« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

春の京都で

京都へ行ってきました。

Img_032941

ここは椿の寺として知られる霊鑑寺。初めて訪れたのは多分20年くらい前。ずっと再訪したいと願いながら公開しているのは1年のうち春のたった2週間。なかなか伺うことができないでいたけれど、それが叶った今年の春は本当に幸せ。しかも伺った日はぽかぽかと暖かく、そんな中で珍しい椿を間近に見ることができました。あぁ、うれしい。♡

親指の先ほどの小さな花や、シャネルのカメリアのような洋風な印象の大輪の花、花芯まで真っ赤な日光椿など、本当に見事でした。様々な椿の花はいずれ改めてご紹介したいと思います。今回の旅は「棒針編みのあみぐるみ」の子鹿のフラニーを連れてだったのですけれど、椿&フラニーの様子は是非Instagramの方でご覧くださいね。

Img_032942ここは京都府庁 旧本館。ここの中庭の祇園枝垂れ桜が見たくて訪れたのですけれど、まだ満開には少し早くて守衛さんも「今週末にまた来てや」と困ったお顔。いえいえ、私は人もまばらな中で上海のアパートにも似たレトロな建物の中でのんびりできたことが十分うれしく、フラニーと一緒にゆっくりと窓から桜を堪能しました。フラニーの後ろ姿って本当にかわいい。この写真が今回の旅行の間に撮ったものの中で一番好き。フラニーも自然だし、色もかわいい。今回の京都では「ここで撮ってね」とインスタ映えを意識したようなセッティングを様々な場所で見ることがあり、写真ってそんなことではないのに...と少し食傷気味だったけれど、ここでは自分の「絵」を撮ることができて印象深い時間になりました。♡

Img_032943そして、今回も有次さんの料理教室に参加させていただきました。谷本先生に教えていただいたのは「お花見弁当」。玉子の袱紗焼き、鶏鍬焼き、松風、鰤西京焼、竹の子木の芽和え、ふき、菜の花、小芋土佐煮、南京、こんにゃく、牛肉八幡巻、海老艶煮、桜餅、香のもの、瓢ご飯、いちごが隙間なくぎゅっと詰まっています。いつもよりも比較的作るのは簡単なものが多かったけれど、それぞれ丁寧にできていて見ても食べてもステキ。先生が手を動かしながら、「今、私が作ってるのは『私のもの』。家へ戻って何度も自分で作って私からこの料理を取らないといけない。何度も作ることで『自分のもの』にしてや」と話してくださいました。出汁の素晴らしさを実感することや京料理の材料を勉強したりすることに加え、こうして先生のお話を伺えることが自分の仕事のヒントにもなります。今回も楽しく、美味しく、美しい京都でした。感謝。♡

| | コメント (0)

名古屋城へ

今年の春旅はいつものように京都へ。


Img_03261今回はちょっと特別編。名古屋で途中下車して楽しみにしている絵を見に行く予定です。旅のお供は仔鹿のフラニー。初めての新幹線、初めての富士山と初めてのことばかりで小さなフラニーも車窓を流れる景色にワクワク!ちょうどこの時は遠くに雪化粧をした富士山が青空にくっきりと見えて「日本っていいなぁ」とニコニコ。


そして私も名古屋観光は初めて!


名古屋へ行きたいと思ったのは名古屋城本丸御殿の復元工事が終わり、そこに見たい襖絵があるからなのでした。


Img_03262


まずは腹ごしらえをしなくちゃね、と山本屋総本家で名古屋名物の味噌煮込みうどんを。春でもの、と薄手のコートで出かけてきてしまった私は外で待っている間にすっかり体が冷えてしまったけれど、アチアチのおうどんですっかり温まり準備万端。Img03263


それにしても名古屋城は人、人、人で大にぎわい。普段東京で暮らしているとあまり感じないけれど、こうして観光地に来てみると日本はもちろん世界中からの観光客にびっくりでした。


正面入り口を入ってみると、いろいろなキャラクターがお出迎え。Disneylandのような歓迎にびっくりしながら、犬丸城のキャラクターのわん丸くんと記念撮影。わん丸くんの手の中にすっぽり収まったフラニーはちょっとドキドキ。


他にも武将や忍者などがいて外国人の観光客の方に大人気でした。うーん、日本って面白い。


そして御目当ての本丸御殿へ。


Img_03264


これが私がこの何ヶ月かずっと見てみたいと思っていた狩野探幽の「雪中梅竹鳥図」の復元模写。日曜美術館で詳しく紹介された見どころをじっくりと堪能してきました。細かい部分は画像の方が美しく見られるし、外野が騒がしく落ち着かないけれど、豪華絢爛な彫刻欄間や天井の板絵と合わせて見られるのは素晴らしいことでした。


それに日本ならではの光の移り変わりを計算に入れての金の使い方や、もしも部屋にいたのならば、とこの絵にぐるりと囲まれる様子を想像して楽しみました。他にもトヨタの産業技術記念館やノリタケの森などへも行きたかったけれど、今回は諦めて京都へ。


そして夕方には京都に着いた私はホテルに荷物を置き、一息入れてから一人でのんびり。まずは京都にいることを実感したくて木屋町のバーへ。ここは京都の旦那衆や京大の先生方など毎日通う方ばかりなので、座ると自然とマスターがさっとその方の好みのものを出してくださるというところ。そんなところにお邪魔させていただき、地元の方と少しお喋りを楽しんで春の一日を締めくくりました。感謝。♡


 


 

| | コメント (0)

春の寒い一日

今週は暖かい日が続き「春ね〜」とのんびりしていたのに、今日はどうしたんでしょう。
寒い、寒い。。。しかも、blogの書き方が変わっちゃったので、まだ全然習得できず、思ったような画面にならないでいます。とほほ。。。
Image_1
この頃イチゴのバッグの編地と並行して取り組んでいるのがPatterns 7の編地作り。
今回も色数多く18色の予定です。正確に何グラム必要かを割り出すために編む前に大切なのは1玉ずつ測ること。
外国の糸は1-2gくらいの誤差があるものが多いけれど、軽いシェットランドヤーンだと1-2gでも何mにもなることもあるのでまずは元の玉が何gかを計ってから始めます。
そして、今度の作品は21枚の編地を組み合わせる予定なので、それぞれ色のバランスだけではなく、糸を上手に使って組み合わせることも重要になりそう。うーん、課題が多いけれど、とってもかわいくなりそうです。♡
そして、こんな寒い日のおやつにはこんなものを。
Img_032312
これは先日差し入れでいただいた松本の老舗のお菓子屋さん開運堂の大好きなクッキー「白鳥の湖」。
開運堂さんのお菓子はパッケージもかわいいけれど、何と言っても素朴な美味しさがたまらない感じ。♡
この「白鳥の湖」もスペインのポルポローネのようなほろっとした口溶けがミルクティとベストマッチで思わずにっこりでした。
この頃なんだか忙しくてスイスイと仕事が進まずちょっとペースダウンな毎日。そんな中、近くの古本屋さんでステキな本を見つけたり、モロッコ関連の本を何冊も広げてサハラ沙漠の星空を想像してみたり、小さな楽しみで自分にエンジンをかけています。こんなティタイムも大切な一コマ。♡
そして猫たちはといえば。。。
Image_2いくら寒いからってこんなにくっつかなくても?!と思うくらい仲良しなふたり。
今月は久しぶりに京都の有次さんのお料理教室へ伺う予定です。京都へ行くのは半年ぶり!
ちょうど霊鑑寺さんの椿のお庭も拝見できるようで本当に楽しみです。
Zowieたち、仲良くお留守番をしていてね。きちんと家人に細かくゴハンや砂のことも頼んだから大丈夫。
久しぶりに京都でのんびりしてきましょ。♡
でも、仕事を持ってね。。。Ha-, ha-!!


| | コメント (0)

クマと仲良しな人たち

先日の日曜日はkeitoでPatternsの2回目の日曜日クラスでした。2回目のテーマは「頭をつくる」。

Img_031911

ほらね、こんなに表情豊かなクマと猫たちができました。かわいい。♡

そして、今月のPatternsの時に「ぜひ、時間があったら見に行ってねー」とお話ししたのが現在渋谷のbunkamuraで開催中の「クマのプーさん展」。原画が素晴らしいのはもちろんのこと、Patternsクラスで自分だけのクマや猫を製作中な皆さまにキャラクターを生み出すことを見ていただきたいと思ったのでした。

Img_031913

このプーとルーは我が家に何十年もいるふたり。プーは購入したものだけれど、コブタは私がイギリスに住んでいた頃に買った子供用のキットを縫ったもの。展覧会にはお話しを書いたミルンの息子のクリストファーのクマのぬいぐるみと絵を描いたミルンの息子のクマのぬいぐるみ、そしてモデルになったカンガやルー、コブタ、フクロやイーヨー、ティガーのぬいぐるみを実際に見られるのも貴重なこと。

1926年に英国で生まれたお話しが世界中で愛されて、今、こうして日本で原画を見られるなんて本当に素晴らしい。鉛筆のスケッチやインクで描いた原画は一度公開されると、次に公開を許されるのは10年後だそうな。そして、それは世界のどこかで。。。だから必見なのです。

Img_031912

これは去年LondonのVictoria & Albert Museumで購入した原画の複製。私はルーが好きなので、タンポポの綿毛を吹くルーの絵が欲しかったのですけれど、Londonへ行った時には残念ながら売り切れでした。でも、念願叶ってその絵も今回無事に入手できました。Winnie the Poohのオリジナルのお話と原画をぜひ見にいらしてくださいね。お話や原画があまりかわいくて楽しいので、会場のいたるところからクスクスと小さな笑い声が聞こえてきたり、全体がほんわかとした雰囲気なのがとても良い雰囲気でプーのように「あはァ、いい感じ!」とうれしくなりました。

こんな時、Poohだったらなんというのでしょう。私が好きなプーとコブタの会話をご紹介しますね。

「コブタがいいました。『プー、きみ、朝起きたときね、まず第一に、どんなこと、考える?』『けさのごはんはなににしよ?ってことだな』と、プーがいいました。『コブタ、きみはどんなこと?』『ぼくはね、きょうはどんなすばらしいことがあるかな、ってことだよ』プーはかんがえぶかげにうなずきました。『つまり、おんなじことだね』と、プーはいいました。」(クマのプーさん 石井桃子訳より)

人生はきっとこんなふうにシンプルなことなのね!あぁ、ステキ。♡♡♡

| | コメント (0)

春の楽しみ

桜がちらほら咲き始め、春〜!と心華やぐ季節になりました。♡

Img_031711 春の花も良いけれど、私は芽吹きの様子も大好きで、こんなふうな光景に思わず足を止めてしまいます。
そして「ちょっと触らせてね」とやわらかな葉っぱの感触をそっと楽しんだり、まだ芽から葉っぱに移行段階の様子に「なんだかあなたたちは芽キャベツみたいね」とクスッとしたり。
街を歩くとまるで植物図鑑のように様々な種類の椿が咲いていて、その度に「おおっ!」と植物の多様性に驚くのは毎年のことだけれど、今年はその椿もそろそろ終わり。そしてこれからの毎日では足元に小さな花たちが咲くのも楽しみなこと。季節は移り変わっているのね。
春、春〜♪とウキウキになるのは花のせいだけではなく、こんなところからも!
Img_031712
これは今、季節限定で発売中のとらやさんのいちごの小型羊羹。パッケージのかわいさも秀逸だけれど、もちろんお味もバツグン。
ほんのりと赤紫な羊羹を口に入れると、いちごの味が広がり、でも餡子の美味しさも味わえてうれしい。
私は日本ではバレンタインの時期にしか販売していない羊羹 au ショコラも大好きなので、このいちご味の羊羹ももちろんアリ!4月上旬までの販売みたいなので、今度時間を見つけて買いに行こうっと。だって羊羹の賞味期限は長いから、これがあればいつでもどこでもいちごの気分になれるでしょ。♡
そして、そんな中私が大急ぎで取り組んでいるのはこんなもの。
Img_031713 これは5月のKeitoのワークショップの作品になる予定の編み地を製作中なところです。いちごの大きさをどうしましょ、ひとつひとつの向きをどうしましょ、メリヤス編みのままで良いの?それとも模様編みに?いちごには粒々がなくっちゃね、それをどうやって表すの?
私一人が編むのではなく、いろいろなレベルの方が楽しんで編めるためにはどんな工夫をしたら良いの?と考えながらいろいろな大きさのいちごの型紙を作り、実際に編み図用紙の上に置いて配置を決め、ヘタの向きやいちごの形を修正しました。さぁ、これからまだまだすることはたくさんだけれど、今日はPatterns の日曜日クラス。
編みぐるみたちの顔を作る日です。どんな顔ができるのかしら。楽しみ!

| | コメント (0)

かわいい1日

外へ出ると街の中に溢れる花を見て春を感じる毎日。

そんな中今日はKeitoでPatterns 6の2回目のレッスンでした。

Img_031411

今回のPatternsはバッグでも、クッションでも、ウェアでもなく編みぐるみ。
そして、同じ型紙にアレンジを加えてテディベアか猫を作る、そして編み地はフェアアイルの総編み込み、という楽しいもの。
そして2回目の今日は「顔を作る」がテーマです。
編みぐるみなので、おひとりずつ若干ゲージが違ったり、フェルティングの具合で大きさも違ってくるはず。そして、顔を作るときに何よりも大切なのはキャラクター設定。男の子なのか女の子なのか、オトナなのか子どもなのか、どんな性格なのか、などを心の中で決めてから作業を始めないと思ったような顔に出来上がりません。
Hjlz031413 頭の編み地3枚を縫い合わせ、フェルト化させて綿を詰めるとこんな感じ。お顔の色や大きさの違いに注目!これだけで楽しい気分。♡

Img_031412

でも、これからが本番。まず目の位置を決め、目を縫い付け、鼻や口を刺繍して
耳をつけると?
目がつくと不思議と猫やクマが作り手の方にそっくりになっているのが楽しくて、みんなでニコニコ。♡
Img_031414_2 鼻や口の大きさなどにも個性が表れ、まだ体がついていないのに、もうそれぞれの性格が見えてくるようでした。かわいい。♡
次回までの宿題は、体を縫い合わせ(胴体は返し口を縫わずに開けたまま)手足に8分目まで綿を詰めてくること。胴体は手足のジョイントをつけるため綿は詰めないでくださいね。♡
今日はおかげさまで楽しい1日でした、皆さまありがとうございました。
こうしてみていると編みぐるみを作りたくなるでしょう?
そんな時には私の本「棒針編みのあみぐるみ」(誠文堂新光社)をどうぞ。そして、この本のキットもKeitoで若干数在庫があります。是非是非!
5月から始める予定のPatterns 7の図案を毎日夜中まで描いているところです。
すごくかわいくなりそうな予感!少し気が早いけれど、次回も楽しみにしていらしてくださいね!

| | コメント (0)

バタバタな毎日の中で

昨日は予報通り遅い夕方から雨がポツポツ降り始め、夜には本降りに、そして今朝まで長い時間雨になりました。

Img_031111 庭の花たちは「少しの雨は嬉しいけれど、こんなに降るとびしょびしょになっちゃうのよね」という表情。
私はそんな様子を見ながら「どうして水滴って丸いのかしら?そして時間が経つと崩れちゃうの?」と思ったり。そして水滴が拡大鏡のようになるのが楽しくて、思わずじっと見入ってしまいました。Ha-, ha-!
こんなのんびりとした時間は朝の少しの間だけ。家に入って携帯やPCに届いているメールの返事をしたり、母や叔母の個人と仕事関係の連絡をしたりでいろいろ気をもむことも多く、この辺りで朝の気分はどこへやら、頭がごちゃごちゃになってしまいます。
そして、ようやっと自分の机の前へ。
Img_031112 キレイな色!昨日はKeitoでパールを編みこんだカーディガンの3回目のワークショップでした。柔らかな色が並び、こうして写真を見ているだけでも昨日の楽しかった時間を思い出します。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。今月の作品は編むのは簡単なので、きっとサクサクすぐにできることでしょう。これからのお花の季節に楽しんでくださいね。♡
そして、明日から来月のKeitoのワークショップの募集が始まります。
Img_031113 来月はこんなふうに3種類の糸を組み合わせてバッグを編みましょう。バッグの下の方はオリガミのかけらをつなげたようなかわいい糸のボンボンと細いコットンのCable8の2本どり、そして中間の無地の部分と持ち手は真ん中の細いコーンのコットンウールで、そしてフリンジは?といろいろな工夫が詰まったバッグです。
柔らかくて型崩れしがちなかぎ針のバッグもパリッとした中袋を入れることでお出かけにもピッタリなバッグに仕上がります。
さて、問題はどの色で編もうかな?というところ。見本色のサンゴのような色もは春らしくてかわいいし、ブルーグリーンもニュアンスがあって魅力的、これからの季節に欠かせない白も持ち手はネイビーだから大丈夫、クリームとグレーの組み合わせも使いやすくて優しい色。。。。今年の気分を考えて、あとはさっと直感で決めましょね!
詳細はこちらから。日曜日のクラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/04/07  水曜日のクラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/04/17
さぁ、今日は月曜日。今週も頑張るぞ!

| | コメント (0)

いちごな日

いよいよ春めいてきたのに、一日中雨だったり、風がびゅーびゅー吹いたりでなかなかのんびりとできない毎日。

Img_031021 それでも猫たちは春を感じているらしく、朝一番に窓を開けてとせがんだり、太陽の光があたってる場所に陣取ったり。猫っていいなぁ。Ha-, ha-!!
そんな中私が考えていることは、今月久しぶりに京都へ行こうと思うので、ゴハン難民にならないようにどこを予約しようかということ。でも、時すでに遅し....考えていたところはどこも満席。いつも伺う地元の方ばかりのカウンター割烹ならばと思ったけれど、そこも満席。うわぁーん、どうしましょ。
そんな有名どころではなく、飛び込みでとも考えるけれど、今の京都でのゴハンってなかなか難しいのね。とほほ。。。
そして今取り組んでいるのはこんなこと。
Img__031022 ん?いちご?
いちごのタルトやババロア、ジャムを作るわけではなく、この日はいちごをアレンジした編み地やかぎ針のモチーフを作る日。それならばいちごをしっかりイメージしなくちゃね、と朝からいちごをじっくり見たり、そして食べたり!
どこをどうしたら「いちご」のイメージをとらえられるのでしょう。その形?ヘタのはねてる感じ?それともつぶつぶ?そして色はやっぱり赤?いえいえ、黄色や青でもかわいいかも。
棒針編みの編み地はすでに頭の中にあるから、まず取りかかったのはかぎ針編みのいちご。
Img_031023
まずは1本どりで細編みの増減でチャレンジ。うーん、いいけれど、まぁね、っていう感じ。では玉編みっぽくしたらどうかしら?あら、これはかわいいかも!でも、ちょっと印象が弱い。では実の部分を2本どりにして編んでみましょ。次はヘタも2本どりに。2本どりにするのならば用意したピンクと赤の2本どりではどうかしら。
いちごっていうよりも、ちょっとラズベリーっぽい?でも、これはかわいい。これに黒いビーズをつけるか、刺繍を足すのはどうでしょう、とどんどん進み、この日は一日中いちごでした。春なのね。❤️
さぁ、このかぎ針のモチーフを何に使うかはもう少し先のお楽しみ。
次は棒針編みのいちごです。楽しい春!

| | コメント (0)

春の訪れ

昨日はKeitoでパールスリーブのカーディガンのワークショップでした。

Img_03061 Keitoへ向かう前にいろいろな材料を調達しようと蔵前辺りを歩いていたら、花の良い香りに思わず足が止まりました。
これはミツマタ。沈丁花の仲間なので良い香りなのね。うつむくように咲く様子もかわいい。
毎年この時期にこのミツマタの木を見て「今年ももう春なのね」と思うけれど、ここにこの木が植えられている理由を今年初めて気がつきました。
この木が植えられているのは和紙をつくる会社の前。ミツマタの樹皮はとても強くて良い紙の原料になるんですって。おぉ、なるほど!ステキ。
必ず3つに分かれている枝から「ミツマタ」という名前がついたり、その樹皮は私たちの生活の役に立ったり、そして香りや姿も春を感じさせるなんて、魅力がいっぱいの植物なんですね。自然の不思議を感じた朝でした。♡
そしていざKeitoへ。
Img_03062 今月の作品はほとんどメリヤス編みとガーター編みしか使わないし、カーブを作るための増減目もないし、いたってシンプル!でも、実はパールがきちんと表面に固定されるような一工夫があったり、ウェアを編んだことがない方でも必ず出来上がるパズルのような形にもアイディアが隠されている作品です。
これは午前クラスの編み地。春を感じさせる色合いが並び、皆様ニコニコ。♡
Img_03063 そして、こちらは午後のクラス。美しい色にこちらも全員ニコニコ。
極細のシルクモヘアとリネンという思いがけない組み合わせの糸が作り出す風合いに、「わぁ、ふわふわでシャキシャキ」と皆さまで新しい発見を楽しみました。
お花見の頃にピッタリなこの作品、ぜひささっと編んで楽しんでくださいね!
いつもは家にこもって仕事をしている私もこうして外へ出ると、1本の木に込められた秘密に驚いたり、様々な色の組み合わせに新い色を見つけたりと楽しいことにたくさん出会えうことができました。おかげさまでうれしい一日でした。
ワークショップにご参加くださった皆さま、Keitoのスタッフ、そしてCちゃんに感謝。
このワークショップは今度の日曜日にも開きます。日曜日にはどんな色が生まれるのでしょう。今からとっても楽しみです。♡

| | コメント (0)

雨の日

今日のブログのタイトルを何にしようかな、昨日からずっと雨だから「雨の日」にしようと思ったのに、画面に出てきたのは「編みの日」!Ha-, ha-!!

そんな楽しい一週間の始まりです。
Img_03041 先週は私にしては珍しく外出と外食の日が続いたけれど、週末は久しぶりに長年の友人姉妹とお家ゴハン。
忙しい中のお客様の時には手軽で美味しいクレープ。Londonから持って帰ってきた何十年と愛用のクレープマシンを机の上に用意して、目の前で焼きあがるクレープは楽しくていつも大好評。
「あの時って! 」っていう思い出話から「この頃ねー...」という報告や「これからどうする?」と話し合ったり、の楽しい楽しい一日でした。持つべきものは友ね、とあたたかい気持ちになった週末でした。♡
そして大急ぎのお知らせがひとつ。
03042 大好評で募集してすぐに満席になった今月のKeitoのワークショップの3/6(水)の午後のクラスに1席キャンセルが出たと連絡がありました。
私は作品をリピートすることがほとんどないので、もしも編みたいと思っていらっしゃる方があったら今回是非トライなさってみてくださいね。ウェアですけれど、増減目なしの長方形を組み合わせたような作品なので、「へぇ、こことここを合わせるとこんな形になるのね」という面白さも味わっていただけると思います。
もしも、ご参加いただける方は今日はKeitoは定休日なので、明日問い合わせてみてくださいね。
今週は晴れたかと思うと翌日はまた雨の予報。
私たちは傘を持ったり色々でバタバタしそうだけれど、草花が喜ぶ毎日になりそうですね。それもうれしいことね。

| | コメント (0)

にんまりなこと

3月になりましたね。2月は数日短いだけだし、毎年そうだから「今年は」ということではないのに、2月ってあっという間。。。。

Img_030211 そんな中、新聞でこんな記事を見つけました。「しま模様で虫よけ?」というタイトルのこの記事は、シマウマが生息地のアフリカでアブなどの虫を介した伝染病にかからないようにするためにあの縞模様になった、ということが可能性として考えられるということでした。おおっ!あの縞模様が虫の目をくらませて噛まれにくくなるんですって!面白い!!
この頃蓼科で庭でご飯を食べるときなどにはハチが寄ってこないように黒を着ないように気をつけているけれど、今度はシマウマのような模様のソックスにしたら、噛まれやすい足首とかも守れるのかしら?
それにしてもイギリスとアメリカの大学で海を挟んでこんなことを研究しているんですねー。
世界中でどんなことを研究しているのかちょっと気になってきました。♡
Img_030212_2
先日新宿で用事があったので、ずっと買ったまま放ってあったプリント用の額を買ってきました。これはLondonのマーケットで何年か前に見つけたDavid BowieとT. Rexのコンサートのポスターを小さくプリントしなおしたもの。
世界堂のスタッフの方に額の大きさなどを相談したら、同年代と思しきスタッフの方がプリントを見てクスクスっと笑っていました。きっと「あー、同じ年代〜」と思ったのでしょうね。私も思わず楽しくなってにんまりとしてしまいました。そして、家へ戻ってきて額を袋から出し、プリントをセットしてさらににんまり。やっぱり額に入れるといいもの。うん、良い感じ。♡
Img_030213 先日編んでいたKeitoの4月のWorkshop作品のバッグにつけるべく、こんなフリンジを作りました。
バッグを編んだあとの余った糸を使って鎖編みを編み、細編みを編みながら1目ごとに糸をグーンと伸ばしてかぎ針にかけたまま、くるくるよりをかければ出来上がり。
今までフリンジはできたものを買うことが多かったけれど、こんなに楽しいのならばこれからは自分で作りましょ。そんなフリンジの作り方をお伝えするのも今から楽しみです。
いえいえ、その前に来週は3月のワークショップ!パールを編みこんだふっくらした袖がかわいいカーディガンをみなさまと編みます。どんな色の作品ができるのでしょう。わぁ、今から本当に楽しみです。
明日はお雛さま。Have a lovely day〜! ♡♡♡

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »