« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

カラフルな日々

雨の日があったかと思ったら、今日はまた本日も晴天なりっていう感じ。

5月からこう暑いとせっかくの晴れた日もあまりうれしくないと思うけれど、いろいろなニュースがあるのでやっぱりカラッと晴れた青空はありがたい。

そんな中ずっと前から糸を預かっていて、迷いに迷っていた作品についに取り掛かりました。Img_05301Katiaのジャイプール。インドの古都の名前がついたこのカラフルな糸を見た途端に「この糸ワークショップで使いたい」と決めたのに、デザインがなかなか決まらず。。。くるくると変わるカラフルな色の楽しさを生かしつつ、南国のおみやげ屋さんにあるような感じにならないようにするには...と悩む毎日。あまり考えすぎなくても、この糸が持っている楽しさは伝わるはず、とかぎ針のお花のモチーフに決めました。あとはまとめ方。大きさや形が決め手です。今はつなぎ終わってスプレーのりをシュシュっと吹き付け、太陽に乾かしてもらっているところです。仕上げするのが楽しみ〜!!♡

Img_05302今、行きたいところは?と聞かれたら、迷わずに大きな声で「Morocco!」と答えたい感じ。気持ちばかりが先行して、この何ヶ月か本を読んだりしていたのですけれど、家人が「あまり『行きたい、行きたい」って言うから」とお休みを取ってくれたようなのです。Yeah!!!! この前の満月の願いが叶ったということなのかも?! そして今は、どの街へ?何日で?エアラインはどこを?ホテル?リヤド?それともテント泊?と夢が膨らむばかり。そして作品づくりやWババのことで大忙しなのに、楽しいことを考えるのは別腹、いえいえ、別に時間を作り出せるもの、と旅行社にメールをしたり電話をかけたり。そしてわかったのは、やっぱり早くて親切な対応が肝心、ということ。これは何にでも通じること。私も肝に銘じなくちゃ、と思いました。Img_05303

さぁ、5月もあと2日。砂漠の向こうで待ってるラクダたちに会いに行けるのはまだまだ先だけれど、きっと叶うはず。なんでも願い続けるのが大切ね。今願うのは、子供たちの幸せ。大人もしっかり元気出していきましょ。♡

 

| | コメント (0)

それってどうなの?な毎日

5月とは思えないような暑さの毎日が続き、みんなバテバテ。

Img_05281いつもはお行儀がよくステキなZowieもあまりの暑さにこの通り。それにしても先日のチコちゃんで「猫は猫同志では成猫になってからは『ニャァ』とは鳴かない、『ニャァ』と人間に向かって泣くのは赤ちゃん言葉のようなもの」「つまり『お腹がすいたにゃぁ』と言っている」というのを見てから、我が家の猫たちの声もそんなふうに聞こえるようになってしまいました。赤ちゃん言葉が苦手な私、うーん、このことは知らなくてよかったかも。。。

Img_05282朝から新聞を読んで思わず爆笑してしまったのがこの記事。来年の夏の東京でのオリンピック、暑さが課題なのはあまり興味のない私でも知ってるけれど、それにしても都知事が紹介しているこの「かぶる傘」。如何なんでしょ。五輪関係者用ということだけれど、これだったら日本古来の菅笠とかの方が涼しくて良さそう。プロダクトデザイナーの皆さま、どうかお知恵を!それにしても新聞ってやっぱり楽しい。インターネットのように自分から取りに行く情報ではなく、朝、「さて、今日は」と新聞を開いてこんな記事が日経に出ているのは思いがけなくて思わずにっこりしてしまいます。Ha-, ha-!!! ♡

Img_05283そしてこの頃ずっと私を悩ませているのが細いレインボウカラーのサマーヤーンの使い方。こんなふうに、と思っていた棒針編みの編地は編んでみたけれど、柔らかすぎて却下、その後も棒針で幾つか編地を編んでみたけれど、どれもピンとこなくて10cmくらい編んではすべてほどく感じ。。。では、視点を変えて、とかぎ針のモチーフを幾つか編んでみました。これは1つ編むのに時間がかかりすぎて難しすぎる、これは少し簡単すぎるかも?とどんどん色が変わる糸に目をパチクリしながら編み、ようやっと決まりました。全体の出来上がりは見えていても、その工程や材料も考えなくちゃだし、出来上がった作品が皆さまのニーズに合っていることが何よりも大切。そしてもちろん私らしいことも。この思い切りカラフルな糸の良さをフルに出しながら毎日使えるもの、持って歩きたくなるもの、としっかり頭に刻んで製作中です。もちろん、このレインボウカラーだけではなく淡いパステルなど、他にも色のチョイスがあるスペインの糸 JAIPURを使った作品はKeitoで7月に登場の予定です。どうぞお楽しみになさっていらしてくださいね。さぁ、私はもうひと頑張り!

| | コメント (0)

太陽のチカラ

今週は特にWババにエネルギーを吸い取られ、時間も細切れ、気持ちもふわふわしてる感じでした。こまった、こまった。

Img_05251私の予定表には美容院の予約が書き込まれているけれど、あのカッコ良くてお洒落なお客様ばかりなお店を想像すると今週の私はエネルギー不足な感じ。でもこの予約を逃すといつヘアカットのチャンスが訪れるかわからないのでゴソゴソと着替えて青山へ。でも、結果は行って大正解!パティオに向かって開かれた大きな窓の前でキレイに髪を整えてもらい、すっかり元気になりました。スタッフの皆さんと大きな声で笑ったり、旅行の話をしたり、個性あふれるお客様たちがニコニコしてる様子を目の当たりにして自然とパワーをチャージ出来たんですね。あぁ、よかった!山にこもりたくなってたけれど人に会うって大切なのね。♡

Img_05252そして、時間がかかっていた方眼編みの編地も無事に全て出来上がりました。これは1枚目。日本では北原白秋の詩に「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク ナニゴトノ不思議ナケレド」というのがあるけれど、この英国のマザーグースの詩は女性に向けてのlove songのようなもの。[Roses are Red, Violets are Blue, Sugar is Sweet, And so are you.]というのを、ちょっとだけアレンジして最後を[so am I.]にしてみました。少しだけ大人のウィットを効かせなくちゃね!Ha-, ha-! 

Img_05253この小さな瓶に詰まっているものは何でしょう?これはスリランカの太陽の恵み、生コショウです。

スリランカで育ったコショウの実をスリランカの塩に漬けてるんですって。しかもこれは粗挽きにしてあるので、朝は卵にパラリ、お昼は麺類にパラパラ、夜はサラダやお肉やお魚、何でもござれでパラパラパラリです。このコショウはホントにあっと言う間に簡単ゴハンを美味しくしてくれる優れもの。しかもうれしいことに自由が丘駅の脇に小さなお店ができたので、どんどん使って無くなってしまっても安心です。ふぅ。どこが作ってるの?と会社名を見たら「アパッペマヤジフ」とあります。わぁ、不思議な名前、と思ったら、何のことはない終わりから読んだら「フジヤマペッパア」。だから富士山のイラストなのね、と思わずクスッと笑ってしまいました。ユーモラスなネーミングも良い感じ。そう、どうせなら気持ちを明るく、美味しい毎日と楽しい毎日を過ごしましょ。♡

Keitoのクンスト編みのショールの日曜日の午後のワークショップをご希望の皆さま、お申込みの受付は今日、25日(土)の10時からです。是非是非。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/06/16

| | コメント (0)

お知らせ

昨日Blogを書いている時に「何か大切なお知らせがあったような」と思っていたのに大雨でドキドキして失念。。。

そして今朝起きたら一番に「あっ、あのことお知らせしなくちゃ!」と思い出しました。脳の仕組みってごいなぁ。♡Img_05221Keitoの6月のワークショップ、クンスト編みのショールの16日(日)の午後の回が増設されることになりました。ただ、糸の在庫の関係で少しだけ条件付きになってしまうようなのですけれど、今度の糸Zanteはどの色もステキなので大丈夫。今日の閉店後か明日に詳細公開、今週の土曜日25日の10時からお申し込み受付になります。

ん?この写真とクンスト編みのショール、どんな関係があるの?いえいえ、何もないのですけれど、昨日あまり雨がすごいので楽しい気持ちになるようにと昔作った編み地をInstagramに載せました。写真を撮っていると必ずやってくるHenri。猫の世界は白黒っていうけれど、この編み地はどんな風に見えるのかしら?今度教えてね。♡

 

 

| | コメント (0)

大雨の日に

今日は今年一番の大雨と何日も前から予報が出ていたからなんだか昨日の夜からドキドキ。

そんな日に限って朝から外出の用事があり、さっきフラフラになって帰ってきました。猫たちは「朝からどこへ行ってたの?」とのんびりとした顔でお出迎え。いいなぁ、猫って。

Img_05213そんな我が家の猫たちの中で一番のテレビ好きはHenri.週末の夜はこうして必ず大好きな「地球ドラマティック」を特等席で見ています。果たしてこんなに近づいて見えるのかしら。私が子供の時に言われたように「ほら、もっと離れて見なさい」って声をかけてもHenriはこの日の特集のウサギの様子に夢中で聞く耳を持たず、でした。Ha-, ha-!!

Img_05211 Img_05212先日の日曜日はPatterns7の日曜日クラスでした。

2時間の間に皆さまスイスイとバッグのサイドの部分の編み地を編み、お花の模様が出てきました。かわいい。皆さまが編まれている様子が楽しそうで、思わず私も一緒に編みたくなりました。♡ この日も色々な話題にたくさんの花が咲き、楽しい一日でした。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。これから6,7月とご一緒に編み進めるのが楽しみですね!

Img_05214そしてこの日の夜は満月。しかもKeitoで「鞍馬寺では満月祭(ウエクササイ)が行われるように、5月の満月の夜は特に大切。」「お願い事をすると叶うかも?!」と聞いていたので、家へ戻り、猫たちと月を見ながら気になっていることをお月様にお話ししました。この夜は本当に特別にピカピカのお月様で古くから特別な儀式が行われているのがわかるような素敵な夜でした。♡

そして、そんな夜からたった2日の今日は大雨!でも、きっと大事には至らないはず。だってきっと満月祭の夜に日本中の人たちが平和で穏やかな日々を願ったはずですもの。今日は私も猫たちと一緒にこれから静かな午後を過ごす予定です。というとピアノの音でも流れていそうだけれど、実は捩り鉢巻きで仕事です。さぁ、頑張りましょ!

 

| | コメント (0)

曇りな日

今週の初めに母が転倒して骨折、入院、そして来週は手術になってしまいました。こういうことって予測なく急なのね、とちょっとしょんぼり。Img_05181そんな時にはと先日はウィリアム・モリス展を見に行ったりしたけれど、今日は「やっぱりこれは外せない」とロイヤルバレエの映画を観に行ってきました。家を出たところの道端に幼い頃に好きだった小さな花が咲いていて「大丈夫、行ってらっしゃい」と声をかけてくれたようでした。こんなことがちょっとうれしい。♡この花も隣のどくだみの葉もグリーンと紫。自然界で多く見られる色の組み合わせです。心に留めておかなくちゃ。

Img_05182向かったのは日比谷のミッドタウン。夜に映画を見に来たことは何度かあったけれど、昼間ってこんな風に日比谷公園が見えるんですね。子供のころから馴染んでいるエリアなのに新しい角度で見られて新鮮でした。観に来たのは大好きなカルロス・アコスタ ヴァージョンの「ドンキホーテ」。2013年にカルロスが初演した時にLondonのコヴェントガーデンで観た忘れられない演目です。かわいくて楽しくて躍動感に溢れ、とにかく観ながらニコニコしたり笑ったりドキドキしたり!!!ロイヤルバレエの魅力たっぷりの3時間にすっかり元気になりました。この前のウィリアム・モリスにしろ、ロイヤルのバレエにしろ、ティーンエイジャーの時にしっかりと心に染み付いたものって一番の心の栄養になるのかもしれませんね。終わってから、思わずお隣に座っていらした方と「素晴らしかったですね」と言葉を交わして家へ戻りました。東京では日本橋と日比谷のTOHO cinemasで5/23までの上映です。是非是非!今回もキトリを演じた高田茜さんのカルロスが監督のリハーサルの様子はこちらから。https://www.youtube.com/watch?v=B3KacjsjI2Y

Img_05183そして7月にKeitoで予定しているジュニアクラスの作品もようやっと出来上がりました。スタッフと対象年齢や作品のレベルをいろいろ検討しながらの作品のスタートはこんな感じ。「わ」から編み始めるけれど立ち上がりなしでひたすらグルグル細編みを編み、そのあとはネット編みです。興味のあるジュニアの皆さま、今から細編みとネット編み(細編みと鎖目)を練習しておいてくださいね。だって、作品が抜群にかわいいんですもの!予習ありき、です。作品の写真はまだ公開できないんですけれど、夏の必需品が猫と犬の形で登場します。どうぞお楽しみに〜!

さぁ、明日はPatterns 7の日曜日クラスです。楽しみ! ♡

| | コメント (0)

input と output

今週は月曜日から思いがけなくバタバタな毎日になったので、「このままではいけない、美しいものをチャージしなくちゃ」と横浜へ向かいました。

Img05161これは「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」のエントランス。

私の祖母は工芸品が好きで、家の内装にもこだわった生活をしていました。その祖母から影響を受けた父、そしてその娘の私も御多分に洩れずインテリア好き。Londonに住んでいた頃の私の部屋は父におねだりをしてモリスの「イチゴ泥棒」の壁紙とカーテンにしていました。だからこの展覧会もLondonでの生活や亡き父のことを思い出しながら懐かしい気持ちいっぱいになりながら見て回りました。♡

ダーウィンの活躍で生物学が盛んになり、その影響を受けたデザインの「海藻」、私がオバァさんになったらこれを貼った部屋に住みたい、と思った明るくてかわいい「マイケルマス・デイジー」、絵として飾りたいと思った「ポピー」などうっとりする壁紙が目白押し!横浜で作られた和紙を使った革のような贅沢な壁紙も必見でした。それに100年以上前のデザインが今も制作されているということは世界で需要があるということ、おぉ、素晴らしい。私も「ジャスミン」や「ブラックソーン」を注文したくなりました。いつかそのうちね!♡ 

「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」ー美しい生活をもとめてー 2019. 6月2日(日)まで。そごう美術館 横浜そごう6階 

Img_05162そして横浜そごうの10階に山下公園のホテルニューグランドのBar シーガーディアンを発見!しかも窓から大きく広がった空と海が望めるという素敵なヴュー!いろいろあってちょっと気分が下がり気味だった私とCちゃんもMorrisとこの光景にすっかり元気になって家へ戻りました。横浜っていいな。Ha-, ha-!!

Img_05163 Img_05164

今日は楽しみにしていたPATTERNS 7の1回目のレッスンでした。今回は9枚X色違いで2枚ずつ、サイド2枚、底、ショルダーストラップと合計22枚の編み地でできたバルト3国の伝統的模様のショルダーバッグです。今日はそれぞれの模様の説明をした後に側面の花模様から編み始めることにしました。2時間の間に1つ目の花が出来上がりそうなところまで進みました。そうそう、その調子で楽しんで編んでくださいね!ご参加くださった皆さまも「枚数は多いけれど1枚ずつが小さいから頑張れそうです」とニコニコしていらっしゃいました。おかげさまで楽しい1日でした。皆さまありがとうございました。

さぁ、同じクラスが今度は日曜日にもあります。楽しみ!

そして火曜日から受付が始まったクンスト編みのショール、6月12日(水)の午後のクラスに若干名お席があります。棒針編みがお好きな方は絶対楽しいこのショール、是非どうぞ。私も糸と大きさを変えてもう1枚編もうと今から楽しみにしています。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/06/12

 

| | コメント (0)

イチゴな日

昨日は気持ちの良い緑香る日曜日でしたね。そんな中ニコニコ笑顔の皆さまがイチゴのバッグを作りにKeitoに集まってくださいました。Img_05131 Img_05132

編み進むうちにイチゴミルクのようだったり、デニム地のようだったり、かわいい組み合わせが見えてきて楽しい一日になりました。お互いが絡んでくれない夏糸の編み込みは、きつめに編むなどコツをつかむまで少し時間がかかるかもしれないけれど、出来上がりはバツグンにかわいいので頑張ってささっと編んでくださいね。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡

Img_05133そして家に戻り最近お気に入りのイチゴのリキュールのソーダ割りを飲みました。イタリア産のこのリキュールはキッチンにあるだけでテンションアップな感じだけれど、グラスの中に水玉のように浮かぶ小さなイチゴがかわいくて気持ちがゆるゆる。初夏の夕暮れにぴったりなこのリキュール、手軽に カルディで買えますよー。Ha-, ha-!!

Img_05134そして明日、5月14日(火)の10時から6月のKeitoでのワークショップの募集が始まります。今度はガラッと雰囲気が変わって思い切り乙女なクンスト編みのショールです。難しそう?いえいえ、目数リングを活用して編めば案外するする編めるのも楽しいし、「2本の棒とシンプルな糸、そして自分の手」でこんなものが作れるのね、と何百年も昔から世界中で人々が編んできた理由を実感出来る作品です。このZANTEというさらっとしたコットンにほのかにキラキラとラメを感じる糸がこのデザインにぴったりで、自分でも良いマッチングができたと思いました。棒針編みの魅力を存分に感じることのできるこのショール、ぜひ編んでみてくださいませね。♡ 詳細はこちらから。6/12(水)クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/06/12

6/16(日)クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/06/16

 

 

| | コメント (0)

カラフルな毎日

大型連休も無事に終わり、まだ新しい元号にはなれないけれど毎日はするすると進んでいます。

今週の水曜日はKeitoでイチゴのバッグのワークショップがありました。Img_05111 Img_05112ベージュベースの見本の作品は私のもの、そして茶色ベースの編地は千春ちゃんの編んだものです。そして周りのカラフルな組み合わせの編み地に注目!みなさん、イチゴの形が現れ始めていてかわいい。私も2つめを編むんだったらと考えていたネイビー、そしてイチゴといえばの白、そしてミント、パープル、ロイヤルブルーの地色やピンクや黄色のイチゴなど、楽しい色が溢れワークショップならではの笑顔にあふれた一日でした。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡

05114そして昨日は楽しみにしていたミリちゃんの刺繍の展覧会へ行ってきました。この頃自分の写真を撮ることはほとんどない上、ブログでも自分の写真はXと決めているのに、ミリちゃんの「写真撮ろう」の一言で今回は久々にアップ。ミリちゃんのルドゥーテのバラ、大勢の生徒さんの作品も素晴らしく、会場もクラシックでかわいくてミリちゃんにぴったりで嬉しいひと時でした。♡ そしてこの後大急ぎで茅場町へ。

Img_05113これは40年近く前に購入したクリムトの複製画。ウイーンの工房のものとはいえ中身はともかく注目したいのは額。八咫屋さんのものです。創業125年の銀座の老舗の額縁屋さんの八咫屋さんは今月で暖簾を下すことになり、昨日はヤタヤスタイルの額縁の展示販売の会へ伺ってきました。ヤタヤスタイルについて八咫屋さんのマダムに詳しくお話を伺えたり、ただの絵葉書1枚にもぴったりの、そしてより作品が際立つ額縁を作るということをたくさんの作品から感じることができた貴重な時間でした。この展示会は日曜日まで開かれています。是非是非。

[一点ものの額縁 ヤタヤの最後の仕事展]ー12日(日) Japan Creative Gallery(中央区日本橋)にて

さぁ、今日はお稽古、そして明日はKeitoでイチゴのバッグの日曜日クラスです。楽しみ!

| | コメント (0)

立夏の候

今はちょうど立夏の候。気温が上がり葉も茂り夏の始まりということみたい。

Img_05063長い連休も終わり元号も新しくなって、いよいよ新しい時代が動き始めるんですね。

連休の間は初めに少しお山へ行っただけで、あとはほとんど仕事ばかり。そして何日かはグングン伸びている草をどうにかしなくちゃね、と庭でせっせと働きました。そんな時に思うのは「どくだみは雑草」「花が終わった後の水仙は大事」と、どんどん抜いてポイポイゴミ袋の中に捨てられてしまう植物と、来年の花を思って大事にする植物に分かれるということ。そしてそれは私が勝手に決めているのね。毎年このことについて手を止めて考えてしまいます。うーん。。。そしてせめて庭に出てくれた食べられる植物たちを大事にしましょう、と蕗を茎と葉っぱに分けたり、だいぶ大きくなっちゃった木の芽もたくさん摘みました。

Img_05062蕗の下ごしらえをしたらやりかけの仕事に戻りましょ、とキッチンへ行ったら、床に何か見慣れないものがあってびっくり。近づいてみたら、今日は買物に行かないからと解凍中のお肉でした。キッチンのカウンターの上にあったものがどうして床の上に?そして器用にパッケージから出されて引きずられた様子。庭から優しい気持ちで戻ったのに「君たちの誰がこんなことをしたの?正直におっしゃい!」と目を吊り上げて3匹の猫たちと対面。でもこんなことをするのは聞かなくてもわかってる、何にでも興味津々、何かよくわからないけれどとりあえず手を出さずにはいられない3男のLucaです。もうっ! そして床のお掃除を終え、蕗の葉っぱを茹でて水にさらして、また机の前へ。朝から取り組んでいた方眼編みの編図に再度挑戦。マザーグースの一編を編み込もうとしているのですけれど、なかなかうまく収まらず四苦八苦。マス目を塗りつぶすように描く方眼編み、簡単なようで難しい。でも、頑張った甲斐があって無事に編図も出来上がりました。編むのが今からとっても楽しみです。♡

Img_05061そうそう、連休の間に楽しかったことといえば旧友とお互いの娘息子を連れて代官山へスパニッシュを食べに行ったこと。この夜はスペインの食に詳しい友人にメニューもワインのセレクションも全部任せて私はのんびり食べたり飲んだり。そして自分たちの何十年前の思い出話をしながら大笑いをして、その姿に子供達は呆れ顔。そんなことも楽しい一夜でした。

そして今週は古くからの友人、岡田美里ちゃんがお仲間と刺繍の展示会を開くので、彼女に久しぶりに会えるのも楽しみです。ぜひ皆さまもいらしてくださいませ。詳細はこちらから。⬇️

https://www.holkee.com/f95211a5c791e72371fc

立夏の候なんですもの、明るくさわやかに過ごしましょ。♡

 

| | コメント (0)

二足歩行の秘密

フリーランスで仕事をしているとある程度自分で時間を決めて働くことができるメリットがあるけれど、当然その反対にはデメリットもあるわけでせっかくのお休みなのにこんな光景を五感で思い出しながら私は毎日机の前。Img_05041

友人の山荘は渓谷に沿ってあるのでズンズンと庭を下った先にはこんな沢があります。いいなぁ。♡ 夏にはここでワインを冷やしてバーベキュー?と他人の家なのに勝手に想像をたくましくするのも楽しいこと。上流には温泉があるので魚はいないらしいのですけれど、東京の机の前にいてもマイナスイオンたっぷりの空気、爽やかな水の流れ、フレッシュな木々の芽吹きを思い出してリラックス。

Img_05042 猫たちはこんなふうにゆったりと連休を過ごしているのに(いえいえ、彼らは毎日こんなふう)私はこの数日溜まった仕事を進めようと家に缶詰になっていました。「お昼を過ぎたら散歩に出ましょ」と考えていても「日中は日差しが強いから夕方に」「この編地が編めたら」「この編図が出来上がったら」「あらら、夜になっちゃった」と毎日が過ぎ、ほとんど歩かないでいたら今朝は足がつって激痛で目が覚めてしまいました。とほほ。。

Img_05043頑張った甲斐があってこんなショールができました。これはKeitoの6月の作品になる予定です。棒針で編む透かし模様、クンスト編みの技法を使ったもの。1本の糸と棒2本、そして人間の手でこんなものが作れるのね、とそんなことを堪能できる作品になりました。先日ヨガの先生が「人間は二足歩行ができるようになったから、その余ったエネルギーを脳に回すことで他の哺乳類よりも脳が発達した」というお話をしてたけれど、そう考えるとこのショールも二足歩行のおかげなのね?! Ha-, ha-!!! ということは私、もっと歩かなくちゃ。二足歩行をどんどんして脳を刺激してかわいくて楽しい、そして美しい作品を作らなくちゃね。今日はお天気も良さそうだし、さぁお散歩へ。♡

| | コメント (0)

新しい時代に

今日から新しい時代になりましたね 。

そんなタイミングで友人がお山に山荘を購入したのでセットアップを手伝いに行ってきました。Img_0501

標高1,100m辺りは今まさに芽吹きの季節。上を見上げると、唐松は小さなブラシのような青々とした葉っぱを枝先をのぞかせているし、山桜は可憐な小さな花を咲かせ辺りの空気をピンクに染めています。そして、足元にはこんなスミレが「春よ!」と声をかけてくれているようでした。かわいい。♡

Img_05012人生って「その時!」っていうタイミングがあるものなのね、というのが、友人がこの山荘を購入すると決めた時に私が感じたことでした。リビングのソファに座って本を読みながら視線を上げると雪をかぶったアルプスの山々が見え、食卓のあるお部屋からは雪解け水が弾けるように勢い良く流れている滝が見えるという素晴らしいヴューに恵まれたこの山荘。「僕がこの山荘のオーナーになるの?」と目を丸くして迷っている友人に「こんなところは他にない。ぐずぐずしていたら運が逃げちゃう!」と励まして、「よしっ!」となったのですから、素敵で楽しい山荘生活を始めるお手伝いをしなくちゃね、とエプロン持参で行ってきたというわけでした。Img_05013お山はまだまだ寒いので一日中こんなふうに暖炉を燃やし続け、私たちはせっせとお掃除をしたりいらない家具や装飾品を整理し、照明器具を取り替えました。壁紙を貼ったり、ペンキを塗ったりというところまでは手が回らなかったけれど、そんなことをゆっくり考えるのもこれからの友人に楽しみになるはず。とりあえずこざっぱり。よかった。

Img_05014そして私はいつものように朝からせっせと手を動かしていたのですけれど、ハタッ!と途中で間違えていること気づき、この後半分くらいまでほどくことになってしまいました。とほほ。。。

さぁ、今度は東京の家の中や庭を整理しなくちゃね。でも、仕事も山積みです。。。新しい時代になったのですもの、張り切って頑張りましょ!♡

私たちの新しい時代、新しい毎日が実りの多い穏やかな毎日になりますように。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »