« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

危ない場所

7月はバタバタと忙しく、1週間に一度のヨガクラスにも満足に通えていませんでした。そこで月末に2コマ続けて受講し体もスッキリ。寄り道しないで帰ろうと思っていたけれど、自由が丘には私にとって危ない場所があるのです。

それは創業70年の古書店 西村文生堂。美術や文芸に関する和書と洋書を扱い、バラ売りでは買えないような復刻本も数多く、私にとっては宝の山。そして先日も素通りしては帰れず、こんな本を手に家へ戻りました。

Img_07311この日に買ったのは「ほとけさま」白洲正子、日本の名随筆54「菓」塩月弥栄子編、「芸術新潮」2001年12月号の3冊。いずれもこの蒸し蒸しした暑さを吹き飛ばすような歯に衣着せぬ文章が並び面白い。白洲正子の本からは美しいとは何かを、名随筆集からは丁寧な暮らしとユーモアを、そしてこの芸術新潮からはアーティストたちと食についてを学びましょ。

Img_07312家へ戻りアイスティを作ってソファに座って手にしたのは芸術新潮。巻頭特集にはダ・ヴィンチの「最後の晩餐」から、ちびくろさんぼのホットケーキまで、絵に描かれた様々な食べものが並んでいます。そして、その次のページに現れたのがこれ。カタブツで名高い森鴎外の好物がこの大きなお饅頭を使った一品だというのです。しかもこれは故人の葬儀に参列すると配られる、いわゆる葬式饅頭。しかもそれをそのまま食べるのではなかったようなんです。

Img_07313はい、これは「饅頭茶漬」。森鴎外の愛娘 森茉莉が饅頭茶漬について書いた部分を「鴎外の味覚」よりどうぞ。「その饅頭を父は象牙色で爪の白い、綺麗な掌で二つに割り、それをまた四つ位に割ってご飯の上に乗せ、煎茶をかけて美味しそうにたべた。饅頭の茶漬の時は煎茶を母に注文した。子供たちは争って父にならって、同じようにたべた。薄紫色の品のいい甘みの餡と、匂いのいい青い茶<父親は煎茶を青い分の茶と言っていて、母親も私たちもそう言うようになっている>とが溶け合う途中の、一等米の白い飯はさらさらとして、美味しかった。」うーん、思わず「ごっくん」となる文章と森家の様子が伝わる雰囲気が楽しい。そして、もちろんキャプション通り「好きなんだから、いいじゃない」という感じに思わずクスリ、としてしまいます。♡

暑いんですもの、テレビやスマートフォンのように電気を使うものから離れて、ユーモラスな本を片手に一人芝居のようにクスクスしたり、驚いて目を見開いたり、お腹を抱えて笑う、そんな夏の午後もよいものです。あぁ、楽しかった!

 

| | コメント (0)

いよいよ

今年はどこも長梅雨で1週間の天気予報を見てもずっと雨マークが並んでいましたね。

でも、そんなことはヒュッと過ぎ去って、今はとにかく暑いよぉ〜っていう感じ。Img_07301 いよいよ夏が来て嬉しいはずなのに、私たちって贅沢なもので晴れれば晴れたで「こんなに晴れなくても」と思ったりします。とほほ。

でも、お散歩途中に見つけたこのバナナの木と青空はいい感じ。The 夏!ですよね。しかもこのバナナの木、いくつもの花の後にしっかりミニバナナがなっていました。もう少し大きくなって熟したら食べられるのかな。お庭のバナナ?おおっ、南国みたいで楽しそう。Ha-, ha-!

Img_07302編物の仕事をしていると夏はシーズンオフ?いえいえ、実は秋に向かって一番忙しい時なんです。だから夏は毎年クーラーを効かせた部屋の中でひたすら編む毎日。そうそう、去年の今頃は締め切りを控え朝から晩まで編みぐるみたちを作っていました。♡ そして今年もバタバタと忙しく既にヘトヘト気味、そんな中夏バテをしないようにと鴨南蛮を作りました。しかもサマートリュフのせです!冷やしたロゼワインをお供に大満足。カモナンをお家で作ることはあまりないけれど、簡単で美味しくてサマートリュフともバッチリでした。♡

Img_07303そしてさっき出来上がったばかりの作品がこれ。うーん、まだ詳細はお知らせできないのですけれど、9月のKeitoのワークショップの作品になる予定です。いろいろと試行錯誤しながらの制作だったけれど、とてもうまく仕上がりました。あまり編んだことがないスモッキング編みにもう一手間加えてさらにかわいく。そして実はこれはとっても便利なもの。手芸好きな方ならば、お手元に是非とオススメしたい作品です。多分来週には詳細をお伝えできると思うので、Keitoのホームページをチェックなさってくださいね。♡

さぁ、今日は月曜日。今週も忙しいけれど、週末にはバレエとお能を観に行く予定もあり楽しみー!頑張りましょ。

| | コメント (0)

いぬとねこ

梅雨も明け太陽が輝く夏になったのはうれしいけれど、子供の時のように「それっ!」と海に飛び込む日々があるわけでもなし。。。

いえいえ、夏休みなったからこその楽しいこともあります。先日はそんな1日をKeitoで過ごすことができました。 ♡Wysk07262 Mcdp07261これは韓国の糸、コキュップスセミで編むいぬとねこのボトルホルダーのワークショップでの様子。イタリアの国旗のような3匹の子達のまわりにあるコロコロした球体は耳と目鼻をつければ顔になる頭の部分です。でも、この球体だけでもかわいくて、みんなで「アフロ犬」「ミカン星人」「まるでマリモ」「こっちはウニ?美味しそう」とくすくすにこにこしていました。そして、この日はジュニアデイだったので小学生から高校生までのガールスの参加もあり、私にとっても、すごくうれしいワークショップでした。皆さまありがとうございました。♡

Img_07263こんなふうに「後ろ姿もかわいかったです」と私も力を入れて作った後ろ姿に注目して写真を送ってくださったり、中学生のガールスのおひとりから「今、頑張って編んでまーす」とメールが届いたりとワークショップが終わった後もワイワイわくわく。♡

07264「出来上がりました!」と高校生の方からこんなかわいい写真も届きました。うれしいな。

ワークショップにお母様と参加するのは初めてと仰ってた高校生の方も、ホントにママと仲良しでかわいくて「母娘っていいなぁ」と私はひそかにうっとりしていました。そして、Keitoのスタッフと「ジュニアだとどのくらいの難易度がいいのかしら」「夏休みも忙しいから参加してくださるジュニアの方々がどのくらいいいるかしら」と色々心配していたけれど、おかげさまで楽しい1日になりました。♡

そして、今週からは秋から来年へ向かっていろいろ考えているところです。おかげさまで昨日から募集が始まった方眼編みの猫のバッグも3クラスとも満席になりました。今はキャンセル待ちを受付中です。皆さまが秋の作品を楽しみにしてくださってることが伝わり、一層張り切って今日も棒針を持って編んでいます。手芸ってかわいくて楽しい。幸せな毎日に感謝。♡

 

| | コメント (0)

まずはこちらから!

今日はKeitoで楽しみにしていたジュニアクラスだったのですけれど、その前に日曜日のパターンズクラスのことから。

Img_07231 Img_07232どうです?この編地の量?一人21枚で1クラス12人なんですもの、ざっと見積もって1クラス 250枚の編地です。まだ途中の方やお休みの方もいらしたけれど、これだけの編地が集まると私たちはとにかくもうHappy! ♡ 日曜日もむしむしベタベタ暑かったけれど、みんなウールの編地を手に思わずにこにこ。もうあと少しで出来上がりという方も多かったから、きっと今頃はマグホックもついてリボンも縫い付けられ、持ち手の編地もおさまった頃かしら?明日から全国的に気温が上がりウールのバッグはちょっとお預けだけれど、夏を超えて秋を見据える私たち。うーん、いい感じ。♡

Xvkh07233そして今日から7/30日までの間だけ、Keitoで「棒針編みのあみぐるみ」(誠文堂新光社)のキットを販売中です。ご好評をいただいていてだんだん残り少なくなってきたということのようです。ちょうど去年の今頃は必死になって編図を描いたり、それぞれの動物たちに合う編地を考えたりしていたことを思い出しました。楽しかったなー!♡ やわらかくて表情豊かで...とにかくかわいい。編むのも、出来上がってからも楽しい編みぐるみ、まだトライしていらっしゃらない方は是非。

Img_07234そして今週の木曜日から8月のワークショップのお申し込みの受付が始まります。2mmの厚みのフェルトのバッグにかぶせてあるのは方眼編みの猫、そしてもう半面には英語の動揺の一部を編み込みました。フェルトをこの水色、そしてオレンジ、またはこげ茶の中から選んでいただき、方眼編みのバッグは200色以上もある毛糸の中からお好きな色をどうぞ。わぁ、楽しみ!どんな組み合わせが生まれるのでしょう?! 8/28 水曜日クラスはこちらから、http://www.keito-shop.com/workshop/2019/08/28/19926

8/30 土曜日クラスはこちらからどうぞ。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/08/31/19977

今日のジュニアクラスの様子は次回ご紹介しますね!これからいよいよ暑い夏ですけれど、楽しみもたくさんね!

| | コメント (0)

この頃

なかなか今年は梅雨が明けませんね。この週末は各地で大雨!私も雨が降る中中央道をブンブン走り、一泊だけお山へ行ってきました。

Img_07204叔母の山荘へ行く前に立ち寄ったのは原村の自由農園。これは1年に一度は食べたい大好きなトマトの冷製スープ。甘い原村のトマトの下にとろっとゆる〜い特性モッツァレラチーズが隠れています。思い出しただけでも身体中が「食べたい、食べたい!」って大騒ぎしちゃう感じです。♡ 叔母の山荘で今年は事件があったので様子を見に行ったのですけれど、おかげさまで無事解決しそうなので、大慌てでさっき戻ってきました。

そしてこれは木曜日クラスのPATTERNS 7.Img_07203 Img_072022クラスで24個のバッグが出来上がる予定です。かわいい!Amazing!!♡

もうほとんど完成の方、はぎ合わせの真っ最中の方、そして「編み終わっちゃうのが寂しい」とまだ編み途中の方など、いろいろな進行状態でしたけれど、皆様に共通しているのはニコニコ笑顔。編図を見ているだけではわからなかったけれど、編んでみたら自分はどの編地が好きかがわかったことも面白かったです、とキラキラしたお顔で伝えてくださったのもうれしかったです。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。そして次回のパターンズもどうぞ楽しみにしていらしてくださいね!

Img_07201先日神楽坂で用事があったので、私の生活に欠かせないイタリア食材店Dolce Vitaでサマートリュフを入手してきました。そして、家へ戻って簡単カルボナーラを作り、その上にトリュフをどっさり削りました。Molto Buono!!! 美味しーい!♡ 赤ワインとこの一皿でもう十分幸せ。今週はくるくると忙しい1週間でしたけれど、楽しいこと、うれしいこと、美味しいことでいっぱいでした。感謝。

さぁ、明日はPATTERNS 7の日曜日クラスです。楽しみ! そしてKeitoの後は選挙にも行かなくちゃね!

 

 

 

| | コメント (0)

夏の始まり?

今朝の予報では「曇り、一時雨」だったのに、Keitoでのワークショップの途中から空が明るくなり、「わぁ、太陽!」と皆さんでニコニコ。やっぱり晴れるとうれしいな。

Oiyj07172今日もこんなにカラフルな花のモチーフが生まれました。裏の細編みの足を拾って立体的に花びらを編むところが少し難しいけれど、そこをクリアすればあとはスイスイ。全部で17枚のモチーフを組み合わせてのバッグですけれど、太陽にパワーをもらって出来上がりそう。皆さまの出来上がりが今からとっても楽しみです。今月もワークショップへのご参加ありがとうございます。♡

Img_07173そしてお昼は久しぶりに水新菜館でツンロー冷麺を。この冷麺只者ではありません。なぜならこの黒いテンテンは全て黒胡椒!山盛りの白髪ねぎとブラックペパーの刺激にビリビリと痺れながらいただくこの冷麺はやはりこの季節に食べたくなります。Ha-, ha-! 今度は是非、お店のお隣にある水新菜館の息子さん経営のワインバーにも行ってみたいな。何だかディープな予感?!

Qxlg07171昨日は途中まででストップしていた夏のリネンのバッグを仕上げました。裏から縫い縮め綿を詰めると、あら不思議、おもて面にかわいいボッブルが現れます。そしてボッブルとボッブルの間をつまんで縫うと、こんな風に立体的になるのが面白い。写真では少し中袋のベージュが写っているけれど、実際はリネンのシャキッとした雰囲気がキリッと気持ちが良い真っ白な夏のバッグが出来上がりました。布も良いなぁ、と思うのはこんな時。♡

今週はKeitoでPatterns 7の仕上げの回があります。あぁ、楽しみ!きっと今頃大慌てでフェルト化させていらっしゃる方もあるかも?いえいえ、いろいろな進行具合で大丈夫。明日も楽しみにお待ちしていますね。♡

| | コメント (0)

梅雨空の休日

今年の梅雨はなかなかあけません。むしむしの毎日です。でも、あけたら猛暑でしょ。どちらがいいかしら。

Img_07141編みぐるみ猫のソックスも「連休だもの、どこかへ行きたいなぁ」と思案中。

今日は梅雨空の中Keitoでくす玉バッグのワークショップがあり、多くの方が足を運んでくださいました。ありがとうございます。♡

Img_07142 Img_07143ほら!カラフルでラブリーなたくさんの立体的な花が編み上がりました。♡ 糸はKatiaのJaipur. 同じ色でも糸玉によって始まる色が違うので、こんなにカラフルなモチーフが編み上がりましたよ!1枚ずつ編み上げてから色のバランスを見て繋げるので、糸のグラデーションの変化を楽しみながらの17枚です。最初は少し時間がかかったけれど、1枚編めてしまえば大丈夫。楽しんでいるうちにできあがってしまうこと間違いなし!今日も色違いを編みたいとワークショップが終わってから毛糸を買って帰られた方もいらっしゃいました。その気持ち、わかります。私も先月のクンスト編みのショールを今度はシェットランドヤーンとモヘアの2本どりで編もうと3枚目の糸を買ってしまいました。締め切り付きの仕事もたくさんあるのにどうしましょ。

でも、編む人たちはみんな同じ。「編むもの」が待ってるのが幸せ。♡ 山盛りの毛糸があるのが幸せ。♡ さぁ、明日はお休みです。何を編もうかな!

くす玉バッグの7/17(水 )のワークショップ、まだお席があります。是非是非。詳細はこちらから。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/17 Keitoは月曜日が定休日ですけれど、明日の海の日は営業、そして16日(火)がお休みだそうです。お気をつけくださいませね。

| | コメント (0)

梅雨の夜に

今日はYOGAのレッスンだったので朝から自由が丘へ行き、帰りにいつものように本屋さんを巡って帰ってきました。

Img_07101今日買ったのはこの2冊。有元利夫特集の芸術新潮は古本屋さんで見つけた2001年のもの。有元利夫関連の本はいろいろ持っているので、どんな感じかな、とパラパラとめくっていたら最初の方に「有元利夫をめぐる八つの断想」という17ページにわたって船越桂さんが書いている記事があり、それを見た瞬間に「わぁ!」とうれしくなってレジへ。大好きなおふたりのことをゆっくりじっくり読めるんなて楽しみ!♡

Img_07102そしてこちらは淡交社の「なごみ」から。茶の湯の世界に興味はあれど、なかなか足を踏み入れられない。でも日本の美しさについて色々わかりやすく紹介してくれるこの月刊誌は私にとっては教科書のようなもの。今月の特集は「茶の湯を籠に」。なかなかできない「野にあるように」花をいけるコツを丁寧に教えてくれたり、その他にも七夕に因んだ「物語のある和菓子」という小特集があったり。これはボタンに見立てた琥珀糖。そしてその横には歌人が書き下ろした詩が添えられています。ステキ。♡こちらもじっくり読まなくちゃ。

Img_07103そしてこれは8月のKeitoのワークショップの作品になる予定の方眼編みのネコのバッグ。裏面には私が幼稚園の時に習った英語の子守唄が編みこまれています。冬糸で方眼編みを編む、詩編の1行を編み込みたい、裏面は猫、と決めたのは良いけれど方眼編みでアルファベットを編み込むとかなりのスペースが必要です。どうしましょ。ノートに色々書いてみたけれど、そうだ!あの詩!と思い出したのが[ Baa,baa, black sheep, Have you any wool?]でした。ホント、三つ子の魂百まで、ね。Ha-, ha-!!

先日もバーネットの「秘密の花園」を読み返して「あぁ、この本も私の原点の一冊」と思いました。色々な本で見つけた「美しい」や「かわいい」を栄養にしてきたから、きっと私はYou are what you EATではなく、You are what you READ なのね。(私は読んだものでできている)♡

そんなことを思った梅雨の夜でした。

| | コメント (0)

七夕に

今日は七夕。

でも梅雨の真っ最中ですもの、昨日から降り続く雨がまだ上がらずです。。。古くから続いている行事は旧暦の方が良いのではないかしら、と思いつつ、梅雨空を見上げながら「どうぞ晴れますように」と願うのも切なくて良いかも。♡

Img_07071これは七月(文月)のとらやさんの生菓子の「水のほとり」。七夕のお菓子もあったけれど、道明寺好きな私はこちらをチョイス。池に映える木々の緑を思わせる道明寺生地と水辺の静けさと静けさを感じさせる焼印が素敵。このお菓子が初めて作られたのは昭和4年(1929年)ですって。ということは欧米ではアールデコの時代ね。日本美術が好きだったクリムトが亡くなったのが1918年だから、その10年後くらいのこと。こうして考えるとなんだか繋がっていて面白い。そんなことを考えながらいただきました。♡

Img_07072こちらはきんとん製の「波」。キラキラ光る海を青と白のそぼろと琥珀糖で表したもの。初めて作られたのは平成5年だから、比較的新しいお菓子です。でも、60年以上離れて考案されたお菓子をこうして一緒にいただくことができるのも楽しいこと。このお菓子をいただきながら、近くの商店街の笹に下げられた短冊に「シャチトレーナーになれますように!」って書いてあったのを思い出しました。願い叶うといいな!

Img_07073そして今月のニッティングクラスのお稽古ではラトビア模様のベストがもう少しで出来上がりというところ。同じ編み図をそれぞれ好きな色で編むことの楽しさを堪能していただけていたらうれしいです。来年の6月の最初の週末はラトビアのリガの公園で開かれるクラフト市に行けたら?と夢見ているところ。行けるかしら?そうそう、今日は七夕ですものね、大慌てで短冊に願いを認めましょう。雨が上がりますように!♡

 

| | コメント (0)

大雨の日に

いつもは家にこもって作業なことが多いのに、大雨の今日は用事があって朝から出かけていました。

大雨なんですから寄り道をしないで帰ればいいのに、「そうだ!きっとこんなお天気だもの、空いてるかも!」と国立新美術館へ。Img_07041Yeah!予想通り今日はガラガラ。うれしいことにエミーリエともゆっくり対面することができました。この絵の横にはクリムトが愛用していたスモックが展示してあり、「おぉ、思っていたよりもクリムトって背が高くてがっしりとした体格だったのね」と思ったけれど、その彼よりも大きなエミーリエ。相当長身だったのねー。

その他にも、こんなコットンのディドレスにこんな麦わらのボンネットをかぶっていたら、どんなにかわいかったかしら?と思わずニッコリしてしまうお洋服や帽子の展示、シューベルトの肖像画でいつも見ていた、シューベルトがかけていた眼鏡の実物(!!!)があったりして19世紀から20世紀初頭までのウイーンの様子が垣間見られて楽しい展覧会でした。♡

Img_07042これは「ドイツ騎士団の館にある女性の部屋」(1836年)という絵。ウィーンの当時の女性の暮らしが感じられて面白い。きっとこの女性は舞踏会への招待状の返事やお茶会のお礼の手紙を書いているところなのでしょう。壁際のソファの上には刺繍したクッションが置かれ、鏡には大きな帽子の箱が下げられていて、その横には無造作にバッグが引っ掛けてあります。そして特筆すべきは左の棚。3段の棚板に並べられたのはいくつものコーヒーやティセット。そして展覧会ではそんな銀器なども多く展示してあって、さっきのドレスの展示とともに当時の生活がリアルに想像できるようでした。

Img_07043大好きなクリムトの素描もたくさん来ていてうれしかったし、シーレやクリムトの素描を見ていると1本の線でこれだけのことを表せる、という技量の高さに圧倒されます。そして、たくさんの時間をかけて描いた油絵よりも、さっと描いた素描はクリムトの息遣いを感じられるようでした。クリムトの絵を見るのならば上野、そしてクリムトやシーレの時代背景やウィーンの歴史や生活を総合的に感じられるのは六本木という感じ。そして最後にはお決まりの売店。「あの人何をしているの?」と首を傾げられてしまうほど、台の上にクリムトくん人形を並べ、その中から「コレッ!」と私のクリムトくん(人形の名前らしいのです)を選んで帰ってきました。Ha-, ha-!!! 今年ももう半分過ぎてしまったけれど、東京でクリムト&ウィーン美術を堪能した良い上半期になりました。♡

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 国立新美術館 - 2019. 8月5日

 

 

 

| | コメント (0)

7月になりました

7月になりましたね。Img_07011

ラトビアの模様のベストが編みあがったのに、着ることができるのはもう少し先。だって、これから夏なんですものね。でも、私たち「編む人」は夏の間もせっせせっせと純毛の糸を手にして編んでいるんです。たぶん一年中。。。今は来月のKeitoでのワークショップの作品の方眼編みをチャートを見ながら編んでるし、その次は極細モヘアとシェットランドヤーンを2本取りにした花模様のカーディガンの予定です。花模様にうっとりしながら、つまみシャーリングのバッグを作り、そしてそのあとはアラン模様のバッグとハーフクロスのニードルブックを作ろうかな。♡頭の中でデザインを考えるのは楽しいけれど、実際にそれを現実のものとして作るのはまた別。集中力と想像力。頑張ろうっと。

Img_07012そして、編み込み模様のニットの裏面はこんな感じです、と写真を撮りたかったのに、この日はZowieが登場。とにかく猫たちは何にでも興味津々。特に私がこうして写真を撮ろうと光の加減を調整していざスマートフォンを掲げると、絶妙のタイミングでやってきます。鼻が利くというか、いやいやまったく。。。でも、そんなところもかわいくて写真を撮るのは後にしましょ、となってしまいます。お稽古の時も皆さんに「Zowieに話すときは声が違う」とからかわれてしまうほど私はZowieに首ったけ!♡ Ha-, ha-!!

Img_07013いよいよ夏本番も近づき窓の外はジメジメの雨模様でもなんとなく心が浮き立ってくる季節になりました。7月はお稽古の他にもKeitoでいつものPATTERNS(3回目の今月は仕上げです!)とジュニアクラス、そしていつものワークショップと楽しい作品が目白押し。今月のワークショップの作品のサマーヤーンのバッグはこんな風に作られています。こんな作り方を覚えれば布で同じようにパッチワークをしてバッグに仕立てたりもできます。私も秋冬用にシェットランドヤーンで枚数を増やして作ってみたいなと考えています。1つのワークショップで覚えたことを様々に工夫してみると作りたいことがどんどん広がっていくのも楽しいこと。そんな体験を是非。

くす玉バッグの詳細はこちらから。http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/14/19770 http://www.keito-shop.com/workshop/2019/07/17

今週末は薪能を観に行くし、日曜日は七夕。でも、予報は曇りのち雨。うわぁーん。梅雨時ですものね。さぁ、「お天気になぁれ」とてるてる坊主を作りましょ。♡

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »