« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

幼い頃の記憶

母が高齢になってから私の興味のひとつは「人間は何を忘れて何を忘れずにいるのか」ということ。親が子供に「ほら、あの時ここに一緒に行ったでしょ?」なんてニコニコと話しかけても子供の方は「?????」というのもよくある話。

そして私が忘れられない話はこれ。

Img_09301子供の頃は一緒にソファで画集を見ながら、そしてパリでオランジュリーへ行った時にはこの絵の前で、父が同じように私たち姉妹に「君たちもこんなふうにいつまでも仲良く生きていくんだよ」と話しました。スポーツ少女だった姉は覚えていないと言っていたけれど、私は小さな頃は憧れの眼差しで、ティーンエージャーの頃は「ムリムリ!」と思いながら、そして今は「そんなふうにできたかしら」と亡き姉や父を思いながら考えます。父の娘に対する幻想は恐ろしいと思ったり、そうよね、父親だったらそう思うわね、と納得したりしながらのン10年。久しぶりに対面した絵の前で感慨もひとしおでした。♡

Img_09302これはルノワールの絵と同じピアノ。ピアノを弾く姉と私、そしてソファでゆったりと本を片手に座り時々目を挙げて私たちの様子を見て微笑む父。うーん。。。夢の中のことね。実際はピアノの練習よりもテニスの方が好きだった姉、ピアノの前に座るより絵を描いたり工作したりするのが好きだった私。Ha-, ha-!と苦笑しながら、父の娘たちに対する思いを感じちょっとしんみり。♡

Img_09303 これは画商ポール・ギョームの書斎の様子。いいなぁー!!!いくらモディリアーニの画商だったからといっても自分の部屋にこんなにたくさんのモディリアーニをかけられるなんて!ドメニカ夫人のお部屋はルノワールだらけ!コレクターというのはこんなふうに自分の好きな画家の絵を所狭しと飾るのね、とその濃厚な部屋にびっくりでした。

展示室を回りながら「わぁ、この絵欲しいなぁ」「こんなふうにポートレートを描いて欲しい」「へぇ、今まで興味なかったけれど良い感じ!」「わぁ、額もごってり!」「額がかわいい」と勝手な感想を抱きながらしっかりとたくさんの色も心に焼き付けてきました。

始まったばかりということもあってまだあまり混んでいなくてゆったりと絵を見られたことがとても心の栄養になりました。だって、その後に訪れた週末ときたら!あー、疲れたぁ。

さぁ、明日から10月なんですね。美味しい秋、美しい秋の始まりです。楽しみ!

[ルノワールとパリに恋した12人の画家たち展] 横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ー2020. 1.13 横浜美術館にて

| | コメント (0)

秋になって

女心と秋の空、っていうけれど、秋はいろいろうつろう季節。Img_09261

でも、どうやら日本では明治時代までは「男心と秋の空」だったみたいだし、イギリスでも「女心と冬の風」なんて言ったりします。面白い。

秋だからというわけではないけれど、この頃心配してもどうしようもないけれど、それでも心配なことが幾つかあり、なんだか心が鬱々。そんな時はいつもイギリスにいる私の乳母が「そんな顔してどうしたの?しっかりしなさい。」と叱咤激励してくれていたけれど、そんな彼女の最近の健康状態も私の心配事のひとつ。ぐすん。

Img_09262朝、階下へ降りてきたらこんな光景になっていました。かわいい。顔を寄せ合って外を熱心に見ているだけだけれど、そんな姿に何だかにっこりしてしまいます。こんなことが猫と暮らす楽しみ。そしてグラグラゆらゆらと弱ってる時の薬は仕事。頭の中で出来上がってるアレやコレをスケッチブックに描き、試し編みをして作り始めたり。

Img_09263Keitoへ行った時に「わぁ、かわいい!」と選んだ少しだけキラキラが混ざったアルパカの糸でスヌードを編んでいます。エストニアのハプサルレースのような透かし編みがエレガントでこの糸の持つ柔らかで甘い雰囲気にピッタリ。そしてもうひとつかわいい小さな作品も出来上がり、エンジンがかかるとどんどん面白いように仕事が進みました。集中こそ力ね。

明日は横浜で大事な打ち合わせがあるから、帰りに横浜美術館へ行こうかな。父が好きだったあの絵に会って父と話をしてこようっと!♡

| | コメント (0)

新しい秋

夏前からずっとお山の家に滞在していた叔母をこの連休の間に迎えに行って来ました。

Img_09231お天気はあまり良くなかったけれど、車を降りるたらひんやりとした空気と雨に濡れた木々の匂いが気持ち良くて思わず深呼吸。93歳の叔母がひとりでで一夏を過ごすのをいつも心配するけれど、本人は顔はツヤツヤ、足取りもしっかりしてとっても元気でした。そうよね、この空気!と納得でした。Ha-, ha-!!

Img_09232新しいiPhoneのカメラが面白くてお山で買ってきたリンゴを撮りました。何でもないリンゴをどんな風に撮ろうかと画面の構成を考えてるうちにちょっとだけ絵を描いている気分になりました。もともと写真を撮るのが好きだけれど、このカメラ楽しい!そして今日はApple Storeでセッションに参加して写真を撮る技術をスキルアップする予定!Yeah!! 毛糸のふわふわ感とかをリアルに取れるようになるかしら?楽しみ!♡

Img_09233そしてあとはひたすら仕事。花のカーディガンもできました、と言いたいところだけれど、実はまだ片袖が付いていません。とほほ。。。次のKeitoのワークショップの作品もさっき編みあがり、ディテールを忘れないうちにプリントにまとめなくちゃ。でも、こうして次々と作品を作っているといよいよニットシーズンなのね、とうれしくなります。ワクワク!♡

Keitoのスタッフから連絡があり、「まだ少しだけPatterns8のお席があります。」とのことでした。ベビーアルパカ糸ならではの柔らかさと編みやすさを感じながらアランの模様を編む、至福の時間を是非ご一緒に。♡♡♡ (詳細はKeitoのHPからどうぞ)

 

 

| | コメント (0)

技術への憧憬

世の中にパーソナルコンピューターや携帯電話というものが発明されてからずっとApple社製品一筋な私。いつも手元にあるiPhoneの機能の1/10くらいしか使っていないからこれで十分、ともう何年も機種変更をしないで過ごしてきました。でもっ!!!!!

Img_09201今度のiPhoneのカメラはすごいらしい、と聞いて調べているうちについにポチッてしまいました。そして今日届いた新しいiPhoneで撮った写真がコレ。うーん、これでは良さがわかりにくい?いえいえ、コレは寝ているLucaを起こさないように結構遠くから撮っています。それにしてもLuca油断しすぎ。おなかがかわいい。♡

Img_09202次はZowie.この細密画のような写真、伝わるかしらん。シャッター音も小さく全く猫たちの睡眠を妨げないで撮ることができました。しかもこれはブログにアップするために1/10くらいの情報量になったものなのに、思わず「Zowie-!! ♡」と触りたくなってしまうほどのリアルな毛質に心の中で「おおっ!」と叫んでいました。

Img_09203最後はHenri.廊下の結構暗いところでもキレイに撮れるし、顔はナチュラルにくっきり。うーん、ホントに今までのiPhoneと全然違う。今までの結構古いのバージョンのカメラと比べても、とも思ったけれど、このカメラは様々な機能もプラスされていてシンプルに楽しい。

Img_09204人間の考えだす技術ってすごいのね、と実感しながら、つい先日もアラン模様のバッグを編みながら1本の糸でこんなに色々な立体的な模様が編めるなんて!と感動していたことを思い出しました。新型の携帯電話を手にしたことで、その技術が生み出す楽しさや便利さを味わい、自分の作品にも新たな楽しさや使い勝手の良さなどをプラスすることを忘れないようにと考えました。

来月からKeitoで始まるPatterns 8、複雑なアラン模様が少し難しそう?ハイ、簡単ではないかもしれません。でも、一つ一つの模様編みを丁寧に読み解いてアラン模様をマスターしましょう。アラン模様には読み解いて理解する楽しさがあります。是非是非ご一緒に。♡

昨日から受付が始まりお店ではご予約のお電話に忙しかったようでしたけれど、まだ木曜日も日曜日のクラスにもお席をご用意できます。ぜひKietoのホームページをご確認くださいね。♡ 

さぁ、明日からは3連休。美味しくて楽しい秋のお休みになりますように!

| | コメント (0)

準備の日々

手芸家の仕事って作品を作ったら、その次は編み図や作り方を整理してプリントを作ったり、副資材を人数分揃えたりと、かわいい and 楽しいの他にも結構力仕事もあります。例えば、大型の手芸店で大きな巻の布や接着芯を買って「大丈夫ですー」とお店では勢いよく返事をしたけれど駐車場に着く頃にはヘトヘトだったりなんていうことも度々。。。Ha-, ha-!

Img_09182 Img_09181

そして次回のPatterns 8の副資材も凝っています。手編みのバッグの悩みはどうしても持ち手の部分が早く傷んでしまうこと。それをどうにか解消しようといつも試行錯誤しているのですけれど、今回のPatternsはテマヒマかけたアラン模様ですもの、なるべく長持ちする持ち手にしなくちゃねと知恵を絞り、こんな革のカバーをつけることにしました。しかもこれはアシストをしてくれるSさんの手作り。何度も持ち手を握ってみて、やっぱり縦も5mm小さく、横も1cm小さくなどと何度か試作品を作り、このバッグの大きさにピッタリ合ったサイズを考えました。しかもKeitoのクラスで最後は各自縫って仕上げるので満足感もたっぷりです。 そして外ポケット用のボタンも良いでしょう?木の温かみがアランの編み地に良く合ってバッグをいい雰囲気にまとめるのに一役買ってくれています。♡ 作品の仕上げにはこんな材料のチョイスが大切です。

そして今月もバタバタと大忙しの毎日の中、編む日と作業の日、そしてその間もWババのことをしながら時々は友人とゴハンもね。そして今日は作業の日。

Img_09184 Img_09183いつもは仕事部屋にこもっている私が1階に降りてきて布を広げたりボタンを数えたりしているのを、最初は遠くから見ていた彼らも少しずつ近づいてきてついにはこんなふう。小さな袋に入れた材料を入れようと思っていた箱にはすでにHenriが陣取ってるし、大きな机の上にはおふたかたがこの通り。そうよね、一緒に私も遊びたい。でもね、First things firstっていうでしょ。いろいろな作業が終わったらゆっくり栗蒸し羊羹でお茶しましょ。(まだ買ってないけど!)きっとよく働いた後にはご褒美が待ってるはず?!さぁ、テキパキテキパキとね!

そうそう!KeitoのPatterns 8の受付開始は明日9月19日(木)の10時からですよー。お申込みを楽しみにお待ちしています。10月のボッブル編みのバッグのワークショップはおかげさまで3クラスとも満席になりました。現在キャンセル待ちを受け付けていると思います。♡

| | コメント (0)

素晴らしいこと

昨日はぐっと涼しくて、今日も天気予報の気温は高いけれどなんとなく風は秋のもの。こんな季節を美しく表した文章を読みました。

Img_09151 [夏と秋の境目に]「3月も9月も、私たちは振り返るというより次にくる季節の気配を探している。秋こそ魚に脂が乗り果物の実も瑞々しく地味豊穣。服装は太陽に負けない明色の大柄に代わり間近でないと見分けがつかないアースカラー。ハイゲージのニットが着たくなる。」(9/11の日本経済新聞より一部をご紹介) この文章を書いたのは日本文学研究者のロバート・キャンベル氏。キャンベル氏は日本文学研究者として第一人者の方で日本語を知り尽くしているとはいえ、こんな美しい日本語をかけたらなぁと幾度も読み返しました。うっとり。

昨日のEテレのキャンベル氏と陶芸家の桑田卓郎さんとの対談も面白かったけれど、最後にエッグスタンドをリクエストしたところで「あぁ、やっぱり!」とクスッと笑ってしまいました。私の祖母、父、そして私も朝食に半熟(というよりrunny)のゆでたまごとよく焼いた薄いトーストが好物で家には幾つもエッグスタンドがあります。やっぱりゆでたまごはきちんとスタンドに立て、ナイフで卵の上をキコキコと切り取って食べたい。アイルランド系アメリカ人のキャンベル氏も日本ではあまりステキなエッグスタンドを見かけないから、思わずリクエストしてしまったのね!Ha-,ha-! 

Img_09152そして新聞の新しいiPhoneに関する記事を読みながら「わぁ、そうなのね!」とびっくりし、思わずキッチンへ行って愛用のこのオーブンウェアを取り出してしまいました。iPhoneとこの容器に共通点があるの?ハイ、そうなんです。iPhoneの強くて美しいと評価が高い背面ガラスとこの容器は同じコーニング社のもの。おおっ!でしょ。しかもこれは60年代に父の転勤で私たちがアメリカに住んでいた頃に購入したもの。子供の頃からロールキャベツやグラタンやラザニアは必ずこの容器で作られ、この容器が食卓に上るたびに私の家族は笑顔になっていました。それを母からもらいうけ私もずっと大切に使っているというもの。その大事なコーニングウェアがiPhoneを作るにもマストだったなんて!なんて素晴らしいんでしょう。このことを知ったことは私にとって結構大きなパワーになりました。1つの家庭の幸せと全世界を未来に進める製品を同じ会社が作っているのは至極まともなことだけれど、考えれば考えるほど素晴らしいな!って感動でした。♡

Img_09153これは10月から始まるPatterns 8の作品です。大好きなアラン模様の魅力を1つの作品に詰めなくちゃね!と色々な本をひっくり返し、それぞれの模様の成り立ちやアランセーターの背景などを勉強しなおしました。そしてこの模様とこの模様を組み合わせ、この縄編みは2目と2目、こちらは3目と1目の交差にしましょう、などと試し編みを繰り返しながら編んでいるうちに、アラン模様の奥深さにすっぽりはまってしまい、寝ても覚めても頭に浮かぶのはアラン諸島の風景ばかり。1本の糸でこんな模様ができるなんて!と素晴らしい模様たちに魔法をかけられた気分。幸せ。♡ このパターンズ8の詳細は明日(9/16)の18時以降にKeitoのHPに掲載される予定です。どうぞ楽しみになさってくださいね。

そんなたくさんの素晴らしいことに囲まれながらいろいろな作品も進行中です。11月半ばには横浜でキット販売もあるイベントの予定もあり今年も楽しい秋になりそうです。♡

PS. Patterns8の詳細が公開されました。こちらからどうぞ。受付は9/19(木)10時から!

木曜日クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/10/17

日曜日クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/10/20

| | コメント (0)

Keitoな一日

九月も2週目になり、今月のお稽古とワークショップは終了。あとの日々はひたすら家にこもって製作です。

Img_09121だからお稽古やワークショップでみなさまに会える時は私にとってはオープンな楽しい時。昨日もKeitoで「巻き巻きオーガナイザー」のワークショップがあり、ニコニコワクワクな時間を過ごすことができました。ありがとうございました。たった2時間のうちにこんなに編めました。あとはひたすら目をねじって編んで時々糸をぐるぐる。今度のパターンズのアラン模様もそうだけれど、人間って1本の糸で様々な模様を考え出してきたんですね。蓼科へ行くと縄文博物館があり、縄文時代に考えられていた模様を自分で粘土に再現することができるけれど、編物も同じ。ねじったり、交差したり、ちょっとした工夫なのね。面白い。♡

Img_09122 Img_09123そしてこれは10月のKeitoのワークショップの「ボッブル編みのバッグ」です。これは2つのバッグ?いえいえ、なんと1つのバッグの表と裏。2色の糸が絡み合いながらどんどん色が変わっていくので1玉でこんな色のバリエーションを楽しむことができちゃいます。おおっ!この何年かこんなふうに大きな1玉の糸でグラデーションになっているのがヨーロッパの糸の流行りみたい。かわいい!こちらは昨日の夜からKeitoのHPに詳細がアップされました。受付は明日9/13の10時から始まりますよー。詳細はこちらからどうぞ。10/6(日)クラス http://www.keito-shop.com/workshop/2019/10/06

10/9(水)クラスhttp://www.keito-shop.com/workshop/2019/10/09

Img_09124 昨日は先月のかぎ針編みのねこのバッグを「できました!」と持ってきてくださった方がありました。しかも彼女は猫の色を変えたのでこんなふうに猫がくっきり!白目の部分も猫らしい形にカット。ヒゲもピンと上向きでかわいい。

さぁ、来月のワークショップの受付は明日の10時から。そして来週16日にはPATTERNS 8の詳細公開を予定しています。今年の秋も盛りだくさんの予定です。どうぞお楽しみに〜!♡

 

| | コメント (0)

台風一過の日

台風15号がやってきて、昨晩は猫たちも不安だったらしく、3匹と私でぎゅうぎゅうに集まって夜を過ごしました。そして今朝は台風一過。蒸し暑い一日になりそうです。

Img_09091蓼科はどんなふうかしら。きっと強風で唐松がぐるんぐるんと弧を描くように揺れていたのではないかな。でも、雨が降ったあと、こうして気温が上がる日はキノコの日。うーん、蓼科行きたい!そろそろキノコも出始めているはず。私のお散歩道の途中のキノコスポットが頭に浮かび、ちょっとにっこりワクワクしちゃうけれど、今日は缶詰で仕事をしなくちゃね。

Img_09092昨日はKeitoで10月のワークショップの日曜日クラスの日でした。これは午前クラスの皆さま。このRugbyと言う糸はフレックルのローシルク。少し編みにくい感じがあるけれど、編むと糸のかわいさが増して楽しい。面白いスモッキング編みを所々に入れながら、皆でにこにこと手を動かしました。昨日も新しいテクニックに目を輝かせながらの楽しい一日でした。ワークショップにご参加くださった皆さま、ありがとうございました。♡

Img_09093そしてこちらは午後クラス。私も初めて編んだ時は「ほぉ!」とびっくりしたスモッキング編み、皆さまも縄編み針に取った編目の周りに毛糸をぐるぐると巻きつける方法に「わぁ!」とびっくりしてにこにこ。新しいことを知るって楽しいもの。来月から始まるパターンズでもそんな楽しみをご紹介できたらと思っています。でもね、そのためにはスケッチブックにメモ程度になっているパターンズの作り方や編図を整理してお清書しなくちゃ。今回はアラン模様ですもの、編図が細かい!交差記号や目数と段数とにらめっこのの数日間になりそうです。秋が始まったんですもの、編物の季節のスタートです。さぁ、頑張りましょ。♡

 

| | コメント (0)

秋の始まり

9月になったのね、と思ったら、もう1週間が過ぎようとしています。おおっ!

どうしてそんなに日にちの感覚がなく感じているかというと、その理由はこれ。Img_09062今度の日曜日にKeitoでワークショップがあり、その時に「10月のワークショップの作品をご紹介しますね」とお約束をしているので今週は大忙し。そして次回のパターンズのバッグも仕上げて持っていく予定。きゃ、どうしましょ!女に二言はない、約束は守らなくちゃね、と今週は家にこもって制作と決め、猫たちにも「今週は忙しいから元気で良い子にしていてね」と言い聞かせました。

Img_09061Patternsの作品は大詰めという感じだったので大体の目安が立っていたのですけれど、ワークショップの方は編み地を決め形を考えるところから。でも、どんどん色が変わる楽しい糸を見ているうちに「丸くて楽しい感じ」というのが見えてきました。そうしたらもう大丈夫!何回か棒針の号数を変えながら試し編みを何枚か編んでみて編み地の硬さや雰囲気も決まりました。全体の大きさを決めて編み始めたら、ほらこの通り!あっという間に出来上がり!うーん、あっという間というのは言い過ぎだけれど、楽しくて簡単でどんどん進むので手を休めないで編んでいたら1日で編みあがったという感じ。♡

眠る直前まで「明日起きたらあれをしてこれをして、その次に...」と考え、翌日は早朝から手を動かし、無事にまんまるなバッグが出来上がりました。Yeah!!!

Img_09063そしてPatternsのバッグも出来上がりましたよ。まだ全体像をご紹介できないのですけれど、ちょこっと横からの感じを見てくださいね。この編みながらフリンジを作る技法、不思議、どうやって編むの?ね、編んでみたいでしょ?ハイ、是非Keitoで10月から始まる3ヶ月コース「Patterns 8」にご参加くださいね。まだ申し込みの日にちは決まっていないのですけれど、9月中旬頃ではないかと思います。どうぞご期待下さい。

月初めはお稽古があったり、ワークショップがあったり、普段家にこもって仕事をしている私にとっては楽しくて賑やかな毎日です。さて、今月はどんな楽しいお話を皆さまから聞くことができるのかしら。ワクワク!♡

| | コメント (0)

9月になりました。

今年もどんどん毎日が過ぎて9月になりました。

そんな中先週の土曜日にはKeitoで方眼編みの猫のバッグのワークショップがありました。 Img_09011

Img_090122枚の写真を見てもわかるように同じ色の方はほとんどなく、もしも同じ色だとしてもフェルトの色やリボンの色がきっと違うので、今回のこのバッグは私とCちゃんの分も加えると38色のバッグができるはず。わぁ、楽しみ!並べてみたいなぁ。おウチの猫をイメージして糸を選ばれた方も多くいらしたので、そんな猫愛に溢れた雰囲気もまた良いものでした。♡

毎月「できましたぁ!」と皆さまが前月のワークショプの作品を持ってきてくださるのですけれど、先週もキラキラヤーンのボトルホルダーやバッグを見ることができたのも楽しいことでした。毎年暑い中でフゥフゥ言いながら作品を作っているけれど、家のお稽古やKeitoのワークショップで皆さまの嬉しそうな笑顔や楽しそうなお話に触れると、好きな仕事をしながら皆さまに喜んで頂ける幸せを感じています。そしてそれを支えてくれるKeitoのスタッフや私のアシスタントさんたちにも感謝。♡

Img_09013昨日は久しぶりに映画を見に行きました。そう、ROCKET MANです。QUEENもElton JohnもLondonでリアルタイムでコンサートへ行ったりした私にとっては、映画を見ながら当時の学校での日々や友人たち、そして家族のことも思い出し、色々な想いに溢れた熱い2時間でした。やっぱり思入れが強いのは70年代の曲、Daniel,Your Song, Crocodile Rock, Bennie and the Jets, Pinball Wizard。そして今の私がEltonの曲の中で一番好きなのは2011年のX factorで歌われたこのバージョン。https://www.youtube.com/watch?v=rU8-LXSKpsc アイルランドの片田舎の16歳の少女がオーディションの雰囲気や大きな会場に戸惑いながら歌ったこの姿は世界を魅了し、この後彼女はCDデビューをしました。心がじんわり。歌の力を感じます。是非聞いてみてくださいね。♡

さぁ、今日は月曜日。今週はEltonの曲を聴きながら頑張ります。La-, lalalalala-!! 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »