« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

猫と暮らす

世間ではよく「犬の人」と「猫の人」という分け方をしますけれど、それならば私は「猫の人」。

Img_06291

動物はみんな好きだけれど、私が一緒に暮らしたことがあるのは猫とハリネズミ。小学生の時に「ヒロ、お土産」と父がポケットからポイ!と取り出した子猫が私の初めての猫。高度成長期の猛烈サラリーマンだった父はとても忙しかったはずなのに、さすが父親、私が一番喜ぶプレゼントを心得ていたようです。♡ その日から猫と暮らさなかった日はないと言っていいほど、何代もの猫たちと暮らしてきました。けれど、今のように3匹!というのは初めて。そして、それぞれ成長し、今は揃うとこんな感じ。

 

Img_06292結構なヴォリューム感です。毎日一緒に暮らしていてもそう思うのですから、初めてこの感じを見る方はみなさん「おおっ!」なります。Ha-, ha-!! 一番チビ助のLuca(奥のグレーの猫)が来た時にはそれぞれの大きさに極小、中、大くらいの違いがあったけれど、いつの間にか6歳、5歳、4歳になり、今はほとんど同じ大きさになりました。でも、骨の太さや骨格が一番大きいのはZowie, 筋肉隆々なのはHenri, そしてちょっと育っちゃった感じが憎めないLucaという感じ。朝起きたらまず彼らの世話をしてから私の朝ごはんの準備をするというのは毎日のことですけれど、猫たちのフードや砂のストック、健康状態、ブラッシングを始め、長毛種3匹なので家のお掃除もそれなりに大変だし、それぞれが私と1対1の時間を持ちたがるので、彼らにストレスをためないようにするためにその時間を確保することも大切。

Img_06293こうして私が編みあがったばかりの作品の写真を撮ろうとすると、すかさず上に誰かが乗ってくるのもいつものこと。Wババや仕事や色々でくるくると目が回るような毎日に、こんなふうに思わず苦笑いをしてしまったり、猫たちの失敗を目撃して笑いを抑えるのに苦労したり、彼らの寝顔にゆるゆるしたり、私の毎日をカラフルに楽しく彩ってくれるのは彼らです。でも、彼らが私よりも早く寿命を全うしてお星様になっちゃうのもたぶん決まっていること。だからこそというわけではないけれど、彼らと一緒の毎日が愛おしく、いつまでも続くようにと願うのです。同じ気持ちを今、同じ時代を生きている人々みんなに思えるようにと気がつかせてくれるのも彼ら。

梅雨らしくジメジメむしむしですけれど、小さなことがうれしく大切な毎日になりますように。♡

| | コメント (0)

半分

今日は6月26日。ということはもう直ぐ2019年も半分が過ぎたということなのね。あっという間。

Img_06261 と言いつつ、いつも通りに生活して、きっと12月には「わぁ、もう2019年が終わっちゃう!」なんて今年も思うのでしょう。Ha-, ha-! いろいろなことを受け止めながら暮らすにはエネルギーチャージが必要で、昨日はこんなものを見つけて喜んでいました。これは「海ぶどう」。時々外でゴハンの時に食べることはあるけれど、昨日は箱一杯の海ぶどうを持って帰り、キレイなガラスの器に盛ってニコニコ食べたのに、写真を撮るのを忘れていた模様。。。プチプチなんだけれど爽やかで美味しゅうございました。まだまだ今晩の分もあるから楽しみ。今日はオリーブオイルと美味しいお塩をかけて食べてみようかな。♡

Img_06262これは今月のKeitoのワークショップの作品のクンスト編みのショール。上の白いのが課題作品でコットンの糸で編んだもの。そして下のは以前にKeitoで購入して家で温めていた(極太のウールの糸を同じ編み図で編んだもの。夏ものには繊細な雰囲気が漂い、冬ものはチャンキーなかわいさがいっぱいの作品になりました。次は極細シルクモヘアで?それともカシミアかベビーアルパカで編みましょうか。このショール、編み始めると止められない楽しさがあります。ぜひ皆さまもいろいろな糸で編んでみてくださいね。♡

Img_06263全体の写真を真上から撮ろうと机の上に作品をセットし、私は椅子に乗って「いざ!」という時にZowie登場。猫たちって不思議。編んでる時はそれほど興味がないのに、出来上がると必ずチェックしに登場するんですもの。この後Henriも加わって大きな猫2匹で作品を検分していました。いいんだけれど.....お願い、爪を引っ掛けないでね。

進行中だったラトビア模様のベストも編み上がりました。次もバルト3国にインスピレーション得た花模様を今度はモヘアと引き揃えにして少し大きな模様にして編み込む予定です。さぁ、頭が働いている朝のうちに編図を描きましょ。でもね、今日は早起きして庭の草取りをしたから早めにエネルギー切れになりそう。あ、そんな時の「海ぶどう」が今日はあるのでした。Yeah!!!

 

| | コメント (0)

梅雨時は。。。

日本では四季の移り変わりを感じながら暮らす生活。それに、この梅雨がなかったら、私たちは夏に大いに困ってしまうわけだから、このジメジメな毎日も楽しく過ごしましょ。

Img_06231先日家の近くのハーブのお店でフレッシュなカモミールを見つけたので、早速帰ってからカモミールティにして楽しみました。カモミールの花って可憐でかわいいだけでなく本当に良い香り。クチナシのような蠱惑的な甘さではなく、野原で遊ぶ少女のような感じ。そしてティカップから立ち上る柔らかな甘みに気持ちもゆったり。いつもはカモミールティとしてドライになってブレンドされたものしか手に入らないけれど、このフレッシュなカモミールは梅雨時の小さなプレゼントのようでした。♡

Img_06232そして同じ時に手に入れたフレッシュなディルでソースを作ったニョッキの上にサーモンをディルと一緒にムニエルにしたものを乗せた一皿。このグリーンの器は昨年京都のセカンドスパイスで見つけた新人作家の方のもの。そしてよく冷やしたリースリングも一緒にね。あぁ、美味しかったー!昨日は雨空の様子を見ながら庭の手入れをしてクタクタだったので、簡単だけどフレッシュハーブを使ったこんなゴハンがピッタリでした。そしてもちろん朝のうちに冷やしておいたサラダも忘れずに。どんなステキなレストランへ行くよりもその日の体に合った食材と好きな器と良い香り。これに勝るものなし、と実感した一日でした。♡

Img_06233今年の夏のアクセサリーも完成し、Henriもどれどれ?と見に来てくれました。Henriは私が仕事をしている時も(今も!)仕事机の前の毛糸が入っている大きな箱の上で私を見守るように寝ています。きっとHenriも私のそばにいたいと思ってくれているのでしょうかれど、ふと目を上げると静かにHenriがいることを確認できるのも幸せな一瞬です。梅雨のジメジメな毎日の中にもうれしいことや楽しいことがあることを感じた良い週末でした。感謝。

そうそう、7月のKeitoのワークショップのお席はまだ空いていますよー。いつもはすぐに満席になる日曜日(14日)も水曜日(17日)もまだ大丈夫、23日のジュニアクラスもキャンセル待ちでお申し込みいただけます。夏はきっと皆さまいろいろ忙しいのね、と思いながら、あのくす玉バッグの糸による色の違いを皆さまで楽しみたいなぁと思っています。詳細はこちらから。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/14 http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/17 http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/23 

さぁ、明日から新しい1週間。頑張りましょ。♡

| | コメント (0)

ビュービューとゆるゆる

先日友人と会った時に予定を管理するのはどちらが良いかという話になりました。「スマートフォンで管理する」はパソコンやスタッフと共有できる、「手帳に書き込む」は書くことで自分で覚えこむ、といつものように意見が分かれました。どちらが今の私たちにはいいのかしら?

そうなんです。今年ももうすでに半分が終わろうとしてることにびっくり!これがビュービュー。

Img06203jpgこれはCちゃんが制作中の来月のKeitoの作品のモチーフ。Lovely! まるでバラの花束みたいね。私の編んだのは鮮やかなレインボーカラーだけれど、この色合いは浴衣にも似合いそうなしっとりとした優しい雰囲気です。あの糸は全部で5色、ということはまだまだ違う雰囲気のものがワークショップの日には見られるということ。わぁ、楽しみ! 

Img_06202そして今日からこのボトルキーパーの大人のお申し込みが始まりました。ジュニアクラスのワークショップなのでジュニアの皆さま優先での受付だったのですけれど、今日から年齢制限なしになります。Yeah! 上のくす玉のワークショップは7/14(日)と7/17(水)、そしてこの子たちは7/23(火)の予定です。是非是非!

Img_06201これは月曜日の満月を眺めているところ。この雰囲気、2匹というよりもふたり、っていう感じね。でもBoysなんですけれど...。Ha-, ha-!!  陽が暮れて空に登り始めた頃の月は本当に大きくて、その迫力にびっくりして眺めていたけれど、夜が更けてからは部屋を暗くして夜空にピカピカ光るお月さまにしんみりと話しかけていました。今抱えている色々なことをどうしたらいいの?とお空にいる父や姉に話しかけたり、ただただ月の美しさにうっとりしたり。。。♡ ゆるゆる。。。

さぁ、今週ももう少し。週末は庭のことをしようと思っているけれど、お天気はどうかしら。今日も猫たちと夜空を眺めましょ。

 

 

| | コメント (0)

梅雨の合間に

昨日は真っ青な青空! 暑い1日だったけれど梅雨の合間の晴れ間はちょっとうれしい気持ち。

Img_06171 Img_06172そんな中Keitoでクンスト編みのショールの日曜日クラスのワークショップを開きました。外はカンカン照りだったけれど、私たちはこんな涼やかな模様のショールを涼しげな顔でささっと編み進めました。なんだか難しそうな模様なのに「涼しそうな顔で、って本当?」ハイ、ホントです。70段も編まないうちに1目から36目まで増える模様に最初は「???」となるけれど、コツを掴んでしまえばもう大丈夫。2時間もしないうちにこんなに編み進んだんですもの、きっと今頃は更に進んでいるはず。出来上がりが楽しみね!暑い中ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡

Img_06173 Img_06174Henriも気になるこの花のくす玉のようなバッグは来月のKeitoのワークショップの作品です。レインボウカラーが気に入って「これで夏の作品を作りましょ」と決めたけれど、どうやったらこのクルクル変わる色のかわいさを表現できるのか結構迷ってしまいました。でも、ほらこの通り!まるで何色もの違う色で編んだかのようなカラフルな花のモチーフができました。中心につけたスパングルも夏らしくて良い感じ。ワークショップではこの元気なレインボウカラーの他にも、夏らしい海を思わせるようなブルーや紫陽花のようなパステルカラーなど全部で5色の糸を揃えてお待ちしていますね。お申し込みの受付が明日から。是非是非!

http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/14

http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/17

さぁ、今日は月曜日。今週はちょっと色々なことがありそう。頑張りましょ。

 

 

| | コメント (0)

Singing in the rain!

昨日の夜あたりから雨が降り始め、今日は本当によく降り続けました。しかも結構ざぁざぁと。

Img_06151でも梅雨の間は紫陽花が生き生きとうれしそうで、それだけでスキップしたくなる気持ち。そして葉陰にはきっとカタツムリがいるはず。子供の頃の雨の日には必ずと言っていいほど学校からの帰りが遅くなりました。なぜって紫陽花の大きな葉っぱを一枚一枚めくりながらカタツムリを探しながらだったんですもの。見つけたら手のひらに乗せてしばらく楽しみ、家の近くの紫陽花にそっと戻してあげました。「またね」と小さく手を振りながら。♡

Img_06152そんな楽しい思い出いっぱいの紫陽花をモチーフにアクセサリーを作ったことがありました。パリで買ってきたセトモノの花の中心にシードビーズをつけ、ガラスの葉っぱやキレイな色のリボンと組み合わせたのはブレスレット。そして共の指輪も忘れずに。今の時期だけの楽しみです。でもね、混んでる電車で出かける時は割れてしまいそうだし、ワインを飲む夜は汚してしまいそうで、実は家の中でしまってある箱の蓋をそっとを開けて楽しんでいます。Ha-, ha-!

Img_06153そして先日は秋の作品のために厚手のフェルトを見に行ってきました。フェルト売り場って案外楽しい。棚を端から端までよく探すと、アイロン接着だったり、しっかり厚手だったり、イタリアンだったりマーブルだったりと色々あって創作意欲がムクムク。そして私は子供の頃から親しんでいるいわゆる『カットフェルト」も好き。使う前にもみ洗いをしてあげると、あっという間に良い雰囲気になるところに「こんなに身近な素材なのに侮れないなぁ」と感心してしまいます。なんでも使い手次第なのね、とドキッとするのもそんな瞬間です。もう直ぐ暑い夏がやってくるけれど、今年の秋冬のデザインも頭の中に続々と浮かんでいます。あぁ、早く作りたい。

いえいえ、その前にまずは今年の夏のものから。明日(日曜日)の夜、Keitoの閉店後に7月のワークショップの詳細が公開になります。来月はカラフルな小さなくす玉のようなバッグの予定です。どうぞお楽しみに!ワクワク!!

| | コメント (0)

梅雨の合間に

今日はKeitoでクンスト編みのショールのワークショップでした。スタートする時の作り目はたったの8目なのに、最終段では300目以上になる今日の編み図に最初は「うーーーーん???」という表情だった皆さまも30分もしたらスイスイ! その読解力はさすがです。Img_06121 1本の糸で編み目を増やしたり減らしたりすることだけで、こんなに複雑な模様ができることを体験していただきたいと思って考えた作品だったけれど、皆さまコツを掴むとぐんぐんスピードが上がって2時間後にはこんなに編めていました。素晴らしい!

Img_06112そして色によって異なる雰囲気が見え始め、そんなこともワークショップならではの楽しみです。今回のワークショップの作品はコットン80%の夏糸で編んだけれど、私は同じ編み図を使ってラベンダー色の極太の冬糸を使って編んでいます。同じ編み図でも選ぶ糸によってこんなに雰囲気が変わるの?とそんな面白さもお伝えしたくてなのですけれど、この頃ジワジワと「カシミアで編むのもいいなぁ」と考え始めていて、3枚目も編みたいなぁ、時間あるかしら、とワクワク!編物って本当に楽しい。♡ 

今日のワークショップにご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡

Img_06113そしてZowieに「君たちはジュニアの皆さまに編み物の楽しさを伝える大きな役割があるんだからしっかり頑張るんだよ」と言われ、ちょっと緊張気味なボトルホルダーのイヌとネコの2匹。7月の夏休みの間に開かれるこのワークショップで手芸に興味があるジュイアたちに大勢会えるとうれしいな。もしも周りにそんなジュニアがいらしたらお声がけしてみてくださいね。大人は子供たちを楽しい世界へ誘う役目を持っているんですもの、このワークショップへも是非!

この糸、コキュップスセミは他にもミントグリーン、オレンジ、ユニコーンのようなファンタジックな色、ネイビー、ベージュ、蛍光グリーンなどなど楽しい色が勢ぞろいです。どの色にしようか迷っちゃう。カラフルなワークショップになりそうです。

いよいよ明日からまずはジュニアの皆さまの受付が始まり、来週20日にまだお席があるようでしたら「心が子供な大人の皆さま」の募集も始まります。いろいろな色の猫や犬ができたら楽しいだろうと想像しながら、今からニコニコしています。そんなワークショップの詳細はこちらから。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07

| | コメント (0)

ジュニアクラスのお知らせ!

もう何年もKeitoのスタッフと「子ども向けのクラスをやりたいね!」と話していた企画が今年の夏に実現できることになりました。

Img_06101それがこの子たち!

これはネコとイヌのボトルホルダーです。かわいい! ♡ この子たちを作るワークショップを7月23日(火)にKeitoで開きます。その詳細が6月12日(水)に公開になり、募集は翌日の13日(木)スタートです。今回13日からお申し込みができるのは高校3年生までのジュニアのみなさんと同伴の大人。ジュニアのみのお申し込み、または1名のジュニアに1名の大人まで、ということになります。ジュニア数名に一人の大人も大丈夫です。ジュニアの下の年齢制限はなく、かぎ針で鎖編み、細編みができること、という条件のみ!今は上手にできなくても、まだワークショップは一ヶ月以上先ですもの、お家で練習して是非参加してくださいね。

そして、明後日12日(水)の午前中のクンスト編みのショールのクラスにまだ1席だけ空きがあります。私は今、極太の冬糸で同じ編図を使ってショールを編んでいます。そんなバリエーションもご紹介する予定です。こちらも是非。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/06/12

| | コメント (0)

雨の日に

梅雨入りした東京は今日も予報通りに3時すぎ頃から雨が降り始めました。

Img_06091どうして3時過ぎって明確に覚えているかというと、今日はKeitoでPatterns7の2回目のレッスンで、ちょうど午後のクラスが終わる少し前から雨が降り始めたからなのでした。今日のレッスンでは主に皆さまの進み具合や困ってることがないかを確認するといった感じでした。私もこの一ヶ月いろいろ作っていたけれど、皆さま順調に編み進められていて、「あぁ、レッスンの間は離れてるけれど、みんな一緒に手を動かしていたのね」と何だか嬉しい気持ちになりました。

それなのに!うっかり編地の集合写真を撮るのを忘れてしまいました。こんなことではチコちゃんに叱られてしまいそうです。うわぁーん。

Img_06092 昨日は上野の東京都美術館に楽しみにしていたクリムト展を見に行ってきました。ン十年前に編んだクリムトの絵からデザインした作品を着ていくのはちょっと勇気がいるけれど、これならばね、とこんなネックレスとブレスレットをして出かけました。これ、いつどこで買ったんだっけ?とAdeleの顔のモチーフを裏返したら、作ったアーティストのサインと1989と裏書きがしてあって、「そうそう、これは1989年にニューヨークのメトロポリタンミュージアムのショップで買ったんだわー」と遠い記憶が蘇ってきました。Ha-, ha-!!! 展覧会はとっても混んでいたけれど見応えもあり、こうして行き先に合わせてお洒落をするのも楽しいことでした。♡

Img_06093今日はKeitoで2クラスのレッスンが終わった後そのまま材料を買いに行ったので、帰りは結構ふらふら。。。こんな時は簡単だけれど美味しいものを食べたいとChiantiで習ったレシピを引っ張りだしてパセリたっぷりのボンゴレを作りました。アサリの砂だしをするのと同時に大きなボールにたっぷりの氷水を用意してちぎったレタスを浸しました。そしてシャルドネをのんびりと一杯。以前はサラダを作るのは最後だったけれど、去年料理雑誌でプロのサラダの準備の方法を読んでから、お夕飯のサラダの準備を朝や昼間にするようになりました。氷水で冷やしながら十分に水分を吸わせ、しっかりと水切りをして何時間か冷蔵庫で冷やしたサラダはシンプルなのにいつまでもパリッとしていて「本当にプロの方法ってすごい」と食べるたびに感じます。そして極めつけはイタリアのGentileのオーガニックパスタ。あぁ、今日も美味しかった。ごちそうさまでした。♡

こうして「今日も良い一日でした」と思えるのも皆さまのおかげと感謝。ありがとうございます。そして今日Patternsをお風邪などでお休みだった方々、どうぞお大事になさってくださいね。

明日は月曜日。梅雨寒のひんやりとした日になりそうです。気温は不安定だけれど、しっかり頑張りましょ。♡

| | コメント (0)

早く起きた朝には

今週は手芸メーカー各社の展示会が目白押し。いつもは欠席しがちな私も今回はちょこっと出かけてきました。

Img_06063まず向かったのはDMCさん。DMCといえば刺繍のイメージが強いけれど、実はさまざまな編みもの用の糸もたくさん扱っていて、その中でも「うーん、この色は!」と目も心も♡♡♡になったのがこのWOOL AND THE GANGの看板商品とも言えるCRAZY SEXY WOOL。私の場合は編む、というよりもラグラグの材料として使ってみたい。そしてDMCさんのパンチニードルにも興味津々!今年の秋は私の作品にパンチニードルが登場すること間違いなしな感じです。早く作りたいなー!!!

Img_06062今、コツコツと作っているのはこれ。かぎ針の小さなボール。13個つなげたらブレスレットに丁度いい長さになったけれど、いえいえまだまだ、この4倍くらいの長さになる予定です。時々作りたくなるかぎ針編みのボールのネックレスだけれど、やっぱり一番大事なのは色あわせ。今回は12色。日本の夏は暑くてアクセサリーをつけるのを躊躇しちゃうけれど、このコットンのネックレスならば大丈夫。さぁ、今日もコツコツね。

Img_06061昨日は一日外へ出ていたので夜から机に向かったけれど、仕事に集中できそうもなかったので「今日はヤメ」と早々にベッドに潜り込み江國香織の新刊を読み始めました。1時間くらい読んでパタンと閉じて寝たけれど、途中で起きてまた30分読み、というのを2回繰り返した時点で、時計はまだ5時少し前だったけれど起きることにしました。そして本を持って階段を降り、パンを網で焼き、薄めのコーヒーを入れてまた本を開きました。江國香織の本は頭の中に8mm映画が回っているかのようにヴィジュアルが浮かびながら読むという感じ。今の所は少女たちのロードムービーのようなお話だけれど、これからどんなふうに展開するのでしょう。面白い本て続きが読みたくて仕方ないけれど、そんなにぐんぐん読んじゃったらすぐに終わっちゃう。本の残りの厚さから「あぁ、もうすぐ終わりなのね」と思いながら読むのも本ならではの楽しさです。

さぁ、今日は暑くなりそうです。睡眠不足だけれど好きな本でエネルギーチャージをして頑張りましょ。

| | コメント (0)

6月になりました

先月は初夏を飛び越えてしまったような暑さだったけれど、今日はちょっとしっとり。ほっ。

Img_06031猫たちは何やら窓の外に夢中。私が覗いてみても別段変わったことはないように思うけれど、きっと猫たちの興味をそそることが起きているのでしょうね。鳥たちが盛んに飛び回っていたり、小さな虫の声がしたり、季節の変わり目を人間よりも大きく捉えているのかもしれません。こんな時は猫たちの感性を持ちたい。♡

Img_06032夜になってもそれは続いていて。。。芙蓉の花もすっかり開いて「見て!見て!」とアピールをしているのに、猫たちは外の様子に釘付け。私もカーテンを上げて並んで覗いてみるけれど、特に様子は変わらず。ジーーージーーーーと虫が鳴いていたり空気が湿気を帯びていたけれど、きっと猫たちは空気の中に混じった色々な気配を感じ取っているのかもしれません。

そして今年はこんなケーキで誕生日を祝いました。大好きなAu Bon Vieux Tempsのガトーヴァンテアン。Img_06033お店のマークの洋ナシの形のダックワースの生地に大粒のラムレーズン、アーモンド、クルミがほろ苦いカラメルクリームに包まれて挟まれています。表面にもたっぷりのナッツ!カリッ、さっくり、ねっとりが混在した美味しさです。うーん!!! フランスってステキ。♡ フランスの古典的なお菓子なのに21世紀というネーミングなのは何故かしら。なかなか行かないけれど、家から歩いて5分のところにこんな美味しいお菓子やデリのお店があるなんてHow lucky is that! 

週末は疲れが出たのか急激に体調がダウンしちゃったけれど、昨日は一日ゆっくりしたからもう大丈夫。さぁ、モロッコ旅行も決まったし、高校生の時に一生懸命勉強していたフランス語をン10年ぶりに復習してみようかな。6月ですもの、フレッシュな気持ちでスタートしましょ。♡

 

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »