« 楽しいかご編み | トップページ | 沿線散策 »

3月になりました

3月と聞くとどうしてこんなにうれしい気持ちになるのでしょう。

それはきっと春だから。♡

Img_03011

庭へ出たら思いがけずたくさんの蕗の薹が出ていたので大慌てで摘みました。だって、みるみるうちに花になってしまうんですもの。大変大変!

そして大急ぎで支度をして向かったのは盆栽のワークショップ。土をこねて器の形にし、乾かしてから削り、釉薬をかけて焼いた器に今日はいよいよ桜の木を植え込む日です。Yeah!!!

Img_03012 

出来上がりはこんな感じ。敷板の上のが先生の作品。私のは白い鉢、他は陶芸教室の生徒さんたちのものなので鉢も凝っていて素敵でした。この日植えたのは樹齢15年の旭山桜、岩団扇と山苔。「自分で作陶した鉢の中で、風に揺れる桜、川面に写る桜、伸びやかに空を仰ぐ桜、各々の桜の風景を想像しながら楽しく仕立てましょう」と先生からお話がありました。まずは鉢の正面、桜の正面を決めるところから初め、出来上がりの景色を思い浮かべながら根の長さを揃えたり、ピンセットで苔を植えたりしました。

Img_03013

そして出来上がったのがこちら。桜を植え込むと決まっていたので、鉢は春らしくわらびをイメージした足をつけ、マットな白い釉薬をかけました。桜のそばには小さなせせらぎを流してその両脇には岩団扇を植え込みました。

無事に植え込みが終わり、これからの手入れの方法を伺うと奥深く、おお〜と思うことばかり。

盆栽は外に置き、自分の置かれた状況を桜に感じてもらうことが大切。どのくらいの鉢に自分は植えられていて、置かれた場所の気温や風を感じ、その中でどのように生きていくかを桜自身に考えさせなかればいけないとのこと。花が咲いた後に出てくる葉っぱは、今年は大きいけれど来年からは「ここでは大きな葉っぱは似つかわしくない」と小さな葉になるそうです。自然ってすごい!私にできるかなぁ。。。

先生の作品は流石に素晴らしく、小さな鉢の中に景色がしっかりと作られていました。う〜ん。♡ 盆栽、しばらく気になりそうです。

Img_03014

夜は摘んだ蕗の薹でジェノベーゼを作りショートパスタとあえました。ホタルイカがあったら、釜揚げしらすでも良かったかも、と思いながら、シンプルな蕗の薹のほろ苦さに春を感じたしあわせな一皿でした。あぁ、美味しかった。そして自然の素晴らしさを恵みを感じた一日でした。感謝。さぁ、今週も頑張るぞ!

Stay Strong & Stay Safe.

Prayers for Ukraine.♡

|

« 楽しいかご編み | トップページ | 沿線散策 »

日常のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しいかご編み | トップページ | 沿線散策 »