« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

芽吹きのころに

今日は2月28日。明日からは3月、もう春ですね。

今日は風もなくて暖かな朝。ゆっくりと朝食をとってから庭へ。

Img_02281_20210228101901

朝の柔らかな光の中でそっと葉を開いた蕗の薹を見つけました。Hello! 蕗の薹さん。

Img_02282_20210228101901

冬の間はただの棒のようだった紫陽花の枝からも葉っぱが出ていました。まだ柔らかな葉っぱ。縁の小さなぎざぎざも、くるくるっと巻かれた葉が開いていく様子も本当にかわいい。どうして自然ってこんなにかわいいのでしょう。そして美しい。この色を、形を、そして私が感じたこの気持ちを心の引き出しにしまいました。:)

Img_02283_20210228101901

先日1年以上ご無沙汰だった歌舞伎を観に行ってきました。1部は八重垣姫の乙女心にキュン、そしてまるで日本版ローマの休日のような山本周五郎の「泥棒と若殿」にしんみりでした。そして2部はお目当ての玉三郎さんと仁左衛門さん。♡♡♡あのおふたりが強請をする悪い夫婦役の「於染久松浮色讀賣」となれば玉孝コンビの最骨頂!花道近くの良いお席だったこともあり、一緒に行った友人に「観てる姿から熱が出てたよ」とからかわれるほど熱中した時間を過ごすことができました。

そしておふたりのために振り付けられた舞踊「神田祭」。今は大向こうがいないから「よっ、ご両人!」と声がかからないけれど、観ていた観客一人一人が心の中で声がけしていたこと間違いなしの、おふたりらしい美しくて軽妙で洒脱な様子に「あぁ、この感じ、本当に久しぶり。」と心が満たされた気持ちになりました。♡

コロナ渦、前後左右1席ずつ開けての観客席、厳しい環境の中でレベルを保ったままの舞台を続けるのはさぞや苦労があるでしょうと思いながら、私も自分の仕事を頑張ろうと思うことができました。

芽吹きの季節です。新しい気持ちで今日も過ごしましょ。:)

| | コメント (0)

羊羹のお話

誰にでもきっと幼い頃からなじんだ味がいろいろあって、それは祖母や母がこしらえてくれたものだったり、近くのケーキ屋さんだったり。

そしてその中でも親子代々いつも家の中にあったのがとらや の羊羹。

Img_02252_20210225081601

今日は定番の「おもかげ」や「夜の梅」ではなく、季節の羊羹のお気に入りをご紹介しちゃいます。

これは毎年ウキウキと予約するParisのとらや 限定の[Youkan au Chocolat].こんな羊羹があるの?とびっくりするコーヒーやワインにもぴったりなもの。家族でLondonに住んでいた頃に日本から見える方のお土産といえば竹の皮に包まれた太棹のとらや の羊羹でした。普段は甘いものを好まない父でさえ、子供たちがどんどん食べてしまわないように目を光らせていたっけ。端が乾いてお砂糖のジャリジャリになるのがまた美味しく、誰かが抜け駆けすると「ずる〜い」「ずるいとは何ですか!」という声が聞こえたものでした。懐かしい思い出。ヨウカンオゥショコラはそんなことも思い出す洋風の味です。♡

Img_02251_20210225081601

そしてこれも変わり種。ラムレーズンといちご。小型羊羹なので歌舞伎見物などの時にバッグに忍ばせて幕間にちょこっと食べたり、おやつに手が伸びるのもこんなもの。どちらも美味しくて、しかもその季節にしか食べられないからいつも大慌てで買いに行きます。もしかしたらラムレーズンはもう終わっちゃったかもしれないけれど、いちごは3月下旬まで。今頃はお雛様のお菓子や春らしい桜の羊羹なども店頭に並び乙女心がくすぐられます。:)

Img_02253_20210225081601

そして今年初めていただいてしみじみとおいしいと思ったのは、この「満寿の露」酒粕入白練羊羹と黒煉羊羹とシロ琥珀羹を重ねたもの。熟成させた「満寿泉 純米大吟醸 寿Platina」の酒粕の香りがふわっとしてなんとも言えない大人の味。竹俣勇壱 のお皿ともぴったりね。
このコロナ渦でなかなかお出かけはできないけれど、こうして季節を見つめて日々を味わうのもなかなか良いものです。

さぁ、次はなにかしら。楽しみ!♡

| | コメント (0)

3月のお知らせ

明日2月22日は「ねこの日」だそうな。

02211jpg

ずっと猫とともに生きてきた私はこうしたデザインソースとしてはもちろんのこと、日々の喜怒哀楽を彼らと分かち合ってきました。ねこなしでは夜も日も明けない感じ。明日はそんな彼らのためにブラッシング&マッサージの特別コースでもしてあげようかな。♡

ちなみにこれは[The Bobble Book]のねこのバッグの編み図を利用してウェアを編んでいるところです。編み始めてからだいぶ経つけれど、先に編まなくちゃなものが目白押しで、もう少しなのにペンディング中。

Img_02212

3月に予定していたKeitoのワークショップの内容が急遽仕切り直しになり、Alp Dazzleでネット編みのバッグを作りました。Alp Dazzleって編んでいくうちに同じようなピンクでも素材も太さもどんどん変わるのが楽しくてあっというまに編めちゃう。シンプルなネット編みだけれど穴の開いた丸底に糸を編み付けながら編んでいくこと、持ち手が金属でスタイリッシュなイメージなこと、しっかりとした中袋が付いていることが私らしいところです。

これはまだ中袋が付いていない状態。これだけでも十分なようだけれど、これでは隙間から物が落ちてしまったり、引っかかったりしそうで機能的には不十分な感じです。

Img_02213

そこでシンプルな中袋を中に入れてみました。形も整うし、中には4つの大きなポケットがついているので便利便利!ネット編み自体は毎段きちんと数さえ数えていれば初心者の方にも編んでいただけるし、ベテランの皆さまにはキリッとした美しいネット編みを楽しんでいただけると思います。:)

このワークショップのお申し込みは2月23日(火 祝)の10時から始まります。詳細はこちらから。

http://www.keito-shop.com/workshop/2021/03/21/23653

http://www.keito-shop.com/workshop/2021/03/24/23634

詳細をご覧いただくと糸のバリエーションの多さにワクワクしていただけると思います。私も2つ目を編みたくてうずうず。。。

でもね、明日は猫の日だし、ねこのカーディガンを編まなくちゃ。ボブルブックの楽しいデザインはいろいろに応用できるので是非楽しんでくださいね〜!ボブルブックはKeitoのオンラインショップでも販売しています。♡

| | コメント (0)

作業の日

仕事のプロセスによって、材料を探す日、試作する日、お稽古の日などその日の内容が決まるけれど、今日は作業の日。

Img_02191

3月のKeitoのワークショップにと考えていた作品に使う道具が品薄なようでプラン変更になりました。うーん、どうしましょ、と先日Keitoでたくさんの糸を前に考え、気分も上がるカラフルな楽しいBAGをと決めました。キットでのご参加の方もあるからシンプルな作りだけれど、思わず「作りたい!」と思っていただけるような、というコンセプトのもとに考え始め、ぺたんこよりもきちんと形もおしゃれでしかも強度もあるもの、となると中袋は必須。

Img_02192

早速応援隊長のZowieが現れ、「今日はミシンを使うんだ。頑張ってね」とエールを送ってくれました。そんな気持ちがうれしい。ねこって頼りになります。♡

Img_02193

そして10分くらい前に無事に出来上がりました。Yeah!! すぐにKeitoへ送りたいけれど、その前に材料を確認したり作り方も整理しなくちゃね。こうして毎回「私が作りたいもの」+「今年らしいもの」+「皆さまが作りたいもの」+「Keitoの在庫が十分あるもの」+「糸がなるべく無駄にないような大きさなもの」など、いろいろなファクターを足して考えるけれど、今回の作品も自信ありです。どうぞお楽しみに〜! : )

早く暖かくならないかな。余り出来上がったバッグがかわいくて、「♪ はーるよ、来い」な気持ちです。♡

 

| | コメント (0)

春を感じる

今朝は早くから風がビュービュー!

Img_20171

そんな日でも猫たちは「窓を開けて〜」とせがみ、Zowieはこうして硬い蕾をつけ始めた桜の木を見ています。私にはそう見えるけれど、本当はZowieは何を見つめ何を考えているのかしら。知りたい。

20173jpg 20174jpg

先日Keitoで2月の2回目のワークショップがありました。この日は奇しくもValentine's dayだったのでハートの図案がぴったり!♡このコロンとした私特有の玉編みの編み方も皆さまに伝わりうれしい1日でした。キットでご参加の皆さまにも毛糸の準備が整い次第お送りするので、もう少しお待ちくださいね。皆さま、今月もありがとうございます。:)

そして品切れになっていたとらとねこのバッグの材料セットをこの日に納品し、Keitoのオンラインショップで再販が始まったのですけれど、ねこのバッグはすぐに売り切れ、とらのバッグも残り少ないそうです。お急ぎ遊ばせ〜!

ご購入してくださる方があるということは、今年の秋冬に出来上がったあのバッグたちを持って歩く方をもしかしたらどこかでお見かけするかも??? うわぁ!ものすごく楽しみ!♡♡♡

Img_20172

庭に出たら蕗の薹が出ていました。ズンズン大きくなる蕗の薹、一刻も早く摘まなくちゃ。こうしてみると本当に美しい。食べるのがもったいないくらいね、と思ったけれど、このあとジェノベーゼを作り春の香りを堪能しました。花より団子な私。Ha-,ha-!

昨日は朝から何をやってもうまくいかない1日だったけれど、今日は朝から吹いてる強い風でそんな気分を吹き飛ばして頑張ろうっと!

Have a good day~! ♡

 

 

| | コメント (0)

Sweetな日々

今度の日曜日はValentine's Dayなのね。私は今年もこの時期にしか発売されないパリのとらや さんの[羊羹auショコラ]を予約。楽しみ〜!♡

Img_02121_20210212171801

ヒヤシンスが咲き始め部屋中春の香りになりました。何にでも一応手を出すHenriが早速近寄ってきてクンクン。でもお気に召さなかったようですぐに退散していました。ほっ。

Img_02122_20210212171801

水曜日はKeitoで2月のワークショップがありました。桜餅のようなかわいいピンク、キレイなグレー、キリッとしたネイビー、そうしてもうおひとりベージュの地色に皆さまホットピンクのハート。かわいい。♡ 今回のボブルブックでご紹介したクルンとした玉編みができる方法も無事に伝授し、手元に出来上がった玉編みを見て皆さまにこにこ。: )

Img_02123_20210212171801

来月のVogue学園 横浜校クラスの作品のティコゼーはいちごのケーキに似合うのね。ふんわり春のおやつの風景になりました。:)

日本茶はお湯を冷まして、コーヒーも熱湯はX, でも紅茶だけはお湯がBubblingでなければダメなのです。ぶくぶくと泡が立つほどに沸いたお湯をティポットに注いでお茶の葉っぱがダンスするのが良い、と言われています。せっかくそんなふうにいれたお茶ですもの、あたたかくキープして飲みたいもの。ぜひティコゼー、作ってみてくださいね。

リストウォーマーやティコゼーなど、小さなものを編んで生活を楽しく快適にできるなんてしあわせ。♡ そんな提案をこれからもしてゆきたいなぁ、とケーキをパクパク食べながら再確認。ha-,ha-!!

♡のリストウォーマーのワークショップは今週の日曜日にもあります。まだお申し込みいただけるので是非。(キットでのご参加もありますよー)

http://www.keito-shop.com/workshop/2021/02/14/23481

そしてバラのリストウォーマーのオンラインクラスの詳細はこちらからどうぞ。

https://www.voguegakuen.com/seminar.php?prc=detail&f_school_id=5&sid=4553&f_search_kind_id=&cmd=search

 

| | コメント (0)

D.I.Yな日々

私の祖母のひとりは家事は一切しないけれど美しいものが好き、もうひとりは家庭的で手芸好き。そんなふたりの子供たちの私の両親は当然のことながらインテリア好き。そしてインテリア大国のイギリス育ちの私は色々なDNAも足されてD.I.Yも大好きに育ちました。Ha-,ha-!

Img_02091_20210209101801

今関心があるのはリフォーム。予算的にどのくらい大きなリフォームができるかは未定だけれど、自分でできる範囲のこともあり妄想がむくむく!日本の量販店にも手頃な値段でステキなものが並ぶようになり、先日も「ここにこれをつけて、あそこにはあれをつけたらどうかしら?」と頭の中のリストに色々なものがリストアップされていきました。毎日色々あるけれど良い時代になったものです。♡

Img_02092 Img_02093_20210209101801

そしてそのまま大型手芸店へ向かい長いリストの買いものをしました。手芸屋さんへ行くときには、「作ると決まっているものの材料を買う」と「アイディアを探しす」と言う両方の目的があるのですけれど、この日もこのトリコロールカラーの生地を見つけ大幅なプラン変更になりました。このかわいい生地はKeitoのワークショップの作品になる予定です。ん?毛糸屋さんのワークショップで?そうなんです、どうぞお楽しみに〜!そして小さな玉のレース糸は初夏のアクセサリーに。毎年春から夏の間はかぎ針で編んだ軽くて楽しいカラフルなネックレスが大活躍!今年も作りましょ。:)

今週はKeitoのワークショップもあります。今、KeitoではThe Bobble Bookの作品の展示をしています。まだ是非是非とは言えないけれど、細心の注意を払ってお待ちしています。♡

 

| | コメント (0)

この頃

昨日は東京では早くも春一番が吹きました。一日中風がびゅうびゅう。

Img_02051_20210205072701

先日は一日中スケッチブックに向かって新しいパンチニードルペンの作品を考えていました。いつもだと、こんなふうにハリネズミやねこなどの動物を作っているのですけれど、今回はアブストラクトなデザインを考えています。Cartier展やVan Cleef展で見た宝石をデザインするときのスケッチを思い出しながらブローチピンの位置を考えたり。鉛筆で形を描き、色をつけ、ループの長さや素材など色々試作中。楽しい作業です。:)

Img_02052

家の電気のスイッチの具合が良くないのでCasa Brutasで見つけた目白のショールームTOOL BOXへ行ってきました。30年前には日本で手に入れることができなかったトグルスイッチもありました!昨今のD.I.Y.ブームとStay Homeでインテリアの趣向が高くなっているらしく、このショールームも楽しいものに溢れていてワクワク!例えばこの写真の天井近くに下がっている大きな電球は集魚灯。イカ釣り漁船が使っているものです。でも、こうして見るとすごくカッコいい!山のお家のテラスに下げたいな、と野望がむくむくでした。Ha-,ha-!

Img_02053_20210205072701

そして昨日はおいしいお茶を頂いたので、母の用事の帰りにとらやさんへ寄り椿餅を買って帰ってきました。一年に一度は食べたいこの椿餅。何ととらやさんでは慶安4年(1651年)から作っているそうな!ニッキの風味も病みつきだけれど、この椿の葉っぱの整った美しさにも毎年びっくり。一見おっとりと優しそうだけれど、きりっとした魅力に溢れているこの小さなお菓子に感心することしきりでした。

おかげさまで[The Bobble Book ]の材料セットも好評をいただいているようで発売2日にして売り切れになってしまったものもいくつかあります。ありがとうございます。今、再販予約に関して検討中です。もう少しお待ちくださいませね。♡

 

 

| | コメント (0)

材料セットのこと

Img_02031 今日は立春。東京は暖かくて穏やかな1日でした。庭の水仙も咲き始め、何だかうらうら。

今日からボブルブックの材料セットの販売がKeitoの店頭とオンラインショップで始まりました。

私も気になってKeitoのHPを見てみたけれど、「ん?どこにあるの?」はい、ありました。オンラインショップの「用具・キット・本」の「キット」を選んでいただくと、現在在庫のあるものが表示されます。

https://online.keito-shop.com/shopbrand/kit

ねこのバッグとハートのバッグは売り切れてしまったけれど、大人気間違いなし!なトラのバッグはまだ今日の時点では在庫有りだし、多めに作ったバラのバッグやバラのリストウォーマーもありますよー。

暦の上では春を迎えたけれど、まだまだ寒の戻りもあるかもしれず、それに来年は寅年ですものね。是非是非!♡

 

| | コメント (0)

お知らせ

Img_02015

お知らせ

[ The Bobble Book ]についてInstagram/blogを通じてたくさんのお問い合わせをいただきありがとうございます。

メールを送っていただいた方には一両日中にお返事を差し上げるようにしていますが、「PCからのメールをブロックする」などの設定になさっている場合は私からの返信メールが届かず、私の方ではそのことを察知することができません。このところ何名かの方から「2度ほど連絡しています」などのお問い合わせがありました。その都度お返事をお出ししているのですが、なかなか難しいものなんですね。

2月3日(水)よりKeitoの店頭で10時より、オンラインショップでは18時よりボブルブックを始め、ボブルブックの材料セット、そして[ Tiny Tiny]をご購入いただけます。詳細はこちらをご覧ください。http://www.keito-shop.com/note/2021/02/11874

どうぞよろしくお願いいたします。♡

 

 

| | コメント (0)

2月になりました

今日から2021年の2月が始まりました。相変わらずあまり外出しない生活なのでなんだか月日の経つ感覚がいつもと違う感じ。

Img_02011

今朝は出来上がったばかりのこんなティコージーを使って朝を過ごしました。最近お気に入りのROWANのFelted Tweedでラベンダー色のティコージーをと編んでいたら所々にブルーが混ざってるのを見つけ、「あぁ、この糸はブルーが欲しいのね」とトップに勿忘草をつけることにしました。

02012jpg

これは私の憧れのマイセンのアップリケカップ。1850-1924年の間に作られたもので、立体的に作られた小さな勿忘草がちりばめられています。私が持っているのはこのパーフェクトなものではなく、数年前にロンドンのアンティークマーケットでカップだけを見つけたもの。ソーサーはなくてカップだけ、しかも花はほとんどが欠けた状態、どうしようかな....と迷ったけれど、当時のマイセンの職人技を感じたくて手元に置くことにしました。

Img_02013 Img_02014

カップの中心には勿忘草が、そして持ち手にも。19世紀のマイセンの工房で、ひとりの職人さんがこのカップを手に取って小さな勿忘草のモチーフをくっつけている様子を想像するだけでも楽しい。丁寧に作られたものをじっくりゆっくり見ることは私にとってとっても大切なこと。私が作ったティコージーとは全く違うけれど、作ってる時にはずっと心の中にこのカップがあります。

世界中が面しているこの毎日をこの小さな青い花が表す清らかさを感じながら乗り越えていきたいなという気持ち。このティコージーはヴォーグ学園横浜校の3月の作品です。私の講座では同じものはリピートせずに、その時に作りたいものを取り入れていく形です。4月からの講座の募集も始まりました。ぜひご一緒に。The Bobble Bookの掲載作品 バラのバッグも編みますよー!♡ 詳細はこちらから。

https://www.voguegakuen.com/course.php?prc=detail&f_school_id=2&sid=14763&f_search_kind_id=&cmd=search

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »