« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

緑の季節に

今日は大型連休の初日だというのに寒い〜。ぶるぶる。。。

この頃バタバタの大忙しで、いろいろいろいろしなくちゃなことがあるのに何だか全て中途半端なままです。とほほ。。。そんな時は食べることから、というのが私のモットー(?!)。

Img_04271外へ買い物に出かけていないので冷蔵庫の中にあったオクラを茹でて、先日セカンドスパイスさんで購入したお皿に盛りました。グリーンを食べましょ、ということで庭へ飛んで行き手のひらいっぱいの木の芽を摘んできてオクラの上にどっさり。そしてドルチェヴィータのオリーブオイルとアフリカの岩塩をゴリゴリ削ってかけました。グリーンが何倍もになったからパワフルになったはず。私の生活は京都の器屋さんのセカンドスパイスと神楽坂のイタリア食材店のドルチェヴィータのおかげで成り立っていると言っても過言でないほど2軒のお店に助けられています。美味しいオリーブオイルとお塩があれば何でも美味しくなるし、良い器がプラスされれば心にたっぷりの栄養が行き渡る感じ。感謝。♡

Img_04272そして今うんうん唸りながら取り組んでいるのがこの透かし編みのショールです。クンスト編みの技法を使いながらのチェレンジなのですけれど、ある程度決まったグラム数で頭の中にあるイメージのものを作るために、編みながら編み図を書いて進めています。今はここから20段くらい編み進んでところ。編み進めていくうちに現れる模様が楽しくて、このまま家にこもってこの続きを何時間でも編んでいたいのですけれど、今日はこれからいろいろな準備をしなくちゃならないのでここまで。

どうぞみなさま、楽しいお休みをお過ごしくださいね。私もちょこっとだけお山へ行ってこようと考えています。東京がこんなに寒いのだからお山はどんなでしょう。雪??? 念のためにモコモコの温かいものを持って行こうっと。

Happy holidays everyone!!!! and be safe. ♡♡♡

| | コメント (0)

連休の前に?

あっという間に4月ももうあと1週間になり、今週末からは去年から何かと話題の10連休。しかも、その間に私たちにとって大切な元号も新しくなります。でも、何だかその貴重な 毎日もスルッと過ぎてしまいそうな予感。。。

Img_04241いつも「頭の中ではとうの昔に出来上がっているのに手が追いつかず」とか「体力が持たずに遅れている」などと言い訳ばかりだけれど、このイチゴは本当に何ヶ月も前から頭の中では出来上がっていたもの。

Img_04242Keitoの5月のワークショップのイチゴのバッグは棒針の編み込みの作品ですけれど、このイチゴは布で縫ったバッグにかぎ針編みのイチゴのモチーフを縫いつけたもの。そして上のブローチはイチゴのモチーフをどうやって作ろうかと試行錯誤していた時に編んだものをブローチとして役立てましょ、と作ったものです。ようやっと「2つのイチゴのバッグ」が出来上がりました。あとは50個近いKeitoのためのキットを作り、私のお稽古のための作り方プリントを整理して書く、などの作業だけ。作品が出来上がると、いつもやっぱりうれしくて楽しい気持ち。そして、そんな気持ちをお稽古やワークショップでも皆さまに感じていただけたらといつも思っています。♡

Img_04243この頃忙しくてちょっとバテ気味な私が「こんなもの食べたいなぁ」と思っているのは例えば「すりながし」。この本は、私の編みぐるみの本を作ってくださった誠文堂新光社の方や以前に出していただいた私の本「バリエーションズ」の写真を撮ってくださった公文美和さんが作られたもの。ポタージュ好きな私にとってクリームもバターも使わないという和食のスープは今の体調にもぴったり!そして「料理通信」にも旬の野菜を使ったレセピが満載。あぁ、見ているだけで癒されます。

今週もまだまだバタバタ、そして連休の間にも作り上げなくちゃな作品のリストがずらり。あー、頭の中ではみんなできてるのになぁ。でも、実は、その「頭の中にできている」イメージをどれだけ現実のものとして作れるか、ということが一番重要。そして、そんな時に必要なのは美味しくて体が休まり、そして元気が出る食事ですものね。まずは食材を買いに行くことからね! Ha-, ha-!

そして、昨日から始まったKeitoのPatterns7の3クラスの募集がおかげさまで満席になり(皆さま、ありがとうございます!)、急遽日曜日の午後クラスを増設することになりました。お申し込みの受付は明日4/25(木)の10時からです。詳細はこちらから。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/05/19

| | コメント (0)

うれしい春の毎日

この前の木曜日はPatterns 6の3回目、クマとねこたちの仕上げの日でした。午前クラス、午後クラス共にかわいい子たちが生まれ、皆さまニコニコ。そんな彼らの様子はInstagram(Hiroko Ibuki)をご覧くださいね!ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡

Img_04201そして無事に出来上がった子たちはこんなふうにバッグから顔を覗かせてお家に帰って行きました。

かわいい!!!きっと生まれたばかりも彼らは初めて見る世界にワクワクドキドキしていたのではないかしら、と私もニコニコと見送りました。♡

Img_04202 そして春がうれしいのはいろいろな野菜があふれること。この頃は庭の山椒の木に芽吹いた木の芽を無駄にしないように、せっせせっせと筍料理をしたり、ジェノベーゼのようにしてパスタを作ったり大忙し。そして、昨日は蕗を。先日京都でのお稽古で「野菜を蒸してからさました出汁につけて味を入れる」ということを教えていただいたので、今までは「煮ていた」ものを、「蒸してからさました出汁につけて味を入れる」にしてみました。うーん、美味しい! 少し時間はかかるけれど、ちょうど良い硬さまで蒸してから冷たい出汁につけることで柔らかくなりすぎず、色も美しく仕上がり「おぉ!」と心の中で小さく感嘆の声をあげました。♡ 

これからは一日中家で仕事をする日には、お昼に「野菜を蒸して出汁につけておく」の作業をすれば、午後の間ずっと「夜ご飯にはあれがある!」と楽しみに頑張れそう。楽しみ!Ha-, ha-!!!

Img_04203そして今日は友人に誘ってもらって若手ピアニスト、戸室 玄さんのコンサートへ行ってきました。今日はプーランク、ショパンやプロコフィエフ。ハンサムで優秀なだけではなく、気品とユーモアを兼ね備えたピアニストの演奏に心が満たされた素敵な午後でした。帰りには今月発売になるデビューCDも購入し、早速パソコンに取り込みました。これから仕事をするときにヘビーローテーションで聴くことになる予感!

春って楽しいことがたくさんね。

明日はPatterns 6の日曜日クラス。どんなクマとねこが生まれるのでしょう。そして、午後はLondonのNational Thetre Liveの「リア王」を観に行きます。Input とOutput な春の週末。♡

 

| | コメント (0)

「暑い」毎日?

昨日は少し風が強かったけれど暑いほどの気温で、今日も日差しはなかったけれどなんとなく暑くてワークショップの間クーラーをつけるほどでした。まだ4月なかばなのに「暑い」っていう表現を使うなんて、びっくり!でも、そんな気温の変化に驚いているのは私たちよりもこんな花?

Img_04171_1スノーフレークって本当にかわいい。花弁の先をよく見ると小さなグリーンのドットがあるのがチャームポイントね。そして Snowflake(ひとひらの雪)っていう名前も良いけれど、和名の「大待雪草」も素敵。♡ 英名でも和名でも「雪」っていう言葉を持つ花には「暑い」っていう言葉は似合わない。きっとこんな花たちも、この2-3日の様子にもう少しゆっくり季節が変わるといいのになぁ、と思ってるのではないかしら。

そんな中今日はKeitoで4月のワークショップの水曜日クラスでした。

Img_04173 Img_04172 

午前のクラスも午後のクラスも底から側面の立ち上がりまで編み進み、ワークショップの間にはフリンジ作りも習得!今頃きっと真ん中あたりまで編めているかも?! 今月は3種類の糸をいろいろな組み合わせで楽しむ、ということがテーマなので様々な糸の使い方が1つの作品の中にあるのを楽しんでいただければと思います。皆さま、ご参加ありがとうございました。♡

そして、昨日からKeitoの5月のワークショップ「いちごのバッグ」の募集が始まりました。日曜日の午前中クラスは本当にあっという間に満席になったようなので(ありがとうございます!)、今日スタッフと相談して急遽日曜日の午後のクラスを設けることになりました。

いちごのバッグ 5月12日(日)13時30分〜15時30分 詳細は同日の午前のクラスと同じです。募集は今週の土曜日4月20日の10時から。満席になっちゃったー!と思っていらっしゃる方がいらしたら、ぜひ土曜日にKeitoにお電話くださいませね。いちごの色はフューシャピンク、または黄色になります。

そして、明日はいよいよPatterns 6の3回目。テディベアとねこの仕上げの日です。おぉ、楽しみ!♡♡♡

 

| | コメント (0)

春のバッグのお知らせ 

きっと皆さまが楽しみに待っていてくださってる( だといいなぁ...♡)「いちごのバッグ」のワークショップのお申し込みが明日からKeitoで始まります。

Img_041555月は 8日(水)と12(日)を予定しています。

夏糸での編み込みなので糸が絡まず少し難しい?

そんなウィークポイントもこのラブリーないちごを編み込むことで克服しましょう。ころころ転がるように角度が違ういちごを編み込むためのちょっとしたポイントもお伝えして、編みものをもっと楽しく簡単に!

詳細はこちらからどうぞ。

http://www.keito-shop.com/workshop/2019/05/08

http://www.keito-shop.com/workshop/2019/05/12

| | コメント (0)

春の週末に

先週は気温がup&downして大変だったけれど、週末は暖かくなって八重桜も咲き始めました。

Img_04151真っ青な空にピンクの花がよく映えて気持ちよさそう。

そんな中週末は早朝から車をぶんぶん飛ばして久しぶりにお山へ行ってきました。Img_04152

標高1,400mあたりではまだこんなふうにつららが残っていて、久しぶりに見る光景に私もにこにこ。空気もひんやりとしていて思わず何度も深呼吸をしてしまいます。ひょんなことから友人が山荘を持つことになり、この日は友人は事務所の方と契約のことを、そして私は、築35年の山荘をこれからどうやってなるべくお金をかけずにステキに気持ち良く過ごせるようにしたら良いのか、アイデイアをどんどん考えました。外回りの大工仕事も手伝いたいけれど、壁を塗ったり壁紙を貼ったり、カーテンやクッションを縫ったりするのは任せてね。おぉ、これから楽しみ!

そして翌日は、美しい色を生み出すステキな若手の染色家 伊藤莉恵子さんの個展へ伺ってから歌舞伎座へ。

Img_04153

仁左衛門さんが「実盛を演るのはもしかしたら最後かもしれない」と仰っていらっしゃるようなので、これは見逃せないとじっくり観てきました。今月のこのポスターは友人のN氏が撮ったもの。仁左衛門さんの実盛をN氏が撮る、という組み合わせも今だけ、と思うと、もう直ぐ元号が変わるように私たちの周りでも「今」だけしかないことがたくさんあるのね、とちょっとしみじみとした気持ちになりました。

Img_04154そして家へ戻ってなんとなく庭へ出たらこんな光景が広がっていました。夜の花韮の姿も良いものね。やさしい白。忙しくいろいろな気持ちが交錯した週末だったので、小さな花の夜の姿にほっ。♡

さぁ、今週も忙しい一週間になりそうです。元気を出して頑張りましょ!

| | コメント (0)

霊鑑寺で思うこと

Img_04121

先日の京都では桜には少しは少し早かったけれど、久しぶりに「谷の御所」とも呼ばれる霊鑑寺さんへ伺って椿を見ることができたのがとても嬉しいことでした。お庭に入ってすぐのところで思わず足を止めて見入ってしまったのがこの椿。一本ずつにきちんと品種を記した札が下がっているのに、花も葉もひらひらと柔らかな感じで、少女のような姿にほうっとなって名前を記してこなかったけれどもう後の祭り。。。心の中で「霊鑑寺さんのあのやさしい椿」と名付けました。Ha-, ha-!!

Img_04123 Img_04122こんな素敵な椿もこちらならでは。こんなふうに苔の上に一輪落ちているだけで美しい。♡ 白の白さを感じます。 そして赤い花は月光椿かしら?でも、月光椿は花芯が真っ白だからこれは違う種類?さっきのピンクの椿は花びらも葉も薄くて細いけれど、この赤い椿は花びらも厚く、葉っぱも椿の葉らしく縁はギザギザで表はピカピカ。1輪の花から勢いの強さの違いを感じてドキドキ。

Img_04124そしてこれは極小輪の「ローゼフローラ」。親指の先ほどの大きさの椿の花が緑の苔を覆うように落ちている様はまるで絵本のよう。それに加えてこの素晴らしい色!山の朝露を含んだふわふわの苔の上に落ちたかわいらしいピンクの椿たちは、枝の間からこぼれた日の光を浴びながら何だかとても気持ちが良さそうでした。

Img_04125そして何よりも気になったのがこの光景。まるで速水御舟の「名樹散椿」の場面のよう。

苔の上に伸びる椿の根とその上に散る様々な椿の花。きっといろいろな時代の画家たちはこんな様子をスケッチしていたのかと思うと、その場面に立ち会ったような興奮が身を包み、すべては自然の中にあるという思いが溢れてきました。京都へ行くといろいろ美しい光景や物、考え方や言葉、お料理や食材などに出会うけれど、私にとっては色や形などを感じて切り取ることができるのが何よりもうれしいこと。日々の暮らしで鈍った感性を京都で磨く、という感じかもしれません。だから「京都通いはやめられない」のかも?!!!! 今度はいつ訪れることができるでしょうか。霊鑑寺さんの秋の特別公開の頃?その頃は苔に紅葉ね。きゃぁ!♡

 

 

| | コメント (0)

新しい毎日

楽しみにしていた桜も東京はもうソメイヨシノは葉桜になり、これからは八重の季節。私の小さな庭には20年くらい前に植えた仙台枝垂れが先週末に見頃を迎え、猫たちと一緒に簪のような愛らしい姿を朝に愛で、昼にも愛で、そして夜にも愛でました。そして今はやわらかな葉っぱと萎れ気味の花が風に揺れています。美しい日々。♡

Img_04091_1先週の日曜日はKeitoで4月のワークショップがありました。今月は3種類の糸をいろいろな組み合わせで楽しむかぎ針編みのバッグ。春休みなので小学5年生の方の参加もあり、特別和やかな雰囲気で楽しい1日でした。スタートから変わり糸との2本どりで難しかったと思うのに、大人も小学生もじっくり取り組み、2時間が経つ頃にはそこから側面の立ち上がりに入りました。レッスンの間に今回のポイントでもあるフリンジの作り方もマスターしたし、これからどんどん残り毛糸を活用なさって楽しんでくださいね。気温も上がってきたし、ぜひささっと編んでご活用ください。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

尾山台クラスもアンダリアのバッグやパーリーカーディガンを編みながら、いつものように和気あいあいと楽しいお稽古でした。Thank you.

そして先月せっせせっせと編んでいたモチーフをこんなふうにつなげ、やっと形になりました。Img_04092_1これは編み上がった編地にスティームアイロンをかけ、編み込み糸の糸始末を終え、モチーフの順番を決めて裏側からはぎ合わせているところです。裏側を見ることってなかなかないけれど、編みこんだ糸はこんなふうに平行に裏側に渡っています。こうすると糸同士が絡み合うこともないので複雑な編み込みでもすっきりと仕上がります。ついつい表側を重視しがちだけれど、それは美しい裏側があってこそのこと、リバーシブルで着られるくらいの裏側を目指して編みましょうね!♡

Img_04094 そして出来上がったのはこのバッグ。これはKeitoで5月から始まるPATTERNS 7の作品です。(前回の記事でもご紹介しましたね!)

5,6,7月でバルト3国の11種類の伝統的な模様を編みましょう。枚数も多そうだし難しそう?いえいえ、確かに編むのは22枚と多いけれど、編地自体はいつものパターンズよりも簡単なものも多く、花柄を意識して選んだパターンばかりなので、「かわいい」とにこにこ手を動かしているうちに編み上がってしまうはず。このバッグの詳細をお知らせできるのは多分今月の21日頃、そして募集は23日(火)を予定しています。どうぞお楽しみになさっていらしてくださいね!♡

街を歩いていると入学式の帰りの親子連れの方たちや定期券を買うための行列があったりと4月らしい風景に出会います。何も自分自身は新しいことがないように思えても、自分で「この4月からは....!」と何かを決めて始めるのも楽しいかも。私は何かなぁ。まずは考えるところから始めようっと!Ha-,  ha-!!!

ようやっと写真を大きくできました。ほっ。

 

| | コメント (0)

春爛漫

このごろ毎日思うのは「日本っていいなぁ」と豆助(!)のようなこと。
Img_04062 だってこんな風景が見られるのはきっと日本だけ。
これは今週のある日、中目黒駅で乗り換えをしようと降り立ったホームからの目黒川の様子。
わぁーーーーーー、キレイ!!!本当にキレイ。♡
こんな様子、世界中から見に来ちゃうわね。そして、こんなふうに桜の木が街中に植わってるのも日本だけ。
何て素敵なんでしょう。♡
でも、実はこの頃ずっとぎゅうぎゅうな毎日、忙しくて全くお花見にも行かれてない感じ。うわぁーん。


そんな時に必要なのはこんなおやつ。
Img_040612 これはいちごの中でも大好きな紅ほっぺとハーゲンダッツの今年のフレーバー、ライチ&ラズベリー。華やかな香りのライチと果物の中でも私にとってNo.1か2に大好きなラズベリーのコンビネーションは私にとって癒しファクター満載のおやつなんですけれど、Henriも興味津々な様子。ふぅむ。。。
きっとライチやラズベリーの香りというよりも、私のウキウキした様子に「何かおいしいものを食べるに違いない」と察したのではないかしら。Ha-, ha-!!! Henri,良い勘してる!

Img_04063 そして今日やっと完成したのがこのバッグ。
これはKeitoで5月から開催予定のPatterns 7の作品です。今月のお稽古でも「かわいい!」と皆にこにこだったけれど、明日のKeitoのワークショップでもご紹介する予定です。バルト3国のデザインや色を重視して考えた編地はとってもいい感じ。編むのは22枚と多いけれど、1枚ずつの編地は案外難しくないのでするすると編んでいただけると思います。
詳細はまだこれから。ご期待くださいませ。
春爛漫な毎日、美しい色、ふんわりとした空気、街ゆく人の笑顔を心の中に取り入れて、新年度が始まって忙しいけれど元気に頑張りましょ。♡

 

そして....まだ新しいココログの使い方をマスターできていなくて、写真が小さかったりしてSo sorry-!!!!
また以前のスタイルでブログが書けますように。。。とほほ。。。

| | コメント (0)

春の庭で

お花見の時期に家へ戻ったのに急ぎの仕事があって一歩も家から出られない感じ。

いつも逆数えカレンダーを作って「今日はここまで進めなくちゃね」としているのに少し遅れ気味。この頃いろいろなことをする役目が増えたのに体力と集中力が年齢相応にいなっているということが原因かも。。。

でも良いこともあるものなんです。Img_04031

先日雨がざあっと降ったあと、「お茶の時間ね」と熱いミルクティを持って庭へ出ました。空気がひんやりと気持ち良く、植物たちもシャワーを浴びたかのようで嬉しそう。そして、これは花韮。どうしてこんな写真を?それは私が思わずこの小さな花の後ろ姿に「ハッ!」としたからなのでした。いつもは正面からしか見ていなっかったから知らなかったけれど、ガクから花びらの先までずっと紫のラインが繋がっています。ということは、あのラインは裏側の方が色が強く、表は透けて見えているだけ。ふぅむ。私は自然のきっちりとした形が好きなのですけれど、この小さな雑草のような花の花びらの先の形や後ろ姿の美しさに幸せな気持ちになって見入ってしまいました。♡

Img_04032

そして山椒の木からは小さな木の芽が芽吹き始めました。白いご飯にこうしてちょこっと乗せただけで、食卓に春の香りが溢れ、もうごちそう気分です。たけのこ買いに行かなくちゃ!きっと後一週間もするとわさわさ木の芽が出てくるから、そうしたら木の芽でジェノベーゼを作ってパスタね!おぉ、楽しみ。

Img_6248そして最近美味しかったものといえばこれ。

これは先日京都へ行った時に岡崎のDupreeというお店でいただいた鹿のカツレツ。一緒に行った友人が「えーっ!フラニー連れてるのに鹿のカツレツ????」と叫んでいたけれど、それとこれは別。中はジューシィ、衣はカリッとしていて美味でございました。ハイ。

ここはとってもセンスが良くて美味しくて静かで良いお店でした。ワインリストがなく、お店の方とお話ししながらお料理ごとに選んだグラスワインを持ってきてくださるのも楽しいことでした。周りのテーブルで同じお料理を頼んでいてもワインは違うもの。多分前後のお料理とのバランスやデートなのか女子会 (?!)なのかなどシチュエーションで違うワインをセレクトされているのでしょうね。次回はどんなものがいただけるのか楽しみです。

さぁ、今日は少し仕事を休んで久しぶりにお能を観に行きます。今日は歌舞伎の「鳴神」でもおなじみの「一角仙人」。さてさて。。。♡

時間がなくてブログの使い方をまだ取得できていないのですけれど、小さな写真をクリックしていただくと少し大きな写真が出ます。よろしかったらお試しくださいね。

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »