« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月

2022年のクリスマス

クリスマスが過ぎて街は一気に年の瀬ムードになりましたね。

今年のクリスマスを私はこんなふうに過ごしました。

Img_122711

今年はお客様はせず家族だけのディナー。一年に一度だけしか出番のないクリスマス柄のディナーセットを出してテーブルクロスも敷き、準備をしてからWババにご挨拶とプレゼントを届けに行きました。

大急ぎで家へ戻り、簡単だけど美味しいサーモンのオードブル、スタッフィングをぎっしりと詰めたローストチキンや温野菜、そしてデザートには簡単アップルパイを焼きました。: )

Img_122721 Img_12274

私から家族へは祖母から受け継いだ器を金継ぎの先生に継いでいただいたもの。内側には大きな龍が描かれているもので辰年の家族にぴったり。

そして家族からはPino Noir好きな私にRiedelのワイングラス!薄いし、高さが25cmもあって箱を開けるのもドキドキ!家にあったネッビオーロを開け、早速このグラスでいただきました。わぁ〜、美味しい!簡単ディナーの格がグッと上がりました。サンキュ。♡ 

そして25日は観能へ。

Img_122731

これはロビーに飾ってあった宝生流のクリスマスツリー。

この日はドイツ人の神父ヘルマン・ホイヴェルスが「隅田川」にインスパイアされて書いた能「復活のキリスト」と狂言「十字架」が東京では60年ぶりに演じられました。 「復活のキリスト」本当に素晴らしく、美しく、心が震えました。能楽堂の席に座るまでは頭の中がぎゅうぎゅうだったけれど、帰り道にはすっきり!♡

今年も良いクリスマスになりました。感謝。

今日は27日。そろそろ仕事納めの方も? 私も今年のお稽古は全て終わり、家にこもって手を動かす日々です。昨日から考えている編地がどうも上手くいかず、編んではほどくの繰り返し。その度に「あぁ、こういうことなのね」と新しい発見をしたり納得したり悩んだり。少しずつ進みましょ。: )

Stay Safe & Stay Strong.

Prayers for the world.♡

 

 

 

| | コメント (0)

もうすぐ...

少し前のことになりますけれど、楽しみにしていた鹿児島睦さんの展示会へ行ってきました。

この日は地下鉄の二重橋駅から地上へ。

Img_122111

懐かしくて、とっても懐かしくて思わずパチリとしてしまったのは父が勤務していた会社のビル。子どもの頃、父と会社の受付で待ち合わせをして東京会館へ食事に行ったり、日比谷で映画を観たり、思い出がたくさんの丸の内界隈です。うわぁ〜ん!

Img_122131

東京駅のIDEEは初めてだったのでなかなか辿り着けず、予約していた時間ギリギリの到着でした。お店へ行くのに予約が必要なの?はい、一定の期間は販売予約期間になっていて、希望の作品の抽選に申し込むことができました。以前から人気の鹿児島睦さんでしたけれど、この頃人気は世界中でうなぎ上り!作品の値段リストも「あっ!」と驚くほどでしたけれど、心を惹かれた作品があって... .

Img_122121

それがこの小さな羊のプレート。民芸っぽい雰囲気にちょっといたずらっぽい子羊の表情がかわいくて連れて帰りたくなりました。作品を3つまで申し込めたけれど、この1枚と決めて申込書をお店の方に渡して抽選の日を待つこと1週間。ドキドキ待っていたけれど、遂に電話は鳴らず...抽選に漏れてしまいました。しゅん。 この子は私のところへ来る子ではなかったのね、今頃どこかで「メエ〜ェ」と鳴いているのでしょう。: )

Img_122141

クリスマスツリーのそばに鹿児島睦さんデザインのキツネを置いてみたら、早速Zowieがご挨拶。もうすぐクリスマス、そして直に大晦日。2022年ももうすぐ終わります。今、来年の秋に発表する仕事をコツコツと進めています。2023年への扉は開き始めているのね。あぁ、楽しみ!: )

寒い日が続いています。どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね。♡

Stay Safe & Stay Strong.

Prayers for the world.♡

| | コメント (0)

冬なのね

12月もあと10日と少しになり、日本列島には寒冷前線がかかって冷え冷え。

でも手芸好きな私たちは大丈夫。

Img_12191

先週末はヴォーグ学園東京校で玉編みと透かし編みのドルマンスリーブのプルオーバーの仕上げの回がありました。ブルー系やグリーン系の濃淡や真っ赤やグレーなど色とりどりの編み地が勢揃いした様子にみんなでニコニコ! この日は袖口のスモッキングステッチの編み方をしました。簡単なのにかわいいスモッキングステッチはとても効果的に見頃の凝った編み地をキリッと引き締めてくれています。編み地の本などで見かけた編み方をどこでどんなふうに使ったら良いの?と思うこともあるでしょう?編物の教室ではこんなことも楽しめますよ〜。

どの編み地も美しく、クリスマスやお正月にぴったりの作品が出来上がりそうです。私もうれしい。♡

Img_12192

生徒さんがKeitoの最後のPatternsのパッチワークの三角ショールを「できましたぁ!」と持ってきてくださいました。縁編みの色を以前に講座で編んだ作品と同じ色にしたので、ご自分で編んだ作品を上手にコーディネイトできるんですって。おぉ、素敵!そんなお話に私もワクワクします。: )

Img_12193

この頃とても寒いので夕焼けが本当に美しい。♡ この日も家へ戻る途中であまり空が美しくて坂の途中で立ち止まってパチリ。

「川瀬巴水やマックスフィールド・パリッシュの色と同じ〜!!!」と時代や場所を越えて同じ色、同じ光を感じているのだと思うとドキドキして冬の寒さもとっても素敵に思えました。でもね、この電線がね。何かソフトを使って消せば良いのでしょうけれど、手を加えなくてもこの光と色はこのままが一番ね。この色を心の引き出しにしまいました。: )

今週は寒い日々になりそうです。どうぞ暖かしてお過ごしくださいね。♡

Stay Safe & Stay Strong.

Prayers for the world. ♡

 

| | コメント (0)

横須賀な日

先日ブックデザイナーのKさんが「これ、行きたいのよね〜」と話てた展覧会「Pride of YOKOSUKA スカジャン展」へ行ってきました。

Img_12157

第三京浜、横浜新道、横浜横須賀道と走り、前に海が見えたら、そこは横須賀美術館です。横須賀美術館って本当に気持ちが良い〜!

そして入り口にはスカジャンを着て来館してるスカジャンloverの方たちの姿が!おおっ!と期待に胸が膨らみます。: )

Img_12153_20221215164601 Img_12154_20221215164601

一般的なスカジャンのイメージはこんな感じ?戦後、米兵の日本のお土産として愛されてきたサテン地(またはベルベット)に鷲、虎、龍をどぉーんと刺繍してあるジャンパー。アメリカから日本へ里帰りし、大切に保存されてきたジャンパーたちが一堂に会したこの展覧会は一見の価値あり!世界中の米軍基地で売られていたジャンパーたちのユニークな図柄が楽しく、1枚1枚に目が釘付けでした!今のようにボタン一つで操作できるコンピューターミシンではなく、足踏みミシンを操る職人さんの技術がモノを言うスカジャンの刺繍、素晴らしいものでした。♡

そしてこんなものも。

Img_12152_20221215164601 Img_12151_20221215164601

ロボット&桜モチーフはDior, そして黒地に勇ましい黒い虎はY'sのもの。

何百枚ものスカジャンを見てワクワク興奮した私たちはドブ板通りへ直行。

Img_12156 Img_12155

まずは腹ごしらえをしなくちゃね、と創業1968年のHoney Beeでハンバーガー&コカコーラのアメリカンなランチ。この次きたらチリドッグ食べよう、ペパロニピザもいいかな、と話しながらアメリカンダイナーの雰囲気を満喫し、またドブ板通りへ。: )

はい、お察しの通り、すっかりスカジャンの刺繍に魅せられた私は「もしかしたら???」と用意していた図案をもとに刺繍のジャンパーを注文してきました。お願いしたのは老舗のスカジャン店ではなく、お店をオープンしたばかり、と言う若い職人さんです。年明けにも出来上がる予定のジャンパー、さてさて乞うご期待!

あぁ、横須賀楽しかった!楽しい冬の1日に感謝。

Stay Strong & Stay safe.

Prayers for the world. ♡

 

 

 

| | コメント (0)

猫な毎日

週末は楽しみにしていた映画を見てきました。

Img_12121_20221212094401

大好きなベネディクト・カンバーバッチ X ねこ X 猫の画家ルイ・ウェインですもの、この映画の上映を」知ってから「ルイ・ウェインをカンバーバッチが演じるなんて夢のよう!見たい、見たい!」と心をときめかせていました。

Img_12122_20221212094501

これはLondonのアンティック屋さんで見つけたルイ・ウェイン。手書きではなくプリントだけれど何十年も前の高校生の私が少し背伸びすれば買えるような値段でした。コミカルでかわいいねこの絵が好きになって蚤の市に行っては「ルイ・ウェインありますか?」と聞いて回ったのも楽しい懐かしい思い出。♡ 

今でもクリスマスカードになるような超売れっ子作家のルイ・ウェインの人生が苦難に満ちたものだったこと、あのエレクトリカルショックを受けたようなねこたちの意味を映画を見てはじめて知りました。うるうるキュンキュンしながら頭の中ではLondonに住んでいた頃の様々なシーンが思い出され、色々な意味で一人でぎゅっと自分を抱きしめながら見ていました。(隣の女の子が号泣していたので「大丈夫?」と思いながら!)

残念だったのはLouis Wainはルイ・ウェインでルイス・ウェインではないのです。例えばOne DirectionのLouis Tomlinsonがルイ・トムリンソンであるように。「不思議の国のアリス」の作家Lewis CarrollやLondonのデパートのJohn Lewisはルイスだけれど、というようにSがつくからと言って単一な読み方でないのは色々な読み方がある漢字を使う私たちならばもっと理解できるはずなのに。皆さま〜、Louis Wainはルイ・ウェインです。プログラムがとってもかわいくて。配給会社の(?)愛を感じたのに、肝心な名前を間違えちゃうなんて!と憤懣を堪えきれない気持ちなのですけれど、映画ができたことだけでも良かった。カンバーバッチが演じて良かった。♡♡

Img_12123_20221212094401

VILONでランチして、と思ったらものすごく並んでいたのでバゲットだけ買って丸善Xジュンク堂で本棚クルージング。本屋らしい本屋さんが少ない中で信頼しているこの本屋さんも東急本店の閉店に伴って来年の1/31で閉店予定です。これからどうしたら良いの?

様々な思いを抱えながら家へ戻ったらいつもの光景が待っていました。山盛りの毛糸に寄りかかりながら陽だまりでお昼寝中のLuca.かわいい。: )

さぁ、今日は月曜日。そして今週もいろいろあります。頑張りましょ。♡

Stay Safe & Stay Strong.

Prayers for the world. ♡

 

 

 

| | コメント (0)

Keito, Keito, Keito!

水曜日はKeitoで最後のワークショップ、Patternsの水曜日クラスがありました。

Img_120841 Img_120831

この秋に10周年を迎えたばかりだったのに、あみもの好きな私たちのワンダーランドKeitoは12月25日に閉店します。あぁ!

馬喰町から始まったKeitoが浅草橋に移転し、ワークショップやいろいろなイベントが毎日のように開かれ、笑顔が溢れた場所がなくなってしまうなんて!世界中から集められたカラフルな毛糸が楽しくて、「あれも作ろう」「こんなふうにしたらどうかしら」と毎月のワークショップが楽しみな10年間でした。10年の間にワークショップに参加してくださった方々、お店のスタッフに本当に感謝です。: )

最後のクラスではこんな編み地が並びました。

Img_120811 Img_120821

午前も午後も縁あみもすっかり完成したショールをお持ちくださった方も何人かいらしたり、それぞれ「らしい」色の縁編みの色に私もニコニコ。: )こうして私の提案を皆さまが編んでくださり、縁編みの色の違いでそれぞれの個性が出る楽しさを見ることができるのもワークショップならではのことでした。 どうしたら皆さまに伝わりやすいのか、私らしいデザインを皆さまのニーズにもあったものにするためにはどうしたら良いか、など私にとっても勉強になった10年間でした。ありがとうございました。♡

Keitoの店舗はなくなってしまいますけれどOnline shopは続くし、またいつか違う場所でKeitoのワークショップができたらいいわね!と夢を持っています。それまでは私の講座はヴォーグ学園 東京校のあみもののクラスと横浜校の手芸のクラスが主になります。皆さま是非是非!

そしてこれからしばらくは来年の秋に向かって集中して仕事をする時期になります。乞うご期待〜!

浅草橋のKeitoもまだ2週間と少し営業しています。「一度行ってみたかった〜」と思ってらっしゃる皆さま、是非!そして名残惜しい皆さまも是非是非!

Keitoのワークショップへいらしてくださった皆さま、キットなどの形で作ってくださった方々、そしてスタッフの皆さま、ありがとうございました。たくさんの感謝を込めて。♡ 

Stay Strong & Stay Safe.

Prayers for the world.

 

| | コメント (0)

寒い月曜日

12月になって寒くなってきてはいたけれど、今朝は冬らしいブルっと震える寒さでした。

そんな中、昨日はKeitoで日曜日クラスのPatternsの3回目のレッスンでした。3回目は綴じ合わせた編み地にいよいよ「仕上げの縁あみを編む」です。

220色の毛糸から好きな色を選び、片方ずつ裾から中心に当分に分けて印をつけ、透かし編みの縁あみを編みながら本体に編み付けていきます。

どうやってくっついているの?と不思議に思っていた縁を案外簡単に編めるのがわかって、皆さまスイスイ。: )

Img_12051 Img_12052

私と同じパープル・グレーのミックス、こっくりとした黄色、すっきりとしたグレー、やさしいピンク、お気に入りの小豆色、ネイビーやグリーンなどなど、皆さまそれぞれがご自分がイメージした色を手にサクサク編み進み、楽しくお話もしながらの笑顔が溢れた1日でした。皆さま、ありがとうございました。: )

そして、この楽しい時間もあと少し。浅草橋のKeitoでの私のワークショップは明後日の水曜日クラスのPatternsが最終回になります。その後はヴォーグ学園 東京校のあみもののクラス(月に一度の金曜日・土曜日)、そしてヴォーグ学園横浜校の手芸のクラス(月に一度の木曜日)とお稽古クラスが主になります。

Keitoが閉店してしまうのは寂しいけれど、きっとまたどこかでね。

Img_12053

霙になりそうな寒さの中、猫たちはのんびり。いつも暖かそうで眠そうなHenri.人間界はいろいろあるけれど、彼らの平和な様子を見ていると心も頭もゆるゆる。。。

どうぞ皆さま暖かくしてお過ごしくださいね〜。

Stay Safe & Stay Strong.

Prayers for the world.  ♡

| | コメント (0)

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »