていたのに、実際のベアはなかなか出来上がらず、その上「ねこバージョンも編もうかしら」となり、さらに時間がかかっていた作品が出来上がりました。

Img_01053 ジャーン!!
ミント色のテディベアとチェリー色のねこのご紹介です。彼らの名前はFred とMarie。そう、FreddieとMaryです。ちょっといいでしょ。
今回のパターンズではお申し込み時にミントかチェリーの色をお選びいただき、実際に作るのをどちらにするかは当日選んでいただけます。
どうしてかというと今回はFredの編み図をアレンジしてMarieを作ったからなのです。「アダムの肋骨からイヴを作った」というけれど、この編みぐるみたちも男の子から女の子を作り出したという感じ。でもテデイベアが男の子で、ねこが女の子と決まっているわけではないので、逆の色ももちろんありです。というか、ぜひ見てみたいな。♡
Img_01052
そしてどうして突然2匹揃って登場したかというと、このお正月風邪気味だったけれど寝てるわけにはいかないと力を振り絞ってせっせと作っていたからなのでした。
しかも今朝はまだこんなものを編んでいました。さて、これは何でしょう?
答えはMarieの手足。ここから驚異的な頑張りで夕方には完成!Yeah!!!
フェアアイル模様って何を編んでも本当にかわいいし、何とも言えない暖かな雰囲気で私たちを包んでくれます。今回のFredとMarieも棒針の編み込み模様ならではの緻密さと柔らかさが魅力的。大人の私たちのための編みぐるみです。♡
Img_01051そして同時進行していたのが2月のKeitoのWorkshopの作品のチェリーのリストウォーマー。セーターの袖口からこんな風にチェリーがのぞく感じ。おおっ! lovely。♡
2月といえば一番寒い頃だし、そのあともしばらく寒い日が続きます。関節を温めなくちゃ、しかもかわいくね! ♡
ラトビアンブレードを編み込んだりとテクニックも満載なので、色違いも作りたくなっちゃうこと間違いなしです。
詳細は近々(1/8火曜日までには)KeitoのホームページとSNSでお知らせいたします。そして、PATTERNS 6 とワークショップ、両方とも1月9日(水)の10時からお申し込み受付になります。大人気になりそうな3つの作品なのに、平日のお申し込みでごめんなさい! どうぞよろしくお願いします。
詳細のお知らせとお申し込み日が近いので日程だけ、先にお伝えしますね。
PATTERNS 6 Fairisleのパターンで編むFred &Marie
日曜日のクラス
1回目 2月3日、2回目 3月17日、3回目 4月21日
木曜日のクラス
1回目 2月7日、2回目 3月14日、3回目 4月18日
チェリーのリストウォーマー
2月6日(水)2月10日(日)
Instagramにも写真を載せています。hirokoibuki
ぜひご覧ください。♡

| | コメント (0)

新年に

あけましておめでとうございます。

いよいよ亥年が始まりました。
Img_0103192 東京は毎日よく晴れていて、窓から見える富士山は真っ白な雪化粧をして本当に美しい。日本ってステキ。
そして夜になるとオリオン座を始め、冬の星座が澄んだ夜空に輝いています。良い一年の始まりにふさわしい穏やかなお正月です。♡
プラネタリウムに行きたくなるけれど、この頃のプラネタリウムはショーアップされすぎていて、大好きだった「渋谷の空も暮れてきました」と静かに始まる五島プラネタリウムが懐かしい。忙しい父も一緒に家族みんなで出かけ、帰りには本屋さんで星や宇宙に関連した本を買ってもらったのも懐かしい思い出です。Good Old Daysね!
Img_0103191
そして、大晦日には恒例のたなくじを引くためにTVの前にスマートフォンを持って待機しパチリ。Yeah-!!!10年に一度の大吉ですって。
今年も頑張りましょ。
元旦と昨日と頭が痛くて少し体調が悪くインフルエンザだったらどうしましょ、と思ったけれど大事に至らず元気になりました。ほっ。
そして新年をWババと祝い、家ではとらやさんのお菓子をいただきました。
Img_0103193 和菓子ってかわいくて美味しくて美しい。
こんな小さなお菓子ひとつで日本を表しているのがステキ、といつも思います。
お正月ならではの花びら餅もいただいたのに、パチリとするのを忘れてしまいました。大変美味でございました。こんなお菓子をいただくことでも一年を華やかに美しく始められる喜びを感じます。にっこり。
Img_0103194 私が「風邪ひいちゃったー」「仕事が進まないよぉ」と新年早々からバタバタとしているのに、彼らはこの通りの寝正月。いえいえ、彼らは「寝子」ねこですものね、寝るのが仕事。
こうしてかわいい姿を見ているだけで私はしあわせ。♡
そうこうしているうちにPATTERNS 6のテディベアは出来上がり、Keitoの2月のワークショップの作品も完成。今日から猫にかかります。
お正月から仕事?だって、間に合わないんですもの。そしてそれ以上にかわいいものを作ることが私の楽しみで幸せなのね、と思いました。感謝。♡
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »