« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

秋の週末に

今日は朝から久しぶりにお天気が良くて気持ちがいいですね。太陽に「頑張れ!」とエネルギーを送られている気持ち。

先週末は久しぶりに本屋さんへ行きました。誰にも新しい本が出たら必ず読みたい作家っているでしょう?私にとってのひとりが川上弘美。しかも今回の本の挿画は大好きなJunaidaさん!おおっ!

Img_09281

かわいくて美しく、しかもタイトルは「三度目の恋」。うーん、もったいなすぎて読めない。「昔、と言いかけたとたんに、不思議な気持ちになりました。昔。それはいったいどのくらいの以前のことなのでしょう。わたしはもうさほど若くはありません。けれど、年老いてもいない。」と、表紙を開きここまで読んで、これはヤバイ。このままだと座り込んで夜まで読んでしまう。仕事が山のような現状を考えると、それはとてもできない贅沢。ふぅ。 この頃今までのように本屋さんをぶらぶら、ということも少なくなってしまったので、他にも八ヶ岳の山麓から「新しい日常」を探るエッセイをまとめた梨木香歩の「炉部の風音」、「フレッシュでぶっ飛んでいて、ユーモラス」と帯に書いてあった若手の作家早助よう子の「恋する少年十字軍」を抱えて帰ってきました。

Img_09282

そしてもう一冊。これはわたしの癒し本。とにかくかわいい。かわいくてかわいくてかわいい。♡ 仕事の手を休め、下に降りてコーヒーを入れた時にビスケットを摘みながらこの本を開くと、じわじわ〜っとしあわせになります。横に3匹も似たような動物たちがいるのにね!

Img_09283

昨日は一日机の前に座って11月のKeitoのワークショップの作品を作っていました。今回は編まないんです。市販の小さなフェルトのバッグに余った毛糸で刺繍しましょ。まるで塗り絵をするような感じでチクチク。しかも難しいステッチがないから、普段「手芸って苦手なの」という方にも楽しんでいただけるし、腕の見せどころと張り切って取り組むのも面白い。今年はどんなことになるのか少し不安なこの冬を明るく過ごせるようにと考えました。どうぞお楽しみに!

さぁ、今週は大忙しです。10月1日からは横浜ヴォーグ学園の講座が始まり、週末にかけてお稽古、そして日曜日はKeitoのワークショップがあります。キットもプリントも用意できてるけど、作り方を復習したり参考作品を持っていけないか考えたり、キリッとしなくちゃね。

来週7日(水)の夕方にはちょっと考えてるミニイベント(?)もあります。決まり次第お知らせするので、そちらもどうぞ楽しみになさってくださるとうれしいです。

今日は月曜日。一週間しっかり元気に過ごせますように。♡

| | コメント (0)

秋な毎日

この頃すっかりひんやりして、寒いくらいになりました。

Img_09251

秋明菊が咲く頃になりましたね。いつもは菊の花にそれほど関心がない私もベルベットのようなマットな花びらの秋明菊には心惹かれます。やさしいピンクもかわいい。でもね、花言葉は「薄れゆく愛」ですって。うわぁーん。ちょっと寂しいのね。

Img_09252

気温が下がってくると猫たちはさらにまったりとした雰囲気になるけれど、我家の3匹は今朝も「窓を開けて〜」と大騒ぎ!何事かと私も並んで窓の外を覗いたら、目の前の木に大きな雉鳩(キジバト)がとまっていました。胸を膨らませて「ポーポー ポッポー」と大きな声でなく姿はZowieたちでなくても思わず見入っちゃいます。Ha-, ha-! でも、彼らには雉鳩の姿がどんなふうに映るのでしょう。もしも、実際に同じ地面の上で出会ったら本能的に追いかけるのかもしれないけれど、深窓の坊ちゃんたち(???)として家から一歩も出たことのない彼らにしてみたら何やら自信満々に鳴く動物に興味津々なのかもしれません。異種間の動物たちがお互いをどう思うのか知りたい、知りたい!

Img_09253

昨日ピンポーン!と届いたのは大好きなWagashi asobiのドライフルーツ羊羹!わぁーい!! 黒糖やラム酒の香りが大人な煉羊羹にドライフルーツがぎっしり!ドライフルーツのイチジクや苺、くるみが丸ごとゴロゴロ入っていて、どこを切ってもこんな感じ。おやつにコーヒーと、After5にはワインやウィスキーとね!大人なデザートと合わせたのは竹俣勇壱の小皿。この頃ずっと缶詰に近い状態で作品を作っているので、美味しいおやつに元気が出ました。感謝。♡

そう、まだ公開できない作品を毎日毎日頑張って作っています。来月中にまとめられるかなぁ、11月中には必ず?でも、半分以上進んだのでだいぶ目安がついてきた感じです。この週末も頑張りましょ。

あと一週間で10月なんですね。1日から始まる横浜ヴォーグ学園の講座、4日と7日の Keitoでのワークショップ、いずれも募集中です。秋から何か始めよう!というかた、何か編んでみたいかた、そして毎日の生活をかわいく楽しく過ごしたい皆さまー、是非是非。♡

 

| | コメント (0)

連休3日目に

今日は少し涼しくて、夕方になって鈴虫の声が聞こえてきました。

リーン、リーン。秋の音。

Img_09213

気温が下がってくると美味しくなるのがミルクティ。これはだいぶ前にAlafoslopiで編んだティコゼーです。日本ではティコゼーを使う方が少ないけれど、ティコゼーは私にとってこれからの季節は欠かせないもの。ひとりでお茶を飲むときにもマグ1杯分ではなく、温めたティポットにたっぷりお茶を用意して、すっぽりとティコゼーを被せてしまえば2杯目も3杯目も温かい紅茶を飲むことができる優れものです。ティコゼーを使う習慣、日本でも広まると良いなぁ。今年はおウチ時間が長い冬になりそうだから、ぜひ編んでみてくださいね!♡

Img_09212

飲みものといえば、少し前の暑い暑い夏の夕方に渋谷でこんなものを飲みました。夏の日の夕方だったのでマルガリータがぴったりね、と思ったけれど、お店の方が「マルガリータが好きな方ならばこんなカクテルもおすすめです」と作ってくださったのがこれ。和風マルガリータ?といった感じで、ゆずやゆかりの味に加えて、添えてあるのは穂紫蘇。美味しかったけれど、スタンダードなカクテルが飲みたくなってしまいました。そこでさっと立ち上がって帰宅し、いつものようにお家でワインをちびちび。♡

Img_09211

今もこうして私の仕事部屋の入り口でまるで番兵のように入り口を固めているHenri. こんな様子じゃ番兵としては少し頼りないけれど、机のそばに来るわけでもなく、部屋の入り口で満足しているところがいじらしい。夕方になって仕事の手を休め、お夕飯を作りに机を離れると番兵くんもさっと起き上がって私の後をついてきます。今日もこれからみんなのご飯の支度をしなくちゃね。さぁ、Henri,ご飯よぉ〜。

今、2冊目のZINEの作品作りを頑張っているところです。なかなか進まないけれど、少しずつね。ひんやりとした風が「ほらほら、少しずつ秋も深まってきたぞ、頑張れ!」と背中を押してくれているようです。明日もがんばろうっと!♡

 

| | コメント (0)

同じことと違うこと

今日の東京は暑いけれど、季節はすっかり秋なんですもの。編みものの季節!皆さま、編みましょー。

日頃から私は編む糸によって同じ模様でもいろいろな楽しさが生まれることをお伝えしたいと考えてきました。

今年はこんなことを。

Img_09181_20200918083901

手前のライトグリーンのスモッキングのクッションは今月のお稽古で作ったもの。私は長方形のクッションが大好き!ソファでちょっと横になって本を読んだりTVを見たりするときになくてはならないもの。そんなクッションを毛糸で編むと暖かくてやわらかくて気持ちが良いんです。糸はパピーのブリティッシュエロイカ。教室ではそれぞれ見本帳の中から好みの色を選んで編みました。きっと皆さんのお部屋のインテリアに合う色なのでしょうね。♡ 

そしてこの模様、どこかで見たような?そう、7月に販売になったホビーラホビーレのベビーのブランケットやベストにも同じ模様が使われています。

_mg_09182

こんな感じ。(写真はホビーラホビーレのもの)クラシックな模様がベビーにぴったり。糸はベビーのことを思いながら、ゆったりとした気持ちになれるやわらかくてしっとりとしたホビーラホビーレのベビー用の毛糸。色も美しく、ベビーがこんな色に包まれて育つのは良いなぁと心が温まります。♡

Img_09183_20200918083901 

これは来月のKeitoのワークショップのバッグです。Keitoの棚にぎっしり詰まったアラフォスロピの中からお好みの色を選んで編んでいただけます。コートの色に合わせて色を選ぶ?それともウェアでは選ばないちょっと個性的な色?と糸の色選びはもう直ぐやってくる寒い季節に心を躍らせるときです。あぁ、楽しい!まだワークショップのお申し込み受付中ですよー。(キットもあります)

こんなふうに1つの模様をいろいろな形で発展させるのも編みものの楽しみ。そして今の私は、夏だったらカラフルな太いコットンの糸でブランケットを編んで海に持って行き、広い砂浜にバーンって広げたい!なんて考えています。だって、今年の夏は海に行かれなかったんですもの、頭の中で遊びましょ。

そんな楽しみをぜひご一緒に。

 

明日から連休の方も多いのではないかしら。天気予報が少し心配だけれど、楽しい秋のお休みになりますように。♡

| | コメント (0)

秋の始まり

朝早くに窓を開けると、今までとは違う少しひんやりとした空気を感じるようになりました。9月も半ばになり、ようやっと暑さから解放されちょっとほっとしています。

秋となるとやっぱり「食欲の秋」。楽しみにしていたこんなものを買いました。

Img_09151_20200915095801

とらや がパリ店開業40周年を記念してピエール・エルメとコラボレートして作った小型羊羹「イスパハン」。イスパハンってなぁに?イスパハンはピエール・エルメの代表作のフレーバーのこと。バラとライチとフランボワーズの3つのフレーバーを組み合わせたうっとりした香りと甘酸っぱさを同時に感じられる味です。かわいくてカラフルなパッケージもその3つのフレーバーを表してるのね、なるほど。祖母が大事にしていた螺鈿細工のお皿にもぴったり。一口食べたら、フワッと香るバラ、広がるライチ、そして大好きなフランボワーズの甘酸っぱさがたまらない!わぁ、これ美味しい!と思わずにっこりでした。♡ イスパハンの生菓子もそうのうち発売になるみたいなので、見逃さないようにしなくちゃね!

Img_09152_20200915095801

探しものをしていたらこんなものを見つけました。今流行のダーニングマッシュルーム。甘いピンクがかわいい。♡ これはすごーく前にロンドンのアンティークマーケットで買ったもの。親の転勤でロンドンに住んでいた高校生の頃っていうくらい昔に。イギリスの良いところはこうしてマーケットに行くと誰かが手放した手芸道具を見つけられるところ。ラグラグに興味を持ったのもマーケットの床に敷いてあったりするラグがかわいくて「これなぁに?」と聞いたことからでした。これを見つけたときにもマーケットのオジサンが「これは靴下のかかとやセーターの肘を補修するものだよ。便利だから一つ持っていなさい」とファーイーストから来たティーンエイジャーに教えてくれたことを思い出しました。あぁ、懐かしい。Ha-, ha-!! 

Img_09153_20200915095801

今せっせと編んでるのはバラと玉あみの編地。第2弾のZINEを作ろうと作品を作っているのですけれど、まだまだね。でも進んではいるのでなんとか今年中にはまとめたいと思っています。逆数えカレンダー作ろうかなぁ。この日まで!っていう目標の日を決めて、そこを0にして「あと何日」って自分にプレッシャーをかけていくいつもの私の方法。明日から連休明けまでちょっと仕事に缶詰になる予定です。ネジ巻いていきましょ!

今週末は連休ですね。楽しくて美味しい秋になりますように。Be safe-!

 

| | コメント (0)

秋の週末に

今日は9月12日。世界中がびっくりした2020年ももうあと3ヶ月と少し。

Jpg09121

先日KeitoでSparkle project bagの2回目のワークショップがありました。少人数だったけれど、やっぱり一緒に編むのは楽しくて,編むことやワークショップの楽しみを再確認しました。皆さま、ありがとうございました。そして、あっという間に売り切れてしまった見本色はワークショップではお見かけしなかったから、あのネオン ピンクは全てキットでお申し込みの方だったんですね。いかがですか?今回のは編むのは簡単だからスイスイ編めていらっしゃるかしらん。シンプルな編地に手を加える楽しさを味わっていただければとデザインしたこのプロジェクトバッグ、秋の夜長にサクサクチクチクしてくださいね。♡

Img_09122_20200912213001

 Keitoの帰りに「一度外へ出たならば」と材料を探しにグルグル回り、成果は上々だったけれど、とっても暑い日だったので家へ帰り着く前にぐったりでした。田園調布の駅で久しぶりに醍醐で茶巾寿司を作ってもらい、この日は即席のお漬物とお澄ましを作っただけの簡単ご飯。ずーっと前に秋田の骨董屋さんで見つけたウサギの器と京都の煤竹のお箸がぴったりね。あぁ、美味しかった。子供の頃から慣れ親しんだ味はやっぱり癒されます。♡

Img_09123_20200912213001

今日は一日キットを作っていました。毛糸を測ってくるくる巻いたり、中袋用の布をチョキチョキ切ったり、フェルトやリボンや小さなボタンを袋に詰めホチキスでパチン。コロナだから仕方ないけれど、ワークショップへはキットで参加してくださる方のことも考えて出来上がりは飛びきりステキに、でも作り方はシンプルに、と心がけているのに、以前よりも作ってくださる方の数が少ないのはちょっと寂しい気持ちです。伸ばしている手が届いていないような気持ち。どうしたら届けられるのか、伝わるのかを毎月考えています。 そんな私の様子を見守るZowie.ありがと。♡ 

Keitoの10月のワークショップは4日(日)の午前中はあと2席、午後のクラスと7日(水)は余裕ありです。そしてキットのご用意もあります。軽くて暖かくてかわいい!Alafoslopiの2 way bagをぜひご一緒に!

http://www.keito-shop.com/workshop/2020/10/04

http://www.keito-shop.com/workshop/2020/10/07

雨模様の週末、明日は何をしましょうか。Have a great weekend-! :)

| | コメント (0)

大急ぎのお知らせ!

今日は大急ぎお知らせがひとつ。

明日の10時からKeitoの10月のワークショップの受付が始まります。

作品はこちら。

Img_09091_20200909174101

手編みファンに大人気の定番糸、アラフォスロピで編むスモッキングの2WAYバッグです。人数を減らしてのワークショップなので、もしかしたらご希望の方は早めのお申し込みが確実かもしれません。詳細はこちらからご覧くださいね。10月4日(日)http://www.keito-shop.com/workshop/2020/10/04

 

来月もキットでも編んでいただけます。ご自宅でも作っていただけるようにシンプルな形、簡単な中袋と心がけてデザインしたので、どうぞ今年の冬はこのバッグを編んでみてくださいね。編み上がってから水通しをしたふわふわ感も魅力的。アラフォスロピの色もシーズン始めの今ならば在庫も多く、お好きな色を選んでいただけると思います。是非是非!

お知らせでした。♡

| | コメント (0)

秋風が吹き始めました

今日は朝から太陽が出て小鳥たちが嬉しそうに飛び回っています。暑くなりそうな予感。

でも、風は秋の風。なんだかうれしい気持ち。

Img_09083

月初めはお稽古やKeitoのワークショップがあり、今まで作った作品を活用して持ってきてくださる方がいらっしゃるのも楽しみ。先日も以前に作ったお道具入れを持ってCちゃんが現れました。この日の彼女のお洋服とリボンリーのバラの色が全く同じでおもわずパチリ!自分がデザインしたものでも、こうして生徒さんが作って使っているともうそれは彼女のもの。私の手を離れて彼女の生活の中にいるのね、と思います。そしてそれがとっても幸せ。♡ 私がお稽古やワークショップが好きな理由はこれなのね。私がしていることがどなたかの生活の中で役に立っている、ちょっとかわいい喜びをもたらしていることを感じられること。作ってくださる皆さまに本当に感謝です。♡

Img09081

日曜日には久しぶりにKeitoでワークショプがありました。この日の作品はスパークルプロジェクトバッグと称したミラーワークのような刺繍をほどこした袋です。所々に透かし編みの穴を開けるだけなので編むのはカンタン!だけれど、この作品も副資材の材料が私ならではのチョイスです。「編む」に「プラスの楽しさ」をたくさん盛り込んだ作品です。Madeline Toshの美しい色と、みんなで一緒に手を動かしながらおしゃべりに花を咲かせる(もちろんソーシャルディスタンスで!)楽しさを味わった1日でした。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。 同じ内容のワークショップを9月9日(水)の10時から予定しています。キットでのご参加も可能です。ぜひぜひ。

Img_09082

ジャジャーン!これは10月のKeitoのワークショプの作品です。詳細はもうすぐ公開予定ですけれど、日程だけでもお知らせいたしますね。10月4日(日)と10月7日(水)の予定です。2Wayで使えるのも便利だし、やっぱり冬糸のバッグってかわいい。♡キットでのご参加も考えて、中袋やいろいろな作りもシンプルに作りやすくなっています。明日以降にKeitoのサイトでワークショップの受付開始日などをお知らせできると思うのでご覧くださいね。

こんな冬の作品のワークショップのお知らせができたりと季節が移ろっているのを感じます。いろいろ我慢も多かった今年の夏も終わり秋が始まりました。まだまだ油断できないけれど楽しい秋になりますように。

| | コメント (0)

溶けちゃう午後

9月になって少し涼しくなったと思ったら、また暑さが戻ってきました。ざあっと雨が降ったかと思うとサッと照る、の繰り返しにお洗濯物を持って右往左往する毎日です。

でも早朝の空は美しい。

Img_09051

どんどん色と形を変えてゆく雲の様子をずっと見ていたくて毎朝窓際に座って時間を過ごしています。

この方達も。

Img_09052

彼らは空というよりも庭を横切る「何か」を見ています。私が大急ぎでのぞいても庭は特に変わった様子はなく、すわっ、ハクビシン?と思ったけれど、姿は見えず。何を見ているの?小さなセミ?それとも向こうの通りを歩く人?3匹がこんなに釘付けなんですもの、何かがいるのよね。それにしても、庭はジャングルのようになっていて見る影もない感じ。とほほ。。。せっかく早起きをしてるんですもの、せめて草取りしなくちゃね。

Img_09053

あと1ヶ月で横浜のヴォーグ学園で新講座が始まります。初回の作品のミトンのニードルブックはこんな感じに出来上がりました。表だけではなく、きちんとペアになるように裏にも片手をステッチしました。実はこの背の模様や色は、私が子供の頃に父がヨーロッパからお土産に持ち帰ってきたフェルトのブーツと同じもの。しっかりとした防寒用のブーツなのにかわいい刺繍がたくさんしてあって、ブーツが小さくなっちゃってもずっと大切に取ってありました。今ももしかしたらお山のお家にあるかも!そんな思い出が詰まったニードルブックです。♡

ヴォーグ学園の講座、まだ募集中です。この講座は6ヶ月1単位でのお申し込みですけれど、コロナがまた猛威を振るって外出自粛になってももZOOM授業でお届けするということになっています。横浜方面の皆さま〜、是非是非。この次はかわいいお人形の小さなドレスを編みます。材料が揃ったので、作ろうっと。楽しみ!https://www.voguegakuen.com/course.php?prc=detail&f_school_id=2&sid=14575&f_list_icon=1&f_search_kind_id=

台風が心配だけれど、どうか良い週末になりますように。

| | コメント (0)

9月になりました

9月の声を聞いた途端に少し涼しくなりました。あぁ、よかった。今朝も雨もざっと降り、庭がゆっくりと深呼吸しているようです。

Img_09021

秋の作品を、と材料を揃えてあったハンガリーのマチョー地方のパターンを参考にした小さなバッグを作りました。絵を描いて、その絵を厚紙に貼って型紙を作り、フェルトに型紙を写してハサミで切り取り、チクチク縫い付ける。うーん、この作業を知ってる。幼稚園の頃からひとりでじっと何かを作るのが好きだった私は、小学生の頃にはフェルトを縫い合わせてマスコットを作ったり、ミシンをタッタカターッと踏んで鍋敷を作ってプレゼントしていました。子どもがどうして鍋敷だったのかは今となっては謎だけれど! Ha-, ha-!!!

Img_09022

先日美術館の帰りに九段下のピザ屋さんでランチをしました。休日の九段下とあって閑散とした街の片隅にある小さなかわいいピザ屋さん。♡

カルツォーネのように半分に折りたたんだスタイルのピザはナイフを入れるとふわぁっとトマトやチーズ、バジルの香りが溢れてきて食欲をそそりました。この日は倒れるほど暑い日だったけれど、ピザで有名なナポリだって暑い土地ですものね、冷えたビールをぐいぐい飲みながら美術談義に花を咲かせた楽しいお昼でした。

Img_09024

昨日の夜は無事に作品が一つ出来上がったので、プライベートで制作中の作品を編もうと机の前に座り「いざ!」と編み棒を手にしたところにZowieが登場。Zowieに仕事の悩みやいろいろなことを話しているうちに、今日はもう仕事はやめ、ゆっくり Zowieに甘えましょう、となりました。猫は一緒に暮らしている人間のことを「僕は猫、彼女は人間」と分けて考えていない、という話はよく聞くけれど、本当にその通り。昨日はやさしくて頼りになるZowieに手枕をしながら「あのね...」といろいろな話を聞いてもらいました。ありがとね。♡

さぁ、まだ週の半ばです。頑張っていきましょ。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »